「旅籠」遺産 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.637] Re: 【奈良】旅館 二鶴(大和高田市) 投稿者:ほりうち  投稿日:2009/05/20(Wed) 09:44:08

るびーさん、こんにちは。

 奈良そのものは、発掘しても江戸時代あたりはあまりありがたがられなくて、その辺は通り過ぎてもっと古いものを掘り返すというような話しを聞いたことがあります(本当かどうかは分かりませんが)。

 「旅籠」遺産というスタイルで探している方向は、近世にはいってからのものですから、奈良あたりはあんまり無いのかなと思ってましたが、やっぱり昔から賑わっていただけにあるところにはあるんですね。

 あらためて、戦後、それもバブルまでに醸成された「時代の気分」が、バブル崩壊とともに、まるで洪水のように、それまで近世〜近代〜現代と通じてつないできたものを押し流したような気がします。

 …う〜ん、水口の枡又旅館への感想が混じってしまいましたかね。


>  泊まりながら、ビジネスホテルと敷地あたりの部屋数を比較したりしてみましたが、まあ、このような旅館というのは維持費や効率も含めてまあ大変な業界なのだなと、改めて思ったりしました。

 洗面・風呂などの水回りまでを含めたスペースとして考えれば、ビジネスホテルも1人当たりの面積はそんなに狭くないんでしょうけどね。
 今まで泊まって、ここは狭いなと思ったのは八戸の村重さんでしょうか。いかにも商人宿という雰囲気で、この狭い部屋に旅の荷物やら、商いの品やら積み上げて、その脇で寝たのかなぁ…などと感慨にふけったりしました。


>  そうですね。鉄道模型のジオラマ(レイアウト)を作る際の格好のプロトタイプではあるのですが。

 貼っていただいた劇場と踏切とあわせたら、ものすごくレイアウト向きですね(^^;。JRの駅も含めて、この一帯のリアルなジオラマを作ったら、それだけでも面白そうです。図ってみたら200m四方くらいにおさまりますから、1/150のスケールなら1.5m四方もいりません。なんて。

 しかし、これ、旅館のロケーションと入口を説明するには一番良い写真かもしれませんね。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー