ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12756] 【大阪】府立弥生文化博物館/阪和電鉄全通90周年[1/16(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/16(Sat) 17:40:22

 緊急事態宣言の出された大阪府での展覧会紹介はちょっと気がひけたのですが、今日現在、同館のホームページでも続けて掲載されているからには、感染対策されておれば開催可と判断されているわけですから、紹介させて頂きます。
 本日1/16(土)から開催、今回の展示には私が関わっているわけではありませんが、やはり一番思い入れのある話題、ちょうど20年の時を経て、阪和間の鉄道の展示がまた開催されることに喜びを感じます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆令和2年度冬季企画展「泉州を貫く軌跡 阪和電鉄全通90周年」1/16(土)〜3/28(日)
   月曜休館
   入館料金;一般430円 65歳以上・高大生330円
         中学生以下、障がい者手帳をお持ちの方と介助者1名無料
 大阪(天王寺)と和歌山を結ぶJR阪和線の母体は昭和5年(1930)に東和歌山駅まで全通した「阪和電氣鐵道株式会社」で、先に開通していた南海鉄道に対抗して様々な利用者増加策に取り組んだ。まずはスピードアップ、そして鉄道省紀勢西線に乗り入れる南紀直通列車「黒潮号」の運行、沿線観光地の開発や、乗合自動車(阪和バス)の運行を始めた。ライバル南海鉄道との合併、国有化を経て現在のJRへ、阪和電気鉄道開通90周年に歴史を巡る旅。
    創立時刻表
    南紀直通列車 黒潮号 案内
    昭和4年 阪和電鉄開通時のリーフレット
    昭和8年時刻表(超特急45分)
    昭和16年 沿線案内
    黒潮号 ヘッドマーク(復元品) など

展示解説:1階ホールにて(各回同内容)
 1/30(土)2/20(土)3/13(土)午前11時〜、午後2時〜(50分程度、入退場自由)各回70名(10分前に開場、先着順)

講演会:午後2〜4時、各回ともホール70名、サロンでのモニター中継30名の合計100名(往復葉書などで事前申込のみ)
第2回2/13(土)「鉄道考古学の出発点ー「新橋停車場」の発掘成果をふりかえりつつー」秋山浩三氏(副館長)締切1/30必着
第3回3/6(土)「阪和電鉄の痕跡を探る」駒井正明氏(公益財団法人大阪府文化財センター)締切2/20必着
第4回3/27(土)「阪和電気鉄道による利用者誘致の取り組みーイベント・アクセス・スピードの視点から−」締切3/13必着
    高瀬裕太氏(学芸員)塩崎亨氏(教育専門員)幸山綾子氏(学芸スタッフ)
各回別で、往復葉書で、往信に氏名・住所・電話番号・希望する講演会名を明記し、返信に宛名を
       来館して申込も可、その場合は返信葉書を持参し、申込事項を。
 定員を超えた場合は抽選。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー