ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12660] 【愛知】戦争と平和の資料館ピースあいち/伝えていこう戦争の記憶 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/31(Thu) 12:40:14

 先日名古屋へ行った際に、企画展を開催中の未知のミュージアムのチラシを手に入れましたので、今年最後の新着として紹介しておきます。
==================================================================
施 設 名:戦争と平和の資料館ピースあいち
ふりがな:せんそうとへいわのしりょうかんぴーすあいち
英文表記:Material pavilion of War and PEACE AICHI  
分野 :歴史
郵便番号:465-0091 
都道府県:愛知県
市区町村:名古屋市名東区  
所在地:よもぎ台2-820
電話番号:052-602-4222  
FAX:052-602-4222  
URL:https://peace-aichi.com/
公共交通:地下鉄東山線 一社駅1番出口から北へ徒歩12分
地下鉄東山線 上社駅から市バス上社11系統「じあみ」下車、西へ徒歩3分
道路案内:
開館時間:午前11時〜午後4時(入館は4時30分まで)
休 館 日:日月曜日
入館料金(常設時):大人300円 小中高生100円
展示内容:航空機産業のメッカであった愛知県の戦争被害をとらえ、客観的な史実から歴史を読み解く。
  「愛知県下の空襲」「戦争の全体像・15年戦争」「戦時下のくらし」「現代の戦争と平和」のテーマで展示。
観覧時間:
その他(販売・友の会など):寄付をもとに完全な民設民営の資料館。
 90人をこえるボランティアで運営され、曜日ごとのボランティア募集中。
報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
==================================================================
☆第8回寄贈品展「伝えていこう戦争の記憶」〜令和3年2/5(金)
   年始1/4(月)までと日・月休館
   入館料金:大人300円 小中高生100円
 2019年6月から2020年6月までに寄贈された235点を展示。
 分銅と皿を棒の両端に吊して重さを量る「竿秤」
 汚れ、破れがそのままの、戦時下の子供のシャツ「子供服」
 フィリピンのリンガエン湾で亡くなった特攻隊員の、血痕が「千人針」
 1944(昭和19)年講談社発行の「婦人倶楽部五月号」
 仏印へ出征した陸軍鉄道隊第五連隊中尉の「祈武運長久」を記された「日章旗」
 1944(昭和19)年発行の紙芝居「僕等のつとめ」
 1943(昭和18)年陸軍美術協会発行の「大東亜戦争作戦記録画集」
 在郷軍人会石原分会が発行した「突撃隊員命令書」 など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー