「旅籠」遺産 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.648] Re: 【奈良】皆花楼(桜井市) 投稿者:ほりうち  投稿日:2009/06/29(Mon) 11:44:51

るびーさん、こんにちは。

>  私もそう思いました。落語にも「湯屋番」ありましたね。「湯屋」なる言葉、江戸的だなと思い「Wikipedia」で調べてみましたら(最近は本当に調べ物が楽になりました)「明治以前には、江戸では「銭湯」「湯屋(ゆうや)」と呼び、上方では「風呂屋」と呼ぶのが一般的であった。」とは有りましたが。床屋と散髪屋のような感覚でしょうか。

 なるほど。いろいろと文化的に「飾りっ気」の多そうな気がする上方で「風呂屋」というのが、今の私なぞには不思議に感じます。「風呂屋」っていうと、風呂桶を売ってるか、今ならガス屋になっているかのようなイメージなもので。

 上方では「風呂屋」で社交の場ということなんでしょうね。

 ときどき時代劇とかでも湯屋のシーンが出ますが、他のシーンよりなぜか「実感的」ではないような気がしてみています。実際はどんなだったんでしょう。


>  これは随分「本格的」宿坊(?)のようですね。最近はホテルのようなのもあるようですが。

 ここの旦那さんというか一族はテレビなんかでも度々拝見します。役行者にくっついていた「鬼」が先祖とか、とにかく何百年と宿坊を続けていることだけは間違いないので、それだけでもすごいなぁと…。


> 宿坊まで行かなくても、奈良の神社やお寺の参道には参詣者向けの旅館なんかで、よさそうなのがないでしょうかね。

 う〜ん、「詣でる」と付いてしまうと熊野か伊勢に行ってしまいそうですね。江戸時代後半の奈良って、どんな扱いだったのか…。正倉院などもああいう風に残っているわけですから、当然大事にされてきたんだと思いますけど、世間一般の関心はどうだったんでしょうね。
 旅籠なんて、ショミンが大挙して押しかけないと(そこまでは必要ないかも知れませんが…)なかなか成り立たないでしょうし…。


>  以前話題になりました「女郎うなぎ」などもこの範疇ですね。
>  旅館じゃないけれど、小田原の「だるま」を連想しました。鰻屋だとおもっていましたが、天麩羅やその他の日本料理がメインのようです。

 「だるま」は、行ったことがあります。立派な建物の方で食事がしたい場合は、予約ですかね。うちはちょろっと行って食べただけなので、食堂の方に入りましたが、そっちも十分見応えがあります。

 もちろん食べ応えもあります(^^;。300mくらい手前から、すでに「ごま油」の香りがしてきます。「一度は行って見よ」ですね、あそこは。

 泊まりは「古清水」だったら、十分今時の旅行に対応できます。


 「女郎うなぎ」は気になるなぁ…。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー