「旅籠」遺産 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.647] Re: 【奈良】皆花楼(桜井市) 投稿者:るびー  投稿日:2009/06/28(Sun) 08:39:17

ほりうちさん、おはようございます。
るびー です。

>  いや、まったくですね。ものすごく興味をそそられますね。「湯屋」っていう言葉が生きて使われているように聞けることが奇蹟のようです。

 私もそう思いました。落語にも「湯屋番」ありましたね。「湯屋」なる言葉、江戸的だなと思い「Wikipedia」で調べてみましたら(最近は本当に調べ物が楽になりました)「明治以前には、江戸では「銭湯」「湯屋(ゆうや)」と呼び、上方では「風呂屋」と呼ぶのが一般的であった。」とは有りましたが。床屋と散髪屋のような感覚でしょうか。


>  ずっと山の中ですか?こことか↓…(^^;
>
> http://tabinikkidesuyo.web.infoseek.co.jp/zannkinosato00hyousi.htm
>
>
> すでに「旅籠」でもありませんが。

 これは随分「本格的」宿坊(?)のようですね。最近はホテルのようなのもあるようですが。
宿坊まで行かなくても、奈良の神社やお寺の参道には参詣者向けの旅館なんかで、よさそうなのがないでしょうかね。


>  名張の清風亭もいいですねぇ。旅籠+うなぎから料理旅館、みたいなところも結構ありますもんね。

 以前話題になりました「女郎うなぎ」などもこの範疇ですね。
 旅館じゃないけれど、小田原の「だるま」を連想しました。鰻屋だとおもっていましたが、天麩羅やその他の日本料理がメインのようです。
 
 すみません。また、脇道にそれました。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー