[掲示板へもどる]
一括表示

  [No.12655] 【絵本童話】令和3(2021)年に見られる展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/30(Wed) 20:55:50

 新年から開催の絵本や童話、漫画などの展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、年末年始の休館、入館の予約制、感染予防対策などには充分ご注意下さい。なお、この発言を令和3(2021)年の毎月の【絵本童話】の展覧会案内のベースノートにします。

【青森】
青森県立美術館
 ☆企画展 「富野由悠季の世界:ロボットアニメの変革者(イノベーター) 」令和3年3/6(土)〜5/9(日)

【宮城】
石ノ森萬画館,☆第79回企画展「釣りキチ三平展」〜令和3年1/31(日)<〜1/7無休>
石ノ森章太郎ふるさと記念館,☆第63回特別企画展「マンガ家入門展」〜令和3年3/14(日)<12/29〜1/3>

【群馬】
高崎シティギャラリー
 ☆第1展示室「たかさき絵本フェスティバル 第27回絵本原画展」令和3年1/23(土)〜2/2(火)

【東京】
弥生美術館,☆「田渕由美子展 〜1970’s『りぼん』おとめちっく?メモリー〜」令和3年2/6(土)〜5/30(日)
国立国会図書館国際子ども図書館
 ☆厚生労働省社会保障審議会が推薦する児童向け出版物の展示会
  「子どもを健やかに育てる本 2020」令和3年1/12(火)〜2/28(日)
すみだ北斎美術館
 ☆すみだ北斎美術館・マンガ館 友好協力協定締結1周年記念
  「クラクフ ドラゴンとドラゴン展」〜令和3年1/24(日)<12/29〜1/1休館>
練馬区立石神井公園ふるさと文化館
 ☆特別展「こわい?こわくない? わにわにの絵本展
    −石神井公園生まれのワニのおはなし−」令和3年1/23(土)〜3/21(日)
【神奈川】
葉祥明美術館
 ☆企画展 葉祥明の世界の名作絵本シリーズ「マザーグースのうたIII 展」〜令和3年1/29 (金)
 ☆企画展「葉祥明の絵本原画展『あのひのこと』」令和3年1/30(土)〜3/26 (金)

【石川】
石川近代文学館
 ☆企画展「画業40周年記念原画展 四季彩彩―少女漫画家 波津彬子の10年―
  〈冬季〉『ふるぎぬや紋様帳』の世界」〜令和3年3/14(日)<12/29〜1/3>
 ☆企画展「加賀の三たろう」〜令和3年3/21(日)
金沢湯涌夢二館
 ☆企画展「夢二の絵葉書
   −デザイン・コレクション・コミュニケーションする楽しみ−」〜令和3年3/21(日)<年末年始も開館>
【長野】
軽井沢絵本の森美術館
 ☆秋冬展「グリム童話の裏話」〜令和3年1/11(月)
 ☆2021年春夏の企画展「鏡の国のアリス」【前期】令和3年3/1(月)〜6/21(月)
                   【後期】令和3年6/23(水)〜10/11(月)
ペイネ美術館,☆企画展示「天にも昇る恋展」〜令和3年1/12(火)

【静岡】
村上康成美術館,☆『ももんがもんじろう』『2021カレンダー 森へようこそ』〜令和3年1/24(日)
島田市博物館
 ☆第84回企画展「双六と人々の生活ー特種東海製紙Pamコレクションー」 〜令和3年1/24(日)<12/26〜1/4休館>
 ☆第85回企画展「歴史イラストレーター 永井秀樹
    −戦国武将と剣豪を描くー」令和3年2/6(土)〜3/28(日)<12/26〜1/4休館>
【京都】
京都鉄道博物館,☆「鬼滅の刃 京の御仕事弐」〜令和3年3/14(日)

【大阪】
大丸ミュージアム・梅田,☆「オランジュ・ルージュ5周年展」令和3年1/9(土)〜1/18(月)

【兵庫】
神戸アートビレッジセンター,☆「rocket world 展 vol.2」令和3年1/9(土) 〜1/24(日)イラスト

【島根】
島根県津和野町立 安野光雅美術館
 ☆開館20年「安野光雅−美しいすうがくの世界IV−」〜令和3年3/10(水)<12/29〜12/31休館>

【岡山】
高梁市吉備川上ふれあい漫画美術館
 ☆企画展示「備中高梁酒どころ〜酒マンガ、おひとつどうぞ」〜令和3年1/31(日)<12/29〜1/3休館>

【広島】
ふくやま文学館
 ☆特別企画展「葛原しげる−こどもたちの夢をつむぐ−」〜令和3年2/28(日)童謡<12/29〜1/1休館>

【香川】
菊池寛記念館
 ☆「運命の人、菊池寛―石井桃子展」〜令和3年1/11(月・祝)<12/29〜1/3休館>

【愛媛】
高畠華宵大正ロマン館
 ☆第75回コレクション・テーマ展「或る少女からのメッセージ
     ー華宵便箋がつないだ愛ー」〜令和3年2/28(日)<12/28〜1/8休館>
【高知】
横山隆一記念まんが館,☆「フクチヤン ハジマリノ時代」令和3年1/21(木)〜2/21(日) 
香美市立やなせたかし記念館アンパンマンミュージアム
 ☆詩とメルヘン絵本館「ひきだしのなかの名作展」前期:〜令和3年3/21(日)<年末年始も無休、12/29、1/5も開館>

【福岡】
北九州市立小倉城庭園,☆企画展「カルタのなかの日本文化」〜令和3年2/14(日)

【長崎】
祈りの丘絵本美術館
 ☆「ぼく ふうせんで いいよ 長新太『ばけたら ふうせん』原画展」〜令和3年3/7(日)<12/30〜1/4休館>

【宮崎】
木城えほんの郷
 ☆「飯野和好 畑をとびだした原画展」 令和3年1/6(水)〜2/21(日)
 ☆「のんき図画 南伸坊の世界 」令和3年2/27(土)〜4/4(日)

【鹿児島】
長島美術館,☆冬の特別展「デビュー50周年記念 萩尾望都 ポーの一族展」〜令和3年1/17(日)<会期中無休>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12673] 【宮城】石ノ森萬画館/矢口高雄 追悼原画展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/31(Thu) 22:32:59

石巻市の石ノ森萬画館で開催中の特別企画展http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=04&c=26を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「萬画の国・いしのまき」石ノ森萬画館第79回特別企画展
 「矢口高雄 追悼原画展 釣りキチ三平展」〜令和3年1/31(日)
      1/12(火)1/19(火)1/26(火)休館(年末年始も開館)
     入館料金:大人840円 中高生520円 小学生210円

 石ノ森萬画館2代目館長(平成15年から平成20年までの5年間)の矢口高雄の画業50周年を記念する企画だったが、11/20に逝去され急遽、追悼展として開催することになった。
 本展では、主人公の三平くんが幻の巨大魚や未知の怪魚と繰り広げた激闘の名場面の原画と、生命の輝きに満ちた美しいカラー原画を中心に紹介。釣りを通して描かれる、自然の美しさ、厳しさ、命の尊さ、そして人と人との絆の物語にたくさん含まれている、現代社会に生きる私たちへの大切なメッセージとともに、自然派釣り漫画の金字塔『釣りキチ三平』の作品世界を見る。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12674] 【広島】ふくやま文学館/葛原しげる−こどもたちの夢をつむぐ− 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/31(Thu) 22:33:54

 ふくやま文学館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=49
で開催中の特別企画展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆ 特別企画展「葛原しげる−こどもたちの夢をつむぐ−」〜令和3年2/28(日)
     〜1/1と、月曜(祝日の場合は翌日)休館
     入館料金;一般500円 高校生以下無料 

 童謡「夕日」(ぎんぎんぎらぎら…)や「とんび」などの作詞家で知られる葛原しげるは、福山市神辺町八尋の出身で、祖父は生田流筝曲家の葛原勾当という音楽家の家に育ち、福山中学校(現・福山誠之館高等学校)、東京高等師範学校を経て小学校教諭を勤めながら児童雑誌の編集に。こどものための童謡づくりと教育につとめた。戦争末期の昭和20年(1945年)4月、故郷八尋に疎開。戦後は至誠高等女学校(現・戸手高等学校)の校長として郷土の後進の育成に尽力した。本展では葛原しげるの令孫(故葛原眞氏)から寄贈された新資料(日記や色紙、創作ノート等)と関連資料を紹介し、しげるがつむぎだした豊かな世界を紹介。

講演会(DVD上映) 1/11(月・祝) (1)午前10時〜 (2)午後1時30分〜
 「祖父・葛原しげるのこと〜戦前・戦後の足跡をたどって」故葛原眞(葛原しげる令孫)
 電話で要申し込み

ギャラリートーク:1/11(月・祝)1/24(日)午後3時〜 予約不要
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12682] 【大分】県立美術館/ニッポンのマンガ/ノーベル賞/ビューティフル 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/31(Thu) 23:50:42

 正月も開館の大分市の大分県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=44&c=5で開催されている展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆TOSテレビ大分開局50周年・大分県立美術館開館5周年記念事業
 「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮 2020」〜令和3年1/17(日)
     残り会期中休館日なし
     開館時間:午前10時〜午後7時(金土曜は8時まで、入場は閉館の30分前まで)
     入館料金:一般1400円 高大生1000円 小中生 500円
         障がい者手帳提示者と付添者1名は無料 

 国立新美術館が2018年パリで開催した「MANGA⇔TOKYO」展が日本巡回!日本のマンガ、アニメ、ゲーム、特撮作品を、大都市・東京を軸に横断的に紹介する展覧会です。映像、貴重なオリジナルの原画や制作資料など、今も多くのファンに親しまれている約90タイトルを紹介。

☆国立科学博物館巡回展「ノーベル賞を受賞した日本の科学者」〜令和3年1/31(日)

 1949年の湯川秀樹博士のノーベル賞受賞以来、科学分野では多くの日本人研究者がノーベル賞を受賞。本展は、研究業績、幼少期のエピソード等親しみやすい内容交え、ノーベル賞受賞者について紹介。
会期/2020年12月25日(金)〜2021年1月31日(日)会場/1階アトリウム

☆2020コレクション展V「ライフ・イズ・ビューティフル!」〜令和3年2/2(火)

 人にはそれぞれ「ライフ・イズ・ビューティフル!」と思える時や場面があり、家族や友人などを題材としたり、人と人との交流や、日々の生活の中での朗らかでおだやかな光景などを描いた作品を中心に紹介。また工芸の分野では、日常の生活の中で、インテリアやキッチンツールなど実際に使用することを重視して作られた工芸品を通して、日々の暮らしに潤いを与えるユニークな発想の数々をみる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12685] 【滋賀】佐川美術館/ムーミン/佐藤忠良/平山郁夫 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/01(Fri) 22:59:02

 守山市の佐川美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=25&c=30で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆ムーミン75周年記念「ムーミンコミックス展」〜1/11(月・祝)
    〜1/1、月曜日(祝日に当たる場合はその翌日)
    入館料金:一般1000円 高大生600円 中学生以下は無料 ※ただし保護者の同伴が必要
          ※専門学校・専修学校は大学に準じる
          ※障害者手帳をお持ちの方(要手帳提示)付添者1名無料
      事前予約制ではないが、展示室混雑の場合は入場制限を実施する場合あり

 ムーミン童話の原作者トーベ・ヤンソン(1914-2001)による漫画・ムーミンコミックスは、イギリスの「イブニング・ニューズ」紙で1954年より20余年に亘り連載され、トーベが絵と台詞、弟のラルス(1926-2000)がネタ探しと英訳を担当し、1960年からはラルス一人で漫画を制作。本展はムーミンキャラクターズ社が所蔵する原画作品280余点を日本初公開し、現在も全世界で愛され続けているムーミン童話の原点を紹介。


☆「吉左衞門X 齋藤隆×十五代吉左衞門・樂直入」〜3/21(日)
 東北の山村に暮らしながら、グリューネヴァルトや中国の宋元画に魅せられ、黒一色で奇怪な人物の像や、朽ちゆくモノを描いてきた画家・齋藤隆とのコラボレーション展を開催。人間の最も深い本質を見つめ続けている齋藤の生き方に共感する樂直入が本展のために制作した新作樂茶碗と齋藤隆作品を展観。
  齋藤隆《西へ》1991年
  齋藤隆《とぶよ》1990年
  樂直入《焼貫黒樂茶碗 銘 裂》

☆「佐藤忠良 モデルたちとの歩み」〜3/21(日)

 身近な人達をモデルに様々な女性像や子ども像を制作した彫刻家の佐藤忠良。東京造形大学での教え子・笹戸千津子は、1970年代以降多くの女性像のモデルを務めた。中でもジーパンや帽子等を身につけた着衣像では、流行の風俗を巧みに取り入れたことが特徴で、これらの作品は、しなやかな姿態で簡潔なフォルムだが、女性の内なる清新さが現れ、佐藤芸術の新しい作風になった。中でも《帽子・夏》は佐藤の代表作。また並行して自身の子どもや孫、友人の娘などをモデルにした子ども像を制作し、成長を楽しむかのように、子ども像のタイトルに彼らの当時の年齢や学年をつけた。教育者としての側面も持つ佐藤の愛情が投影されている。
 《帽子・夏》 (1972)
  二歳(小) (1972)

☆「平山郁夫 俗なるもの  ―人と街・暮らしの足跡」〜3/21(日)
開催中

 平山郁夫が世界各地の旅で出会った人々やその暮らしぶり、町なみの風景を中心に紹介。
 平山は国境や民族、宗教という枠を超えて、現地の人々を「描く」ことでコミュニケーションを図り、平山がスケッチを始めると、興味を持った人々が周りに集まり、そこから会話が始まり、打ち解けた人々をモデルに写生し、現地に息づく人々の暮らしぶりを克明に綴った。本展では、平山が旅のさなか出会った人々との交流の足跡を辿ります。
  ヨーロッパの街の風景
  インドに暮らす人々と遺跡の風景
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12692] 【熊本】市現代美術館/ムーミン展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/02(Sat) 00:32:48

 熊本市現代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=43&c=4で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「ムーミン展 THE ART AND THE STORY」〜1/11(月・祝)
     〜1/1 火曜休館
     入館:一般1300円(1100円) シニア(65歳以上)1000円(800円) 学生(高校生以上)800円(600円)
      中学生以下無料
     ( )内は、各種障害者手帳(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、被爆者健康手帳等。
      付き添いの方1名も適用)、電車・バス1日乗車券等、JAF会員証、緑のじゅうたんサポーター証

 フィンランドを代表する芸術家、トーべ・ヤンソン(1914〜2001年)が生みだした「ムーミン」シリーズを、小説や絵本の代表的な場面を原画で楽しめるほか、風刺雑誌の挿絵、企業広告やグッズ、フィギュア、また舞台に至るまで、知られざるムーミンとなかまたちの魅力を紹介。フィンランド・タンペレ市にあるムーミン美術館とムーミンキャラクターズ社が所蔵する作品を中心にムーミンの多彩な表情に迫る。また、2019年の日本フィンランド外交関係樹立100周年を記念し、浮世絵とトーベ作品の比較展示、来日した際のスケッチや写真、日本の翻訳者との交流を示す資料をとおして、トーベと日本の関わりにも光を当てる。

【ムーミンの小説、絵本から様々なシーンを原画やスケッチで紹介】
トーベ・ヤンソン 《「ムーミン谷の夏まつり」挿絵》1954年 インク・紙
        《「ムーミン谷の冬」挿絵》1957年頃 インク・紙
        《スナフキン スケッチ》制作年不詳 インク・紙

【ムーミンキャラクターズ社所蔵の貴重なコレクション】
トーベ・ヤンソン 《イースターカード 原画》1950年代 グワッシュ、インク・紙 ムーミンキャラクターズ社
        《「フォーレニングス銀行」広告》1956年 印刷 ムーミンキャラクターズ社
        《スウェーデンの日刊紙「スヴェンスカ・ダーグブラーデット」広告》1957年 印刷 ムーミンキャラクターズ社
トーベ・ヤンソン、ラルス・ヤンソン《「スウェーデンの環境保全キャンペーンのポスター」》1970年代 印刷 ムーミンキャラクターズ社

【日本とフィンランドの記念のコーナー】
トーベ・ヤンソン《「ムーミンパパ 海へいく」挿絵》1965年 インク・紙
歌川広重《名所江戸百景 大はしあたけの夕立》安政4年(1857)大判錦絵 西楽堂(「復刻アダチ版」を展示)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12712] 【京都】大丸ミュージアムKYOTO/キキ&ララ展 星に願いを…[1/4(月)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/03(Sun) 18:39:34

 四条烏丸の大丸ミュージアムKYOTOhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=80
で1/4から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆デビュー45周年記念「キキ&ララ展 星に願いを…」1/4(月)〜1/25(月)
     午前10時〜午後8時(入場は7時30分まで)
     入館料金:一般700円 高大生500円 中学生以下無料  

 サンリオを代表するキャラクター、1975年に誕生したキキ&ララの貴重な原画展示を中心に、キキ&ララ誕生から成長の過程、更に作者自身の語る今後のキキ&ララの展望まで、従来のキャラクター展では見られない制作サイドの視点からキキ&ララの世界を掘り下げて見せる。
 キキ&ララ誕生 ストーリー:デビュー以前のラフ原画や原稿
 1980年代〜星空の世界〜:デザイナーが交代し、星空モチーフの原画など
 1990年代〜チャレンジの時代〜: 顔を大胆に変化させたり、設定をひろげるなど様々なチャレンジ
 いちご新聞の部屋:キキ&ララの名前はいちご新聞誌上の募集で決められたもの
 現デザイナーの挑戦:パステルトーンを多用したふんわりとしたタッチが受け入れられた現デザイナーのインタビュー
 キキ&ララからのメッセージ〜Twitterと希望の花〜:Twitterで発信され続けている癒しのメッセージ
       東日本大震災の被災者応援から始まった「希望の花」プロジェクトコーナーも。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12717] 【長野】上田市立美術館/駒形克己 「え!ほん」展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/03(Sun) 20:31:26

 上田市立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=20&c=34で開催中の絵本展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆駒形克己 「え!ほん 展」
     〜1/3 火曜(祝日の場合は翌日)休館
     入館料金:一般800円 高大生300円 小中生200円
          障害者手帳携帯者と介助者1名は各100円引き

 色や形、言葉や手ざわりなど“感じること”を大切にし、独創的なアイデアで子どもだけでなく大人の心もひきつける駒形氏の絵本。造本作家・駒形克己の絵本の世界を立体的に再現。
 絵本の世界に入り込んで、ページをめくるように展示室を進み、驚きや発見との出会いを楽しむ。
  『ほしがねむるところ』 ワンストローク 2004年
  『ぼく、うまれるよ!』 ワンストローク 1995年
  『Yellow to Red』 ワンストローク 1994年
  『一隅』 ワンストローク 2015年
  『かぜがはこぶおと』 ワンストローク 2004年
  『Little tree』 ワンストローク 2008年
  『雨があがって』 ワンストローク、Petra Ediciones 2012年
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12737] 【山口】周南市美術博物館/猪熊弦一郎展 いのくまさん[1/8(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/07(Thu) 23:47:21

 周南市美術博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=35&c=35
で明日1/8(金)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「猪熊弦一郎展 いのくまさん」1/8(金)〜2/23(火・祝)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)

 画家・猪熊弦一郎(1902-1993)の魅力あふれる作品を、詩人・谷川俊太郎のシンプルでリズミカルなことばによって、親しみやすく伝える絵本『いのくまさん』(2006年 小学館発行)。
 本展は、この絵本と同じく「かお」「とり」「ねこ」といったモチーフ、猪熊独自の「いろ」「かたち」にスポットをあて、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館の収蔵作品を中心に紹介。
「顔15」1989年
 「面白い仲間」1982年
 「サクランボ」1939年
 「顔パック緑」1992年
 「題名不明」1992年
 「驚く可き風景(A)」1969年
 「宇宙は機械の運動場 No.1」1981年
 三越包装紙「華ひらく」1950年、三越ショッパー1957年
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12743] 【愛媛】高畠華宵大正ロマン館/華宵便箋がつないだ愛 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/09(Sat) 08:11:21

 東温市の高畠華宵大正ロマン館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=38&c=40で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆第75回コレクション・テーマ展「或る少女からのメッセージー華宵便箋がつないだ愛ー」〜2/28(日)
     土日のみ開館
     入館料金:一般500円 中高生・障害者手帳をお持ちの方・65歳以上の高齢者400円

 大正ロマンの挿絵画家・高畠華宵は「華宵便箋」というキャラクターグッズのパイオニア的商品のデザインも手掛けていた。「華宵便箋」は複数の会社から発売され、便箋表紙絵、便箋用紙、封筒のそれぞれが華宵の絵やデザインで埋め尽くされていた。
 一番身近で手軽な通信手段が「手紙」であった大正期、人々(主に少女や女性)は自分のメッセージを伝えるために家族へ、友人へ、大切な思い人へ、華宵の絵に自分の思いを重ねながら便箋を選び、文字を認め、雑誌への投稿の際も乙女たちは「華宵便箋」に自分の思いを書き込めて投稿し、雑誌の投稿欄で「華宵便箋」は少女たちの心をつなぐ大事な役割を果たしていた。本展では便箋表紙絵や封筒、便箋用紙などを展示し、華宵便箋に描かれた大正乙女の世界を当時の手紙文や投稿文と一緒に紹介。
 華宵が描いた美人画(日本画)を特別展示、なかでも《雛飾》は初公開。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12777] 【絵本童話】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/01(Mon) 22:11:01

 開催中から、これから開催の絵本や童話、マンガなどの展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、臨時休館、入館の予約制、感染予防対策などには充分ご注意下さい。

【秋田】
横手市増田まんが美術館
 ☆2021「漫画家からの年賀状展」〜2/28(日)
 ☆−追悼展−「矢口高雄 マンガ万歳 画業50年への軌跡」〜 3/7(日)  
 ☆「森永あい回顧展」3/13(土) 〜4/4(日)

【山形】
酒田市美術館,☆「いわさきちひろ ピエゾグラフ展」〜3/14(日)

【東京】
郵政博物館
 ☆特別展示「いりやまさとし「パンダたいそう」絵本原画展」3/1(月)〜3/26(金)<〜3/31は土日祝休館>
 ☆新春特別展示「Uwabami探し絵&作品展」2/6(土)〜2/23(火・祝)<〜3/31は土日祝休館>
 ☆企画展「時計物語」2/1(月)〜3/26(金)<〜3/31は土日祝休館>

【神奈川】
岩崎博物館(ゲーテ座記念)
 ☆第450回企画展「大宇宙人展」2/10(水)〜2/28(日)
    イラストレーター・エモリハルヒコ氏のライフワーク「宇宙人」シリーズ
【兵庫】
大丸ミュージアム・梅田, ☆連載完結記念「約束のネバーランド展」3/17(水)〜4/5(月)
神戸ファッション美術館
 ☆特別展「こわくて、たのしいスイスの絵本展〜クライドルフ、フィッシャー、ホフマンの世界〜」〜3/28(日)

【大分】
大分県立美術館
 ☆大分県立美術館 開館5周年記念事業「びじゅチューン!?OPAM なりきり美術館」2/19(金)〜5/9(日)

【宮崎】
高鍋町美術館,☆ギャラリー展「第44回 町内小中学校読書感想画展」2/13(土)〜2/28(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12804] 【兵庫】 神戸ファッション美術館/スイスの絵本展〜クライドルフ、フィッシャー、ホフマン 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/14(Sun) 14:32:36

 六甲アイランドの神戸ファッション美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=1で開催中の絵本の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「こわくて、たのしいスイスの絵本展〜クライドルフ、フィッシャー、ホフマンの世界〜」〜3/28(日)
    月曜休館  
    入館料:一般1000円 65歳以上・大学生500円 高校生以下無料
         神戸市内在住の65歳以上の方は無料
         小学生以下は保護者(大学生以上)の同伴が必要
         神戸ゆかりの美術館、小磯記念美術館の当日入館券(半券)で割引
         ※ドレスの試着、デジタルサイネージは中止

  アルプスの草花を擬人化した『花のメルヘン』をはじめ、数々の絵本を手がけ、ヨーロッパにおける絵本画家の先駆けとなったエルンスト・クライドルフ(1863-1956)に続き、ハンス・フィッシャー(1909-1958)は、勢いのある線を重ねて絵を描き、 『ブレーメンの音楽隊』や、『こねこのぴっち』などを発表し、フェリックス・ホフマン(1911- 1975)が、わが子へ贈るために手作りした『おおかみと七ひきのこやぎ』や、、『スイスの伝説』などユーモアあふれる挿絵も描いた。
 草花や風俗、独自の伝説などの絵本や挿絵の原画やリトグラフをはじめ、手描き絵本も含めた約150点を紹介しすこしこわいけれど、楽しいスイスの絵本の世界を展示。
【グリム童話】
 エルンスト・クライドルフ 『ふゆのはなし』 〈白雪姫との別れ〉
 ハンス・フィッシャー 『ブレーメンのおんがくたい』
 フェリックス・ホフマン 『グリムの昔話』
【スイスの世界】
 エルンスト・クライドルフ 『花のメルヘン』
 ハンス・フィッシャー 『こねこのぴっち』
 フェリックス・ホフマン 『スイスの伝説』  など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12846] 【兵庫】西脇市岡之山美術館/天国:寺門孝之 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/21(Sun) 15:31:49

 日本へそ公園の西脇市岡之山美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=112
で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「天国:寺門孝之―天使の画家―」〜3/21(日)
   月曜(祝日は開館)と祝日の翌日 休館
   入館料金:大人300円 シルバー250円 高大生200円 小中生100円 障がい者割引あり
           ココロンカード利用可
 1961年名古屋市生まれ、大阪大学文学部美学科とセツ・モードセミナーに学んだ寺門孝之は、コンピュータグラフィクスの世界に携わり、1985年「第6回日本グラフィック展」大賞を受賞し、イラストレーションと絵画の分野で活躍。1993年以降は神戸と東京を行き来しながら、天使を画題とした旺盛な創作活動をすすめ、新しい舞台芸術への関心などをふまえた新作・資料を含む、多彩な寺門芸術の魅力を紹介。
  《LILY PINE PINE》2019年
  《風街ヘブン》2020年
  《エデン》2019年
  《angels rondo(ローズ)》1996
  《天道虫、兎》2020
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12867] 【絵本童話】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/28(Sun) 20:18:46

