ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12707] 【京都】国立博:文化財修理の最先端 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/02(Sat) 23:19:45

 今年の“ミュージアムに初もうで”は京都国立博物館でした。本日、京阪沿線に用事がありましたので、チャンスは狙っていたのですが、天候と感染拡大状況を見て、問題なければ…と思い

 良い天気でしたし、館サイトによれば入館制限も無いようでしたので、出かけました。
 例年なら頻発運転している京阪電車は沿線の寺社のためにいつも満員なのですが、やはり今年は昼間、平日昼間のように空いていました。京都国立博物館も、余裕をもって観覧できる状態でした。

 特別企画「文化財修理の最先端」は、通常入館料で入れる展示。平成知新館(新館)の通常展示ゾーンを、絵画や工芸や仏像の、同じ展示区画に、本展示の主旨の作品を並べられているという形です。ただ、今回は全て「修復なった」品々の展示なので、間違いなく見応えがあるだろうと確信しました。

 「I 表具の価値」では、傷んだ表具を付け替えること、表具も文化財であることは想像がつきましたが、圧巻の「金字法華経宝塔曼荼羅図」の裏面、江戸時代の修復を知らせる裏書きにはうなりました。鎌倉時代の裏書きを切り取って貼り付けてあるのです。こうした修復の歴史も分かります。

 「II 修理がもたらした奇跡―修復で得られた発見―」では、修復の際に、軸を割ればその中に来歴が残されており、京都・興聖寺の「兜率天曼荼羅図」は実は加茂の海住山寺のものであって、同寺の阿弥陀浄土図に現存の「阿弥陀浄土図」とセットなのだということが分かること。

 表具でも、仏像や漆製品でも、膠や漆を使った細かい補修が行われているが、膠の接着力は実は50年程度で、本当は一定期間に補修が繰り返し必要なこと。袈裟や和服などの布物も補修には、同種の布であるばかりでなく力が加わらないように、継ぎ足す布は古裂を使うか、劣化させる加工をして継ぐこと…などを知りました。

 今回展示された品そのものでは、若冲の「石灯籠図屏風」動植物だけでなく石を点描で描いたこんな作品が。久隅守景の「四季耕作図屏風」中国の耕作風景でなく、和風の髷で日本の田畑を描いたこんな作品があるんだと、ビッグネームに知らざる作品を知ることが出来ました。

 この展示は1月31日(日)までです。
                            明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー