[掲示板へもどる]
一括表示

  [No.12648] 【工芸建築】令和3(2021)年に見られる展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/30(Wed) 20:51:40

 新年から開催の工芸やファッション、インテリア、建築などの展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、年末年始の休館、入館の予約制、感染予防対策などには充分ご注意下さい。なお、この発言を令和3(2021)年の毎月の【工芸建築】の展覧会案内のベースノートにします。

【岩手】
一関市博物館,☆テーマ展2「日本刀と拵」令和3年1/16(土)〜3/14(日)

【宮城】
東北歴史博物館,☆テーマ展示 第1室「モダンデザインの源流−旧工芸指導所試作品−」令和3年1/5(火)〜7/4(日)

【山形】
最上徳内記念館,☆企画展「新春を寿ぐ ちくちくごんじゅのお正月展」〜令和3年2/2(火)和古布工芸

【群馬】
大隅俊平美術館,☆「秋の刀剣展示」〜令和3年1/17(日)<12/28〜1/4休館>

【埼玉】
さいたま市大宮盆栽美術館
 ☆企画展「子どもたちに伝えたい さいたまの盆栽」〜令和3年1/27(水)<12/29〜1/3休館> 

【千葉】
茂原市立美術館・郷土資料館
 ☆美術収蔵品展「花の絵画と工芸・芝原人形展」令和3年1/16(土)〜3/14(日)
ちばぎんひまわりギャラリー
 ☆「金口 あさみ展 クラフトアート」令和3年3/23(火)〜4/4(日)
 ☆「春山 公子展 紅型・藍型染め」令和3年4/20(火)〜5/5(水・祝)

【東京】
伝統工芸青山スクエア
 ☆「全国伝統的工芸品公募展 優秀作品展 〜暮らしの中で輝く!伝統工芸品たち〜」〜令和3年1/7(木)
 ☆「匠の技から生まれる日本の美 岐阜県の伝統工芸品展」令和3年1/8(金)〜1/21(木)
 ☆「江戸木目込人形 有松工房展」令和3年1/15(金)〜1/21(木)
日本建築学会建築博物館,☆第47回「日新工業建築設計競技」令和3年2/15(月)〜2/18(木)
パナソニック汐留美術館
 ☆「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」7/3(土)〜9/20(月・祝)
 ☆「ブダペスト国立工芸美術館名品展 ジャポニスムからアール・ヌーヴォーへ」10/9(土)〜12/19(日)
港区立郷土歴史館
 ☆企画展「匠の世界 −木工芸家・中?瑞真と彫金家・服部雅永−」令和3年1/16(土)〜3/21(日)
印刷博物館,☆「世界のブックデザイン 2019-20」〜令和3年4/18(日)<12/28〜1/4休館>
竹久夢二美術館
 ☆「夢二デザイン1910ー1930〜千代紙から、銀座千疋屋の図案まで〜」令和3年2/6(土)〜5/30(日)
文化庁 国立近現代建築資料館
 ☆展覧会「工匠と近代化 大工技術の継承と展開
   日本のたてもの 自然素材を生かす伝統の技と知恵」〜2/21(日)<12/29(火)〜1/3(日)休館>
国立科学博物館
 ☆企画展「日本のたてもの ―自然素材を活かす伝統の技と知恵」
  「近代の日本、様式と技術の多様化」〜令和3年1/11(月・祝)
東京国立博物館,☆特別展「日本のたてもの―自然素材を活かす伝統の技と知恵」表慶館 〜令和3年2/21(日)
東京都美術館,☆企画展「Walls & Bridges 世界にふれる、世界を生きる」7/22(木)〜10/9(土)
東京臨海部広報展示室 TOKYO ミナトリエ
 ☆「東京国際クルーズターミナル特別展示」〜令和3年1/17(日)<12/28〜1/4休館)
アクセサリーミュージアム
 ☆企画展42「IN〜ハンドバッグとその中身〜 」令和3年1/19(火)〜8/21(土)
青梅市郷土博物館
 ☆収蔵品展「郷土工芸技術展〜道具を通して見つめるものづくり〜」〜令和3年4/4(日)<12/28〜1/4休館>
澤乃井 櫛かんざし美術館,☆「紅板展」〜令和3年2/21(日)

【神奈川】
相模原市民ギャラリー
 ☆「新春盆栽展」令和3年1/15(金)〜1/17(日)
 ☆第21回「迎春小品盆栽展」令和3年1/15(金)〜1/17(日)
相模原市立博物館
 ☆学習資料展「道具が変えるわたしのくらし〜過去から未来へ向かう記憶〜」〜令和3年1/31(日)
箱根芦ノ湖成川美術館,☆「並木恒延 漆芸展〜うるし七彩〜」〜3/10(水)

【新潟】
敦井美術館,☆「明治の技巧派から平成の名品まで 近代工芸の名品展」令和3年1/5(火)〜3/19(金)
新潟県立自然科学館
 ☆NHK×科学館ウィズコロナ特別企画「すごい宿題〜きみだけのひみつ〜」〜令和3年1/17(日)

【富山】
砺波市美術館,☆常設展示室1「工芸の秀作(館蔵品展)」〜令和3年1/31(日)

【石川】
石川県立伝統産業工芸館
 ☆「いしかわの工芸研修所展」〜令和3年1/25(月)
 ☆「こっそり猫展」〜令和3年3/22(月)
石川県立美術館,☆「新春優品選 (近現代工芸)」令和3年1/4(月)〜2/7(日)
加賀本多博物館
 ☆企画展【コレクション展示】「加賀本多家の文房具」〜令和3年2/17(水)<12/29〜1/3休館>
金沢市立安江金箔工芸館
 ☆冬季展「金沢・冬の美術工芸」 〜令和3年3/7(日)<12/29〜1/3休館> 
歴史博物館・重要文化財 成巽閣
 ☆企画展「前田家伝来 冬の衣裳と調度展」〜令和3年2/1(月)<12/29〜1/2>
魯山人寓居跡 いろは草庵,☆「魯山人と漆」〜令和3年3/30(火)

【福井】
福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館
 ☆テーマ展「よみがえる幻の宝刀 朝倉長光〜朝倉氏の清水寺信仰〜」〜令和3年2/16(火)
敦賀市立博物館,☆「刀剣資料公開展」〜令和3年3/2(火)<12/29〜1/4休館>
卯立の工芸館(旧西野家、紙漉見学館),☆「ふすま展」〜令和3年2/25(木)<12/28〜1/4休館>
越前和紙の里 紙の文化博物館
 ☆「和紙のしつらえ 壁紙と室内装飾」〜令和3年1/18(月)<12/28〜1/4休館>
福井県児童館「エンゼルランドふくい」
 ☆冬の企画展「クラフトでよみがえる恐竜たち」令和3年1/3(日)〜2/7(日)

【山梨】
都留市博物館「ミュージアム都留」
 ☆「崇高なる造形−日本刀 名刀と名作から識る武士の美学−」〜令和3年1/24(日)
河口湖ミューズ館・与勇輝館,☆「収穫」 〜令和3年9/15(水)<1月は1/4をのぞく平日休館>

【長野】
須坂クラシック美術館,☆収蔵品展 「きもののもよう―幾何学模様〇△□」〜令和3年1/13(水)
安曇野高橋節郎記念美術館
 ☆「改組 新 第7回日展 工芸美術 長野県入選者展」〜令和3年2/21(日)<12/28〜1/4>

【静岡】
静岡市文化財資料館
 ☆企画展「静岡市所蔵 刀剣展 ファイナル(仮題)」令和3年2/6(土)〜3/21(日)
静岡市芹沢けい介美術館
 ☆企画展「日本のかたち−芹沢けい介が集めた日本工芸−」〜令和3年3/21(日)<12/26〜1/4休館>
三嶋大社宝物館
 ☆令和2年度後期展示 〜令和3年3/21(日)<会期中無休>
   特集3)神に捧げし刀剣 (期間中に入替あり)
ふじのくに茶の都ミュージアム
 ☆第10回企画展「菓子珊珊(さんさん)―茶人が選ぶお菓子と器―」〜令和3年2/8(月)<12/27〜1/2休館>
資生堂アートハウス,☆「第二次 工藝を我らに 第二回展」令和3年1/19(火)〜4/23(金)

【愛知】
桑山美術館,☆新春展「菓子のうつわ」令和3年1/6(水)〜1/31(日)
昭和美術館,☆「春の夢」令和3年1/9(土)〜2/14(日)
新美南吉記念館
 ☆「榊原澄香ペーパーアート展 〜紙から生まれる南吉童話の世界〜」〜令和3年4/11(日) 
半田市立博物館,☆「館蔵品展〜工芸品を中心に〜」〜令和3年1/24(日)

【京都】
茶道資料館
 ☆令和3年新春展「裏千家の茶室建築 −重要文化財裏千家住宅及び
  茶室保存修理工事竣工記念−」【前期】令和3年1/7(木)〜2/14(日)
               【後期】令和3年2/17(水)〜3/31(水)
京都伝統産業ミュージアム,☆リニューアル記念事業 企画展「工芸を分解してみる」〜令和3年1/24(日)
細見美術館,☆「日本の色─吉岡幸雄の仕事─」令和3年1/5(火)〜4/11(日)<期間延長>
古典の日記念 京都市平安京創生館,☆企画展「森蘊の業績と京都の庭園」〜令和3年5/31(月)
千總ギャラリー
 ☆展覧会「色を巡る あか」〜令和3年2/28(日)
 ☆展覧会「色を巡る くろ」令和3年3/6(土)〜5/23(日)
 ☆展覧会「色を巡る あお」令和3年5/29(土)〜8/22(日)

【大阪】
大阪市立美術館
 ☆コレクション展「ニッポンのかがやき 本朝金属工芸史」令和3年2/20(土)〜3/21(日)
湯木美術館
 ☆令和3年早春展「茶道具のアニマルデザイン
   ―十二支・神獣・禅にまつわる動物―」前期:令和3年1/8(金)〜2/14(日)
                    後期:令和3年2/16(火)〜3/21(日)
大阪府立狭山池博物館
 ☆令和3年春季企画展「土木遺産展−トンネル めぐり−」令和3年3/13(土)〜5/9(日)

【兵庫】
香雪美術館
 ☆村山コレクション受贈記念展「刀〜刀剣を愛でる〜」 令和3年9/4(土)〜11/3(水・祝)
 ☆村山コレクション受贈記念展「茶〜茶の湯と工芸〜」 令和3年11/13(土)〜12/19(日)

【奈良】
春日大社国宝殿
 ☆冬季特別展「日本の名刀と武具−刀剣の歴史と病魔退散の祈り−」〜令和3年2/7(日)
                       後期:令和3年2/9(火)〜4/4(日)
名勝大乗院庭園文化館
 ☆奈良市美術館・ミニ出張展示「奈良公園を巡る」令和3年1/27(水)〜2/28(日) 
 ☆資料展「名勝旧大乗院庭園保存の歩み展」(再)令和3年3/3(水)〜3/28(日)
南都明日香ふれあいセンター 犬養万葉記念館
 ☆「明日香匠の会 第3回新春作品展」令和3年1/9(土)〜1/17(日)

【鳥取】
鳥取市歴史博物館(やまびこ館)
 ☆「鉄道模型の世界にいらっしゃい」令和3年1/6(水)〜1/11(月・祝)

【岡山】
日本郷土玩具館,☆「組み木のお雛様と五月人形」〜令和3年1/17(日)<1/1休館>
高梁市歴史美術館
 ☆常設展示:たかはしの歴史と美術「館蔵刀剣せいぞろい」令和3年1/9(土)〜3/15(月)

【広島】
広島県立歴史博物館
 ☆早春の展示「中世ものづくり」令和3年1/2(土)〜3/14(日)
 ☆ミニ展示 テーマ「絣ボランティアの成果 絣 KASURI(2)−植物文様−」〜令和3年1/24(日)

【山口】
柏原美術館,☆新春特別展 日本刀名物展「真剣勝負」〜令和3年2/25(木)<休館なし>

【高知】
高知市立龍馬の生まれたまち記念館
 ☆企画展「土佐和紙ちぎり絵展 ―土佐和紙で描く 龍馬の生涯―」〜令和3年1/25(月)<年中無休>
いの町紙の博物館(土佐和紙伝統産業会館)
 ☆2021「草流舎 素朴な干支展」〜令和3年1/11(月・祝)<12/27〜1/1休館>
 ☆紙の博物館開館35周年記念企画展「源太から始まる近代和紙の系譜」令和3年1/10(日)〜3/31(水)

【福岡】
北九州市立自然史・歴史博物館(いのちのたび博物館)
 ☆冬の特別展「名刀「博多藤四郎」の輝き 戦国を生き抜いた武士の絆」令和3年1/2(土)〜2/14(日)

【佐賀】
佐賀県立美術館,☆「MINIATURE LIFE展 2020 −田中達也 見立ての世界−」〜令和3年1/30(土)

【熊本】
熊本県伝統工芸館
 ☆収蔵品展「熊本の金工展 肥後象がんと手打ち刃物」〜令和3年2/14(日)<12/28〜1/4休館>
島田美術館,☆「肥後象嵌 松下良太郎【温故知新】」令和3年1/7(木)〜1/11(月・祝)
八代市立博物館未来の森ミュージアム
 ☆「西陣美術織全国巡回展」令和3年1/8(金)〜1/11(月・祝)
 ☆企画展 第一常設展示室(1階)八代焼(4)「祝いの飲食器」〜令和3年3/28(日)
 ☆企画展 第一常設展示室(1階)「肥後鐔の世界II〜透かし鐔の魅力〜」〜令和3年4/4(日)
 ☆企画展 第一常設展示室(1階)和紙「千代紙」 〜令和3年4/4(日)

【熊本】
那覇市民ギャラリー
 ☆第61回「沖縄県立首里高等学校 染織デザイン科 卒業作品展 そめおり展」1/26(火)〜1/31(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12672] 【静岡】ふじのくに茶の都ミュージアム/菓子珊珊―茶人が選ぶお菓子と器― 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/31(Thu) 22:32:05

 島田市金谷のふじのくに茶の都ミュージアムhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=22&c=67で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「菓子珊珊―茶人が選ぶお菓子と器―」〜2/8(月)
   〜1/2 と火曜休館(祝日の場合は翌日)
   入館料金:一般300円 大学生以下、70歳以、障害者手帳をお持ちの方無料

 茶人の一人山下惠光(えこう)宗匠は全国を行脚し、出張した先ざきで菓子屋を訪ね、表千家『同門』誌に連載を続けた。山下宗匠は菓子にふさわしい器を独自の選択眼で選んで紹介し、お菓子の楽しみと器の楽しみが一体となった面白さである。
 連載記事、平成31年に『菓子珊珊―茶人が選ぶお菓子と器―』(平凡社)として出版された。本展では「菓子珊珊」で紹介された全国のお菓子(主に干菓子)と器の取り合わせ約30点を紹介。

茶手揉み体験:1/10(日)
開催時間 午前の部:10時、10時30分、11時、11時30分〜
     午後の部:1時、1時30分、2時、2時30分〜
所要時間 各回20分 商業館1階 ミュージアムショップにて、
 定員各回3名、入館と別に300円、予約なし、当日博物館2階受付でチケット購入
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12693] 【福岡】三菱地所アルティアム/編みものけものみち 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/02(Sat) 00:33:25

 福岡・天神の三菱地所アルティアムhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=40&c=29
で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「編みものけものみち 三國万里子展」〜1/31(日)
      〜1/1 のみ休館
      入館料金:一般400円  学生300円
           高校生以下、障がい者等とその介護者1名は無料
       会場内の混雑・密集を避けるため人数制限あり

 数々の手芸本を出版し、編みものキット店「Miknits」を展開する、ニットデザイナー三國万里子の展覧会。
 三國万里子の作品の魅力は、図柄の見立ての面白さ、サイズ感や着心地の良さ、編み飽きないための工夫、「見る」ことからもからバランス良く生み出されているから。豊かな物語が始まりそうな情景が込められた作品もある。
本展では、三國万里子のニット作品や愛用道具、ニットとともに楽しむ洋服やアクセサリーのコレクション、そして貴重な所蔵書籍や資料なども展示。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12694] 【福岡】九州国立博物館/国宝 初音の調度 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/02(Sat) 00:34:09

 太宰府市の九州国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=40&c=66
で新春から公開されている展示の紹介です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆新春特別公開「国宝 初音の調度」〜1/24(日)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)新年も開館
   入館料金:大人700円 大学生350円
   開館時間:午前9時30分〜午後5時(毎週金曜・土曜日の夜間開館は実施しない)

 徳川三代将軍家光の長女である千代姫の尾張徳川家二代光友への婚礼調度である国宝「初音の調度」(徳川美術館所蔵)。
 「初音」という名称は、この調度を飾る文様が、『源氏物語』「初音」帖に題材を得ていることに由来し、金銀を贅沢に使い、高度な蒔絵技術を尽くして制作された豪華な調度。
 この国宝「初音の調度」のうち、貝桶、昆布箱、楊枝箱の三件を展示し、婚礼行列を描いた絵巻や大揃いの婚礼調度も合わせて紹介。
 国宝 初音蒔絵貝桶 江戸時代・寛永16年(1639)
 国宝 初音蒔絵昆布箱 江戸時代・寛永16年(1639)
 国宝 初音蒔絵楊枝箱 江戸時代・寛永16年(1639)

ミュージアムトーク:1/13(水)午後3時〜30分【先着17名】4階スーパーハイビジョンシアター
「国宝 初音の調度について」川畑憲子氏(企画課特別展室長)

☆開館15周年記念特集展示「織物に魅せられてー加賀前田家伝来の名物裂ー」〜1/24(日)

 室町時代以降、茶人に蒐集され愛され名物と極められた舶来の美しい染織品「名物裂」(めいぶつぎれ)。
 加賀・前田家第3代の前田利常(1593&#8722;1658)は、文化政策に力を入れ、百万石で名高い加賀文化の礎を築いた人物で、茶事に通じた、茶の湯を彩る裂も積極的に蒐集した。館蔵の前田家旧蔵の裂帖は、利常が長崎・平戸などで集めた裂を貼り合わせたもので、墨跡の表具に用いる印金や金襴など絢爛とした格式高い織物が数多く納められる。この裂帖の修理完了にあたり、前田家に伝わった織物を中心に、名物裂の粋を集めた展示。

第1章 織物に魅せられて
 有栖川錦 15〜16世紀 京都国立博物館所蔵

第2章 鴻池家の家宝・裂箪笥き
 鴻池家伝来裂箪笥 13〜17世紀 個人蔵

第3章 書画を彩る裂
 前田家伝来名物裂帖より 14〜16世紀 九州国立博物館所蔵
 盤龍文様金襴 12〜13世紀 個人蔵

特集展示ミュージアムトーク【先着17名】 担当学芸員:桑原有寿子氏
1/5日(火)午後3時&#12316;「のぞいてみよう!織物の世界」
文化交流展示室内スーパーハイビジョンシアターにて
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12706] 【群馬】県立日本絹の里/群馬県作家協会展〜絹によせる伝統文化〜 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/02(Sat) 21:49:41

 高崎市の群馬県立日本絹の里http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=10&c=9で開催中の展示を紹介します。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆第95回特別展「群馬県作家協会展〜絹によせる伝統文化〜」〜2/1(月)
   〜1/5 火曜日(祝休日は開館、翌日休館)
    <1/3は臨時開館>
   入館料金:一般200円 高大生100円
   中学生以下及び身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と介護者1名無料

 古くから養蚕が盛んに行われた群馬県の染織 業や養蚕用具、養蚕の神様など、絹文化に関係する数多くの文化。本展では、絹文化と創造の魅 力を未来へと伝えるため活動している群馬県作家協会会員11名の作品を紹介。

ギャラリートーク:1/10(日)飯出袈裟市氏(木工芸作家)、田中正子氏(江戸小紋染色作家)
            午前11時〜30分、午後1時30分〜2時
実演
1/9(土)
 青木岳男(竹工芸作家)束編による「菓子器」:午前10時〜30分、11時〜30分
 高田年三(木工芸作家)ヒノキ材を特殊な鉋で波型に削り込み加工:午後1時30分〜2時30分
1/11(月・祝)
 青木岳男(竹工芸作家)束編による「菓子器」:午前10時〜30分、11時〜30分、午後1時30分〜2時30分
1/24(日)
 小見佐市(編み組工芸作家)やまぶどうの樹皮を使った「花結び」:午前10時〜30分、11時〜30分、午後1時30分〜2時30分

無料体験「繭のミニブローチ作り」1/21(木)27(水)午前10時〜正午、午後1時30分〜3時30分
 定員:各回10名、小学校3年生以下は保護者同伴)当日30分前より受付

お年玉福引き:1/3(日)午前9時30分〜午後5時
 群馬県作家協会の皆さんが制作した工芸品や絹製品、当館オリジナルグッズ等
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12709] 【京都】美術館「えき」KYOTO/江里佐代子 截金の世界 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/03(Sun) 00:16:15

 美術館「えき」KYOTOhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=73で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆京の至宝II「江里佐代子 截金の世界―宙の輝きを康慧・朋子とともに―」〜1/24(日)
    会期中無休
    入館料金:一般900円 高大生700円 小中生500円
        「障害者手帳」提示者と同伴者1名は200円割引

 2002年に人間国宝(重要無形文化財保持者)に認定された截金師・江里佐代子(1945〜2007)は、伝統的な京刺繍の老舗に生まれ、仏師・江里康慧と結婚。その後技法が途絶えることを危惧し截金の技法を学ぶ。荘厳する截金の技法で、康慧とともに仏像作品をつくり続け、仏像への荘厳にとどまらず、工芸品に応用したり、京都迎賓館をはじめとした公共施設などの壁面装飾やスクリーンなどの大規模な作品にも取り組み、截金技法の新しい在り方の可能性を追求した。佐代子は急逝するが、娘の截金師・朋子や工房の職人で引き継ぎ、截金作品を作り続ける。本展は、江里佐代子の作品を中心に、康慧や朋子、工房の職人らによる、いまに繋がる作品を紹介。
   ≪截金彩色香盒≫
   ≪截金彩色盒子≫
   ≪截金彩色続命縷≫
   ≪衝立「川の四季彩」≫
   ≪截金飾筥「天空燦花」≫
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12723] 【石川】谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館/金沢のチカラ[1/5(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/04(Mon) 22:12:32

 金沢・広小路の谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=17&c=36で明日1/5(火)から開催される展示の紹介をします。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆第3回企画展「金沢のチカラ−重層する建築文化―」1/5(火)〜9/12(日)
    月曜日(祝日の場合は翌日)
    入館料金:一般800円 大学生・65歳以上600円 高校生以下無料   

 伝統的建築の保存・再生を積み重ねながら、同時に新しい建築を各時代に合わせて造ってきた金沢。ナポレオン3世時代に大改造されたパリなどの統制された美しさとは異なる、混在系で現在進行形の都市がもっている魅力。各時代のターニングポイントにおいて方向を見定めた市民の力があって現在の金沢がある。金沢の建築文化は、藩政期から継承されてきた価値観や美意識をもった民力がつくり、「伝統環境保存条例」の制定や、「都市美文化賞」の創設、「兼六園周辺文化ゾーン」の形成など、金沢の歴史と市民の営みによって育まれた。本展は、全国そして世界各国からの来訪者に金沢の建築文化を発信することに加え、金沢の人々が環境の魅力と価値を確認し、「金沢のチカラ」を発見する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12726] 【京都】細見美術館/日本の色−吉岡幸雄の仕事と蒐集−[1/5(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/04(Mon) 22:14:32

 岡崎公園の細見美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=24で1/5(火)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「日本の色−吉岡幸雄の仕事と蒐集−」【前期】1/5(火)〜2/21(日) 
                   【後期】2/23(火・祝)〜4/11(日)
     月曜休館 (祝日の場合、翌火曜日)
     入館料金:一般1400円 学生1100円 障がい者手帳などの提示で1300円
          京都国立近代美術館・京都市京セラ美術館と 相互優待

 京都で江戸時代末期から続く染色工房の五代目当主であり、染織史家でもあった吉岡幸雄は古今東西の美術工芸を研究し、各地に伝わる染料・素材・技術を訪ねて、その保存と復興に努め、社寺の祭祀、古典文学の色彩や装束の再現・復元にも力を尽くし、一昨年秋に急逝した。吉岡幸雄の美への憧憬と本質を見極める眼で成し遂げられた仕事と蒐集の軌跡を紹介。
第1章祈りの色 荘厳の色彩
 伎楽装束や幡、修二会に奉納する染和紙による花など、東大寺、薬師寺、法隆寺に奉納した作品の数々を紹介
第2章王朝文学の色
 植物染の技法て&#12441;再現した「源氏物語 澪標」「源氏物語 若菜下」なと&#12441;の美しき色の世界
第3章神に捧げる 季節の彩り
 聖徳太子没後1380 年に際して、法隆寺伝来の「四騎獅子狩文錦」の復元のために、再現した巨大な機「空引機」
 石清水八幡宮の祭礼の供花神饌の造り花として奉納する、古文書にならった植物染料
第4章古裂の美―いにしえをたずねて
 父 恒雄と吉岡が蒐集した国内外の染め物や古裂
 「金更紗」や、吉岡が蒐集した「小袖裂」(旧野村コレクション)、古代印度更紗(赤星家旧蔵)など

特別展示 at 茶室 古香庵:1/15(金)〜1/17(日)
 午前10時30分〜午後3時30分 茶室 古香庵(細見美術館3階)にて
 有料・事前申込制
 スペシャルトーク at 茶室 古香庵 2/27(土)午後2時〜(約45分)無料・事前申込制
 「染司よしおか当主が語る、日本の色の魅力」吉岡更紗氏(染司よしおか 六代目当主)

見どころトーク:3/13(土)午後4〜5時(解説20分+自由観覧)
  吉岡更紗氏(染司よしおか 六代目当主)無料・事前申込制
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12730] 【京都】国立近代美術館/分離派建築会100年[1/6(水)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/05(Tue) 23:51:32

 岡崎公園の京都国立近代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=22
で明日1/6(水)から開催される展覧会を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「分離派建築会100年 建築は芸術か?」前期:1/6(水)〜2/7(日)
                   後期:2/9(火)〜3/7(日)
  開館時間:午前9時30分〜午後5時(金土は午後8時まで、入館は閉館の30分前まで)
  月曜日、1/12(火)(1/11(月・祝)は開館)
  入館料金:一般1500円 大学生1100円 高校生600円 中学生以下は無料
         心身に障がいのある方と付添者1名は無料(要証明)
         母子家庭・父子家庭の世帯員の方は無料(要証明)

 大正時代、日本の建築界に鮮烈なインパクトもたらした分離派建築会の運動。大正9(1920)年、東京帝国大学建築学科の卒業をひかえた同期、石本喜久治、瀧澤眞弓、堀口捨己、森田慶一、矢田茂、山田守によって結成され、その後、大内秀一郎、蔵田周忠、山口文象が加わり、昭和3(1928)年まで作品展と出版活動を展開。本展は、図面、模型、写真、映像、さらには関連する美術作品で、軌跡を振り返り、分離派建築会が希求した建築の芸術とは何か明らかにする。

 習作展における集合写真(左から前列 矢田茂、山田守、石本喜久治、後列 森田慶一、堀口捨己、瀧澤眞弓)
    1920(大正9)年2月3日、撮影者不詳
 瀧澤眞弓 卒業設計 山岳倶楽部 正面図 1920(大正9)年 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻
 瀧澤眞弓 「山の家」模型 1921(大正10)年 再制作:1986(昭和61)年 瀧澤眞弓(監修)
 森田慶一 京都帝国大学楽友会館 撮影:2020(令和2)年 若林勇人
 山田守 東京中央電信局 撮影:1925(大正14)年 郵政博物館

シンポジウム「分離派建築会 ─ モダニズム建築への道程」
1/9(土)午後2時〜4時30分:定員に達したため、ウェブ配信のみ、館サイトへ
田路貴浩氏(京都大学教授)、足立裕司氏(神戸大学名誉教授)
加藤耕一氏(東京大学教授)、梅宮弘光氏(神戸大学教授)

講演会:1/16(土)午後2〜4時:定員に達したため、ウェブ配信のみ、館サイトへ
「「ことば」をもった大正時代の建築家たち」本橋仁氏(京都国立近代美術館 特定研究員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12731] 【兵庫】姫路市書写の里・美術工芸館/今森光彦-自然と暮らす切り紙の世界[1/6(水)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/05(Tue) 23:55:46

 書写山下の姫路市書写の里・美術工芸館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=41で、1/6(水)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆冬季特別展示「今森光彦ー自然と暮らす切り紙の世界」1/6(水)〜4/4(日)
     月曜(休日を除く)、休日の翌日(土曜・日曜、休日を除く) 休館
     入館料金:一般310円 高大生210円 小中生50円(40円)

 世界各地で生きものの生態を追う写真家の今森光彦(1954年滋賀県大津市生まれ)“切り紙”の世界で人と自然が見事に共生する「里山」をテーマに追い続けています。アトリエの敷地内に「里山」をコンセプトにした庭をつくり、生きものを観察し、野外での活動と深くつながった制作活動。本展では、生命力あふれる生きものたちと自然に寄り添う人の営みをとらえた作品群から、自然の美しさや豊かさを感じる。  
  パンサーカメレオンとパキポディウム(2012年)
  オオムラサキ(2011年)
  オウゴンオニクワガタ(2014年)など

展示解説会:1/10・1/31・2/14・28・3/14・21(日)午前11時〜30分 午後2時〜30分
当館学芸員による:各回先着15人

紙すき体験教室:3/13(土)午前10時〜11時30分
田崎博和氏(竹紙・竹筆作家)
参加費500円  定員15人  竹林工房・前庭にて  
3/4(木)までに往復はがきか応募専用サイトで申し込み、応募多数の時は抽選。

子ども色紙アート教室:3/20(土祝)(1)午前10時30分〜11時30分 (2)午後1時30分〜2時30分
グループ「ゆめゆめ」の皆さん
参加費100円定員各10人(幼児・小学生が対象)会議室にて
3/11(木)までに往復はがきか応募専用サイトで申し込み、応募多数の時は抽選。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12734] 【京都】茶道資料館/裏千家の茶室建築[1/7(木)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/07(Thu) 00:10:28

 寺川通寺之内の茶道資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=10で、1/7(木)からはじまる展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆令和3年 新春展「裏千家の茶室建築−重要文化財裏千家住宅及び茶室
  保存修理工事竣工記念−」【前期】1/7(木)〜2/14(日)
              【後期】2/17(水)〜3/31(水)
   月曜(1/11は開館)第1・3火曜日 休館
   入館料金:一般700円 大学生400円 中高生300円 小学生以下ならびにメンバーシップ校の方は無料
          呈茶 前日までの事前予約制(要別途入館料・平日限定)
          一般500円、小学生以下300円、学生証提示により300円
         展示室の入室制限あり。ホームページ・電話で予約していただいた方の入館を優先。

 裏千家の代名詞でもある千家3代宗旦が隠居する際に構えた今日庵、そして又隠、寒雲亭(かんうんてい)は宗旦の遺蹟として名高い茶室。天明8年(1788)に起きた天明の大火に罹災したが、翌年には又隠や寒雲亭等が修復され、利休200年忌の茶事が執り行われ、11代玄々斎の時代には大規模な増改築が行われ、現在の構造が大方完成したという。狩野探幽筆と伝わる寒雲亭襖絵などの茶室に関係する作品や、江戸時代の屋敷図面、裏千家茶室に関する文献史料を通じてその歴史を紹介し、歴代家元が敷地内の樹木を用いて制作した茶道具や、11代玄々斎の時代に庭内に存在した御庭焼などの作品展示。
  「今日」元伯宗旦筆
  横物「邂逅比丘不期明日」元伯宗旦筆
  寒雲亭襖絵 狩野探幽筆
  黒楽「今日庵」文字文茶碗 樂道入作
  赤茶碗銘三遊(御庭焼)一如斎作
  庭梅香合 認得斎好 7代中村宗哲作
  松茶杓 銘長寿友 玄々斎作
  銀杏茶杓 無限斎作
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12750] 【大阪】逸翁美術館/花のある茶道具[1/16(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/11(Mon) 17:46:29

 池田市の逸翁美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=87で今週末1/16(土)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆2021展示I「花のある茶道具」1/16(土)〜3/14(日)
     月曜休館
     入館料金:一般700円 高大生・65歳以上 500円 中学生以下無料
日本は美しい四季のある国です。春夏秋冬によってもたらされる風景の素晴らしさは、国内外を問わず、多くの人々を魅了し続けています。花はこうした

 日本の四季の美しさを彩る要素の一つである花は、古今を通じて、和歌や絵画、文学作品、織物などに表現され、四季の移ろいを大切にする日本の伝統文化の一つ・茶道の中にあって茶室の床で花入に生けられたり、茶道具の中に取り入れられて、鉢や皿などの焼き物、茶器などの塗り物の意匠として見る事が出来る。また、直接的でなくとも、花を詠んだ和歌が書かれた掛軸や、花の名前を銘に持つ道具などもあり、茶会に「華」を添える。本展は、花が取り入れられた様々な茶道具を取り上げる。
   三砂良哉作「光琳杜若蒔絵写寸胴棗」
        「黒地螺鈿百合蒔絵申次」 など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12770] 【工芸建築】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/01(Mon) 22:03:45

 開催中から、これから開催の工芸やファッション、インテリアや建築などの展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、臨時休館、入館の予約制、感染予防対策などには充分ご注意下さい。

【北海道】
北海道立旭川美術館,☆「木と遊び 美術館」 〜3/31(水)
北海道立オホーツク流氷科学センター
 ☆「もんべつ織物サークル 流氷織物展」2/11(木・祝)〜2/28(日)

【山形】
酒田市松山文化伝承館,☆「レトロモダンな雛祭り−伝統とモード 原のぶ子生誕120年ー」2/12(金)〜4/4(日)

【群馬】
群馬県立日本絹の里,☆第22回 「群馬の絹展」2/5(金)〜 2/9(火)

【東京】
大倉集古館
 ☆「因州×備前 池田家の能面・能装束 大名家の能楽コレクション、大行列」2/2(火)〜3/28(日)
 ☆企画展「彩られた紙〜料紙装飾の世界〜」4/6(火)〜6/6(日)
 ☆企画展「能Noh〜秋色モード〜」8/24(火)〜10/24(日)
日本建築学会建築博物館
 ☆第84回「新制作協会スペースデザイン部受賞作家展」 3/7(日)〜3/13(土)
 ☆「愛知産業大学 通信教育部 建築卒業研究展」3/26(金)〜3/28(日)
中村屋サロン美術館
 ☆企画展示 中村屋サロン アーティストリレー第3回浅見貴子 展「変容のプロセス」 3/3(水)〜4/11(日)
 ☆企画展示 中村屋サロン アーティストリレー第3回布施知子 展「折り紙、その向こうへ」4/21(水)〜5/23(日)
文化学園服飾博物館,☆「ヨーロピアン・モード」2/18(木)〜4/22(木)
荒川区立荒川ふるさと文化館
 ☆令和2年度館蔵資料展「つなぐ・伝える〜荒川区伝統工芸品コレクション」〜3/14(日)

【神奈川】
岩崎博物館(ゲーテ座記念),☆「ドレス・シルエット 2021」〜2/7(日)
鎌倉・吉兆庵美術館,☆「ボンボニエールとランプ展」3/6(土)〜6/4(日)

【愛知】
豊田市美術館,☆「デザインあ展 inAICHI」〜3/14(日)<会期変更>

【京都】
古田織部美術館
 ☆「利休七哲 三斎・右近を中心に」〜6/13(日)
 ☆「天下三宗匠と織部」6/19(土)〜11/28(日)
川島織物文化館
 ☆「祭の幕」〜8/31(火)
 ☆「守りたい贈るこころ 福を呼ぶ帛紗」(一)〜4/20(火)

【大阪】
中之島香雪美術館,☆企画展「遠州・不昧と大名家の茶」4/3(土)〜6/13(日)
大阪府立大型児童館ビッグバン,☆「グッド・トイ展」〜2/28(日)
逸翁美術館
 ☆2022展示I「千家と十人の職方(マイスター)(仮題)」令和4年1/15(土)〜3/13(日)

【奈良】
奈良国立博物館
 ☆特別陳列「帝国奈良博物館の誕生ー設計図と工事録にみる建設の経緯ー」令和3年2/6(土)〜3/21(日)

【鳥取】
あおや和紙工房,☆第17回「因州和紙あかり展」〜3/21(日)
渡辺美術館,☆県民広場「西村洋子のお細工物〜古布に魅せられて」〜 5/10(月)

【広島】
広島県立美術館,☆特別展「第67回日本伝統工芸展」2/17(水) 〜3/7(日)

【福岡】
北九州市立美術館分館
 ☆「西日本工業大学 デザイン学部 卒業制作優秀作品展」3/6(土)〜3/14(日)
直方谷尾美術館
 ☆子供のための美術館16「な〜んちゃって浮世絵とダンボールアートの世界」 〜3/14(日)

【沖縄】
沖縄県立博物館・美術館
 ☆博物館 御大典記念 特別展「よみがえる正倉院宝物−再現模造にみる天平の技−」2/9(火) 〜 3/28(日)
浦添市美術館
 ☆浦添市市制施行50周年記念展・令和2年度第3期常設展「日本遺産認定記念−琉球の器を楽しむ?−」〜5/23(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12805] 【島根】県立美術館/菊竹清訓 山陰と建築 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/14(Sun) 15:51:32

 松江市の島根県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=32&c=0で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「菊竹清訓 山陰と建築」〜3/22(月)
    火曜休館(2/23は開館)
    開館時間:午前10時〜2月中は午後6時30分(3月は日没後30分、入館は閉館30分前まで)
         オンラインにて日時指定、
         当日定員に空きがある場合は、館内・総合受付にて日時指定当日券あり   
         本展は企画展・コレクション展セットのみ
    入館料金:オンライン日時指定入場券 日時指定当日券(現金支払いのみ)
               一般 600円    650円
              大学生 400円    400円
         高校生以下
         身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳所持者と付添の方は無料
 戦後の日本を代表する建築家で《島根県立美術館》(1998)の設計を手がけた菊竹清訓(1928-2011)は、自邸《スカイハウス》(1958)、《出雲大社庁の舎》(1963)といった作品や、建築運動「メタボリズム」などによって、国際的にも高い評価を受ける。島根県では、知事も務めた第23代田部長右衛門との関係から、当館の前身である《島根県立博物館》(1958)をはじめ多くの建築を設計した。菊竹による山陰地方の建築に加え、代表的な作品や、生涯を通じて取り組んだ未来都市の構想を紹介し、菊竹建築の魅力を紹介。
  島根県立図書館 スケッチ 42.2×82.3
  田部美術館 短計図 1:50 58.0×85.2
  田部美術館 1階平面図 1:50 59.2×84.0
  ホテル東光園 1階平面図 1:50 71.8×109.7
 『島根県庁周辺部地域冷暖房計画案』 など

ワークショップB:ペーパークラフト「着せ替えドミノ」で建築空間を組み立てよう!
3/21(日)午後1時30分〜4時
 高増 佳子氏(米子工業高等専門学校建築学科教授・「着せ替えドミノ」考案者T*O)
 小学3〜6年生 ※保護者同伴、定員10名程度、美術館アートスタジオ
  
Eメールにて、イベント名を明記の上、3/2(火)締切
(1)氏名(ふりがな)・年齢、(2)住所、(3)電話番号を書き、
宛先 sam@pref.shimane.lg.jp、締切り後3日以内に返信
 応募の際は@pref.shimane.lg.jpを受信できるように設定

美術講座:3/14(日)午後2時〜(1時30分開場/約90分)ホールにて、95席当日先着順
「菊竹清訓 山陰と建築」
 河野 克彦氏(島根県立美術館専門学芸員・本展企画者)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12806] 【大阪】茨木市立川端康成文学館/武石勇 漆の世界[2/15(月)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/14(Sun) 18:01:34

 茨木市立川端康成文学館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=124で明日2/15(月)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆ギャラリー企画「生誕100年 武石勇 漆の世界」2/15(月)〜3/15(月)
    火曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館無料
 1920年大阪市天王寺区寺田町生まれの武石勇は、大阪市立工芸学校木材工芸科を卒業し、従来の伝統的な分野にとらわれず、現代的な造形として、幅広い分野で「漆の世界」を開拓した。疎開した茨木で、復員してから1995年に亡くなるまでの50年間を過ごし、1949年には地域の作家とともに茨木美術協会を創立し初代委員長を務めた。生誕100年、没後25年に当たり遺作展で紹介されなかった作品を展示。文学館入口正面の大作「爽韻」とあわせて。
  サボテン衝立(昭和15年頃)
  黒い花器(昭和40年)
  映える(昭和43年) など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12813] 【東京】国立映画アーカイブ/川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020  投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/15(Mon) 19:39:57

 国立映画アーカイブhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=31で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆展示企画「川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020」〜3/28(日)
   月曜休館
   開室時間:午前11時〜午後6時30分(入室は閉室30分前まで)
          新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、当面の間は金曜夜間開館は中止
   観覧料:一般250円 大学生130円 65歳以上・高校生以下及び18歳未満、障害者(付添者は原則1名まで)無料


 日本のアニメーション映画、とりわけストップモーション撮影による立体アニメーションの分野でそれぞれ功績を残した川本喜八郎(1925-2010)と岡本忠成(1932-1990)。
 人形映画の先進国チェコスロヴァキアで学び直した川本は、自らの生み出すキャラクターでテレビの歴史人形劇や外国との合作に取り組んだ。岡本は、平面・立体・半立体を自在に使い分け、木・皮・布・毛糸・紙・粘土など多様な素材をアニメートして、主に教育映画の分野で活躍。7歳違いで誕生日が同じ二人は、よきライバルであり、互いのよき理解者でもあった1970年代には、互いの作品上映と人形劇を組み合わせた公演「川本+岡本 パペットアニメーショウ」を共同で企画、6回にわたって開催した。川本の没後10年、岡本の没後30年となる2020年、再びこの分野に光を当て、人形をはじめとする撮影素材や作品制作のための様々な資料を展示してその足跡をたどる。
  川本喜八郎宛てイジー・トルンカ書簡(1961年)
 『花折り』(1968年、川本喜八郎監督)より「大名」
 『おこんじょうるり』(1982年、岡本忠成監督)より「おこん」
 『注文の多い料理店』(1991年、岡本忠成脚本・演出、川本喜八郎監修)色彩設定用セル画
 『死者の書』(2005年、川本喜八郎監督)絵コンテ
 第1回「川本+岡本 パペットアニメーショウ」パンフレット
 『ふしぎなくすり』(1965年、岡本忠成監督)絵コンテ

作品上映:川本喜八郎+岡本忠成 アニメーション作品上映(予定)
   2/27(土)、3/6(土)小ホールにて
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12832] 【北海道】立旭川美術館/木と遊び美術館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/18(Thu) 21:51:06

 北海道立旭川美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=01&c=57で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「木と遊び美術館」〜3/31(日)
    月曜休館
    入館料金:一般800円 高大生500円 小中生300円
 豊かな森林資源に恵まれた旭川では家具産業が盛んで、「木を素材にした造形作品」を収集してきた当館が、展覧会出品作から「あそび」を感じる作品を中心に紹介し、森の美術館「木夢」(西興部村)の初代館長であり木のおもちゃの作家である伊藤英二(1932〜2012)の作品をはじめとする木のおもちゃなども展示。
    山中晴夫「海の中の音楽会」1967
    鹿目尚志「気が気でない木箱」1981
    黒蕨 壮「明日へのとびら」1996
    早見賢二「鳥たちの空」2020
    中井啓二郎、丹野則雄「木鞄(KIBAN)」1981  など

旭川農業高等学校の出張工作教室
「スロープトイで遊んで、世界にたった一つの木琴を作ろう!」
2/27(土)午前10時〜、午後2時〜(各約60分) 観覧券のみ

アーティストトーク「箱」と「遊び」
3/20(土・祝)午後2〜3時 中井啓二郎氏、丹野則雄氏(木工作家)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12844] 【静岡】ふじ・紙のアートミュージアム/寺内曜子展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/21(Sun) 15:27:42

 富士市、ロゼシアター1階の ふじ・紙のアートミュージアムhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=22&c=69で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「寺内曜子展」〜3/14(日)
     ロゼシアター休館日のみ休館
     入館無料

 普段見えている面を表と呼び、見えない面を裏と言うなど、私たちが意味に疑問を抱くことなく使用している言葉。
 寺内氏はインスタレーション作品を通して私たちが生活の中で当たり前に思い込み使用している言葉に疑問を投げかける。
 会場内で制作された、ミュージアムの空間と大きな一枚の紙が合体した作品は、鑑賞者を作品に取り込み、自らの価値判断の曖昧さを気付かせる。

「Loop & Pool」 1990年 両面を塗り分けた紙 
「Ebb & Flow(満ち潮 引き潮)」1991年 両面を塗り分けた一枚の紙 407(w)×420(d)×90(h)cm
「ひとつづきの平面」 2001年 両面を塗り分けた一枚の紙 50(w)×50(d)×24.5(h)cm
「Night and Day」2017年 両面を塗り分けた一枚の紙 30(w)×10(d)×319(h)c
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12849] 【愛知】豊田市美術館/デザインあ展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/23(Tue) 22:41:23

