[掲示板へもどる]
一括表示

  [No.12654] 【文学】令和3(2021)年に見られる展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/30(Wed) 20:55:24

 新年から開催の文学や演劇、音楽、映画などの展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、年末年始の休館、入館の予約制、感染予防対策などには充分ご注意下さい。なお、この発言を令和3(2021)年の毎月の【文学】の展覧会案内のベースノートにします。


【青森】
青森県近代文学館
 ☆企画展「ミステリーの魔術師 高木彬光生誕100年展」〜令和3年1/11(月・祝)<12/29〜1/3休館>
 ☆エクステンド常設展示「三浦哲郎 〜師・井伏鱒二の思い出〜」〜令和3年5月下旬
弘前市立郷土文学館
 ☆第44回企画展「岩木山と文学−弘前市立郷土文学館開館30周年記念−」〜令和3年3/21(日)<12/29〜1/11休館> 
 ☆スポット企画展「現在活躍中の作家展」〜令和3年1/31(日)

【岩手】
太陽と風の家(石と賢治のミュージアム)
 ☆「宮沢賢治書簡レプリカ(はがき、封書)展示」〜令和3年1/31(日)<12/28〜1/4休館>
野村胡堂・あらえびす記念館
 ☆令和2年度第2回企画展「胡堂の愛用品〜マイ フェイバリット シングズ〜」〜令和3年3/21(日)<12/28〜1/4休館>

【群馬】
萩原朔太郎記念水と緑と詩のまち 前橋文学館
 ☆「変な話をしたい。―異界への招待 第28回萩原朔太郎賞受賞者マーサ・ナカムラ展」令和3年2/6(土) 〜5/30(日)
群馬県立土屋文明記念文学館,☆第110回企画展「絲山秋子展―“土地”で生きる人々を描く」令和3年1/16(土)〜3/14(日)

【埼玉】
さいたま文学館
 ☆企画展「没後55年記念 江戸川乱歩と猟奇耽異(Curiosity Hunting)」令和3年1/16(土)〜3/7(日)<12/24〜1/18休館>

【東京】
林芙美子記念館,☆アトリエ展示室「放浪記執筆の頃 高円寺時代の林芙美子」令和3年1/5(火)〜2/28(日)
古賀政男音楽博物館 (コガ・ミュージアム),☆「日本 歌めぐり(11) 岐阜、愛知」〜令和3年3/31(水)

【神奈川】
鎌倉市川喜多映画記念館,☆「バレエ映画の世界〜日本バレエ発祥の地・鎌倉〜」〜令和3年3/14(日)
鎌倉文学館,☆収蔵品展「作家 身のまわり―その2」令和3年1/5(火)〜4/11(日)
茅ヶ崎市 開高健記念館,☆生誕90年記念「開高健の世界 2020展」〜令和3年3/28(日)

【富山】
高岡市万葉歴史館
 ☆「正月特別展示」〜令和3年1/25(月)<12/29〜1/3休館>
   館蔵の大伴家持肖像画、三十六歌仙双六、百人一首かるたや万葉かるたなど
【石川】
泉鏡花記念館
 ☆企画展「鏡花本―美しき書物のつくり手たち―」〜令和3年2/23(火・祝)<12/29〜1/3休館>
鈴木大拙館,☆企画展「也風流庵レターII」〜令和3年4/18(日)<12/28〜1/4休館>
室生犀星記念館,☆企画展「犀星の肖像」〜令和3年3/7(日)<12/29〜1/3休館>

【福井】
福井市橘曙覧記念文学館,☆企画展「花に寄せて」〜令和3年3/9(火)<12/28〜1/4休館>
かこさとし ふるさと絵本館「石石」,☆「『ゆきのひのおはなし』展示」〜令和3年3/22(日)

【山梨】
山梨県立文学館
 ☆冬の常設展 期間限定公開 山梨の文学碑3 前田 晁(まえだ あきら)
  「一人の心は万人の心 文化の根源はここにある」〜令和3年3/7(日) <12/26〜1/1休館>
 ☆特設展「飯田龍太展 生誕100年」令和3年1/23(土)〜3/21(日)

【岐阜】
岐阜市歴史博物館,☆「麒麟がくる 岐阜 大河ドラマ館」〜令和3年2/14(日)<大河ドラマ館は無休>

【静岡】
賀茂真淵記念館
 ☆令和2年度平常展(後期)「賀茂真淵と近世国学者の国語研究」〜令和3年5/23(日)<12/29〜1/3休館>
浜松文芸館
 ☆企画展「“三島由紀夫没後50年”浜松の小説家渥美饒児のコレクション展」〜令和3年2/14(日)<12/29〜1/3休館>

【三重】
本居宣長記念館,☆開館50周年記念 冬の特別展「宣長が見た日本」〜令和3年3/7(日)

【大阪】
大阪府立中之島図書館
 ☆令和2年度特別展「古典籍に描かれた名花・名木」令和3年1/12(火)〜2/27(土)
国立文楽劇場資料展示室
 ☆企画展示 伝承者養成事業50周年記念「国立劇場の養成事業 心と技を伝えた50年」
  同時開催「文楽入門」令和3年1/3(日) 〜 3/7(日)

【岡山】
吉備路文学館
 ☆祝・“ブッカー国際賞最終候補ノミネート”記念企画展「“密やかな”小川洋子の世界展」〜令和3年3/28(日)

【愛媛】
松山市立子規記念博物館
 ☆令和3年新春 第66回特別企画展
 「子規の写真物語−古き新しき取り出して−」〜令和3年2/1(月)<年末年始も通常休館以外は開館>

【佐賀】
武雄市歴史資料館,☆図書館展「イマジネーション −想像の世界ー」〜令和3年1/15(金)<無休>

【熊本】
くまもと文学・歴史館
 ☆収蔵品展 アーカイブズに見るくまもと16
 文学「球磨の鮎の遊び―生誕100年 上村占魚―」〜令和3年1/10(日)
                  令和3年3/19(金)〜5/5(水)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12664] 【愛媛】松山市立子規記念博物館/子規の写真物語 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/31(Thu) 15:54:02

 道後公園(道後温泉)の松山市立子規記念博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=38&c=3
で開催中の特別企画展を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆第66回特別企画展「子規の写真物語 古き新しき取り出して」〜令和3年2/1(月)
   令和3年 5,12,19、26(火)休館<1/1〜4は開館!>
   入館料金:一般400円 65歳以上200円 小中高校生無料

 明治時代、海外から受容した新しい文物が日本に普及したが、その一つである写真も新しいもの好きだった子規が愛好した。
34歳1ヶ月という短い人生の中で、その姿を写したものでも30枚以上現存する。6歳の時に髷を結った姿から、最晩年の有名な横顔の写真まで、貴重な資料であるばかりでなく、子規の人間的魅力を物語る。
 子規は撮影した写真を手元で保管し、折に触れて取り出して過去を振り返り、痩せ衰えた自身の病床の姿と対比して俳句や短歌を詠んだ。また、友人の秋山真之や浅井忠から送られた名所旧跡や有名人などの写真をコレクションし、晩年に外出がかなわなかった子規を外界と接触させた。これらの写真の裏面に書かれた子規の解説文が文学作品とも言える。
 館蔵の子規を写した写真と、子規のコレクションである80枚の写真を展示し、写真が語る子規の等身大の姿と、知られざる子規と写真の関係を紹介。

記念シンポジウム「子規が生きた、近代松山の風景」令和3年1/11(月・祝)午後2〜3時30分
         4階講堂にて
 パネラー:二神將氏(松山子規会理事・伊豫史談会監事)竹田美喜氏(総館長)

ギャラリートーク:令和3年1/9(土)午前10時30分から50分程度

学芸員による関連講座」1/31(日)午前10時30分〜正午、1階視聴覚室にて
 「子規の写真コレクションの魅力」 
*上記行事は、感染症の状況により中止もしくは入場制限の可能性あり
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
            参考:館のチラシとホームページ

            明日香 光二/馬場 英明


  [No.12689] 【島根】小泉八雲記念館/小泉八雲、妖怪へのまなざし 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/01(Fri) 23:02:04

 松江市の小泉八雲記念館
http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=32&c=14で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆小泉八雲 生誕170年/来日・来松130年記念企画展「小泉八雲、妖怪へのまなざし」〜6/6(日)
       無休
       入館料金:大人410円 小中生200円
          小泉八雲記念館・小泉八雲旧居2館共通券 大人560円 小中生280円
          障がい者手帳、療育手帳などの所持者及び介護者1名は無料
   松江・境港・三次3館連携企画「もののけ怪道にあそぶ。」(3館周遊パスポート3/31まで)開催中

 人生で70話を超える世界の怪談を採集・再話したことで知られる小泉八雲。八雲の妖怪文化への関心は少年時代に、アイルランド時代で乳母から妖精譚や怪談話を聞き、恐怖体験をした。ニューオーリンズ、マルティニークそして日本と多神教世界の民衆が紡いだ文化に底流する妖怪や妖精の世界は、常に八雲にとって魅力的なテーマであり。人生を通して共通する八雲のまなざしは、超自然の世界に光をあてることに注がれた。
 八雲が再話した作品の多くに、一次資料が富山大学附属図書館のヘルン文庫に残されており、八雲の再話作品創作を知るための大きな手掛かりとなる。八雲の没後発見された遺稿の中に、『狂歌百物語』(1853年)の中から八雲自身が選んだ14種の日本の妖怪たちを描いた自筆のイラストがあり、長男の一雄の手によって『小泉八雲秘稿画本妖魔詩話』として出版された。
 本展では、八雲の再話作品の中から、特に原典が確認できる江戸・明治初期の和装本(富山大学附属図書館所蔵)による約20話の比較展示、妖怪文化が花開いた江戸期の妖怪絵巻(湯本豪一記念日本妖怪博物館〔三次もののけミュージアム〕所蔵)、『妖魔詩話』より八雲の解説・イラストと『狂歌百物語』の比較展示、QRコードによる八雲作品の読み取り、さらには、妖怪漫画家水木しげるによるイラスト(水木プロダクション所蔵)などを展示。八雲の怪談創作の舞台裏をひも解く。

原話となった底本が存在していた小泉八雲の再話文学
ろくろ首
【八雲の作品】「ろくろ首」……『怪談』1904年
【原話】「轆轤首&#24725;念却報福話」……『怪物輿論』巻之四、十返舎一九著画、1803(享和3)年、京都:勝村治右衛門
果心居士の話
【八雲の作品】「果心居士の話」……『日本雑記』1901年
【原話】「果心居士 黄昏草」……『夜窓鬼談』下巻、石川鴻斎編著、1893(明治26)年、東京:東陽堂
おしどり
【八雲の作品】「おしどり」……『怪談』1904年
【原話】「魚虫禽獣」第三十……『古今著聞集』巻二十、橘成季著、1770(明和7)年、大阪:柏原屋清右衛門

八雲が愛した妖怪たち
ウミボウズ
【八雲の作品】「ウミボウズ」……「化けものの歌」『天の川縁起』1905年/『小泉八雲秘稿画本 妖魔詩話』1934年
【原典】「海坊主」……『狂歌百物語』中編、天明老人編纂、竜斎閑人正澄画、1853(嘉永6)年、出版社不明

セツが支えた怪談創作:セツは怪談好きな夫のために、「お化け行燈」と呼ばれる紙製玩具や、「獏の手鏡」など、いかにも八雲が喜びそうなものを買い集めて八雲に提供した。
「お化け行燈」 セツ愛用「獏の手鏡」

☆文豪とアルケミスト パネル展「小泉八雲と怪奇文学作家たち」〜1/31(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12697] 【岐阜】市歴史博物館/昔のくらし/大河ドラマ館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/02(Sat) 09:14:13

 岐阜市歴史博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=21&c=0で開催中の展示と大河ドラマ館を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「ちょっと昔の道具たち」〜3/7(日)
  ※「麒麟がくる 岐阜 大河ドラマ館」開催中は、年中無休
  入館料金:一般(高校生以上) 310円  小中生 150円 90円
    本館・分館共通:一般(高校生以上) 520円 小中生260円
     岐阜市内の70歳以上の方
     身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳の交付を受けている方、及びその介護の方1名
     家庭の日(毎月第3日曜日)に入館する中学生以下の方
     家庭の日(毎月第3日曜日)に入館する中学生以下の方に同伴する家族(高校生以上)の方(特別展を除きます)
     市内の小中学生の方(特別展を除きます)
       無料

 今年度も150〜40年くらい前の「ちょっと昔」を「まちかど」「家のなか」の2コーナーで、昔の道具を一堂に集めて展示します。道具が使われていた場面を映画のセットのように再現し、生活の中で道具がどのように使われていたのか、また、現在の道具が、昔はどんなものだったか、道具のうつりかわりを具体的に紹介。

☆「麒麟がくる 岐阜 大河ドラマ館」〜2/14(日)
   無休
   入館料金:大人(高校生以上) 600円 小中学生 300円
      交通機関、近隣観光施設、他地域の大河ドラマ館との組合せ券や相互割引が多数あり

1ドラマシアター
 光秀、道三、信長の美濃三傑にスポットを当て、出演者のインタビューとメイキング映像
2美濃三傑 麒麟がくるの世界
 登場人物の紹介、相関図、エピソードなどを紹介し、ドラマに登場する衣装や小道具などを展示
 斎藤道三、帰蝶、織田信長の衣装、初回放送で使われたサンゴの珠、道三の槍
 織田軍を迎え撃つ斎藤軍を再現した稲葉山城城下オープンセットの大型ジオラマ
3ようこそ 稲葉山城へ
 山頂からの鳥瞰ジオラマと新たに制作した信長公居館コンテンツと連動した映像を投影
4もっと知りたい 体験! 戦国時代
 当時の楽市の再現、ドラマの世界を体感できるコンテンツなど
5体感 信長の間
 ドラマに登場する岐阜城の広間セットを再現、写真撮影が可能
6麒麟がくる 制作の舞台裏
 4Kで撮影されたドラマを彩った衣装の制作過程や時代考証への思いを紹介
7歴史博物館収蔵品展示
 戦国時代の稲葉山城(岐阜城)や、土岐氏、斎藤氏、織田氏と岐阜の関わりを伝えるルイス・フロイス像、南蛮屏風等を展示
8再見! 麒麟がくる
 次回予告や出演者の等身大パネル
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12701] 【兵庫】丹波篠山市立歴史美術館/伝統の継承 丹波篠山の狂言 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/02(Sat) 21:45:07

 丹波篠山市立歴史美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=127
で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆新春企画展「伝統の継承 丹波篠山の狂言」〜3/21(日)
   〜1/1 毎週月曜日(祝祭日は開館、翌日休館)休館
   入館料金   歴史美術館 4館共通券
       大 人  300円  600円
       高大生  200円  300円
       小中生  100円  150円    
        4館(篠山城大書院、歴史美術館、青山歴史村、武家屋敷安間家史料館)
       丹波篠山市内の小中学生
       ・身体障がい者手帳、療育手帳、精神障害者保険福祉手帳の交付を受けている方は無料

 江戸時代から能・狂言(合わせて「能楽」)が盛んであった丹波篠山では、現在も毎年、元旦に「翁」の元朝能が、春には篠山春日能が開催され、伝統芸能を伝える。
「能楽」は、昭和32年(1957)に重要無形文化財に指定され、令和2年、重要無形文化財「能楽」の保持者として、丹波篠山市在住の大蔵流狂言方 山口耕道氏が認定されたことを記念して、狂言装束や面、扇等を展示し、丹波篠山で継承されてきた伝統芸能への関心を深める。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12714] 【大阪】さかい利晶の杜/『冬柏』−『明星』の精神を貫いた理想郷− 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/03(Sun) 18:42:57

 堺市宿院のさかい利晶の杜http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=69
で開催中の企画展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「『冬柏(とうはく)』−『明星』の精神を貫いた理想郷−」〜1/31(日)
   1/1(火)のみ休館
   入館料金:一般300円 高校生200円 小中学生100円
     「与謝野晶子記念館」「千利休茶の湯館」の観覧券で企画展も可

 与謝野晶子と寛が中心となって刊行した雑誌『明星』創刊120年、雑誌『冬柏』創刊90年の年。『冬柏』は、椿の「語原の字」で「トウハク」と読む。晶子と寛を中心とした新詩社同人の表現の場として、昭和5年(1930)に創刊され、弟子たちに引き継がれ昭和27年(1952)まで刊行された。
 昭和初期、すでに新詩社は歌壇の中心では無かったが、晩年の晶子の動向や作品を詳細に辿ることができ、戦時体制の中で『明星』以来の理想の世界があった。本展では、晶子たちが最後まで自らの表現の場として守り続けた『冬柏』を探り、復刻版刊行の原本となった弟子の宮元尚(みやもとひさし、熊本県球磨郡多良木町)旧蔵の『冬柏』をはじめ、晶子が『冬柏』に発表した歌の自筆掛軸や原稿、同人たちの歌集や書簡などを展示。

学芸員による展示解説:1/9(土):午後1時30分〜(20分程度)申込不要
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12719] 【石川】泉鏡花記念館/鏡花本―美しき書物のつくり手たち― 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/03(Sun) 20:34:19

 金沢市の泉鏡花記念館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=17&c=2
で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「鏡花本―美しき書物のつくり手たち―」〜2/23(火・祝)
      残り会期中無休
      入館料金:一般310円 65歳以上・障害者手帳をお持ちの方およびその介護人(※祝日無料)210円
                高校生以下 無料

 鏡花の著作はその装幀の美しさから“鏡花本”と呼ばれ、現代もなお本好きの心を惹きつけてやまない装幀の美が送り出されてきた“鏡花本”のつくり手たち― 画人や出版社に焦点を当て、この美しき書物の誕生の背景を辿る。
  鏑木清方画「狢市場」挿絵原画(個人蔵)
  鰭崎英朋画『愛火』口絵色指定稿(当館蔵/生田コレクション)
  小村雪岱画『日本橋』装幀資料(個人蔵)他
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12776] 【文学】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/01(Mon) 22:09:40

 開催中から、これから開催の文学や演劇、音楽などの展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、臨時休館、入館の予約制、感染予防対策などには充分ご注意下さい。

【岩手】
石川啄木記念館,☆新収蔵資料展「啄木の妹光子宛書簡を中心に」2/2(火)〜5/9(日)

【東京】
永青文庫,☆秋季展「柿衞文庫名品にみる 芭蕉−不易と流行と―」10/2(土)〜12/5(日)
江東区芭蕉記念館,☆2020年度後期企画展「季語〜俳句を彩ることば」〜4/25(日)

【京都】
嵯峨嵐山文華館,☆「絵でよむ百人一首と源氏物語」〜4/11(日)

【大阪】
逸翁美術館
 ☆2021展示III「待ってました!時代をつなぐかぶき者 市川團十郎展(仮題)」7/10(土)〜9/12(日)

【徳島】
徳島県立文学書道館(言の葉ミュージアム)
 ☆文学特別展「明治の翻訳家 井上勤の西洋奇談」 〜2/11(水・祝)

【宮崎】
高鍋町美術館
 ☆「小説『秋月鶴山 上杉鷹山がもっとも尊敬した兄』出版記念 秋月鶴山と上杉鷹山展」2/13(土)〜2/28(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12799] 【兵庫】赤穂市立美術工芸館 田淵記念館/平田オリザと平田家の人々 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/11(Thu) 21:29:05

 赤穂市立美術工芸館 田淵記念館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=105で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆令和2年度特別展「平田オリザと時代を駆け抜けた平田家の人々」〜3/15(月)
   火曜休館(祝日の場合、翌日が休館)
   入館料金:大人300円 小人150円 

 文化・科学に多大な功績を残した、劇作家・演出家で赤穂市政特別アドバイザーでもある平田オリザ氏と、祖父・内蔵吉、大叔父・晋策、父・穂生、寛ら平田家ゆかりの人々の足跡をたどる。
 平田内蔵吉(くらきち)は赤穂出身で東洋医学の革命児と言われ医学者。
 内蔵吉の弟・平田晋策(しんさく)は、少年小説家・軍事評論家として一世を風靡し、赤穂線開通にも尽力。
 内蔵吉と晋策の従兄弟の子・平田寛(ゆたか)は、早稲田大学教授で、日本科学史学会の会長を務めた。
 内蔵吉の次男で、京都に生まれた平田穂生(さきお)は、シナリオライターとして活躍し、映画『時をかける少女』の挿入歌「愛のためいき」などの作詞家でもある。
 穂生の子で東京都生まれの平田オリザ氏は、劇団「青年団」を主宰し、劇作家・演出家として活躍し、21年春に開学する「兵庫県立芸術文化観光専門職大学」の学長として迎えられる予定。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                    明日香 光二/馬場 英明


