ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12694] 【福岡】九州国立博物館/国宝 初音の調度 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/02(Sat) 00:34:09

 太宰府市の九州国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=40&c=66
で新春から公開されている展示の紹介です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆新春特別公開「国宝 初音の調度」〜1/24(日)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)新年も開館
   入館料金:大人700円 大学生350円
   開館時間:午前9時30分〜午後5時(毎週金曜・土曜日の夜間開館は実施しない)

 徳川三代将軍家光の長女である千代姫の尾張徳川家二代光友への婚礼調度である国宝「初音の調度」(徳川美術館所蔵)。
 「初音」という名称は、この調度を飾る文様が、『源氏物語』「初音」帖に題材を得ていることに由来し、金銀を贅沢に使い、高度な蒔絵技術を尽くして制作された豪華な調度。
 この国宝「初音の調度」のうち、貝桶、昆布箱、楊枝箱の三件を展示し、婚礼行列を描いた絵巻や大揃いの婚礼調度も合わせて紹介。
 国宝 初音蒔絵貝桶 江戸時代・寛永16年(1639)
 国宝 初音蒔絵昆布箱 江戸時代・寛永16年(1639)
 国宝 初音蒔絵楊枝箱 江戸時代・寛永16年(1639)

ミュージアムトーク:1/13(水)午後3時〜30分【先着17名】4階スーパーハイビジョンシアター
「国宝 初音の調度について」川畑憲子氏(企画課特別展室長)

☆開館15周年記念特集展示「織物に魅せられてー加賀前田家伝来の名物裂ー」〜1/24(日)

 室町時代以降、茶人に蒐集され愛され名物と極められた舶来の美しい染織品「名物裂」(めいぶつぎれ)。
 加賀・前田家第3代の前田利常(1593−1658)は、文化政策に力を入れ、百万石で名高い加賀文化の礎を築いた人物で、茶事に通じた、茶の湯を彩る裂も積極的に蒐集した。館蔵の前田家旧蔵の裂帖は、利常が長崎・平戸などで集めた裂を貼り合わせたもので、墨跡の表具に用いる印金や金襴など絢爛とした格式高い織物が数多く納められる。この裂帖の修理完了にあたり、前田家に伝わった織物を中心に、名物裂の粋を集めた展示。

第1章 織物に魅せられて
 有栖川錦 15〜16世紀 京都国立博物館所蔵

第2章 鴻池家の家宝・裂箪笥き
 鴻池家伝来裂箪笥 13〜17世紀 個人蔵

第3章 書画を彩る裂
 前田家伝来名物裂帖より 14〜16世紀 九州国立博物館所蔵
 盤龍文様金襴 12〜13世紀 個人蔵

特集展示ミュージアムトーク【先着17名】 担当学芸員:桑原有寿子氏
1/5日(火)午後3時〜「のぞいてみよう!織物の世界」
文化交流展示室内スーパーハイビジョンシアターにて
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー