「旅籠」遺産 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.629] 【奈良】旅館 二鶴(大和高田市) 投稿者:るびー  投稿日:2009/05/16(Sat) 08:49:56
【奈良】旅館 二鶴(大和高田市) (画像サイズ: 360×540 97kB)

旅館 二鶴
住所:奈良県大和高田市北本町9−1
電話:0745-52-0285

 奈良は大和高田にある旅館で「ニカク」と読むようです。
 写真に示したように、粋な門があって、立派な植え込みのある庭を経て奥まった位置に玄関があるという、心を揺さぶられるようなエントランスです。もちろん、分類は料理旅館。門の脇にはJR和歌山線の踏切があり、鉄道ファンならばこのロケーションにも、何か来るものがあるのではないでしょうか。(そうでもありませんか?)
 建物の構造としては、玄関の向かって右脇にソファーが並んだ洋間があり、玄関からまっすぐに配置した廊下を行くと左に中庭を見て大広間のある棟にぶつかります。
 この旅館を取り仕切っている明るい若女将によると、かつてはこの大広間で芸者さんを揚げて高田の町の「旦那さん」(「女性から見た配偶者ではないです」とは若女将の弁)たちの集まりがよくあったということですが、今はあまりそういうことも少なくなったようです。また、かつては結婚式(披露宴)もよくあったとか。
 玄関も含め大広間までのこの部分は昭和一桁の建築だそうですが、泊まった客間は、玄関の向かって左側にある昭和30年代築の三階建ての二階部でした。翌朝、三階の部分を見てみるとこの部分は全体に一部屋(八畳だったでしょうか)で、角部屋の状態でもあり実質的にこの部屋専用のトイレ(ウォシュレットつき)もあって、見晴らしもよく快適そうでした。
 昭和一桁の建築の方も客室はあるにはあるのですが、線路に近い分、ややうるさいとのことであまり使っていないようです。私としては、鉄道の音はあまり苦にならないのですが。また、例によって、建物の補修は大変だそうです。
 「料理旅館というと敷居が高いので」と若女将に言いましたら、今はそんなことなく「楽天トラベル」や「じゃらん」にも登録してあり、平日でもコンスタントにビジネスのお客さんが泊まられるようになったということです。やはり和室は落ち着くし、六畳を独占でき布団で寝られるのを好むひとも多いようです。なにせ近鉄の大和高田駅の改札をでて2〜3分という立地も売りのようです。料金も朝食付きで\6615(じゃらん)と手頃でした。
 この大和高田と特に観光地と言うわけでもないのでしょうが、街を歩いてみると、伝統的建築に混じってアクセントとして洋風のレトロ建築も点在しています。細い商店街のアーケードーも懐かしさを感じさせてくれました。奈良の古い町は、どこでも見るべきところが多くあり、その奥深さを感じさせられます。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー