「旅籠」遺産 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.84] 宿の「かたち」 投稿者:   投稿日:2007/08/21(Tue) 00:12:31

 別なツリーで出た、宿の「かたち」の話、あらためて考えてみることにします。
 これはこの「『旅籠』遺産」で旅籠にカッコをつけていることとも、無縁ではないわけでして…。
 ただ、まとめて書けるほどの中身は持ち合わせておりませんので、雑多に思いついたことを記していくようになりますが。

 とりあえず、戸塚の丁子屋で話になった「雁行形」の建物ですが、こういうのはやはり「書院」「数寄屋」から持ってこられているのでしょうから、「旅籠」を探し求める立場からは、本能的には回避してしまうものかもしれません。実際、綺麗な日本建築の宿なんかを探すと、「離れ」25000円からとか、そういうのが出てきますが、正直に言うとあまり食指は動かないわけでして…。

 「旅籠」という言葉から素直にイメージできるのは町場の商家建築など一緒に並んでいるすがたでしょうから、そもそも数寄屋書院を作るような土地の余裕も無い、というのが本来でしょうか。


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー