ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12687] 【京都】福田美術館/悲運の画家たち 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/01(Fri) 23:00:39

 京都・嵐山の福田美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=105
では、近所の嵯峨嵐山文華館と共同して展示を開催中です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「悲運の画家たち」〜1/11(月・祝) 「嵯峨嵐山文華館」と二館共同の企画展
    〜1/1、火曜休館
    入館料金:一般・大学生900円 高校生500円 小中生300円 障がい者と介添人1名700円
   両館共通券:一般・大学生2000円 高校生1000円 小中生550円 障がい者と介添人1名1000円

第一会場「逆境にも負けず」
 悲運の人生を創作の糧に変え、素晴らしい作品を生み出す画家が、日本にも沢山いる。家族を失った苦しみ、病気や怪我といった逆境にも負けず画業に専念した画家たちの作品や、絵に描かれた悲劇の主人公たち…しかし、決して暗く重苦しい作品ではなく吸い込まれるような色彩や神に入る筆致など、美しい輝きを放つものばかり。
〈第1章〉悲運の近代画家たち
    市電にひかれて左足を切断した速水御舟、電車にはねられて命を落とした木島櫻谷、
    最愛の女性を亡くした後も生涯制作に励んだ竹久夢二など
    赤子を由比ヶ浜に沈められた《静御前》(上村松園筆)
    大火事から逃げ惑う人々を描いた《久松町の大火図》(小林清親筆)など、悲劇のドラマを描いた作品
    速水御舟、川端龍子らの額装作品
    芸術の都のフランス・パリで幼少期から飲酒におぼれたユトリロの作品
〈第2章〉悲運の近世画家たち
    父親とともに流罪になった深江芦舟、毒殺説がある長沢芦雪、流罪ののち切腹した渡辺崋山など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー