「旅籠」遺産 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.741] Re: 鳥羽や旅館(滋賀県彦根市) 投稿者:るびー  投稿日:2010/04/10(Sat) 10:45:18
Re: 鳥羽や旅館(滋賀県彦根市) (画像サイズ: 500×375 52kB)

ほりうちさん、こんにちは。

>  私が炎天下歩いたのは、町名でいうと「京町1」のあたりです。写真をつけてみますが、かなり大きな家から幅一間のような道路まで、それなりに昔の町割そのままなのではないかしら…と思わせるような所がありました。暑かったんですけど、けっこう涼しげな風景です。

 確かに、暑そうな日差しながら、涼しそうな風景ですね。木々も青々としていてよいですね。
「京町1」には駅の方にに向かう県道に対して、やや斜めに一直線の細い道がありますね。どんなのだろうと想像が膨らみます。
 九十九里平野のどこだったか忘れましたが(成東の海よりだったでしょうか)、植え込みはきれいに刈り込んであり、道ももう少しだけ広いのですが、こんな感じの集落がありました。


> >  姨捨の駅から眺めのよさは有名なようで、駅から松屋旅館の前の八幡神社の森と大鳥居は遠望できました。歩こうと思ったら歩けなくもありませんね。下りですし、天気さえよければよいかもしれません。
>
>  上りは辛そうですね(^^;。帰りは否応なく屋代までタクシーでしょうか。

 それのほうが、交通の便もよさそうですね。屋代では「藤屋旅館」もお忘れなく。「松屋」に泊まったときには、「藤屋」にも空きがあるか問い合わせたのですが、その日はいっぱいでした。「松屋」は貸切状態でしたが。


>  夜景撮影モードなど、機能の進化は驚くべき…だと思うのですが、すでにそれくらいの変化では自分でも驚かなくなっていることのほうが、実は驚きだったりします(^^;。これじゃぁ、少々目玉機能が乗ったくらいでは、競争力は上がりませんもんねぇ…。「世の中、これでいいのかな〜」という気はします。

 ちょっと話しが違うかもしれませんが、牛丼安売り競争も「世の中、これでいいのかな〜」と思ってしまう私です。

 前のお話にあったも赤提灯系の店。(赤提灯は掛かっていませんが)ホルモン屋らしいのですが、お客はほぼ満員で、寒いながらも開け放しでした。本町一丁目あたりだったと思います。賑わいは外まで感じられました。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー