[掲示板へもどる]
一括表示

  [No.14496] 【日本画書】令和6年に開催される展覧会 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2023/12/31(Sun) 20:53:19

 令和6年年始から開催の日本画や書道の展覧会を紹介します。また、ここを令和6年のベースノートとします。ほっとミュージアムに紹介分に加えて訪問にご利用下さい。特記していないものも年末年始の休館にお気を付け下さい。また、入場制限、予約制のばあいがありますから、訪問時には必ずご確認下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【北海道】
札幌市資料館,☆第49回「高書研展」1/11(木)〜1/14(日)
北海道立函館美術館,☆鴎亭記念室 金子鴎亭III期「生誕140年 孤高の書家・中野越南」〜4/14(日)

【山形】
山寺芭蕉記念館,☆企画展「収蔵名品展−書画の美−」〜2/5(月)(水、12/27〜1/3休館)

【東京】
ちばぎんひまわりギャラリー
 ☆「幕田 魁心 展( 書)」 1/23(火)〜2/4(日)
 ☆「遠山 悦子 展(テンペラ画・日本画)」3/5(火)〜3/17(日)
台東区立朝倉彫塑館,☆特集「生誕180年記念 呉昌碩の世界−その魅力と受容−」〜3/6(水)
台東区立書道博物館
 ☆特別展 東京国立博物館・台東区立書道博物館連携企画
  生誕180年記念「呉昌碩の世界 ―その魅力と受容―」前期:1/4(木)〜2/12(月・振)
                       後期:2/14(水)〜3/17(日)
郷さくら美術館 東京,☆特別展「村居正之の世界―歴史を刻む 悠久の青―」〜2/25(日)
齋田記念館,☆2024年 春季企画展「落花啼鳥―渡邊省亭、花鳥の余韻―」4/8(月)〜7/19(金)
静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)
 ☆「ハッピー龍イヤー!〜絵画・工芸の龍を楽しむ〜」1/2(火) 〜 2/3(土)
帝京大学総合博物館
 ☆クラブ展「帝京大学書道部の「今」」〜1/11(木)<日祝と12/29(金)〜1/3(水)休館>
玉堂美術館,☆「黎明展」〜2/12(月・振)

【神奈川】
鎌倉市鏑木清方記念美術館
 ☆企画展「春を待つ―清方が描いた新春―」〜1/8(月・祝)
       <月(1/8は開館)12/29(金)〜1/3(水)休館>
 ☆企画展「早春の風情 ―清方のことばとともに―」1/13(土)〜2/27(火)
岡田美術館,☆「金屏風の祭典 黄金の世界へようこそ」〜6/2(日)

【富山】
富山市佐藤記念美術館
 ☆企画展「佐藤コレクションー佐藤助庵の蒐集・創作ー」〜2/18(日)<〜1/4(木)、2/13(火)休>
富山市篁牛人記念美術館
 ☆民俗民芸村連携企画展「呉羽丘陵」篁牛人記念美術館
   「呉羽の画人 ハンニャイチロウと篁牛人」〜2/12(月・祝)<〜1/4休>
南砺市立福光美術館
 ☆「知られざる光瑤の横顔」3/2(土) 〜3/25(月)
朝日町立ふるさと美術館
 ☆館蔵品企画展「豊秋半二展−墨で描く−」〜1/14(日)<〜1/3、火休>

【福井】
敦賀市立博物館
 ☆新春美術展「辰年〜敦博の龍たち〜」1/4(木)〜2/12(月・振

【長野】
北野美術館
 ☆所蔵品展「冬の精華ー語り来る入魂の作品たち」〜2/12(月・振)<〜1/3、月(祝日の場合は翌日)休>

【岐阜】
大垣市守屋多々志美術館,☆第97回企画展「大和と古画模写」1/11(木)〜3/10(日)
東山魁夷心の旅路館(版画作品常設展示館)
 ☆2023年度第IV期展「中国 ― 水墨の世界」1/6(土)〜3/17(日)

【静岡】
静岡県富士山世界遺産センター
 ☆特別展「シリーズ江戸文化のなかの富士山6 富士山 藝術の源泉」(前期:1/1(月・祝)〜1/15(月)
                      後期:1/18(木)〜2/12(月・振)
【愛知】
古川美術館・爲三郎記念館
 ☆古川美術館新春展 爲三郎記念館創建90周年記念
    「和のこころ 富士の粋 美人画の雅」1/6(土)〜2/18(日)日)
 ☆特別展 木村光宏絵画展「我行画想ー思いのままで」4/27(土)〜6/2(日)
 ☆特別展 木村光宏絵画展「喜々想描ー花・風景」4/27(土)〜6/2(日)
 ☆「篠田桃紅 107年のキセキ」6/15(土)〜7/28(日)
松坂屋美術館,☆第68回「現代書道二十人展」1/27(土)〜2/4(日)
桑山美術館,☆「新春万福−吉祥の日本画と工芸−」1/6(土)〜2/4(日)
春日井市立道風記念館,☆館蔵品展「書に想いをはせる」〜4/21(日)
メナード美術館,☆所蔵企画展「歳時記 花ひらく春」1/6(土)〜3/31(日)
田原市博物館
 ☆特別展示室「言祝ぎの美術―新年を祝う―」〜2/4(日)<12/28(木)〜1/4(木)休>
 ☆特別展示室「巻物―横長の書物―」2/10(土)〜4/7(日)

【大阪】
小林美術館,☆冬季特別展「絵になる風姿ー粋と艶ー」〜3/10(日)<12/28〜1/4休>

【兵庫】
アートホール神戸
 ☆第52回「松本奉山水墨画会展 関西展」1/25(木)〜1/30(火)
 ☆第29回「一隅會展 篆刻・書・画」2/2(金)〜2/4(日)
 ☆「グループ彩 かな書作展ー心をつなぐー」2/8(木)〜2/11(日・祝)
 ☆第28回「書道研究 書學会展」3/2(土)〜3/3(日)

【島根】
足立美術館
 ☆冬季特別展「心なごむ日本画の世界」
  「日本画家のことばと作品」
  「冬の横山大観コレクション」〜2/29(木)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.14514] 【大阪】中之島美術館/女性画家たちの大阪 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2023/12/31(Sun) 23:28:07

 大阪中之島美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=44で開催中の展示を紹介します。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「決定版! 女性画家たちの大阪」前期:〜1/21(日)
            後期:1/23(火)〜2/25(日)
     月曜日(1/8、2/12を除く)1/1休館
     開場時間:午前10時〜午後5時(2/10〜2/25は6時まで、入場は閉館30分前まで)
     入館料金:一般1800円 高大生1000円 中学生以下 無料
         障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)は半額(要証明)

 多くの女性日本画家が活躍した約百年前の大阪。大正元年(1912)に20歳で文展に入選した島成園、その成功に触発され官展に入選を重ねた木谷千種や生田花朝。また南画(文人画)の分野で活躍した河邊青蘭や融紅鸞。彼女らは後進の女性を育成するため画塾を開き、門下生たちも師に続いて公募展や塾展に挑み、大阪の女性画家の裾野はさらに広がった。東京と京都がその中枢を担った美術界だが、女性画家は近代大阪の文化における大きな特色であった。近年の新たな成果を加えて、50名を超える近代大阪の女性日本画家の活動を約150点の作品と関連資料で紹介。

 島成園《桜花美人》大正12年(1923)頃
 川本月香《木蓮図》大正7年(1918)(前期展示)
 木谷千種《をんごく》大正7年(1918)(前期展示)
 三露千鈴《化粧》大正後期 (後期展示)
 島成園《影絵之図》大正8年(1919)頃 (後期展示)
 三露千鈴《殉教者の娘》大正15年(1926)(後期展示)
 生田花朝《だいがく》昭和時代 (後期展示) など

講演会:1階ホール2/18(日)午後2〜3時30分(開場1時30分)
「女性が絵を描くということ ―百年前の大阪を追想して」小川知子氏(研究副主幹)
定員150名(先着順、事前申込不要)入館券のみ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.14536] 【兵庫】姫路市書写の里・美術工芸館/書家・金澤翔子展[1/6(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/01/05(Fri) 21:01:51

 姫路市書写の里・美術工芸館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=43で1/6(土)から開催される展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆姫路城世新春特別展「書家・金澤翔子展―令和の近作と平成の代表作―」1/6(土)〜4/7(日)
    月曜(祝日の場合は翌日)と3/21(木)休館
    入館料金:一般310円 高大生210円 小中生50円
        身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方と介護者1人無料

 昭和60(1985)年東京都生まれの祈りの書家・金澤翔子は、5歳より母・泰子に師事して書を始め、20歳のときに銀座書廊での個展以来、全国各地の神社仏閣で奉納揮毫を行うほか、国内外で数多くの個展を開催。本展では、令和2(2020)年に台湾で開催した展覧会の出品作を中心に書家・金澤翔子を紹介。東日本大震災後に発表した平成の代表作「共に生きる」、東京2020公式アートポスターの金箔原画「翔」などとともに、40点余りの大作を展示展示。
「共に生きる」 (四曲屏風)2011年発表
「令月風和」 2020年発表 
「福聚海無量」2020年発表
「美しき心」 2020年発表 など

(1)展示解説会:1/14(日)27(土)2/10(土)25(日)3/10(日)23(土)午後2時〜30分
  担当学芸員、当日先着20人(1時から整理券配布)

(2)料紙工芸教室:2/23(金・祝)料紙(装飾した紙)を貼り合わせ、ハガキ大の料紙1枚をつくる
(午前の部)10時〜12時 (午後の部)1時30分〜3時30分
  長谷川蘭恵氏(書家・料紙工芸作家) 会議室にて、参加費1,500円
  定員各10人(中学生以上が対象) 千枚通し(目打ち)を持参。
  2/13(火)までに往復はがきか館サイトで申し込み、応募多数の時は抽選。

(3)紙すき体験教室:3/16(土) 午前10時〜11時30分
  竹をすり潰した繊維をすいて、ハガキ大の紙をつくる
  田崎博和氏(竹紙・竹筆作家) 竹林工房にて、参加費500円
  定員20人
   3/5(火)までに往復はがきか館サイトで申し込み、応募多数の時は抽選。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.14545] 【兵庫】西宮市大谷記念美術館/日本画ことはじめ[1/13(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/01/08(Mon) 19:10:25

 阪神香櫨園の西宮市大谷記念美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=71で、1/13(土)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆コレクション展「日本画ことはじめ」1/13(土)&#12316;2/18(日)
   水曜休館
   入館料金:一般1000円 高大生600円 小中生400円
        西宮市内在住65歳以上の方は500円(要証明書呈示)
        ココロンカード・のびのびパスポート呈示の小中生は無料
        心身に障がいのある方及び介助者1名は無料(要手帳等呈示)

 設立の礎となった大谷竹次郎氏旧蔵品など約150点の日本画を館蔵。
 明治時代に日本が近代国家として再編されていくなかで、「美術」の制度も形成。西洋の技法で描かれた「洋画」と区別するために、岩絵具や膠を原材料に用いた絵画を「日本画」にとして、明治20(1887)年代に美術用語として定着。時代の流れの中で、時に古典作品や西洋の技法に学びながら切磋琢磨した画家たちによって「日本画」はさまざまなスタイルの作品が生み出される。
 大正時代から戦前にかけての作品が大半を占める日本画の、時代背景や作家達の関係性といった観点から館蔵コレクションを展観。

第一章 蔵出し大谷コレクション
 田能村直入《歳寒三友図》1860年
 狩野晴真《蓬莱山図》1846ー62年
第二章 日本画を描く人々
 西村五雲《冬暖》1934年
 鈴木松年《春渓閑竿図》1914年
第三章 好まれた画題
 北野恒富《春餘》1929-30年
 山元春挙《黄初平図》1891年
第四章 新たな表現の追求
 下村良之介《水辺屏風》1972年
 山下摩起《雪》1933年  など

ワークショップ「日本画を見る」:2/10(土)午後1時30分〜3時30分
 山下和也 氏(日本画家)
 小学4年生以上対象 材料費200円(別途入館料)
 定員10名(応募多数の場合は抽選、1回の応募で2名まで)
申込方法
往復ハガキ(〒662-0952 西宮市中浜町4-38)またはメール(otaniws@otanimuseum.jp)
参加者全員の氏名・年齢・住所・電話番号を明記。1/19(金)必着。

第188回オータニミュージアムコンサート;1/21(日)午後2&#12316;3時30分、入館料のみ
「ハープ・ヴァイオリン デュオリサイタル」
 山地梨保氏(ハープ)、上敷領藍子氏(ヴァイオリン)
 定員100名(小学生以上)電話(0798-33-0164)にて要申込(4名まで)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.14547] 【奈良】県立美術館/漂泊の画家 不染鉄[1/13(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/01/08(Mon) 19:11:51

 県庁隣の奈良県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=4で1/13(土)から開催される特別展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆開館50周年記念 特別展「漂泊の画家 不染鉄〜理想郷を求めて」1/13(土)〜3/10(日)
   月曜休館(2/12(月・振)3/4(月)は開館、2/13(火)は休館)
   入館料金:一般1200円 高大生1000円 小中生800円
    身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方と介助者1人
    外国人観光客(長期滞在者・留学生を含む)と付添の観光ボランティアガイド 無料

 東京・小石川生まれの不染鉄(ふせん・てつ 1891〜1976)は浄土宗僧侶の父を持つが、画家を志し日本画家の山田敬中や日本美術院に学ぶ。京都市立絵画専門学校在学中に帝展で初入選を果たし、同校を首席で卒業。戦後は奈良・正強高校(現・奈良大学附属高等学校)の校長となり、画壇とは距離を置き独自の道を歩む。郷愁漂う村落風景、悠然とたたずむ富士の眺望や神聖な古寺の景観、そして神秘に満ちた海の風景から幻想的な夜の情景など、過去の想い出とともに、静穏な日々の営みを慈しむ、不染の理想郷的世界が投影される。開館50周年を記念し三度の開催で、初期から晩年までの代表作を展示。
  《山海図絵(伊豆の追憶)》大正14年(1925)
  《思出之記》(「田圃」部分)昭和2年(1927)
  《南海之図》昭和30年(1955)頃
  《廃船》昭和44年(1969)頃
  《落葉浄土》昭和49年(1974)頃 など

美術講座:2/4(日)午後2〜3時30分、1Fレクチャールーム
     定員60名(当日1時15分から整理券配布、先着順)
「漂泊の画家 不染鉄」(仮題)松川綾子氏(指導学芸員)

講演会:2/18(日)午後2〜3時30分、1Fレクチャールーム
     定員60名(事前申込制)
「伊藤若冲と不染鉄の筋目描き〜天才画家の秘密にせまる」青木芳昭氏(京都芸術大学大学院教授)

当館学芸員によるギャラリートーク(作品解説):1/20(土)3/2(土)午後2〜3時

☆ギャラリー展示「きたまち 2023ーきたまちといろとインカレ」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.14560] 【奈良】松伯美術館/未来につなぐ日本画展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/01/16(Tue) 22:44:21

 奈良市学園前の松伯美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=1で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆企画展「未来につなぐ日本画展 
  ―松伯美術館公募展優秀賞受賞作家の現在いまII」〜2/18(日)
    月曜休館(2/12(月・祝)は開館し、翌13(火)は休館)
    午前10時〜午後5時(入館は午後4時まで)
    入館料金:大人410円 小中高大生 無料

 日本の風土、日本人の感性によって培われ、描き続けられてきた花烏画の公募展をこれまで23回開催し、2016年からは、ジャンルを問わない「松伯日本画展」を3回開催した。 作家の育成という公募展の歩みを振り返る機会として、これまでの大賞および優秀賞受賞作家の現在の作品を紹介する展覧会。優秀賞受賞作家紹介の第2回の開催。それぞれ与えられた展示壁面に、今現在の自身の仕事を自由に発表。

出戸 須央妃 (第3回花鳥画展) 「月桃」
東端 哉子 (第5回花鳥画展) 「Harmonia」、「Vapor」
江原 三保子 (第7回花鳥画展) 「夏が降る」、「ミモザ」
竹森 裕 (第8回花鳥画展) 「有情」
藤田 哲也 (第8回花鳥画展)「ぬくい日」、「虚空蔵菩薩」
森 桃子 (第8回花鳥画展) 「白銀の山」
廣瀬 貴洋 (第9回花鳥画展) 「想う」
青谷紀久代 (第11回花鳥画展) 「森の話」、「こもれび」
藤井 聡子 (第12回花鳥画展) 「たわやか」、「和」、「ほがらか」
真鍋 修 (第12回花鳥画展) 「川辺」
佐伯 千尋 (第13回花鳥画展) 「あの日・・・」
福田 浩之 (第13回花鳥画展) 「MarchofBranchesandIvy」
橋田 純 (第14回花鳥画展) 「宴の朝」
小川 咲葉子 (第16回花鳥画展) 「春の記憶I」、「春の記憶II」、「やわらかな風」
楠瀬 和子 (第16回花鳥画展) 「春を待つ」
藤原 玲子 (第17回花鳥画展) 「ユウスゲの咲く刻」
小杉 侑未 (第18回花鳥画展) 「春舞」
大原 奈穂子 (第20回花鳥画展) 「Teatime」、「Library」
岸本 志津 (第20回花鳥画展) 「仰ぐ」
山口 由紀子 (第20回花鳥画展) 「記憶のカケラ1」、「記憶のカケラ2」、「記憶のカケラ3」
牟田 芙佐子 (第21回花鳥画展) 「鳳凰図」
杉山 佳 (第1回松伯日本画展)「椅子と窓」
谷野 剛史 (第1回松伯日本画展)「朝の詩」
永井 学 (第1回松伯日本画展)「遠きに在りて〜豊後の春に」
中井 美智子 (第23回花鳥画展) 「LoveandPeace」、「移ろう季」
三好 温人 (第23回花鳥画展) 「闘牛」
吉澤 光子 (第23回花鳥画展) 「綯い交ぜ」
池庄司 淳 (第3回松伯日本画展)「風化」
小田 賢 (第3回松伯日本画展)「湖北」
特別展示 上村松園 「初春」
     上村松篁 「鴛鴦」
     上村淳之 「梅薫る」 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.14568] 【福岡】九州国立博物館/長沢芦雪―若冲、応挙につづく天才画家[2/6(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/01/28(Sun) 21:53:40

 太宰府天満宮隣の九州国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=40&c=71で2/6(火)から開催される特別展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆生誕270年「長沢芦雪―若冲、応挙につづく天才画家」2/6(火)〜3/31(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    午前9時30分&#12316;午後5時(金土は8時まで、入館は閉館30分前まで)
    入館料金:一般2000円 高大生1000円 小中生600円

 18世紀後半の京都で活躍した人気絵師長沢芦雪は、現代にも「奇想の画家」として評価される。代表作の龍・虎図襖など初期から晩年までの、奇抜な着想と卓越した筆裁きの作品を堪能。また、芦雪と同時代に活躍した伊藤若冲、円山応挙、池大雅、与謝蕪村らの名品も出陳。

 龍・虎図襖(前期:2/6〜3/3)
 龍図襖 松江市指定文化財 長沢芦雪筆 島根 西光寺蔵(後期:3/5〜3/31)
 牛図 長沢芦雪筆 鐵齋堂蔵(後期:3/5〜3/31)
 群猿図 重要文化財 長沢芦雪筆 兵庫 大乗寺蔵(後期:3/5〜3/31)
 松虎図襖 奈良市指定文化財 長沢芦雪筆 奈良 薬師寺蔵(前期:2/6〜3/3)
 牡丹孔雀図 長沢芦雪筆 京都 下御霊神社蔵(前期:2/6〜3/3)
 降雪狗児図 長沢芦雪筆 逸翁美術館蔵(前期:2/6〜3/3)
 象と鯨図屏風 伊藤若冲筆 MIHO MUSEUM蔵(後期:3/5〜3/31)
 蘇鉄図屏風 重要文化財 与謝蕪村筆 香川 妙法寺蔵(前期:2/6〜3/3)
 藤花図屏風 重要文化財 円山応挙筆 根津美術館蔵(後期:3/5〜3/31)
 雨竹風竹図屏風 重要文化財 円山応挙筆 京都 圓光寺蔵(前期:2/6〜3/3)
 蘭亭曲水・龍山勝会図屏風 重要文化財 池大雅筆 静岡県立美術館蔵(前期:2/6〜3/3)など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.14579] 【日本画書】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/02/03(Sat) 00:36:17

 開催中またはこれから開催される日本画や書道の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ご訪問に際しては当該館の直接情報を必ずご確認ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【秋田】
秋田県立近代美術館
 ☆企画展「アキタの書・その魅力」2/3(土)〜4/14(日)
 ☆コレクション展「雪月花のとき」〜4/7(日)

【栃木】
草雲美術館,☆「草雲と門人聖・俗図のリアル」〜3/24 (日)

【埼玉】
川越市立美術館,☆「日本画の革新―橋本雅邦から滝沢具幸まで―」〜3/24(日)
狭山市立博物館,☆令和5年度冬期企画展「収蔵品展 はじめての日本美術」〜2/25(日)

【千葉】
千葉市美術館,☆企画展「武士と絵画―宮本武蔵から渡辺崋山、浦上玉堂まで―」〜3/3(日)
成田山書道美術館
 ☆新春特別展「書の紙」〜2/18(日)
 ☆「現代の書」2/24(土)〜4/21(日)
 ☆第40回「成田山全国競書展」4/2(土)〜4/21(日)

【東京】
出光美術館
 ☆出光美術館の軌跡 ここから、さきへIV
  「物、ものを呼ぶ ―伴大納言絵巻から若冲へ」9/7(土)〜10/20(日)
泉屋博古館東京
 ☆企画展「ライトアップ木島櫻谷― 四季連作大屏風と沁みる「生写し」」3/16(土)〜5/12(日)
 ☆企画展「歌と物語の絵―雅やかなやまと絵の世界(仮題)」6/1(土)〜7/21(日)
 ☆特別展「オタケ・インパクト 越堂・竹坡・国観、尾竹三兄弟の日本画アナキズム」10/19(土)〜12/15(日)
上野の森美術館
 ☆「大東文化大学100年の書―書の大東を受け継ぐ人々―」3/2 (土) 〜3/5 (火)
東京都美術館,☆特別展「田中一村展 奄美の光 魂の絵画」9/19(木)〜12/1(日)
久米美術館,☆「久米桂一郎 日本絵画コレクション 銘品選」2/10(土)〜3/17(日)
大田区立龍子記念館
 ☆地域連携企画展「川端龍子の作品とともに観る大田区美術家協会の現在」2/10(土)〜3/3(日)
山種美術館
 ☆公募展「Seed 山種美術館 日本画アワード 2024
    ―未来をになう日本画新世代―」2/17(土)〜3/3(日)

そごう美術館
 ☆毎日書道展 第75回記念 毎日現代書巡回展
    「今をえがく書 かながわ」3/16(土)〜3/24(日)
 ☆再興第108回「院展」3/30(土)〜4/21(日)
神奈川県民ホールギャラリー
 ☆第45回「芳林書展」2/7(水)〜2/11(日・祝)
 ☆第58回「純正書道展」2/27(火)〜3/3(日)
箱根芦ノ湖成川美術館
 ☆「山本丘人 孤高の詩風景〜その変遷をたどって」
  「日本画の煌めき オマージュ山本丘人」
  「よろこびの花 いのちの輝き」〜3/13(水)

【富山】
富山県水墨美術館,☆「川端龍子展」3/15(金)〜5/26(日)
南砺市立福光美術館,☆生誕140年記念「石崎光瑤」7/13(土)〜9/2(月)

【山梨】
平山郁夫シルクロード美術館
 ☆2024年春夏開館20周年記念展「 平山郁夫−仏教伝来と旅の軌跡−」3/23(土)〜9/9(月)

【長野】
サンリツ服部美術館,☆「辰年を祝う」〜2/25(日)

【愛知】
ノリタケの森クラフトセンター,☆「神谷繁子 回顧展」2/20(火) 〜2/25(日)日本画

【滋賀】
愛荘町立歴史文化博物館,☆令和5年度「書き初め展」〜2/11(日・祝) 

【京都】
京都国立近代美術館,☆没後100年「富岡鉄斎」4/2(火)〜5/26(日)
京都市京セラ美術館
 ☆2023 冬期 コレクションルーム 特集「昭和前期の日本画と古典」〜2/25(日)
細見美術館,☆「屏風絵展」2/20(火)〜4/14(日)
京都府京都文化博物館,☆生誕140年記念「石崎光瑤」9/14(土)〜11/10(日)
京都国立博物館,☆特別展「雪舟伝説ー「画聖カリスマ」の誕生ー」4/13(日)〜5/26(日)
大丸ミュージアムKYOTO,☆第56回「京都書作家新春展」2/17(土)〜2/26(月)

【大阪】
枚方市立御殿山生涯学習美術センター,☆「矢野橋村の弟子たち展」2/6(火)〜2/17(土) 

【奈良】
奈良市杉岡華邨書道美術館
 ☆「華邨の書に学ぶ―かな作品を臨書する(1)細字を中心に―」〜4/14(日)

【鳥取】
鳥取県立博物館
 ☆企画展「生誕200年 根本幽峨 ―近世鳥取画壇の「黄金時代」 最後の華―」2/10(土)〜3/20(水・祝)

【島根】
浜田市立石正美術館
 ☆企画展「石本正 おんなの美」3/20(水・祝)〜5/26(日)(予定)
 ☆平坂常弘展「石見野 こころあるもの」3/20(水・祝)〜5/26(日)(予定)
今岡美術館,☆「春を寿ぐ 吉祥の美 展」〜3/17(日)

【岡山】
やかげ郷土美術館,☆収蔵品展 「矢掛ゆかりの絵画展」〜4/14(日)

【広島】
頼山陽史跡資料館,☆特集展「南画って何なん?」〜2/18(日)
平山郁夫美術館,☆平山郁夫のまなざし?「文化の源流をたどる展」〜3/13(水)
菅茶山記念館,☆収蔵作品展「冬」〜3/31(日)
海の見える杜美術館  ,☆生誕160年「竹内栖鳳 天才の軌跡」3/16(土)〜5/12(日)

【徳島】
徳島県立文学書道館(言の葉ミュージアム)
 ☆書道特別展「角元正燦ー書は自画像である」2/16(金)〜3/24(日)

【高知】
高知市立龍馬の生まれたまち記念館
 ☆企画展「近世・近代の書と絵画展 〜先人たちの筆跡〜」〜2/19(月)
絵金蔵,☆企画展「女の仇討展」〜3/31(日)

【熊本】
島田美術館,☆「龍の如く 干支を寿ぐ」〜6/17(月)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.14609] 【京都】嵯峨嵐山文華館/よきかな源氏物語 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/02/21(Wed) 23:46:55

 嵯峨嵐山文華館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=100で開催中の企画展を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「よきかな源氏物語」〜4/7(日)
    3/5(火)休館
    入館料金:一般・大学生1000円 高校生600円 小中生400円
         障がい者と介添人1名600円
 平安時代中期に成立した最古の長編小説『源氏物語』にゆかりが深い嵯峨嵐山。主人公・光源氏の側室である明石の方と二人の間に生まれた明石の姫君が居住したとされ、光源氏モデルという源融の山荘跡「清凉寺」、光源氏が六条御息所を訪ねた「野宮神社」、光源氏が建てた御堂の北側にあったという「大覚寺」などが存在。本展で『源氏物語』を題材にした日本画の作品を、各場面の解説とともに紹介。
 中村大三郎《紫式部》
 伝 藤原定家《小倉色紙 朝ほらけ》
 狩野山楽《源氏物語押絵貼屏風》
 玉圓永信《源氏五十四帖図》
 山本素軒《源氏物語図屏風》など

講演会:2/24(土)午後1時30分〜2時30分、予約不要、入館料のみ
「源氏絵で読む源氏物語」吉海直人氏(同志社女子大学特任教授)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.14618] 【京都】高島屋グランドホール/上村松園・松篁・淳之 文化勲章三代の系譜[3/6(水)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/03/01(Fri) 00:00:13

 四条河原町の京都高島屋グランドホールhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=84で3/6(水)から開催される展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「上村松園・松篁・淳之 文化勲章三代の系譜」3/6(水)〜3/25(月)
    会期中無休
    午前10時〜午後7時(最終日は5時まで、入場締め切りは閉場30分前)
    入館料金:一般1200円 高大生1000円 中学生以下無料
 親・子・孫三代にわたって日本画の美をそれぞれに追い求め、文化勲章を受章した上村松園・松篁・淳之 三代の画業を紹介。荘園は格調高い美人画で1948年に女性として初の受章、松篁は自然を描く新たな日本画を追究して1984年に、淳之は鳥の姿を通じて自然の神秘を描写して2022年に受章。それぞれモチーフや画風は異なるが、描くことへの情熱や美意識は時代を超えて受け継がれた上村家三代の作品。
   上村松園「花がたみ」1915年
       「娘」1926年
   上村松篁「青柿」1947年
       「水温む」1988年
   上村淳之「夕日に」1981年
       「四季花鳥図」(大阪新歌舞伎座緞帳原画)2011年           
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14622] 【日本画書】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/03/02(Sat) 23:54:37

 開催中またはこれから開催される日本画や書道の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ご訪問に際しては当該館の直接情報を必ずご確認ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【北海道】
市立小樽美術館,☆「人生百年 書道大家・宇野静山」3/23(土)〜5/6(月・振)

【東京】
練馬区立美術館,☆「池上秀畝 高精細画人」3/16(土)〜4/21(日)
玉堂美術館,☆「玉堂の描く「鳥」展」〜4/14(日) 

【富山】
富山市篁牛人記念美術館,☆館蔵品展131「想像の世界と記憶の世界」〜5/19(日)

【石川】
金沢大学資料館,☆金沢大学・湖南大学共催「秦風漢韻 陳松長 朱永霊書道二人展」3/1(金)〜4/17(水)
金沢21世紀美術館
 ☆セレネ美術館開館30周年/宇奈月温泉開湯100周年記念 セレネ美術館 金沢特別展
  「黒部峡谷 日本画展―秘境・黒部からやってきた名画たち―」3/5(火)〜3/17(日)

【長野】
伊那市立高遠町歴史博物館,☆池上秀畝生誕150年企画展「秀畝の画業」〜6/16(日)
信州高遠美術館,☆「「気韻生動」の画人 池上秀畝生誕150年展」3/2(土)〜5/19(日)

【大阪】
高島屋史料館,☆「人間栖鳳 生誕160年知られざる竹内栖鳳」3/9(土)〜7/1(月)

【島根】
足立美術館
 ☆春季特別展/2024「季節のアイテム 日本画から感じる春夏秋冬」3/1(金)〜5/31(金)

【岡山】
岡山・吉兆庵美術館
 ☆「日本人形と美人画を愛でる」前期:〜3/31(日)
               後期:4/2(火)〜5/19(日)
【香川】
香川県立東山魁夷せとうち美術館
 ☆第4期テーマ作品展「西洋の風景―追憶の町と山湖礼讃」〜4/7(日)

【高知】
いの町紙の博物館(土佐和紙伝統産業会館),☆伊藤神谷「書の世界展」 〜3/10(日)
中土佐町立美術館,☆第6回「中土佐町立美術館大賞展」3/2(土)〜3/31(日)

【福岡】
北九州市立自然史・歴史博物館(いのちのたび博物館)
 ☆企画展「藤井玉欄−北九州の日本画家」4/6(土)〜6/9(日)

【佐賀】
小城市立中林梧竹記念館,☆テーマ展「山口紫竹寄贈作品展」3/9(土)〜5/26(日)

【大分】
大分県立美術館,☆没後50年「福田平八郎」5/18(土)〜7/15(月・祝)
二階堂美術館,☆「田園風俗と田園風景 特集展示/横山大観と京都の日本画家たち」〜 4/7(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.14646] 【京都】福田美術館/進撃の巨匠 竹内栖鳳と弟子たち 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/03/12(Tue) 23:48:15

 京都・嵐山の福田美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=108で開催中の展示を紹介します。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「進撃の巨匠 竹内栖鳳と弟子たち」〜4/7(日)
    会期中無休
    入館料金:一般・大学生1500円 高校生900円 小中生500円
         障がい者と介添人1名 900円
    嵯峨嵐山文華館との二館共通券:一般・大学生2300円
         高校生1300円 小中生750円 障がい者と介添人1名1300円

 生誕160年を記念して、竹内栖鳳とその弟子たちに焦点を当てた展覧会。
 明治以降の京都の美術史を語ることは不可能なほど、比類なき大きな存在の巨匠・竹内栖鳳(1864〜1942)の「力」に迫る。若き日の栖鳳が参考にした師、幸野楳嶺ら先人たちの作品。栖鳳に導かれそれぞれに優れた個性を発揮した、西山翠嶂や上村松園、土田麦僊、村上華岳や入江波光、福田平八郎や徳岡神泉らの作品までも展示。栖鳳と弟子たちの明治・大正・昭和を通じて続いた無双の快進撃が生み出した作品の数々。
 第1章 竹内栖鳳の作品 《金獅図》など
 第2章 栖鳳の弟子たちの作品
   西山翠嶂《陽光櫻花》など
 第3章 戦後まで活動した栖鳳の弟子たちの作品
   小野竹喬《河口近く》
   福田平八郎《若鮎》
   池田遙邨《旭譜》など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のチラシとホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14647] 【大阪】高島屋史料館/人間 栖鳳 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/03/12(Tue) 23:49:29

大阪・日本橋の高島屋史料館 http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=14
で開催中の展示を紹介します。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「人間 栖鳳 生誕160年 知られざる竹内栖鳳」[第I部] 〜5/6(月・振)
                       [第II部] 5/18(土)〜7/1(月)
   火・水曜日休館、5/9(木)〜5/17(金)は展示替のため休館
   入館無料

 20代半ば頃より、高島屋の画室に画工として勤務していた近代日本画の巨匠 竹内栖鳳(1864−1942)。栖鳳が東洋と西洋の絵画表現を融合したといわれるのは、高島屋での仕事で培われた。明治期の高島屋は、輸出用染織品の下絵制作のため、外国の雑誌や画集、写真集などを収集し、世界で通用する“新しい絵”を研究し、京都では唯一の海外事情に触れることができたから。栖鳳監修で高島屋が次々に製作した“美術染織品”は各国の博覧会で高い評価を受けた。生涯を通じて高島屋とは深い関わりを持った竹内栖鳳の代表作から書簡まで、館蔵品を紹介する。
 「栖鳳絣」 大正期 個人蔵
 I部展示
 《ベニスの月》 1904年 絹本墨画
 《雀》 年代未詳 杉戸着彩
 《鶏の図》 年代未詳 杉戸着彩
 《白梅》 1941年 絹本着彩
 「竹内栖鳳年譜屏風」 1943年 海の見える杜美術館蔵
 II部展示
 《アレ夕立に》 1909年 絹本着彩(II部展示)
 《富士》 1893年 絹本着彩(II部展示)
 《小心胆大》 1909年 絹本着彩(II部展示)
 《国瑞》 1937年 絹本着彩(II部展示)  など
 
学芸員によるギャラリ―ト―ク:土曜日 午後2時〜約30分

以下、要申込み・抽選制(参加費無料)館サイトより申込み、抽選制
 スマートフォンで当選チケット画面を表示要

(1)講演会:4/14(日)午後1〜2時30分 多目的ルームにて、定員20名
「竹内栖鳳と近代京都画壇」森光彦 氏(京都市京セラ美術館学芸員)
 応募期間:3/22(金)午前10時〜28(木) 抽選結果表示:3/31(日)午後3時ごろ

(2)講演会;5/26(日) 午後1〜2時30分 多目的ルームにて、定員20名
「竹内栖鳳と高島屋」廣田孝 氏(京都女子大学名誉教授)
 応募期間:5/3(金・祝)午前10時〜9(木)抽選結果表示:5/12(日)午後3時ごろ

(3)古文書講座:6/16(日) 午後1〜2時30分 多目的ルームにて、定員15名
「栖鳳の書簡を読む」高井多佳子氏(研究員)
 応募期間:5/24(金)午前10時〜30(木)抽選結果表示:6/2(日)午後3時ごろ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のチラシとホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14648] 【大阪】中之島美術館/没後50年 福田平八郎 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/03/12(Tue) 23:50:32

 大阪中之島美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=44で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「没後50年 福田平八郎」〜5/6(月・振)
   月曜休館(4/1、4/15、4/22、4/29、5/6は開館)
   入館料金:一般1800円 高大生1000円 中学生以下無料

 大分市生まれ、京都で学んだ福田平八郎(1892〜1974)は、自然を観察した写実的な作品で評価を得、昭和7年(1932)に《漣》(重要文化財)を発表し、その大胆な挑戦で人々を驚かせ「写実に基づく装飾画」という新しい芸術を確立した。代表作や初期から晩年までの優品約120件を展示しその魅力に迫り、瑞々しい感動やユニークな目線を伝えるスケッチ類も紹介して名作誕生の背景を探る。

第1章 手探りの時代
《池辺の家鴨》大正5年(1916)
《緬羊》大正7年(1918)
第2章 写実の探究
《安石榴(ざくろ)》大正9年(1920)
《朝顔》大正15年(1926)
第3章 鮮やかな転換
《漣》重要文化財 昭和7年(1932)
《青柿》昭和13年(1938)前期展示(4/7まで)
《竹》昭和17年(1942)後期展示(4/9から)
第4章 新たな造形表現への挑戦
《雲》昭和25年(1950)
《筍》昭和22年(1947)後期展示(4/9から)
《雨》昭和28年(1953)後期展示(4/9から)
第5章 自由で豊かな美の世界へ
《游鮎》昭和40年(1965)
《花の習作》昭和36年(1961)前期展示(4/7まで)
《鸚哥(いんこ)》昭和39年(1964)後期展示(4/9から)
素描・写生帖
《花菖蒲》昭和10年代
《うす氷》昭和24年(1949)
《紙テープ》昭和30-40年代
新発見資料《水》昭和10年(1935)頃

講演会:1階ホール、午後2時〜3時30分予定(開場1時30分、事前申込不要、定員150名)
3/20(水・祝)「《漣》誕生の秘密」林野雅人氏(主任学芸員)
4/7(日)「「写生狂」福田平八郎の画業」吉田浩太郎氏(大分県立美術館 主幹学芸員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のチラシとホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14656] 【東京】練馬区立美術館/池上秀畝−高精細画人− 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/03/16(Sat) 21:45:35

 西武池袋線中村橋の練馬区立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=251で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆生誕150年「池上秀畝−高精細画人−」〜4/21(日)
   月曜休館
   開館時間:午前10時〜午後6時まで(入館は午後5時30分まで)
   入館料金:一般1000円 高大生および65から74歳:800円
        中学生以下および75歳以上:無料
   リピーター割引:初回のチケット半券を受付に提示すると300円割引

 長野県伊那市生まれの池上秀畝(明治7年〜昭和19年)は、荒木寛畝の最初の門人であり伝統に基づく「旧派」の画家として活躍したが、徹底した写生に基づく描写に「新派」の画家たちが取り組んだ空気感の表現なども取り入れ、伝統に固執しない日本画表現を確立した。本展では、秀畝の代表作を展示し、新たな視点で「旧派」の画家にスポットを当てる。
 「松に白鷹・桃に青鸞図」昭和3年(1928)杉戸絵
 「飛蝶」昭和12年(1937)紙本着色3面のうち2面 
 「四季花鳥図《夏》」大正7年(1918)
 「秋晴《秋色》」明治40年(1907)(〜3/31展示)
 「桜花双鳩・秋草群鶉図」大正10年(1921)(4/2〜展示)など

ギャラリートーク:3/31、4/6(日)午後3時〜40分程度 事前申込み不要
以下、館サイトもしくは往復葉書で要申込み
〈鑑賞プログラム〉トコトコ美術館 テーマ:とり
 4/6(土)【A】午前10時30分〜12時 【B】午後2〜3時30分
 4/7(日)【A】午前10時30分〜12時 【B】午後2〜3時30分
   3〜6歳の未就学児+保護者5組(3/22(金)必着、抽選)
ゲストスライドトーク:4/13(土)午後3時〜40分程度、定員50名(3/29(金)必着、抽選) 
 4/13(土)「鳥から見る池上秀畝」藤元晶子氏(一橋大学非常勤講師)
美術講座「二曲小屏風を作るー紙蝶番から仕上げまでー」
 4/20(土)21(日)午前10時30分〜午後5時(2日間)
    勝村真光氏(表具師、装画堂)
  中学生以上対象、定員10名(4/5(金)抽選)費用5000円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のチラシとホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14659] 【岡山】笠岡市立竹喬美術館/国画創作協会の画家たち 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/03/16(Sat) 23:16:28

 笠岡市立竹喬美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=33&c=46で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆テーマ展示「国画創作協会の画家たち」〜6/30(日)
   月曜休館(但し4/29(月・祝)5/6(月・祝)は開館)4/30(火)5/7(火)は休館
   入館料金:一般500円 高校生以下、65歳以上無料(要証明)

 開館以来、小野竹喬と同時代に活躍した画家たちの活動の展覧会を開催し、所蔵。竹喬が創立メンバーとなった国画創作協会で活躍した画家たちの作品を数多く所蔵。国画創作協会は、小野竹喬、土田麦僊、榊原紫峰、村上華岳、野長瀬晩花の若手日本画家5名により、大正7(1918)年に、文部省美術展覧会への反発して、新しい芸術を創造したいという熱い想いで創立。国画創作協会は約10年、7回の展覧会開催だったが、新たな日本画の創造大きな足跡を残した。国画創作協会で活躍した画家たちの足跡を辿り前後期あわせて約120点の作品から紹介。
  榊原紫峰《赤松》
  山口草平《竹の子売り》
  稲垣仲静《加茂川》
  澤田石民《御苑内》
  甲斐庄楠音《抒情小品》
  森谷南人子《海辺(曇)》
  村上華岳《牡丹》
  土田麦僊《大原女》
  小野竹喬 《波切村》大正7(1918)年(5/25〜展示) 

講座:5/26(日)午後1時30分〜3時、視聴覚室にて
「小野竹喬における国画創作協会」柴田就平氏(学芸員)
  【要予約・先着順】

ギャラリートーク(展示室内、申込不要)午後1時30分〜2時30分
 4/14(日)4/29(月・祝)5/19(日)6/1(土)6/23(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のチラシとホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14662] 【京都】府立堂本印象美術館/渡辺信喜 四季の譜/野外彫刻展[3/20(水・祝)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/03/17(Sun) 23:34:28

 立命館大学前の京都府立堂本印象美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=1で、3/20(水・祝)から開催される展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆京都府立堂本印象美術館 現代作家展「渡辺信喜 四季の譜」3/20(水・祝)〜5/17(金) 
   月曜日(月曜日が祝休日の場合は翌平日休館)
   入館料金:一般510円 高大生400円 小中生200円
      65歳以上の方(要公的証明書)および障害者手帳を提示者(介護者1名を含む)は無料

 芸術の発展に貢献する場として館を活用してほしいという堂本印象(1891-1975)の想いを受け継ぎ、現在活躍している作家たちに発表の場を創出することを目的に開催。1回目は、優美な色彩による花の絵の画家として知られ、現在、京都の日本画の重鎮として活躍する渡辺信喜を紹介。
 特別展示 堂本印象 「木華開耶媛」 1929年

作家(渡辺信喜)によるスペシャルギャラリートーク(参加費・申込不要、要入場券)
  3/30(土)4/27(土)午後2時〜

☆第7回 京都府立堂本印象美術館「野外彫刻展」3/20(水・祝)〜5/17(金) 
 平成30年の堂本印象美術館のリニューアルに伴い、庭園にて、毎年春に野外彫刻展を開催。7回目の今回も個性豊かな作家が集まり、堂本印象がデザインしたイスも点在する庭園で、自然と芸術のコラボレーションを楽しむ。
   天乃睦柘彫、岩木幹雄、岩重圭子。宇治川久司、江藤佳央琉、大杉直、柿本香、柏木みどり、
   小牧徳満、ベーカー・ジェームズ、信ヶ原良和、白鳥一晴、多田裕、田中泰子、崔石鎬、
   西見智之、ノブコウエダ、半田哲生、松下幸夫、水嶋康亘、三野恵子、山田実、山本ゆう、楊海峰
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のチラシとホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14855] 【京都】府立堂本印象美:渡辺信喜 四季の譜行きました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/05/12(Sun) 21:33:42

 それでは、私もGW期間に訪れたところ。

 記念の食事のために京都へ行き、観光地として混み合っていない館へ立ち寄ろうと考えました。
 久しぶりに、京都府立堂本印象美術館を訪れました。堂本印象の、スタイルがガラッと変わる絵画の数々も面白いのですが、今回は現代作家の展示。渡辺信喜の絵画はチラシで拝見してパステル調で美しかったので、惹かれました。日本画と言えば、南画のような精緻な風景、濃密な美人画、植物や動物も屏風絵のような濃いものが中心だと思うのですが、明るい日本画は、現代的で良いなと思います。
 動物画で有名な山口華楊のお弟子さんですが、花や植物の絵が中心。背景は単色で対象の植物だけが浮かび上がっていたり、稲穂や苗が整列して画面を覆い尽くしていたり、装飾的・デザイン的(琳派的?)明るく楽しい絵画たちでした。 堂本印象作品は、最高傑作「木華開耶媛」の本作と、下絵の比較展示だけでしたが、これもみもの。下絵の際には自らの娘をモデルにして親しみ少女だったのが、本作ではやや近寄りがたい神々しい女神になっている、という展示でした。
 展示途中の休憩サロンから、堂本印象旧亭が見えるのも良い趣向だし、このサロンで流されている、立命館の学生による展示解説の映像も面白かった。(現在、立命館が運営主体になっている)

 訪れたのは4/29(月・祝)でしたが、道路向かいの立命館大学から、バスで学生たちがどんどん出てくる。今日は休日か?と疑うような日でした。

 この展示は5/17(金)までです。
                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14683] 【山梨】平山郁夫シルクロード美術館/仏教伝来と旅の軌跡[3/23(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/03/23(Sat) 11:09:14

 甲斐小泉の平山郁夫シルクロード美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=19&c=29
で3/23(土)から開催の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆開館20周年記念 山梨放送開局70周年記念
「平山郁夫 ―仏教伝来と旅の軌跡展」3/23(土)〜9/9(月) 
     会期中無休
     入館料金:一般1200円 高大生800円 小中生無料

 開館20周年を迎え、平山郁夫の画業の起点となった《仏教伝来》(1959 年)やその翌年に発表した《天山南路 夜》などの初期作、釈迦の生涯を描いた「仏伝シリーズ」、シルクロード各地を題材とした作品、制作に関連した資料を展示。佐久市立近代美術館、平山郁夫美術館の特別協力のもと、若き日の平山郁夫の創作を振り返りながら、多彩な平山郁夫の絵画世界を紹介。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14706] 【愛媛】今治市大三島美術館/日本画の赤と金 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/03/26(Tue) 00:15:49

 今治市大三島美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=38&c=7で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆館蔵品展「日本画の赤と金」〜6/16(日)
  月曜休館(祝日の場合は翌日)
  入館料金;一般520円 学生260円 65歳以上420円
       高校生以下または18歳未満無料
     「身体障害者手帳」「療育手帳」「精神障害者保健福祉手帳」所持者と介助者1人無料
 日本画の特徴、金箔や金泥など本物の金を使った彩色、様々な表現に使われ何種類もある赤。2種類の色の対比は目を引く鮮やかさがあり好んで使われてきた。この展示では日本画の赤と金の表現をご紹介し、日本画らしい華やかさを楽しむ。
「舞妓四題II 師走」(青山亘幹)
「紅富士」(桝田隆一)  
「あけび」(松本 勝) など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14723] 【日本画書】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/04/01(Mon) 00:17:58

 開催中またはこれから開催される日本画や書道の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ご訪問に際しては当該館の直接情報を必ずご確認ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【北海道】
北海道立函館美術館
 ☆鴎亭記念室 金子鴎亭I期「漢字にこめた心」4/27(土)〜9/23(月)
 ☆特別展 光ミュージアム所蔵「美を競う 肉筆浮世絵の世界展
    北斎、広重、英泉、国芳、芳年など」7/13(土)〜9/23(月)
 ☆鴎亭記念室 金子鴎亭II期「俳句の書」10/1(火) 〜12/8(日)
 ☆特別展「アートギャラリー北海道 蠣崎波響生誕260年 蠣崎波響と松前の至宝」10/13(日)〜12/8(日)
 ☆特別展「文字の芸術をめぐる旅 文字ってアートなの?」12/.21(土) 〜令和7年3/30(日)
 ☆鴎亭記念室 金子?亭III期「海を書く」12/21(土) 〜令和7年3/30(日)

【岩手】
盛岡市先人記念館,☆収蔵資料展「没後五十年 池田龍甫展」〜6/2(日)日本画

【秋田】
角館町平福記念美術館
 ☆「平福百穂 絵画と短歌ー百穂をめぐるひとたち−」4/12(金)〜6/23(日)
 ☆「佐藤悟日本画展(仮称)」10/1(火)〜11/12(火)

【栃木】
足利市立美術館
 ☆開館30周年記念展 コレクション展2024
    Part I 南画「憧れた景色へのかけ橋 ―大山魯牛を中心―」4/20(土)〜6/30(日)
【群馬】
群馬の森 群馬県立歴史博物館
 ☆新春特別収蔵品展「日本美術史ことはじめ(仮)」12/21(土)〜令和7年2/9(日)

【東京】
サントリー美術館
 ☆没後300年記念「英一蝶(仮称)」9/18(水)〜11/10(日)
 ☆「日本美術と儒教(仮称)」11/27(水)〜令和7年1/26(日)
根津美術館,☆特別展「国宝・燕子花図屏風 デザインの日本美術」4/13(土)〜5/12(日)
静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館),☆「画鬼河鍋暁斎×鬼才松浦武四郎」4/13(土)〜6/9(日)
日野市立新選組のふるさと歴史館,☆「第十七回新選組書展」〜4/14(日)

【神奈川】
鎌倉国宝館
 ☆「仏画入門 ―絵画で見るほとけさまの物語―」7/24(水)〜9/1(日)
 ☆財団設立 50 周年記念特別展「異彩!天才!北斎!
  ―氏家浮世絵コレクションの肉筆画―(仮)」令和7年3/29 (土)〜5/11(日)
箱根芦ノ湖成川美術館
 ☆「芳澤一夫展 希望をもとめて」
  「時代をつくる 女性作家展」
  「橋本龍美展〜妖怪と、ユーモアと、共感と、信仰と〜」
  収蔵名作展「日本画の煌めき」〜7/17(水)

【富山】
富山市佐藤記念美術館,☆企画展「人物を描く」〜4/14(日)
射水市新湊博物館,☆企画展「郷倉千靱・和子 創作のいずみ」〜4/21(日)

【福井】
福井県立美術館
 ☆特別展覧会 北陸新幹線福井・敦賀開業記念「横山大観展」4/26(金)〜6/2(日)

【長野】
長野県立美術館,☆「池上秀畝 高精細画人」5/25(土)〜6/30(日)
須坂クラシック美術館,☆岡信孝記念展示室春の収蔵品展 「重なり合うは時の花」〜6/11(火)
駒ヶ根市立博物館,☆ロビー展示「蒼花会書道展」〜4/7(日)

【岐阜】
岐阜市歴史博物館分館 加藤栄三・東一記念館
 ☆第1展示室「栄三・東一とゆかりの作家たち」〜4/21(日)
大垣市守屋多々志美術館,☆第98回企画展「春の彩(いろどり)」〜5/12(日)

【静岡】
静岡市美術館,☆「京都 細見美術品の名品」4/13(土)〜5/26(日)
静岡市芹沢けい介美術館
 ☆企画展「染色家の絵心 芹沢けい介の肉筆画」4/2(火)〜6/16(日)
平野美術館,☆企画展「富士と桜」4/6(土)〜6/2(日)
佐野美術館
 ☆「没後5年 いのちの鼓動を描く―日本画家・堀 文子」4/20(土)〜6/9(日)

【愛知】
ノリタケの森クラフトセンター
 ☆書家・壽華の軌跡「 ー「森羅万象」生徒と歩んだ37年の縁と軌跡を巡るー
   ノリタケの森に 「空」 「光」 「風」を感じて…」4/2(火) 〜4/7(日)
 ☆「田中 朝江 日本画展」4/9(火) 〜 4/14(日)
 ☆「道辺に遊ぶ 花集う展−小林佳子 植物画 玉中冬扇 書−」4/9(火) 〜4/14(日)
 ☆道家珍彦 「シルクロードをゆく・今昔展」4/16(火) 〜 4/21(日)
松坂屋美術館,☆第79回「春の院展」4/13(土)〜4/21(日)
桑山美術館,☆「四季折々−日本画と俳句−」4/6(土)〜7/7(日)
名都美術館
 ☆特別展福田豊四郎生誕120年・堀文子没後5年企画「福田豊四郎と堀文子展」
            【前期】4月5日(金)〜5/6(月・振)
            【後期】5/8(水)〜6/9(日)
清須市はるひ美術館,☆「鶯の会 書作展」4/3(水)〜4/7(日)

【三重】
伊勢市立伊勢古市参宮街道資料館
 ☆令和6年度 第25回前期特別企画展
  「「神都画人」刊行記念(前期)展」4/2(火)〜4/29 (月・祝)
paramita museum
 ☆岡田文化財団設立45周年記念「京の百景 描かれた京都の四季」10/4(金)〜11/24(日)

【滋賀】
高月観音の里歴史民俗資料館
 ☆企画展 布施美術館名品展14「富岡鉄斎と布施巻太郎 −憧れから懇友へ−」〜5/13(月)

【京都】
京都府立堂本印象美術館,☆特別企画展「現代作家展・渡辺信喜 四季の譜」〜5/17(金)
相國寺承天閣美術館
 ☆企画展「頂相ー祖師たちの絵姿」I期:〜5/12(日)
                 II期:5/26(日)〜7/21(日)
南丹市立文化博物館
 ☆令和6年度春季企画展・没後80年回顧展「大塚春嶺展
    歴史画と物語絵を巡る優美さ」4/6(土)〜5/12(日)
【大阪】
和泉市久保惣記念美術館
 ☆特別陳列「源氏・応挙・若冲 ―近世絵画と久保惣の名品―」4/21(日)〜6/16(日)
 ☆常設展「中国絵画の清華 ―魅力あふれる定静堂コレクション―」12/8(日)〜令和7年2/2(日)
小林美術館,☆春季特別展「皇室ゆかりの作家たち」〜6/9(日)
正木美術館
 ☆春季展「生きとし生けるものー水墨世界の動物たち−」前期:4/6(土)〜5/12(日)
                           後期:5/16(水)〜7/7(日)
【兵庫】
尼崎市総合文化センター 美術ホール
 ☆「泉会 書作展」4/11(木)〜4/14(日)
 ☆「井上大彊 遺墨展」4/19(金)〜4/21(日)
南あわじ市淡路人形浄瑠璃資料館,☆直原玉青120年「新館蔵品展 巡縁」4/2(火)〜6/30(日)

【島根】
島根県立美術館,☆「畠山記念館名品展ー松平不昧ゆかりの逸品と琳派ー」4/19(金)〜6/10(月)

【岡山】
岡山県立美術館
 ☆岡山の美術展「没後八十年 波多野華涯 ― 筆と生きた女性」7/13(土)〜8/25(日)
華鴒大塚美術館,☆「春の寿ぎーはなとりの雛飾りとともにー展」〜4/14(日)

【広島】
ひろしま美術館
 ☆「日本画の名作展 大観と春草から杉山寧を中心に」8/31(土)〜10/14(月・祝)

【山口】
山口県立美術館
 ☆コレクション展示「没後300年 雲谷等瑶」6/25(火)〜7/28(日)
 ☆コレクション展示「生誕350年 雲谷等鶴とその時代」7/30(火)〜9/1(日)
 ☆コレクション展示「受贈記念 松林桂月展」9/12(木)〜10/20(日)
 ☆コレクション展示「雪舟と雲谷派 仏のすがた人のすがた:10/22(火)〜11/24(日)
 ☆コレクション展示「霊獣を描くー龍−」11/26(火)〜12/25(水)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.14743] 【京都】南丹市立文化博物館/大塚春嶺展[4/6(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/04/06(Sat) 00:00:38

 園部の南丹市立文化博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=153で4/6(土)から開催される展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆令和6年度春季企画展・没後80年回顧展「大塚春嶺展 歴史画と物語絵を巡る優美さ」4/6(土)〜5/12(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金:大人310円 学生200円 小中生100円
     身体障がい者手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は割引料金
 文久元年(1861)園部村生まれで、明治から昭和初期にかけて活躍した日本画家・大塚春嶺。四条円山派の大阪の深田直城に師事してその画法を学び、ついで幸野楳嶺門下の四天王の一人、谷口香山喬(山喬は一字)の門で歴史画の手法を極めた。明治27年頃から絵画共進会などに出品し入賞を記録、大正以降は徐々に画壇から離れ、注文に応じて絵を描く職業画人として生活。昭和8年に大阪から園部に帰郷し、能や狂言を題材にした作品を多く描いて昭和19年に82歳で没した。本展では没後80年を気に、伝統的な歴史画の中で挑戦を続けた春嶺の足跡を辿る。
     宇治川先陣争図 明治30年頃
     三十六歌仙図「中務」明治36年
     能楽 籠太鼓之図 昭和5年頃
     旭日鳳凰図 明治42年
     小倉山屏風 昭和3年  など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のチラシとホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14780] 【東京】佐藤美術館/多摩美術大学大学院修士課程日本画研究領域二年生展 [4/19(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/04/18(Thu) 22:15:06

 千駄ヶ谷の佐藤美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=97で明日4/19(金)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆2024年 多摩美術大学大学院修士課程日本画研究領域二年生展
  「Reflection」4/19(金)&#12316;5/2(木)
     4/22(月)4/30(火)休館
     入場無料
     開館時間:午前10時&#12316;午後5時(金曜日のみ7時まで、入館は閉館15分前まで)
 日々移りゆく社会から様々な影響を受け、その中でそれぞれの考え方を反映した表現技法で作品を制作し、展示名である「Reflection」は作家自身が現代社会から経験やアイデンティティ、社会的または時代的なものに対する作家としての考えを反射・反映した表現をしている。11名の作家が見つめる、個性溢れる世界。
 出品者:荒井颯子、池田尚法、岩井柚樹、岡千尋、さまた、鶴田慧、
    チェ・ジミン、陳笑、藤谷なみ、彭楚月、武藤礼奈&#8195;以上11名
公開講評会:4/21(日)午後2〜3時30分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のチラシとホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14782] 【京都】嵯峨嵐山文華館/福田コレクションの美人画[4/19(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/04/18(Thu) 23:59:06

 嵯峨嵐山文華館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=100で明日4/19(金)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「君があまりにも綺麗すぎて〜福田コレクションの美人画〜」前期:4/19(金)〜5/27(月)
                        後期:5/29(水)〜7/1(月)
    5/28(火)展示替え・6/18(火)設備点検 休館
    入館料金:一般・大学生1000円 高校生600円 小中生400円
     障がい者と介添人1名:600円
    福田美術館との二館共通券:一般・大学生2300円 高校生1300円 小中生750円
     障がい者と介添人1名:1300円
 江戸時代に生まれた「美人画」は、洗練された衣装や、優れた着こなしを絵画として愛でる文化。浮世絵師しして近代の多くの日本画家たちが理想の美人画を追求した。
「君があまりにも綺麗すぎて」をキーワードとして、福田コレクションの中から、選りすぐった近世から近代にかけての約190人の美人たちを嵯峨嵐山文華館と福田美術館の二館で魅力に迫る。
 第1会場・嵯峨嵐山文華館では、日本における美人画のルーツとなる浮世絵をご紹介いたします。歌川広重や葛飾北斎など、著名な浮世絵師の作品から、近世に京都で活躍した画家による美人絵などを展示。さらに、その流れを汲む浮世絵系美人画の系譜をみる。
  宮川長春《括り枕と美人図》
  歌川国長《町娘立姿図》
  岩佐古香《朝顔日記図屏風》
  小田富彌《秋宵》
  山川秀峰《春駒》
  池田蕉園《春の日》

前期展示
  葛飾北斎《砧美人図》
  祇園井特《美人立姿図》
  上村松園《静御前》 など

講演会:6/1(土)午後1時30分〜2時30分、予約不要
「小野小町の歌仙絵を比較する」吉海直人氏(同志社女子大学特任教授)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のチラシとホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14783] 【京都】福田美術館/福田コレクションの美人画[4/19(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/04/18(Thu) 23:59:49

 福田美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=108で嵯峨嵐山文華館と共催で、明日4/19(金)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「君があまりにも綺麗すぎて〜福田コレクションの美人画〜」前期:4/19(金)〜5/27(月)
                        後期:5/29(水)〜7/1(月)
    5/28(火)展示替え・6/18(火)設備点検 休館
    入館料金:一般・大学生1500円 高校生900円 小中生500円
     障がい者と介添人1名:900円
    福田美術館との二館共通券:一般・大学生2300円 高校生1300円 小中生750円
     障がい者と介添人1名:1300円
 江戸時代に生まれた「美人画」は、洗練された衣装や、優れた着こなしを絵画として愛でる文化。浮世絵師しして近代の多くの日本画家たちが理想の美人画を追求した。
「君があまりにも綺麗すぎて」をキーワードとして、福田コレクションの中から、選りすぐった近世から近代にかけての約190人の美人たちを嵯峨嵐山文華館と福田美術館の二館で魅力に迫る。
 第2会場の福田美術館では、福田コレクションが誇る近代美人画、「東の清方、西の松園」と称され、お互いを認めあっていた近代を代表する美人画家、上村松園と鏑木清方の共演。伊藤小坡や伊東深水、梶原緋佐子ら、それぞれに異なる発想と手法で制作に励んだ画家たちに加えて、甲斐荘楠音、岡本神草らによる妖艶な美人画なども紹介。
  中村貞以《蛇皮線》
  甲斐荘楠音《娘道成寺》
  上村松園《初雪》
  鏑木清方《鴨東静夜》など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のチラシとホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14784] 【静岡】佐野美術館/日本画家・堀 文子 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/04/21(Sun) 20:34:06

 三島田町の佐野美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=22&c=46で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「没後5年 いのちの鼓動を描く―日本画家・堀 文子」〜6/9(日)
    木曜休館
    入館料金:一般・大学生1100円 小中高生550円
         土、5/5(日)は小中生無料

 代表作《幻の花 ブルーポピー》を82歳のときに描いた堀文子は「花の画家」と呼ばれた。自らヒマラヤに登り、孤高の佇まいを描き上げたようにあくなき探求心で世界中を旅し、さまざまな命のかたちを描くことを貫いた。いかなる環境でもたくましく適応する動物、花木の姿に畏敬の念と人智を超えた美しさを見出し、表現した。画業80年の代表作をはじめ、旅先でのスケッチなど約60点を通じて、堀文子が、生きとし生けるものから受けた感動の軌跡を、堀文子自身の言葉とともにたどる。

「自画像」昭和14年(1939) 油彩・カルトン
 「八丈島」昭和25年(1950) 紙本彩色
 「アビニヨンの古い橋」昭和37年(1962) 紙本彩色
 「幻の花 ブルーポピー」平成13年(2001) 紙本彩色
 「妖精(クリオネ)と遊ぶ」平成15年(2003) 紙本彩色
 「アフガンの王女」平成15年(2003) 紙本彩色
 「モルフォ蝶の森」平成17年(2005) 紙本彩色
 「ニューロンは考える」平成22年(2010) 紙本彩色
 「名もなきものシリーズ どくだみ 露草 姫小判草」平成25年(2013) 紙本彩色
 「インカの意匠」平成21年(2009) 紙本彩色  など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のチラシとホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14797] 【東京】静嘉堂@丸の内/画鬼 河鍋暁斎×鬼才 松浦武四郎 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/04/23(Tue) 00:04:19

 静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館) http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=11で開催中の展示を紹介します。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆静嘉堂文庫竣工100年・特別展「画鬼 河鍋暁斎×鬼才 松浦武四郎
  「地獄極楽めぐり図」からリアル武四郎涅槃図まで」〜6/9(日)
     月曜休館、5/7(火)休館
     4/29(月・祝)4/30(火・トークフリーデー)5/6(月・祝)は開館
     入館料金:一般1500円 高大生1000円
       障がい者手帳をお持ちの方(同伴者1名〈無料〉を含む)700円
          中学生以下 無料

 幕末から明治期を生きた絵師・河鍋暁斎(1831〜89)と、探検家で好古家、著述家、北海道の名付け親である松浦武四郎(1818〜88)二人の交流は明治の初め頃からあり、武四郎は愛玩品を集めた書物『撥雲余興』等の挿絵を暁斎らに依頼。住いも近く、共に天神を信仰し、情に篤い二人の記念碑的作品は何と言っても「武四郎涅槃図」です。本展では、「武四郎涅槃図」とそこに描かれた、「大首飾り」(当館所蔵)をはじめとした武四郎愛玩の品々(武四郎記念館所蔵品と当館所蔵品)を同じ空間で展示し「武四郎涅槃図」を立体的に再現。さらに、武四郎の親友・川喜田石水(1822〜79/川喜田家第14代)と実業家で陶芸も能くした川 喜田半泥子(1878〜1963/川喜田家第16代)、岩馨ユ渋澄ハ1879〜1945/三菱第四代社長・静嘉堂初代理事長)との縁を紹介。
 重要文化財 河鍋暁斎《武四郎涅槃図》明治10年(1886)
 河鍋暁斎《地獄極楽めぐり図》明治2〜5年(1869〜72)
 河鍋暁斎《野見宿禰》
 《大首飾り》縄文時代〜近代
 三浦乾也作 河鍋暁斎着色《妙楽菩薩塑像》明治10年(1877)など

関連イベント
担当学芸員のスライドトーク:5/4(土)5/19(日)6/1(土)午後2時〜

竣工100年記念・静嘉堂文庫(世田谷区岡本)探検!:4/30(火)5/10(金) 
 午前10時30分〜、午後1時30分〜、3時30分〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のチラシとホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14836] 【日本画書】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/05/03(Fri) 23:44:23

 開催中またはこれから開催される日本画や書道の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ご訪問に際しては当該館の直接情報を必ずご確認ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【北海道】
札幌市資料館,☆「傘寿をむかえて あき葉書道教室 三浦 明代」5/28(火)〜6/2(日)
北海道立近代美術館,☆「北海道書道連盟創立70周年記念展」12/5(木)〜12/15(日)

【東京】
三井記念美術館,☆美術の遊びとこころVIII「五感であじわう日本の美術」7/2(火)〜9/1(日)
上野の森美術館
 ☆「清水 航展」5/23 (木) 〜5/29 (水)日本画
 ☆第9回「東山魁夷記念 日経日本画大賞展」5/25 (土) 〜6/4 (火)
 ☆第59回「北城書社展」5/10 (金) 〜5/15 (水)
 ☆「叶 春華作品展」5/10 (金) 〜5/14 (火)書
 ☆第14回「墨・無限展」5/16 (木) 〜5/22 (水)
 ☆第59回「日本書研展」5/16 (木) 〜5/19 (日)
 ☆第31回「及川扇翠の世界展」5/16 (木) 〜5/22 (水)書・工芸
 ☆「石川九楊大全【古典篇】遠くまで行くんだ 
         【状況篇】言葉は雨のように降りそそいだ」6/8 (土) 〜7/28 (日)
台東区立書道博物館
 ☆企画展 みんなが見たい優品展 パート19 中村不折コレクションから
  「敦煌写本の世界 ―蔵経洞のたからもの―」〜7/15(月・祝)
郷さくら美術館 東京,☆第11回「郷さくら美術館 桜花賞展」〜5/19(日)
大田区立龍子記念館,☆名作展「大画面の奔流 川端龍子の『会場芸術』再考」〜6/9(日)
五島美術館
 ☆春の優品展「王朝文化へのあこがれ」〜5/6(月・振)
 ☆「近代の日本画展」5/11(土)〜6/16(日)
 ☆秋の優品展「一生に一度は観たい古写経」9/3(火)〜10/14(月・祝)

【石川】
魯山人寓居跡 いろは草庵,☆企画展「魯山人の仕事ー筆致の美ー」〜10/22(火)

【愛知】
メナード美術館,☆所蔵企画展「歳時記 風薫る夏」〜7/7(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.14860] 【京都】美術館「えき」KYOTO/菱田春草と画壇の挑戦者たち[5/25(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/05/24(Fri) 23:45:13

 美術館「えき」KYOTOhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=77
で明日5/25(土)から開催される展示を紹介します。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆生誕150周年記念「菱田春草と画壇の挑戦者たち
   ―大観、観山、その後の日本画へ」5/25(土)〜7/7(日)
     会期中無休
     開館時間:午前10時〜午後7時30分(入館は閉館30分前)
     入館料金:一般1100円 高大生900円 小中生700円
       障害者手帳を提示者と同伴者1名は200円割引

 明治後期に新しい日本画のあり方を模索し常に革新的な表現を求め続け、傑作を生んだ日本画家・菱田春草(1874-1911)。本展では、春草が試みた表現を「線」や「空気・光」「色彩・古典」などの視点から紹介し、ともに歩んだ横山大観、下村観山ら春草とゆかりの深い作家の作品と併せて画壇の挑戦者たちの表現に迫る。春草の故郷・長野県の水野美術館のコレクションのなかから選りすぐった作品による展覧会。
 菱田春草《月下白鷺》1901
     《竹に猫》1900
     《月下波》1907
     《岸樹秋風之圖》1910年頃
 下村観山《西洋婦人》1890
 横山大観《無我》1897
 西郷孤月《月下飛鷺》1900 など  


ギャラリートーク:6/8(土) 午後2時〜 6/9(日)午前11時〜 30分
 野口 春花氏 (水野美術館 学芸員) 事前申込不要
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のチラシとホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14862] 【長野】県立美術館/池上秀畝 高精細画人[5/25(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/05/25(Sat) 00:06:01

 長野市善光寺隣の長野県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=20&c=0で5/25(土)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「生誕150年池上秀畝 高精細画人」前期:5/25(土)〜6/11(火)
                 後期:6/13(木)〜6/30(日)
    水曜休館
    入館料金:一般1000円 大学生・75歳以上700円 高校生以下または18再未満無料

 伊那市高遠町生まれの池上秀畝(明治7-昭和19(1874-1944))は荒木寛畝の最初の門人・内弟子となり、官展内の旧派を代表する画家として活躍。池上秀畝の作品は、旧派と言われるが、表現の多様性や、同い年で同じく長野県南部出身の菱田春草に代表される新派とは、また異なる立場から新しい日本画を実践した。秀畝は襖絵や障壁画など室内装飾などにも取り組んだが、近年では新派ほど研究がされなかった。生誕150 年を機に、旧派の代表格とされた池上秀畝の人生と代表作をたどる。
 池上秀畝《秋晴(秋色)》明治40(1907)年
     《日蓮上人避難之図》明治44(1911)年 
     《写生帖》年不詳 
     《四季花鳥》大正7(1918)年 
     《桃に青鸞図》昭和3(1928)年  
     《松に白鷹図》昭和3(1928)年 
     《秋日和》昭和9(1934)年 など

ゲストスライドトーク;午後1時30分〜2時10分、本館3階レセプションルーム、定員30名、要事前予約
6/8(土)「鳥から見る池上秀畝」藤元晶子氏(一橋大学非常勤講師)
6/22(土)「レッツトライ!牧野式植物画鑑賞」田中純子氏練馬区立牧野記念庭園学芸員)
 以上、館サイトのフォームより申込

学芸員によるギャラリートーク
5/25(土)6/7(土)6/15(土)午前11時〜 事前申込不要

屏風の鑑賞会「畳に座って屏風を見てみよう」
5/26(日)6/16(日)午後2時〜 事前申込不要
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のチラシとホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14800] 【東京】泉屋博古館東京/ライトアップ木島櫻谷 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/04/24(Wed) 00:12:32

 虎ノ門の泉屋博古館東京http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=60で開催中の展示を紹介します。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「ライトアップ木島櫻谷
        ― 四季連作大屏風と沁みる「生写し」」〜5/12(日)
    月曜休館(4/29、5/6は開館)4/30(火)5/7(火)
    開館時間:午前11時 〜 午後6時(金曜は7じまで、入館は閉館30分前まで)
    入館料金:一般1000円 高大生600円 中学生以下無料
           障がい者手帳等呈示の方は無料
 大正中期に大阪天王寺の茶臼山に建築された住友家本邸を飾るために描かれた木島櫻谷の「四季連作屏風」を全点公開。
 独特な色感の絵具を用い、顔料を厚く盛り上げ、筆跡を立体的に残し油彩画のような筆触に挑戦した大正期の櫻谷は、「技巧派」とも呼ばれ、リアルな人間的な感情を溶かし込んだ動物たちの豊かな表情は、観る者の心に沁みる。江戸時代中期(18世紀)京都で生まれた円山四条派の代表的な画家たちによる花鳥画表現を併せて紹介し、櫻谷の「生写し」表現の特質をライトアップする。
   木島櫻谷《柳桜図》大正6年(1917)
   木島櫻谷《雪中梅花》大正7年(1918)
   木島櫻谷《燕子花図》大正6年(1917)
   木島櫻谷《菊花図》大正6年(1917)など

夕焼けスライドトーク:4/26(金)午後5時30分〜6時30分
 野地耕一郎氏(泉屋博古館東京館長)
 定員50名(予約不要・当日11時より整理券配布)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のチラシとホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14820] 【京都】国立博物館/雪舟伝説―「画聖(カリスマ)」の誕生― 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/04/28(Sun) 11:24:17

 東山七条の京都国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=65で開催中の特別展を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「雪舟伝説―「画聖(カリスマ)」の誕生―」前期展示:〜5/6(月・振)
                      後期展示:5/8(水)〜5/26(日)
   月曜休館(4/29〜5/6は無休)5/7(火)休館
   入館料金:一般1800円 大学生1200円 高校生700円
        中学生以下、障害者手帳等提示者と介護者1名無料

 6件もの作品が国宝に指定されるなど、日本美術史上最も優れた画家・雪舟(1420〜1506?)の評価は、は単純に作品が優れているというだけでなく、歴史的に積み重ねられてきた評価の上に成り立っている。本展では、主に近世に「画聖」と仰がれる雪舟への評価がいかにして形成されてきたのかを検証。桃山時代に雪舟の後継者を自称した雲谷派と長谷川派、雪舟画風を流派様式の礎とした江戸時代の狩野派はもとより、様々な画家たちが雪舟を慕い、学び、新しい絵画世界を切り開いた、その多様な雪舟受容を通して、「画聖」雪舟誕生の過程を明らかにする。

重文 四季花鳥図屏風(右隻) 雪舟筆 当館 <通期展示>
第1章 雪舟精髄
 国宝 秋冬山水図 雪舟筆 東京国立博物館 <通期展示>
第2章 学ばれた雪舟
 富士三保清見寺図 伝雪舟筆 b舅損拭 ̄弊鎚幻法 稍夢テ玄─
第3章 雪舟流の継承―雲谷派と長谷川派―
 重文 山水図襖 雲谷等顔筆 京都・黄梅院 <通期展示>
 竹林七賢図屏風(左隻)長谷川等伯筆 京都・両足院 <通期展示>
第4章 雪舟伝説の始まり―狩野派の果たした役割―
 富士三保清見寺図屏風 狩野山雪筆 <通期展示>
第5章 江戸時代が見た雪舟
 探幽縮図 雪舟像 狩野探幽筆 当館 <通期展示>
第6章 雪舟を語る言葉
 上嶋源丞宛書状 尾形光琳筆 大和文華館 <通期展示>
第7章 雪舟受容の拡大と多様化
 富士三保図屏風(左隻) 曾我蕭白筆 MIHO MUSEUM <通期展示>

記念講演会:午後1時30分〜3時 平成知新館 講堂にて
5/11(土)「雪舟伝説前史―戦国社会における雪舟流」森 道彦氏(主任研究員)
5/18(土)「雪舟的なもののゆくえ」福士 雄也氏(保存修理指導室長)
定員 各200名
先着順。当日9時より平成知新館1階インフォメーションにて1人1枚ずつ整理券を配布、定員で終了
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のチラシとホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14821] 【京都】国立近代美術館/没後100年 富岡鉄斎 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/04/28(Sun) 11:26:34

 岡崎公園の京都国立近代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=23で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「没後100年 富岡鉄斎」〜5/26(日)
   月曜休館(4/29(月・祝)5/6(月・振)は開館)4/30(火)5/7(火)休館」
   開館時間:午前10時〜午後6時(金曜は8時まで、入館は閉館の30分前まで)
   入館料金:一般1200円 大学生500円 高校生以下・18歳未満は無料
         心身に障がいのある方と付添者1名は無料(要証明)
         母子・父子家庭の世帯員の方は無料(要証明)

 幕末、京都の商家に生まれ「最後の文人画家」と称えられる富岡鉄斎(1836-1924)は、近世都市の商人道徳を説いた石門心学を中心に諸学を広く学び、南宗画、やまと絵等をはじめ多様な流派の絵画も独学し、深い学識に裏付けられた豊かな画業を展開した。良い絵を描くためには「万巻の書を読み」対象の研究のため全国を旅して各地の勝景を探った。胸中に思い描かれた理想の山水を表出し、人間の理想を説いた鉄斎の絵画は高く評価された。没後100年を迎え、彼の画業と生涯を回顧。名作、目にする機会の乏しかった作品、近年に再発見された作品のほか、室町通一条下ルの書斎(画室)に在した文房具や筆録(旅行記や研究用メモ)等も取り上げる。

第2期:〜4/29
 《富士山図》明治31年(1898)63歳
 《空翠湿衣図》40歳代
 《嵐山秋楓図》明治19年(1886)51歳
 《福内鬼外図》大正13年(1924)89歳
第3期:5/1〜5/12
 《青緑山水図》明治45年(1912)77歳(2-3期)
第4期:5/14〜5/26
 《妙義山図・瀞八丁図》明治39年(1906)71歳(3-4期)
 《莵道製茶図・粟田陶窯図》明治2年(1869)34歳(3-4期)
 《三津浜漁市図》明治8年(1875)40歳(3-4期)
 《艤槎図》大正13年(1924)89歳(3-4期)など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のチラシとホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14606] 【山口】下関市立美術館/狩野芳崖、継がれる想い 投稿者:   投稿日:2024/02/19(Mon) 00:06:35
【山口】下関市立美術館/狩野芳崖、継がれる想い (画像サイズ: 800×600 88kB)

こんにちは

 2月11日朝に益田を出た後、とりあえず下関に行くことを決めていましたが、それからどうするかは未定でした。海響館は改装のため臨時休館中であるとわかり、亀山神社だけ寄った後、初めての下関市立美術館に向かうことにしました。

 バス停からだといきなりエレベーターで上がるという面食らう構造でしたが、横の方にスロープもあり、玄関まで行くと、非常に美術館らしい建物でした。なお、隣に長府庭園という長府毛利藩の家老格であった西運長の屋敷で、一時は大洋漁業の社長邸宅としても使われた庭園がありますが、特に共通券などは設けていないようです。

 現在は開館40周年記念の「狩野芳崖、継がれる想い―悲母観音からはじまる物語」が開かれています。3月17日までです。
 ちょっとユニークな内容だったと思います。狩野芳崖はこの美術館の主要な所蔵品であり、展覧会の序章のような「物語のはじまり」はこの美術館の所蔵品が主です。しかし、第1篇「悲母観音からはじまる物語」、第2篇「仁王捉鬼図からはじまる物語」は最初に狩野芳崖のタイトルの作品を置き、後にそれを翻案したいろいろな人の作品が続くという構成です。特に第2篇は新しい作品が多く、最も新しいものは2023年まであります。出展作家の四宮義俊がこの日はアーティストトークに来ていました。「悲母観音」は非常に緻密ですが、日本画らしい作品です。それに対して「仁王捉鬼図」は当時最新の画材だった合成顔料がふんだんに使われ、鮮やかさが増しています。翻案作品も良かったと思います。