 豊田市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=65で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「デザインあ展」〜3/14(日)※日時指定事前予約制
    月曜休館
    入館料金:一般1300円 高大生1000円
         以下は無料
           障がい者手帳をお持ちの方(介添者1名)
           豊田市内在住又は在学の高校生
           豊田市内在住の75歳以上
           中学生以下(小学生以下は保護者同伴必要。保護者は要チケット)
    【販売場所】オンライン:ローソンチケット
          店舗:ローソン、ミニストップ
 NHK Eテレ「デザインあ」のデザインマインドを、実際の体験に発展させる展覧会。すぐれたデザインには、人と人、人とモノをよりよくつなぐ工夫があり、身のまわりに意識を向け(観察)、どのような問題があるかを探り出し(分解・分析)、どうすればよい状況をつくりだせるか考える(再構築・創造)−こうした一連のデザイン的な思考力が求められている。未来を担うこどもたちに、「見ること」「考えること」の豊かさとよろこびを体感してもらう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12860] 【工芸建築】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/28(Sun) 20:13:57

 開催中から、これから開催の工芸やファッション、インテリアや建築の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、入場制限や開催日の変更などには十分ご注意ください。

【北海道】
モエレ沼公園ガラスのピラミッド,☆所蔵品展「イサム・ノグチ あかり展」〜3/7(日)
中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館ステーションギャラリー
 ☆チェアーズギャラリー「木の曲芸−木を曲げることで新たなデザインを生み出した−」〜3/21(日)

【岩手】
太陽と風の家(石と賢治のミュージアム)
 ☆ほっこりギャラリー展「小物アート展」4/3(土)〜4/18(日)alof ヒラカモモコさん(滝沢市)と仲間
 ☆ほっこりギャラリー展「手作り人形展」4/24(土)〜5/9(日)手作りを楽しむ会(東山町)
 ☆ほっこりギャラリー展「小石アート展」5/15(土)〜5/30(日)吉田和彦(一関市) 

【山形】
伝国の杜 米沢市上杉博物館
 ☆開館20周年 企画展「上杉家伝来の能面・能装束〜語り始めた面袋〜」10/16(土)〜12/8(水)

【東京】
タイムドーム明石 (中央区立歴史天文館),☆企画展「江戸のカナモノ」〜3/21(日)
伝統工芸青山スクエア,☆「春迎えのしつらえ 加茂桐たんす展」〜3/4(木)
白根記念渋谷区郷土博物館・文学館,☆企画展「紙と日本人」〜3/21(日)
ヒルサイドフォーラム
 ☆「トウキョウ建築コレクション2021 東京を舞台に、社会に開いた建築文化をつくる」3/2(火)〜3/7(日)
紙の博物館,☆企画展「くらしを支える紙製品〜紙にできること〜」3/16(火)〜8/29(日)

【三重】
マコンデ美術館,☆企画展「リランガの絵画展(バチック)」3/24(水)〜7/11(日)

【京都】
野村美術館,☆2021年春季特別展「茶席を彩るうるしの美」3/6(土)〜6/6(日)

【兵庫】
白鶴美術館
 ☆本館「大きな美術と小さな美術 ―東洋工芸 鑑賞と実用―」3/6(土)〜6/6(日)
 ☆新館「大きな絨毯・小さな絨毯」3/6(土)〜6/6(日)
神戸海洋博物館・カワサキワールド
 ☆「後藤由香子 海いろひな人形」〜3/14(日)
 ☆「BE KOBE シルバニアファミリー わくわくミュージアム 2021 in 神戸海洋博物館」3/17(水)〜5/9(日)
 ☆第7回「ザ・コンパス作品展 私の好きな船」3/23(火)〜4/17(土)模型
三木市立堀光美術館,☆企画展「本間敦子 染色展 “一枚の白布と語いながら”」〜3/21(日)

【島根】
島根県立石見美術館,☆企画展「ファッション イン ジャパン1945-2020−流行と社会」3/20(土・祝)〜5/16(日)

【岡山】
新見美術館
 ☆開館30周年記念特別展ファイナル「華道家・假屋崎省吾の世界〜美来麗明〜」4/16(金)〜6/27(日) (予定)

【広島】
尾道市立美術館
 ☆「愛のヴィクトリアン・ジュエリー展〜華麗なる英国のライフスタイル〜」3/13(土)〜5/5(水・祝)

【香川】
高松市歴史資料館
 ☆収蔵品展「花と植物のイマージュ−自然界からのインスピレーション−」〜3/28(日)
善通寺市美術館,☆「まんのう町竹細工同好会作品展」3/10(水)〜3/14(日)

【愛媛】
愛媛県歴史文化博物館,☆特別展「シルバニアファミリー展」3/24(水)〜5/30(日)

【福岡】
九州国立博物館,☆特別展「よみがえる正倉院宝物−再現模造にみる天平の技 −」4/20(火)〜6/13(日)

【佐賀】
佐賀県立博物館,☆コレクション展「お姫さまのおきにいり」〜4/18(日)

【長崎】
佐世保市博物館島瀬美術センター
 ☆「海洋堂フィギュア展 in Nagasaki 海洋堂のリアルあつめてみました。」3/20(土)〜5/5(水・祝)

【熊本】
熊本県伝統工芸館,☆「匠の技と心〜未来に繋ぐ熊本の工芸III〜」〜4/11(日)

【沖縄】
那覇市民ギャラリー
 ☆那覇市民ギャラリー主催「祝嶺恭子の染織展 琉球の織色に魅せられて」4/20(火)〜4/25(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12831] 【大阪】湯木美術館/茶道具のアニマルデザイン 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/18(Thu) 21:50:08

 淀屋橋の湯木美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=50で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆令和3年(2021)早春展「茶道具のアニマルデザイン
         ―十二支・神獣・禅にまつわる動物―」〜3/21(日)
     月曜休館
     午前10時〜午後4時30分(3/5(金)は7時まで、入館は閉館30分前まで)
     入館料金:一般700円 大学生400円 高校生300円
 茶道具に十二支など動物意匠が施されることは多く、今年の干支である牛や龍や鳥など特に多い。自然な牛の姿があらわされた中興名物「交趾台牛香合」や、禅の入門書にあたる『十牛図』から題材をとった永楽保全作「騎牛帰家図茶碗」など。他に辰の鋳出された西村道也作「雲龍釜」、猿が描かれた「猿鶴蒔絵茶箱」、酉がかたどられた「鉄糸目菱口銚子 仁清鶏蓋添」など、十二支に関わる文様のある茶道具を中心に紹介。また、龍と共に神聖な獣として扱われてきた獅子や象があらわされた、仁清「獅子蓋砂金袋水指」や「古銅象耳花入」などもあわせて。
  柴田是真筆「意馬心猿図」
  雲龍釜 西村道也作
  獅子蓋砂金袋水指 仁清
  鉄糸目菱口銚子 仁清色絵鶏蓋添
  青磁四方獅子蓋香炉
  中興名物 交趾台牛香合
  嵯峨嵐峡図蒔絵中次
  青磁雲鶴筒茶碗
  騎牛帰家図茶碗 保全作 など

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明