  [No.12848] 【京都】向日市文化資料館/寿岳文章 人と仕事展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/23(Tue) 22:40:20

 向日市文化資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=135で開催中の文学展を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「寿岳文章 人と仕事展」〜3/21(日)※会期を延長します
     月曜と3/2(火)休館
     入館無料
 現在の神戸市西区の寺に生まれ、関西学院高等学部や京都大学で学んだ英文学者の寿岳文章は、昭和8年(1933)に現在の京都府向日市・西向日住宅地の住居“向日庵(こうじつあん)”を拠点として、妻しづと共に、当時における手漉き和紙産地を全国的に調査し、我が国フィールドワークの発端とされる重要な調査記録を残した。恩師・広辞苑の編集者・新村出、民芸運動の創始者・柳宗悦らに導かれ、ブレイク研究と書物の美を求めた。寿岳文章が残した業績を、収集された和紙関係資料や刊行書籍、オリジナルな著述・書簡類などを展示して、広く紹介。
 また、妻しづの功績も、「寿岳しづ展」として、特定非営利活動法人向日庵の主催で同時開催。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12866] 【文学】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/28(Sun) 20:18:07

 開催中から、これから開催の文学や演劇、音楽などの展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、入場制限や開催日の変更などには十分ご注意ください。

【北海道】
北海道立文学館
 ☆特別展ファミリー文学館 「おいしい! 美味い!! 文学」 〜3/7(日)
 ☆全国文学館協議会 2020 年度共同展示 3.11 文学館からのメッセージ
  特別展プレビュー「天災地変人禍に抗して?北海道の災害と文学?」3/6(土)〜3/21(日)
【青森】
青森県近代文学館
 ☆「追悼 新谷ひろし氏寄贈資料展」〜5/16(日)
 ☆全国文学館協議会 2020 年度共同展示 3.11 文学館からのメッセージ
  パネル展「災害と日常?第19回青森県近代文学館川柳大会より?」 〜3/24(水)

【岩手】
盛岡てがみ館,☆吉田孤羊コレクション展「啄木ゆかりの地めぐり」 〜5/24(月)

【宮城】
仙台文学館
 ☆特別展「ふつうがえらい! エッセイスト 佐野洋子展」 〜3/21(日)<タイトル追加>
 ☆全国文学館協議会 2020 年度共同展示 3.11 文学館からのメッセージ
  「文学にみる震災資料展」〜4/4(日)

【福島】
こおりやま文学の森(文学資料館・久米正雄記念館)
 ☆全国文学館協議会 2020 年度共同展示 3.11 文学館からのメッセージ
  「天災地変と文学 」3/11(木)〜3/28(日)
いわき市立草野心平記念文学館
 ☆全国文学館協議会 2020 年度共同展示 3.11 文学館からのメッセージ
  「2020年に刊行された詩集と歌集から」 3/2(火)〜3/31(水)

【東京】
国立劇場伝統芸能情報館,☆企画展示「見世物の精華」〜5/26(水)
林芙美子記念館
 ☆全国文学館協議会 2020 年度共同展示 3.11 文学館からのメッセージ
  「林芙美子記念館からのメッセージ」 3/1(月)〜3/31(水)
文京区立森鴎外記念館
 ☆全国文学館協議会 2020 年度共同展示 3.11 文学館からのメッセージ
  「森鴎外と明治・大正の災害 (パネル展示)」 3/1(月)〜3/28(日)
国立能楽堂資料展示室,☆収蔵資料展「狂言資料展」〜3/26(金)
田端文士村記念館
 ☆企画展「正岡子規の系譜 〜 田端の歌よみたち」〜5/5(水・祝)
 ☆全国文学館協議会 2020 年度共同展示  3.11 文学館からのメッセージ
  「関東大震災 あの日の田端人 」〜5/5(水)
調布市武者小路実篤記念館
 ☆全国文学館協議会 2020 年度共同展示 3.11 文学館からのメッセージ
  「災禍を振り返る」 (コーナー展示) 3/6(土)〜4/18(日)
町田市立自由民権資料館,☆季別展示「町田の俳句史料」3/2(火)〜5/30(日)

【神奈川】
県立神奈川近代文学館
 ☆全国文学館協議会 2020 年度共同展示 3.11 文学館からのメッセージ
  「関東大震災と神奈川」〜3/14(日)

【山梨】
山梨県立文学館
 ☆全国文学館協議会 2020 年度共同展示 3.11 文学館からのメッセージ
  「文学に描かれた天災(閲覧室資料紹介) 」3/10(水)〜4/4(日)

【長野】
軽井沢高原文庫
 ☆全国文学館協議会 2020 年度共同展示 3.11 文学館からのメッセージ
  「噴煙のなかの軽井沢」3/1(月)〜4/13(火)
【岐阜】
藤村記念館(中津川)
 ☆全国文学館協議会 2020 年度共同展示 3.11 文学館からのメッセージ
  「仙台荒浜の「潮音」詩碑」 3/1(月)〜3/31(水)

【愛知】
春日井市立道風記念館,☆特別展「王朝文学と古筆切」〜3/21(日)

【大阪】
さかい利晶の杜
 ☆全国文学館協議会 2020 年度共同展示 3.11 文学館からのメッセージ
  パネル展「晶子とスペイン風邪?人類への問いかけ?」〜3/15(月)
司馬遼太郎記念館
 ☆全国文学館協議会 2020 年度共同展示 3.11 文学館からのメッセージ
  「司馬遼太郎と阪神淡路大震災」〜3/21(日)

【兵庫】
姫路文学館
 ☆全国文学館協議会 2020 年度共同展示 3.11 文学館からのメッセージ
  パネル展「文人たちの震災」 3/2(火)〜3/28(日)
 ☆企画展「姫路文学館の30年 ブンガクカンってなんだろう?」8/28(土)〜9/26(日)
 ☆特別展 生誕100年記念「作家 五味康祐展」10/9(土)〜12/5(日)

【島根】
森鴎外記念館
 ☆全国文学館協議会 2020 年度共同展示 3.11 文学館からのメッセージ
  「森鴎外文学に見る天変地異/平成25年津和野町豪雨災害の記録」3/2(火)〜4/11(日)

【岡山】
吉備路文学館
 ☆全国文学館協議会 2020 年度共同展示 3.11 文学館からのメッセージ
  パネル展「漱石の岡山洪水体験」 3/2(火)〜3/28(日)
夢二郷土美術館 分館(夢二生家・少年山荘),☆企画展「夢二生家の春」3/2(火)〜6/13(日)

【山口】
中原中也記念館
 ☆全国文学館協議会 2020 年度共同展示 3.11 文学館からのメッセージ
  「坂口安吾の震災体験?中也の関係者が語る関東大震災III」3/2(火)〜3/28(日)

【香川】
菊池寛記念館
 ☆全国文学館協議会 2020 年度共同展示 3.11 文学館からのメッセージ
  「菊池寛記念館コレクション展 菊池寛とスペイン風邪〜3.11文学館からのメッセージ〜」〜4/4(日)

【愛媛】
松山市立子規記念博物館
 ☆子規と巡る四季〜凝縮と極みの芸術〜「四季の俳句とギャラリーしろかわかまぼこ板の絵展」〜3/31(木)

【高知】
高知県立文学館
 ☆全国文学館協議会 2020 年度共同展示 3.11 文学館からのメッセージ
  「寺田寅彦と地震9」 3/1(月)〜令和4年2/28(月)

【福岡】
北九州市立文学館
 ☆全国文学館協議会 2020 年度共同展示 3.11 文学館からのメッセージ
 「天変地異と文学」 3/2(火)〜3/31(水)

【熊本】
くまもと文学・歴史館
 ☆全国文学館協議会 2020 年度共同展示 3.11 文学館からのメッセージ
  「熊本地震 震災の記憶と復興エール」3/11(木)〜5/5(水)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明