[掲示板へもどる]
一括表示

  [No.14501] 【写真】令和6年に開催される展覧会 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2023/12/31(Sun) 20:59:03

 令和6年年始から開催の写真の展覧会を紹介します。また、ここを令和6年のベースノートとします。ほっとミュージアムに紹介分に加えて訪問にご利用下さい。特記していないものも年末年始の休館にお気を付け下さい。また、入場制限、予約制のばあいがありますから、訪問時には必ずご確認下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【北海道】
札幌市資料館,☆「北大写真部 冬展」2/14(水)〜2/18(日)
網走市立美術館,☆第70回記念「写真道展 網走移動展」〜1/14(日)

【青森】
鷹山宇一記念美術館,☆第83回「国際写真サロン展」3/30(土)〜4/14(日)

【宮城】
角田市郷土資料館,☆「昭和の角田 写真展」〜1/28(日)

【山形】
土門拳記念館,☆「絵画と巡る土門拳ー生誕120年・棟方志功とともにー」
 「土門拳賞コレクション 自然・動物写真の系譜」1/19(金)〜3/31(日)

【茨城】
笠間日動美術館
 ☆企画展「絵筆がとらえる真実 レンズでさぐる世界ー絵画と写真 表現の探求ー」1/2(火)〜3/10(日)

【東京】
東京国立近代美術館,☆企画展「中平卓馬 火―氾濫」2/6(火)〜4/7(日)<タイトル追加>写真
日本カメラ博物館,☆写真展 奈良原一高 「肖像の風景 展」1/5(金)〜2/4(日)
東京都写真美術館
 ☆3F 展示室「見るまえに跳べ 日本の新進作家 vol.20」〜1/21(日)
 ☆2F 展示室「即興 ホンマタカシ」〜1/21(日)
 ☆B1F 展示室「プリピクテ Human/人間」〜1/17(水)
町田市フォトサロン
 ☆1階展示室「秋の薬師池公園作品展」1/10(水)〜1/22(月)
 ☆2階展示室「蔵重信隆写真展 昭和の鉄道風景ー蒸気機関車の走っていたころ」1/13(土)〜2/12(月・振)
 ☆1階展示室「写真と水彩画スケッチ講習会作品展」1/24(水)〜 1/29(月)
 ☆1階展示室「2023年 私のこの一枚写真展」1/31(水)〜 2/5(月)
 ☆1階展示室 三八(防衛写真記者)クラブ「日本の守」2/7(水)〜 2/12(月・振)
 ☆1階展示室「うめ写真展」2/16(金)〜2/26(月)
 ☆2階展示室 町田市写真協会「第11回会員選抜写真展」2/16(金)〜2/26(月)
 ☆1階展示室 第17回島田昇写真展「光彩夜色II」2/28(水)〜 3/4(月)
 ☆2階展示室 まちだ写好会「第67回春季写真展」2/28(水)〜 3/4(月)

【神奈川】
大佛次郎記念館,☆「大佛次郎×ねこ写真展」1/10(水)〜4/14(日)
相模原市民ギャラリー
 ☆「在日クルド難民の今【写真】」1/19(金)〜1/20(土)
 ☆第27回「ニッコールクラブ相模原支部写真展」1/26(金)〜1/29(月)
 ☆第28回「フォト四季写真展」1/26(金)〜1/29(月)

【富山】
富山市科学博物館,☆ロビー展「富山県ナチュラリスト協会写真展」1/27(土)〜2/12(月・振)
ミュゼふくおかカメラ館
 ☆全日本写真連盟第82回「国際写真サロン巡回展」1/4(木)〜2/12(月・祝)
  同時開催「高岡市美術作家連盟写真部会員展」1/4(木)〜2/12(月・祝)
 ☆「すてきなカメラデザイン展」〜6/16(日)
砺波市美術館
 ☆館蔵品展「砺波市美術館コレクションに見る写真ーラルティーグ、ドアノー、高道 宏ー」1/13(土)〜2/25(日)

【山梨】
清春 旅と空想の美術館,☆「牛山俊男 大地と星空の写真展〜冬の夜空を訪ねて〜」〜3/31(日)

【愛知】
ノリタケの森クラフトセンター
 ☆全日本写真連盟 第6回 「日本の自然風景」第40回 「日本の自然」1/10(水) 〜 1/14(日)

【兵庫】
アートホール神戸
 ☆写真展「海で逢いたい」vol.27 神戸展 2/15(木)〜2/20(火)
 ☆「フォトグループ木曜會 第43回写真展」2/22(木)〜2/27(火)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.14515] 【兵庫】県立美術館/安井仲治―僕の大切な写真 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2023/12/31(Sun) 23:56:47

 阪神岩屋の兵庫県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=28で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆没後80年・生誕120年「安井仲治―僕の大切な写真展」〜2/12(月・振)
  月曜日、年末年始(〜1/2)
      1/8(月・祝)・2/12(月・振)は開館、1/9(火)は休館
      入館料金:一般1600円 大学生1000円 70歳以上800円 高校生以下無料
          障害者手帳等お持ちの方:一般400円 大学生250円
          障害者手帳等お持ちの方1名につき、介助者1名無料

 大阪市中央区に生まれ、大正期から太平洋戦争勃発に至る激動の時代に、写真のあらゆる技法と可能性を追求した写真家安井仲治(1903-1942)は、10代でピグメント印画の技法を駆使した作品や、新興写真と呼ばれる絵画と異なる写真ならでは表現など、安井は時代の潮流に反応した。卓越した作品とともに温厚篤実な人柄から人々に慕われたが1942(昭和17)年に38歳の若さで病によりこの世を去る。作家自身の手掛けたヴィンテージプリント141点と、新たに制作された23点を含むモダンプリント64点を紹介します。作品は時系列に沿いつつ、作品に応じて5章に分けて構成し、その業績の全貌を辿る。

第1章1920s: 仲治誕生
 《猿廻しの図》1925/2023 
 《クレインノヒビキ》1923 
第2章1930s - 1: 都市への眼差し
 《(凝視)》1931/2023 
 《草》c. 1929 
第3章1930s - 2: 静物のある風景
 《蛾(二)》1934 
 《(少女と犬)》1930年代後半 
第4章1930s - 3: 夢幻と不条理の沃野
 《浅春》1939 
 《蝶(二)》1938 
第5章Late 1930s - 1942: 不易と流行
 《馬と少女》1940
 《流氓ユダヤ 窓》1941 など



記念トーク:1/28(日)午後3時〜4時30分(開場は30分前から)
「美術家から見た安井仲治」島袋道浩氏(美術家)
ミュージアムホールにて、定員150名(先着順、要観覧券、芸術の館友の会会員優先座席あり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.14528] 【奈良】入江泰吉記念奈良市写真美術館/約70年前の古都奈良の貌 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/01/03(Wed) 16:45:46

 新薬師寺そばの入江泰吉記念奈良市写真美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=0で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆世界遺産登録25周年記念 入江泰吉「約70年前の古都奈良の貌(かお)」〜1/28(日)
    〜1/3 と 月曜(祝日の場合は翌日)休館
    入館料金:一般500円 高大生200円 小中生100円
         障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方無料
         奈良市在住の70歳以上の方無料

 1998年12月、東大寺、興福寺、春日大社、元興寺、薬師寺、唐招提寺、平城宮跡、春日山原始林を含む8つの資産群が「古都奈良の文化財」としてユネスコの世界文化遺産に登録されて25周年。
 奈良大和路の風物を撮り続けてきた写真家・入江泰吉が終戦後から1960年代前半までに撮影しモノクロ写真で展示構成。この頃の日本は、戦後の混沌とした時期を経て高度経済成長をとげる頃と重なり、日本が揺れ動いた時代のなか、奈良の風物と向き合い、今に残る歴史美を捉えるべく撮影したその心を感じ取る。
 入江泰吉「雪の大仏殿」1950年代
     「興福寺五重塔より」1950年代
     「元興寺極楽坊本堂」1957年6月
     「春日大社南門前」1959年12月
     「春日の仔鹿」1959年7月
     「薬師寺東塔」1950年代
     「唐招提寺戒壇付近」1960年8月
     「平城宮址」1959年9月  など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.14585] 【写真】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/02/03(Sat) 21:35:10

 開催中またはこれから開催される写真の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ご訪問に際しては当該館の直接情報を必ずご確認ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【福島】
福島市写真美術館
 ☆(公財)福島市振興公社 賛助会事業 西原敏弘写真展
    「Tokyo landscape 東京風景 1972-1977 2017-2021」2/3(土)〜3/3(日)
 ☆第40回「日本の自然」写真コンテスト 巡回展 2/17(土)〜2/25(日)
 ☆第33回「ふくしま写遊会写真展」2/28(水)〜3/3(日)

【群馬】
高崎シティギャラリー
 ☆第2展示室「朝日フォトコン2023 入賞入選作品展」2/9 (金) 〜2/11 (日・祝)
 ☆第3展示室「サンライフ高崎写真展」2/23 (金) 〜2/28 (水)

【埼玉】
武甲山資料館,☆「各所から見える武甲山」写真展 〜令和6年2月末

【東京】
日本カメラ博物館
 ☆写真展「ステレオ写真に浮かび上がる幕末・明治の日本 Part3 
    Weed(ウィード) & Miller(ミラー) & Du Pin(デュ・パン) & Riemer(リーマー)
     & Champion(シャンピオン) & Gulick(ギュリック)」2/6(火)〜3/3(日)
HOUSE OF SHISEIDO (資生堂ギャラリー)
 ☆第17回 shiseido art egg第1期展「林田 真季 展」〜3/3 (日)
   イギリス沿岸部の過去のごみ埋立地の姿と日本各地の大規模不法投棄事案を問題とした写真
 ☆第17回 shiseido art egg第3期展「岩崎 宏俊 展」 4/23(火)〜5/26(日)
   実写映像をトレースしてアニメーションを制作するロトスコープ
O美術館,☆写真展「海で逢いたい」vol.27 3/15(金)〜3/20(水・祝)
東京都写真美術館,☆「恵比寿映像祭2024 月へ行く30の方法」2/2(金)〜2/18(日)

【神奈川】
神奈川県民ホールギャラリー
 ☆第23回「港彩フォトクラブ・フォトクラブ写楽 合同寫眞展」3/26(火)〜3/31(日)
日本新聞博物館(ニュースパーク),☆「2023年報道写真展」〜4/14(日)
相模原市民ギャラリー
 ☆第18回「はにかむ写真展」2/9(金)〜2/12(月・振)
 ☆「小林 恵写真展」2/9(金)〜2/12(月・振)

【新潟】
池田記念美術館,☆「魚沼ベストショット展 Part13」〜3/3(日)

【山梨】
河口湖美術館,☆第24回「富士山写真大賞展」〜3/24(日)

【愛知】
豊川市桜ヶ丘ミュージアム,☆第59回「豊川市民展 写真の部」3/12(火)〜3/17(日)

【滋賀】
長浜鉄道スクエア,☆第3回「長浜鉄道スクエア鉄道写真コンテスト作品展」〜3/31(日)

【京都】
京都工芸繊維大学 美術工芸資料館,☆「畠山崇の写真1−文字の旅−」〜2/9(金)
美術館「えき」KYOTO,☆「高砂淳二写真展−この惑星(ほし)の声を聴く−」4/6 (土)〜5/19(日)
宇治市植物公園,☆「宇治市写真コンテスト作品展」3/12(火)〜3/24(日)

【兵庫】
神戸市立博物館,☆「Colorful JAPANー幕末・明治手彩色写真への旅」3/30(土)〜5/19(日)
姫路市立美術館,☆「小川晴暘と飛鳥園 100年の旅」7/6(土)〜9/1(日)

【奈良】
奈良県立美術館,☆「小川晴暘と飛鳥園 100年の旅」4/20(土)〜6/23(日)

【島根】
砂博物館 仁摩サンドミュージアム
 ☆地域密着展 宮脇洸太 ウェディング写真展「ART WEDDING PHOTOGRAPH」〜2/25(日)
桑原史成写真美術館,☆第4期「台湾」〜4/17(水)

【広島】
広島市植物公園,☆「植物公園写真コンテスト作品展」〜2/12(月・振)

【長崎】
対馬博物館,☆須川英之写真展「ふるさと讃歌」〜2/25(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.14627] 【写真】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/03/02(Sat) 23:58:09

 開催中またはこれから開催される写真の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ご訪問に際しては当該館の直接情報を必ずご確認ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【北海道】
札幌市資料館
 ☆「北海道教育大学札幌校写真部 卒業写真展」3/5(火)〜3/10(日)
 ☆「小樽商科大学写真部 三月展」3/12(火)〜3/17(日)
 ☆「浜田元史 写真展 透明な風をさがして」3/19(火)〜3/24(日)
川湯ビジターセンター,☆写真展「本当の夜をいつまでも」〜3/31(日)

【東京】
町田市フォトサロン
 ☆1階展示室 山根昇「送電鉄塔風景」3/6(水)〜 3/11(月)
 ☆2階展示室 木目田武「極寒の大地〜道東」3/6(水)〜 3/11(月)
 ☆1階展示室  戸羽正明「四季彩の杜・歳時記」3/13(水)〜 3/18(月)
 ☆2階展示室 第72回「ツバキ展」3/15(金)〜 3/17(日)
 ☆1階展示室「写真でめぐる世界の旅・日本の旅」3/20(水)〜 4/1(月)
 ☆2階展示室「鳥撮り仲間写真展」3/27(水)〜 4/1(月)

【長野】
田淵行男記念館
 ☆田淵行男写真展「安曇野風景」〜6/2(日)
 ☆「佐藤大史写真展 ALASKA−生きることと暮らすこと−」〜4/21(日)
浅間縄文ミュージアム
 ☆3月企画展「中田秀一製作アンデス楽器展 アンデス春風の響き」3/9(土)〜3/24(日)

【兵庫】
アートホール神戸,☆「2024 写真作家集団 ユートピア 写真展」3/14(木)〜3/19(火)

【鳥取】
伯耆町立植田正治写真美術館,☆企画展「私風景:植田正治のまなざし」3/1(金)〜6/9(日)

【島根】
今井美術館,☆「 「うちの子参観日」ペットの写真募集展 」〜3/17(日)

【香川】
善通寺市美術館,☆「高橋弘写真展 My Lifeー季(とき)ー」3/12(火)〜3/17(日)

【福岡】
リノベーションミュージアム冷泉荘
 ☆「ゴトウエイコの盲想展」3/29(金)〜4/2(火)写真&デザイン展
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.14670] 【京都】何必館・京都現代美術館/時代の証言者 MARC RIBOUD展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/03/20(Wed) 19:36:02

 祇園四条の何必館・京都現代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=64で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「時代の証言者 MARC RIBOUD展」〜5/26(日)
     月曜休館(4/29、5/6は開館)
     入館料金:一般1200円 学生1000円
 フランス生まれ、1950年代から活動を始めたフォトジャーナリスト・マルク・リブー(1923〜2016)は、写真家集団「マグナム」の創始者アンリ・カルティエ=ブレッソンやロバート・キャパらの同志で、50年代のアフリカ独立運動や60年代のベトナム戦争、西側で初めて中国の取材にも成功。「NYタイムズ」「タイムズ」「フィガロ」など世界各国の紙面をかざった。一貫して長期間滞在して混沌とした現実から秩序ある瞬間を切り取ってきた。本展は、マルク・リプーの1950年代から半世紀間にわたる作品からオリジナルプリント約60点を展示。
  エッフェル塔のペンキ工、パリ 1953年
  ウィンストン・チャーチル、イギリス 1954年
  フィデル・カストロ、キューバ 1963年
  ジャン=ポール・サルトル、パリ 1964
  ジャン・ローズ 1967年
  ホー・チ・ミンとファン・ヴァン・ドン、ハノイ 1968年
  ピカソ、サン=トロぺ 1957年
  サルバドール・ダリ、スペイン 1963年
  修道女とタクシー、パリ 1953年
  歩く男、リーズ、イギリス 1954年
  雪の紫禁城、北京 1957年
  アヌーク・グランベール、パリ 1991年 など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のチラシとホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14692] 【兵庫】神戸市立博物館/幕末・明治手彩色写真への旅[3/30(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/03/24(Sun) 23:12:00

 神戸市立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=24で3/30(土)から開催される特別展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「Colorful JAPAN―幕末・明治手彩色写真への旅」[前期]3/30(土)〜4/28(日)
              [後期]4/29(月・祝)〜5/19(日)
   月曜と5/7(火)休館(4/29(月・祝)5/6(月・振)は開館)
   開館時間:午前9時30分〜午後5時30分(金土は7時30分まで、入館は閉館30分前まで)
   入館料金:一般1200円 大学生600円 高校生以下無料
      神戸市内在住で満65歳以上の方は一般料金半額。
      障害のある方は障害者手帳などの提示で無料。

 日本の開国後、幕末から明治時代にかけて諸外国の人々が来日。彼らに対し、フェリーチェ・ベアト、ライムント・フォン・シュティルフリート、臼井秀三郎、日下部金兵衛、アドルフォ・ファルサーリ、玉村康三郎らの写真館では、日本の名所や風俗を撮影した写真を販売した。写真は1点1点精緻な「手彩色写真」に仕上げられ、巧みな構図と美しい彩色は現実離れし、東洋の神秘「JAPAN」のイメージを作り上げる。 本展ではこうした手彩色が施された写真と関連資料約150点を一堂に展観し、手彩色写真のもつ唯一無二の美を通して、「JAPAN」の姿を紹介。
「〔女性の後姿〕」明治時代
「PANORAMA OF RYOUNDO’S STORE, KOBE」 明治時代中期〜後期
「写真着彩用油彩絵具」 ボシュロム 近代
「〔シュティルフリートの絵付師〕」 明治時代
「WRITING LETTER」 日下部金兵衛 明治時代中期
「GENERAL」 日下部金兵衛 明治時代中期
「FUJIYAMA FROM OMIYA VILLAGE」 日下部金兵衛 明治時代中期
「〔太夫〕」 明治時代
「KOBE」(「神戸名所写真帳」より)日下部金兵衛 明治時代中期(後期展示)など

記念講演会:地階 講堂にて、午後2〜3時30分(要本展観覧券)
  定員140名(当日先着順、当日午後1時から講堂前で整理券を配布)
4/6(土)「異郷のスペクタクル―世界写真史における日本の手彩色写真」
      佐藤守弘氏(同志社大学文学部美学芸術学科教授)
4/27(土)「Colorful JAPAN」水嶋彩乃氏(学芸員)

学芸員による展示解説会:会期中の土曜 午後5時〜30分(開場は4時30分から)
  地階 講堂にて、定員140名(当日受付、先着順)(要本展観覧券)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のチラシとホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14710] 【長崎】ナガサキピースミュージアム/石丸多喜子アフリカを撮る[3/26(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/03/26(Tue) 00:19:29

 大浦海岸通りのナガサキピースミュージアムhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=42&c=14で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「石丸多喜子アフリカを撮る 命をつなぐサバンナの動物たち
 駆け抜ける美しい野生」3/26(火)〜4/21(日)
    4/1(月)8(月)15(月)休館
    入館無料

 佐賀県出身、長崎市在住の石丸多喜子さんが昨年、アフリカの東部タンザニアで撮影した雄大なサバンナに生きる野生動物や鳥たちの、穏やかで愛情に満ちた日常、無垢な姿の写真を展示。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14728] 【写真】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/04/01(Mon) 00:21:47

 開催中またはこれから開催される写真の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ご訪問に際しては当該館の直接情報を必ずご確認ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【北海道】
札幌市資料館
 ☆「めがねがつなぐ写真展」4/2(火)〜4/7(日)
 ☆第75回「アサヒ北海道写真展」4/9(火)〜4/14(日)
 ☆「写団新雪写真展2024」 4/9(火)〜4/14(日)
 ☆「金子貴樹写真展 円山動物園2023」4/23(火)〜4/29(月・祝)
北海道立函館美術館,☆特別展「熊谷孝太郎 間世潜 時の彼方へ 函館から」4/27(土)〜6/16(日)写真
釧路市立博物館
 ☆企画展・私の博物館 阿寒摩周国立公園 アクティブレンジャー写真展
   「AKANKO Wild Bright〜四季を巡る生命の輝き〜」〜4/21(日)
北海道立帯広美術館,☆特別展「写真展 星野道夫 悠久の時を旅する」4/20(土)〜6/30(日)
北海道立オホーツク流氷科学センター,☆「写真展オホーツク物語5」〜4/21(日)

【岩手】
リアスアーク美術館
 ☆第8回食と地域の暮らし展「暮らしをウツス〜佐々木徳朗写真展」4/10(水)〜6/2(日)

【秋田】
秋田県立近代美術館,☆岩合光昭写真展「こねこ」4/20(土)〜7/15(月・祝)

【山形】
土門拳記念館,☆特別展「植田正治と土門拳ー巡りあう砂丘ー」4/5(金)〜7/15(月・祝)

【福島】
郡山市立美術館,☆「平間至展 写真のうたーPhoto Songsー」7/6(土)〜8/25(日)

【茨城】
笠間日動美術館,☆「岩合光昭写真展 ねこづくし」〜5/19(日)

【東京】
東京ステーションギャラリー,☆生誕120年「安井仲治 僕の大切な写真」〜4/14(日)
日本カメラ博物館
 ☆特別展「カメラとカタログ カタログからみるカメラの時代」〜6/30(日)
 ☆タカオカ邦彦作品展 「大地とともに」4/2(火)〜4/29(月・祝)
靖国神社遊就館,☆遊就館特別企画「山岸伸写真展 日本人の心がやどる靖国の櫻」〜5/6(月・振) 
東京富士美術館
 ☆「没後70年 戦争を越えて―写真家ロバート・キャパ、愛と共感の眼差し―」4/9(火)〜6/23(日)
武蔵野市立吉祥寺美術館
 ☆「大坪美穂 黒いミルク―北極光・この世界の不屈の詩―」4/13(土)〜5/26(日)

【神奈川】
岩崎博物館(ゲーテ座記念)
 ☆第500回企画展「関 幸貴 写真展 男の肖像II」4/10(水)〜4/21(日)

【富山】
ミュゼふくおかカメラ館
 ☆北陸新幹線敦賀開業記念/ブログ「1日1鉄!」20周年記念
  中井精也写真展「ゆる鉄絶景100〜中井精也が捉えた100の鉄道名景〜」4/6(土)〜6/16(日)

【静岡】
磐田市香りの博物館
 ☆令和6年度春季特別企画展「岩合光昭写真展 こねこ」4/6(土)〜6/23(日)

【愛知】
ヤマザキマザック美術館
 ☆「Photograph 記憶の花 藤原更 Sarah Fujiwara」4/26(金)〜6/30(日)

【三重】
paramita museum
 ☆岡田文化財団設立45周年記念
   「小川晴暘と飛鳥園 100年の旅」11/30(土)〜令和7年1/26(日)<休館日:12/28(土)〜1/1(水・祝)>
【滋賀】
草津市立水生植物公園みずの森
 ☆「桜写真展」4/2(火)〜 4/7(日)
 ☆「木村尚達作品展〜水辺のささやき2〜」5/28(火)〜6/9(日) 写真

【京都】
何必館・京都現代美術館,☆「時代の証言者 MARC RIBOUD展」〜5/26(日)

【兵庫】
アートホール神戸,☆第26回「写団すばる写真展」5/2(木)〜5/7(火)
兵庫県立美術館原田の森ギャラリー,☆「大海功夫回顧展」4/23(火)〜4/28(日)写真
バンドー神戸青少年科学館,☆ 開館40周年企画「思い出の写真展」4/27(土)〜5/31(金)
尼崎市総合文化センター 美術ホール
 ☆「立体写真展 飛び出しまっせ 2024」4/24(水)〜4/29(月・祝)

【奈良】
入江泰吉記念奈良市写真美術館
 ☆「入江泰吉 塔のある風景」
  「Ahn Jun 重力へ」4/6(土)〜6/30(日)

【鳥取】
米子市美術館
 ☆山陰ビデオシステム 設立45年記念企画 / 令和6年度 米子市美術館特別共催展
  佐藤健寿展「奇界/世界」4/7(日)〜5/26(日)

【岡山】
岡山県立美術館
 ☆岡山の美術展「藤原和通」9/21(土)〜11/10(日)サウンドアーティスト

【山口】
山口県立美術館
 ☆コレクション展示「レディ、レディ、レディ!ー写真家が見つめた昭和の女性」4/12(金)〜6/16(日)
周南市美術博物館
 ☆企画展 第32回林忠彦賞 受賞記念写真展 
   奥山淳志「BENZO ESQUISSES 1920-2012」4/20(土)〜4/29(月・祝)
【香川】
善通寺市美術館,☆「フォトクラブ写遊写真展」4/10(水)〜4/19(金) 

【愛媛】
愛媛県美術館
 ☆「PHOTOGRAPHY 山川コレクションとその展開(仮)」令和7年1/31(金)〜3/20(木・祝)

【沖縄】
那覇市民ギャラリー
 ☆「写真展 太陽と月の抱擁 Brazil Argentina 1990」4/2(火)〜4/7(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.14841] 【写真】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/05/03(Fri) 23:48:08

 開催中またはこれから開催される写真の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ご訪問に際しては当該館の直接情報を必ずご確認ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【北海道】
札幌市資料館
 ☆村上和子 写真展「北海道花便り Flower Letter from Hokkaido」5/8(水)〜5/12(日)
 ☆山形典夫 写真展「「一枚」の日常」5/8(水)〜5/12(日)
 ☆今明美 写真展「ろまん電車」5/8(水)〜5/12(日)
 ☆椿拓治 写真展「島便り」5/8(水)〜5/12(日)
 ☆第16回ネイチャー写真クラブ「樹々たちの集い」写真展5/21(火)〜5/26(日)
 ☆第3回楽写塾写真展「それぞれの光詩」5/28(火)〜6/2(日)
 ☆「フォトサークルはまなす写真展2024」5/28(火)〜6/2(日)
北海道立オホーツク流氷科学センター,☆鈴木徹写真展「カワウに魅せられて」〜6/16(日)
サケのふるさと 千歳水族館,☆角張隆正氏写真展「野鳥・飛行機カメラマンの青史」〜5/12(日)

【東京】
東京都写真美術館
 ☆3F 展示室 TOPコレクション
  「時間旅行 千二百箇月の過去とかんずる方角から」〜7/7(日)
 ☆2F 展示室「記憶:リメンブランス―現代写真・映像の表現から」〜6/9(日)
 ☆B1F 展示室「没後50年 木村伊兵衛 写真に生きる」〜5/12(日)
世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー
 ☆<第一期>「1950年代の写真―アメリカ、ヨーロッパ、アジアの街」〜9/1(日)
 ☆<第二期>「清川泰次 雑誌、書籍、新聞の仕事」9/28(土)〜令和7年3/9(日)

【静岡】
佐野美術館
 ☆「岩合光昭写真展  PANTANAL パンタナール 
    ―世界遺産の大湿原―清流がつむぐ動物たちの聖域」8/10(土)〜9/29(日)
【京都】
京都万華鏡ミュージアム 姉小路館,☆「クレエ写真教室 第19回作品展」5/15(水)〜5/19(日)

【沖縄】
沖縄県立芸術大学付属図書・芸術資料館展示室,☆「デザイン専攻 写真1年生展」5/2(木)〜5/6(月・振)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.14880] 【愛媛】今治市玉川近代美術館/光と影 / モノクローム 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/05/31(Fri) 22:38:25

 今治市玉川近代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=38&c=16で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆館蔵品企画展「光と影 / モノクローム」〜7/24(水)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金:一般520円 学生260円 高齢者(65歳以上)420円
         高校生以下または18歳未満無料
         「身体障がい者手帳」「療育手帳」「精神障がい者保健福祉手帳」
             所持者及びその介助者1人は無料

 光と、光によって生まれる陰影を意識した表現。第1展示室では、写真造形作家・鈴鹿芳康氏によるピンホール写真を阿波和紙に表現した作品と、光と影の捉え方に注目した油彩画の館蔵品。
 第2展示室では、画家の国籍、描かれた年代、制作技法などを問わず、白と黒のモノクロームで表現された作品を展示。モノクロームの作品にもみられる光と影の表現を楽しむ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14894] 【写真】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/06/02(Sun) 21:59:55

 開催中またはこれから開催される写真の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ご訪問に際しては当該館の直接情報を必ずご確認ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【東京】
日本カメラ博物館,☆写真展 広川泰士作品展 「sonomama sonomama」6/4(火)〜7/7(日)
HOUSE OF SHISEIDO (資生堂ギャラリー)
 ☆「十文字美信展(仮題)」8/27(火)〜10/20(日)(予定)写真

【神奈川】
アートガーデンかわさき,☆「パーカー写真倶楽部」6/11(火)〜6/16(日)

【新潟】
長岡市栃尾美術館,☆写真展「写真展 星野道夫 悠久の時を旅する」7/6(土)〜9/8(日)

【富山】
ミュゼふくおかカメラ館
 ☆前川貴行写真展「生き物たちの地球 大地と水と、つながりめぐる生命の世界」6/22(土)〜8/25(日)
 ☆鈴木一雄 写真展「聲をきく―四季にうつろう日本の原風景―」8/31(土) 〜 10/27(日)
 ☆野村誠一 写真展「A Half Century―The World is Filled with Splendid Things.」11/2(土) 〜令和7年1/5(日)
 ☆秋元貴美子 写真展「光のはて 地上の永遠」令和7年1/11(土) 〜 2/16(日)
 ☆「ワンダーフォト写真展2024-2025」令和7年2/22(土) 〜 3/30(日)
 ☆コレクション展「令和5年度 新規寄贈カメラ展」〜令和7年3/30(日)
 ☆コレクション展「クラシックカメラの世界展」11/2(土)〜令和7年2/16(日)"

【山梨】
南アルプス市立美術館,☆「白?史朗 日本の名峰を撮るー南アルプスを中心にー」〜7/15(月・祝)
清里フォトアートミュージアム「ケイモパ」
 ☆ ロバート・フランク生誕100周年記念展
  「もう一度、写真の話をしないか。フランクと同時代の写真家たち」7/6(土)〜9/29(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.14943] 【鳥取】伯耆町立植田正治写真美術館/砂丘、ふたたび 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/06/16(Sun) 23:17:19

 伯耆町立植田正治写真美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=31&c=33で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「植田正治の1980年代―砂丘、ふたたび」〜9/8(日)
    火曜休館(祝日の場合は翌日、8/13は開館)
    入館料金:一般1000円 高大生500円 小中生300円
         障害のある方と付添者1名は半額(要証明)

 植田正治が、1983年、70歳になり突然ファッション写真を発表し、新たな挑戦をしたのは、妻を亡くして自失していた植田に、意欲を取り戻させるための次男の企みであった。
 そして、植田のかつてのホームグラウンド、砂丘での撮影を提案し、自信をもっていた浜辺や砂丘での演出写真から離れていた植田にとっては、30年の時を超えた砂丘での演出写真、まさにリバイバルをした。
 「仕事の写真」と同時に「自分の写真」を常に追い求め、妻の死を乗り越えふたたび写真と真摯に向き合った写真家の姿を浮き彫りにする。

 シリーズ〈小さい伝記〉より 1980−85年
 シリーズ〈風景の光景〉より 1979-83年
 シリーズ〈砂丘モード〉より 1983-89年
 シリーズ〈軌道回帰〉より 1984-85年
 シリーズ〈幻視遊間〉より 1987-92年
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14766] 【京都】美術館「えき」KYOTO/高砂淳二写真展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/04/14(Sun) 21:33:06

 美術館「えき」KYOTOhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=76で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「高砂淳二写真展−この惑星(ほし)の声を聴く−」〜5/19(日)
    会期中無休
    開館時間:午前10時〜午後7時30分(入館締切:閉館30分前)

 世界中の国々、地球をフィールドに神秘的な海の中、遠く広がる大地、果てしない空、そこに息づく生物たちに出会う旅を続ける写真家・高砂淳二(1962−)。本展は、「海の声」「大地の声」「空の声」の3部で構成し、約100点の写真作品により地球の生きる姿を多角的に展覧し、地球温暖化等様々な環境問題に際し、地球のどのような声を聴くことができるか、考える。(スマートフォン・携帯電話に限り、会場内写真撮影可)
      アイスバブル(カナダ)
      ウルル(エアーズロック)(オーストラリア)
      サガリバナ(沖縄)
      アジサシとカニ(セイシェル)
      サボの滝(ベネズエラ)
      夜の“天空の鏡”(ボリビア)
      丸い虹(ハワイ)
      オーロラ(アイスランド)
      タテゴトアザラシ(カナダ)
      ハンドウイルカ(南アフリカ)
      寄せる波(ハワイ)
高砂淳二 ギャラリー・トーク:4/27(土)28(日)(1日2回)午前11時〜、午後3時〜
    混雑した場合は、入館制限の場合あり
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のチラシとホームページ

                明日香 光二/馬場 英明