 開催中から、これから開催の絵本や童話、マンガなどの展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、入場制限や開催日の変更などには十分ご注意ください。

【青森】
青森県立美術館,☆企画展「富野由悠季の世界:ロボットアニメの変革者」3/6(土)〜5/9(日)

【岩手】
宮沢賢治記念館,☆特別展「童話 なめとこ山の熊」〜5/9(日)

【山形】
伝国の杜 米沢市上杉博物館
 ☆開館20周年 企画展「原作出版75周年 きかんしゃトーマス展
   〜ソドー島のなかまたちが教えてくれたこと〜」6/26(土)〜8/1(日)
【東京】
相田みつを美術館,☆第76回企画展「いまから ここから」〜3/14(日)
森アーツセンターギャラリー,☆「『鬼滅の刃』吾峠呼世晴原画展」10/26(火)〜12/12(日)
長谷川町子美術館,☆企画展「町子の夢、絵本の世界」〜4/11(日)
ちひろ美術館・東京
 ☆「ちひろ・子どもは未来」
  没後1年「田畑精一『おしいれのぼうけん』展」3/16(火)〜6/13(日)
 ☆「ちひろの花鳥風月」
  生誕111年「赤羽末吉展 日本美術へのとびら」6/19(土)〜9/26(日) 
 ☆「ピエゾグラフによる わたしの好きなちひろ展」
  「ちひろの歩み―童画から絵本へ―」10/2(土)〜令和4年1/16(日)
葛飾区郷土と天文の博物館,☆「かつしか郷土かるた原画展」〜3/14(日)

【新潟】
新潟市マンガ・アニメ情報館,☆「TVアニメ「鬼滅の刃」全集中展」〜3/17(水)

【長野】
小さな絵本美術館 八ヶ岳館,☆春の企画展「川端誠絵本原画展」4/10(土)〜6/20(日)
おぼろ月夜の館 斑山文庫,☆高野辰之の世界「その巨歩と業績」 〜3/28(日)

【愛知】
松坂屋美術館,☆「サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史」 4/24(土)〜6/12(土)

【大阪】
大丸ミュージアム・梅田
 ☆「ふしぎの海のナディア展」〜3/8(月)
 ☆誕生65周年記念「ミッフィー展」4/28(水)〜5/10(月)

【兵庫】
神戸アートビレッジセンター
 ☆ART LEAP 2020「特別的にできない、ファンタジー」(出展作家:蓮沼昌宏) 〜3/14(日)アニメーション
大丸ミュージアムKOBE,☆ピーナッツ生誕70周年記念「スヌーピータイムカプセル展」3/24(水)〜4/5(月)
姫路文学館
 ☆特別展 猫のダヤン35周年「ダヤンと不思議な劇場 池田あきこ原画展」4/17(土)〜6/6(日)
 ☆特別展 誕生45周年記念「ねずみくんのチョッキ展 なかえよしを・上野紀子の世界 」6/19(土)〜8/15(日)
 ☆企画展「絵本作家長谷川集平の仕事展
   絵本デビュー46年のキープ・オン・ロッキン!」令和4年1/15(土)〜3/21(月・祝)
宝塚市立手塚治虫記念館,☆第82回企画展「手塚治虫と演劇『七色いんこ』展」3/6(土)〜6/28(月)

【岡山】
夢二郷土美術館,☆本館企画展「大正ロマンと竹久夢二」3/9(火)〜6/6(日)

【福岡】
北九州市立自然史・歴史博物館(いのちのたび博物館)
 ☆自然史系春の特別展「わたしたち『収蔵庫』にいるんです〜あつめる まもる つなげる〜」3/6(土)〜4/4(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明