[掲示板へもどる]
一括表示

  [No.12647] 【民俗地誌】令和3(2021)年に見られる展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/30(Wed) 20:51:11

 新年から開催の日本の生活文化や世界の地誌の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、年末年始の休館、入館の予約制、感染予防対策などには充分ご注意下さい。なお、この発言を令和3(2021)年の毎月の【民俗地誌】の展覧会案内のベースノートにします。

【北海道】
小樽市総合博物館
 ☆企画展「あの日に帰りたい〜ノスタルジア・ヲタル」〜令和3年3/28(日)<12/29〜1/3休館>
いしかり砂丘の風資料館
 ☆テーマ展「資料館のお宝2021特別編/北生振の泥炭地と泥炭ストーブ」 令和3年1/4(月)〜3/31(水)
美幌博物館・美幌農業館,☆企画展「おひろめコレクション展」〜令和3年1/17(日)<12/30〜1/6休館>

【岩手】
盛岡市先人記念館,☆第14回盛岡の古町名展「葺手町・生姜町かいわい」令和3年1/16(土)〜3/14(日)

【山形】
酒田市松山文化伝承館
 ☆「庄内の山男展 −池田昭二・拓親子と佐藤守利ー」〜令和3年2/7(日)<12/28〜1/4休館>

【茨城】
地図と測量の科学館,☆第24回「全国児童生徒地図優秀作品展」令和3年1/5(火)〜2/21(日)

【群馬】
群馬の森 群馬県立歴史博物館
 ☆第16回テーマ展示「昭和のくらしをのぞいてみよう」〜令和3年2/7(日)<12/21〜1/4休館>
館林市第一資料館
 ☆収蔵資料展「おうちの歳時記〜年中行事に込めた思い〜」〜令和3年1/24(日)<12/29〜1/3休館>
みどり市大間々博物館 コノドント館
 ☆特別展示「大間々高校創立120年展」〜令和3年1/11(月・祝)<12/28〜1/4休館>

【埼玉】
旧坂東家住宅見沼くらしっく館
 ☆季節展示「ゆずり葉で作る坂東家の正月飾り」〜令和3年1/7(木)<12/28〜1/4休館>
 ☆季節展示「小正月の繭玉・粟穂稗穂(あぼひぼ)」令和3年1/9(土) 〜 1/26(火)
 ☆季節展示「恵比寿講のお供え」令和3年1/20(水) 〜1/26(火)
 ☆季節展示「雛人形飾り」令和3年2/6(土)〜3/7(日)
狭山市立博物館
 ☆令和2年度冬期企画展「収蔵品展入間川商店街ー繋がるモノ・人・街−」〜令和3年2/14(日)<12/27〜1/4休館>
入間市博物館ALIT,☆「むかしのくらしと道具展」令和3年1/19(火)〜2/17(水)
三郷市立郷土資料館,☆企画展「さかのぼり三郷ー平成の三郷をふりかえるー」〜 令和2年3/1(日)<12/28〜1/4休館>

【千葉】
野田市郷土博物館
 ☆令和2年度特別展「まちの記憶−写真でたどる野田・関宿の昭和30〜40年代−」令和3年1/4(月)〜3/29(月)
一茶双樹記念館,☆「一茶双樹記念館のひなまつり」令和3年2/13(土)〜3/7(日)
流山市立博物館,☆小展示「昔の道具〜100年前にタイム・トリップ〜」令和3年1/23(土)〜3/14(日)

【東京】
新宿歴史博物館,☆所蔵資料展「新宿 はなざかり」令和3年1/9(土)〜3/14(日)
すみだ郷土文化資料館,☆特集展示「すみだの情景−秋・冬−」 〜令和3年1/24(日)
ホテル雅叙園東京 百段階段
 ☆初春の文化財見学「百段階段の百の縁起もの」令和3年1/1(金・祝)〜3/14(日) <2/1(月)休館>
明治神宮ミュージアム
 ☆「宮廷文化の優美」〜令和3年3/7(日)<木曜休館 但し12/31、1/7、2/11は開館>
杉並区立郷土博物館
 ☆収蔵資料展「家族で語ろう 昔のくらしと今のくらし」〜令和3年2/28(日)<12/28〜1/4休館>
八王子市郷土資料館
 ☆企画展「市民とともに53年―郷土資料館との思い出 リクエスト展―」第2期 〜令和3年2/14(日)
                      第3期:令和3年2/20(土)〜 3/31 (水)
 ☆日本遺産認定記念関連企画展「高尾山と桑都はちおうじ絵巻」〜令和3年3/31(水)
立川市歴史民俗資料館,☆写真展「立川の風景と人のいとなみ」〜令和3年2/14(日)<12/29〜1/3休館>
東村山ふるさと歴史館
 ☆小学校社会科見学対応展示「むかしの暮らしと道具」 令和3年1/8(金)〜3/7(日)
くにたち郷土文化館,☆「むかしのくらし展」令和3年1/12(火)〜3/14(日)
福生市郷土資料室,☆企画展示「正月飾りとミキノクチ」〜令和3年1/31(日)

【神奈川】
横浜市歴史博物館,☆「大空を彩るアート  凧で旅する日本と世界」 〜令和3年1/11(月・祝)
横須賀市自然・人文博物館
 ☆トピックス展示「湊町・ヴェルニー公園の歴史と遺産」〜令和3年1/31(日)
 ☆トピックス展示「ウシ・牛・丑年」〜 令和3年1/17(日)
大和市つる舞の里歴史資料館
 ☆令和2年度つる舞の里歴史資料館企画展「再発見 大和市の歴史」〜令和3年2/11(木・祝)

【新潟】
新潟市歴史博物館(みなとぴあ)
 ☆企画展「新潟市無形文化財 しろね絞り展」令和3年1/16(土)〜1/31(日)
三条市歴史民俗産業資料館
 ☆企画展「むかしのくらし 食べる」〜令和3年1/31(日)
柏崎市立博物館
 ☆令和2年度冬季収蔵資料展「むかしのくらしと道具―子ども時代を支えたモノたち」〜令和3年3/14(日)
十日町市博物館,☆「昔の道具展」〜令和3年1/24(日)
今泉記念館,☆「南国の摩訶不思議な世界」 〜令和3年2/28(日)

【富山】
高岡市立博物館,☆館蔵品展「昔の道具とくらし」令和3年2/6(土)〜7/11(日)

【石川】
白山市立博物館,☆企画展「くらしと道具のうつりかわりー昔と今をくらべるー」令和3年1/8(金)〜2/28(日)

【福井】
福井県立こども歴史文化館
 ☆「昔ながらのお正月おもちゃであそぼう!」令和3年1/5(火) 〜1/11(月・祝)
福井市愛宕坂茶道美術館,☆企画展「福を呼ぶ茶道具」〜令和3年2/24(水)<12/28〜1/4休館>

【山梨】
富士山世界遺産センター,☆企画展「富士山と養蚕ー信仰の側面からー」〜令和3年2/23(火)

【長野】
松本市時計博物館,☆令和3年あめ市歴史展示「あめ市近現代史」令和3年1/5(火)〜1/31(日)
エルツおもちゃ博物館(軽井沢)
 ☆秋冬展「天使が歌うクリスマス」〜令和3年1/11(月)
 ☆「おもちゃが奏でるドイツの音色」【前期】令和3年3/1(月)〜6/14(月)
                【後期】令和3年6/16(水)〜10/4(月)
【岐阜】
岐阜市歴史博物館,☆企画展「ちょっと昔の道具たち」〜令和3年3/7(日)<12/28〜1/3休館>
土岐市美濃陶磁歴史館
 ☆企画展 土岐市の文化財展「祭りと信仰」〜令和3年2/23(火)<12/26〜1/6休館>

【静岡】
浜松市博物館,☆小展示「道具たちの100年」〜令和3年3/7(日)<12/29〜1/3休館>
三島市郷土資料館,☆[新規収蔵品展」令和3年3/20(土・祝)〜6/6(日)

【愛知】
熱田神宮宝物館,☆新春特別展「日本の聖地を訪ねて」令和3年1/1(金・祝)〜1/26(火)
瀬戸蔵ミュージアム,☆企画展「瀬戸の風景 昔と今」〜令和3年2/21(日)
半田市立博物館,☆山車展示「板山本板山組本子車」〜令和3年3/12(金)
日本モンキーセンター
 ☆特別展「タンザニアの精霊・シェタニ 〜ふしぎな絵画と彫刻の再来〜」〜令和3年1/11(月・祝)

【滋賀】
滋賀県立安土城考古博物館
 ☆第63回企画展 琵琶湖文化館開館60周年記念 地域連携企画展
  「琵琶湖文化館の『博物誌』―浮城万華鏡の世界へ、ようこそ!」令和3年2/6(土)〜3/21(日)
世界凧博物館 八日市大凧会館,☆新春特別企画「丑の凧と郷土玩具」令和3年1/3(日)〜1/21(日)
多賀町立博物館「多賀の自然と文化の館」
 ☆丑年のトピック展「丑年にまつわるエトセトラ」〜令和3年1/16(土) <12/29〜1/3休館>

【京都】
京都市歴史資料館,☆特別展「鞍馬 くらしと行事」〜令和3年1/17(日)<12/28〜1/4休館>
京都府立京都学・歴彩館
 ☆京都学ラウンジパネル展「美しい鴨川を子どもたちにのこそう」〜令和3年1/31(日)
 ☆京都府立大学文学部+京都府立京都学・歴彩館合同企画展示会
   第3回「府大生∞歴彩館 コラボで探る京都学」〜令和3年1/10(日)
博物館さがの人形の家,☆春季展「お雛さま展」令和3年2/20(土)〜3/31(水)
八幡市立松花堂美術館,☆新春展「のんびりいこう、丑の年」令和3年1/9(土)〜2/14(日)
南丹市日吉町郷土資料館
 ☆「日吉ダムのあゆみ―川とともに暮らした人びと―」令和3年1/9(土)〜3/21(日)

【大阪】
吹田市立博物館,☆特別企画「むかしのくらしと学校 」12/8(火)〜令和3年4/4(日)
高槻市立しろあと歴史館
 ☆第50回トピック展示「十二支の丑〜牛の郷土玩具〜」〜令和3年1/24(日)
大東市立歴史民俗資料館,☆冬季展「ちょっとむかしのくらし展」令和3年1/16(土)〜3/7(日)
箕面市立郷土資料館,☆企画展「くらしのどうぐ展」〜令和3年3/24(水)<12/29〜1/3休館>
柏原市立歴史資料館,☆冬季企画展「モノをハカる」令和3年1/5(火)〜3/7(日)
鴻池新田会所,☆鴻池家寄贈民具展「むかしの道具いろいろ展」令和3年1/13(水)〜2/28(日)

【兵庫】
日本玩具博物館
 ☆冬の特別展「世界のクリスマス
    〜ドイツのクリスマス飾りを中心に〜」〜令和3年1/17(日) <12/28〜1/2休館>
 ☆冬の特別陳列「牛のおもちゃ」 〜令和3年2/16(火)
 ☆春の特別展「雛まつり〜江戸と明治のお雛さま〜」 令和3年1/30(土) 〜4/11(日)
尼崎市立歴史博物館,☆第1回企画展「むかしのくらし むかしの小学校」令和3年1/9(土)〜3/28(日)
酒ミュージアム(白鹿記念酒造博物館)
 ☆堀内ゑびすコレクション展 「withゑびすーくらしの中の福の神−」〜令和3年1/17(日)<12/29〜1/3>
 ☆「節句の人形」令和3年1/30(土)〜3/7(日)

【奈良】
帝塚山大学附属博物館
 ☆第13回博物館実習生による企画展示 「雨花天晴(うかてんせい)
    −魔除けと招福、日常の再来− 」令和3年1/8(金)〜2/9(火) 事前予約制
【和歌山】
有田市郷土資料館,☆令和2年度企画展「大集合!!獅子づくし」〜令和3年3/21(日)
南方熊楠顕彰館
 ☆新春吉例 「十二支考」輪読「書かれなかった十二支考 丑」〜令和3年1/10(日) <12/28〜1/4休館>
南方熊楠記念館
 ☆特別展「熊野・熊楠を愛するひとたち展PartII」〜令和3年5/19(水)<12/29〜1/1休館>

【鳥取】
渡辺美術館,☆企画展「吉祥展 2021丑年」〜令和3年1/18(月)<12/29〜1/2休館>
わらべ館
 ☆童謡・唱歌プチ企画「十二支のうた」〜令和3年1/19(火)<12/29〜1/1休館>
 ☆おもちゃと遊びの企画展「モーたくさん!丑の郷土玩具展」〜令和3年2/14(日)
米子市立山陰歴史館,☆館蔵品展「?光”と?暖”の道具」〜令和3年3/28(日)<12/29〜1/3休館>

【島根】
出雲弥生の森博物館
 ☆ギャラリー展「出雲神楽 〜その歴史と道具〜」〜令和3年2/23(火・祝)<12/29〜1/3休館>

【岡山】
倉敷民芸館,☆企画展「祈りの周辺」〜令和3年4/18(日)<12/29〜1/1休館> 
津山郷土博物館
 ☆ミニ企画展「世界の布I−インドネシアの絣ー」
       「ミニミニお正月展ー子から丑へ」〜令和3年2/14(日)<12/29〜1/3休館>
【広島】
頼山陽史跡資料館,☆特別展「ひな人形と春の書画展」 令和3年2/4(木)〜3/7(日)
おのみち歴史博物館,☆令和2年度所蔵品展「赤い色の郷土玩具」〜令和3年1/31(日)<12/28〜1/3休館>
広島県立歴史博物館,☆近世文化展示室 特集展示 テーマ「長寿を寿ぐ」〜令和3年1/31(日)
湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)
 ☆新春企画展「あやかしの舞 −神楽からみる妖怪−」〜3/9(火)<12/29〜1/3休館>

【徳島】
徳島県立博物館,☆「徳島まるづかみ展・県央編 第2期」〜令和3年3/21(日)<12/29〜1/4休館>

【福岡】
北九州イノベーションギャラリー
 ☆2020年度 冬企画展 遊びイノベーション後編
  「大人も楽しい♪昭和あそびの祭典」令和3年1/9(土)〜2/21(日)
大牟田市立三池カルタ・歴史資料館,☆冬の企画展「地図・絵葉書でみる三池炭鉱」〜令和3年3/28(日)
飯塚市歴史資料館
 ☆企画展「日本一小さな座敷雛と御伽草子展」令和3年2/6(土)〜3/21(日)
 ☆「旧松喜醤油屋のひな飾り」令和3年2/23(火・祝)〜3/3(水)
太宰府市文化ふれあい館,☆第25回「くらしのうつりかわり展」令和3年1/5(火)〜3/14(日)

【長崎】
長崎市歴史民俗資料館
 ☆企画展「新春展」〜令和3年3/21 (日)<12/29〜1/3休館>
   丑年の郷土玩具、貴名受、掛軸、屏風、ひな人形など、約50点
【熊本】
八代市立博物館未来の森ミュージアム
 ☆企画展 第一常設展示室(1階)「むかしの道具」〜令和3年1/11(月)<12/29〜1/3休館>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12670] 【岡山】倉敷民藝館/祈りの周辺 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/31(Thu) 18:41:58

 倉敷美観地区の倉敷民藝館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=33&c=38で開催中の企画展を紹介します。倉敷考古館との連携展です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「祈りの周辺」〜令和3年4/18(日) 
   〜1/1 と月曜(祝日の場合は開館)休館
   入館料金:一般1000円 高大生400円 小中生 300円
        倉敷考古館・倉敷民藝館 共通入館券 一般1200円  
       
 祈りと暮らしの密接な関わりが感じ取られる民藝品から『祈り』にまつわる所蔵品約200点を一堂に展観。
 日本中を遊行し、苦しむ人々を救済すべく一千体以上もの仏像を彫った木喰五行上人による木仏「十一面観音像」、
 民族信仰への祈りを込めた生活画の李朝民画 文字絵「義」、「廉」、「禮」<朝鮮半島・朝鮮時代 19世紀>
 十一面観音は延命や病気治癒などのご利益があり、困っている人々をすぐに見つけるために全方向を見守る11の顔を持ち、文字絵は儒教思想を子弟に教え、倫理や道徳観が込められる。 
 宗教や信仰の品としては道祖神の拓本掛軸、農業の守護神である九州の石像「田の神様」、岡山県大原焼の宝殿、イスラムの人々がお祈りに使うトルコの敷物などを、家族間の愛情を感じられる品々としては魔除けの刺繍が施されたアイヌの衣装などを、婚礼時に関するものとしては「祝げら」(秋田県 戸波)という襟に鶴亀・松竹梅の模様が施されている蓑などを展示。


ギャラリートーク「神々の系譜とその周辺」令和3年1/30(土) 午後2〜3時、入館料のみ
講 師:山本俊夫氏(倉敷民藝館常務理事、倉敷民芸館ファンクラブ幹事)
定員15名、要予約 1/2午前10時より受付開始、定員に達し次第受付終了
  電話 086-422-1637(開館日の9〜17時まで)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12677] 【山梨】県立博物館(かいじあむ) /強請祈願とやまなしの雨乞い[令和3年1/2(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/31(Thu) 22:36:09

 笛吹市の山梨県立博物館(かいじあむ)http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=19&c=41 で年始1/2から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆シンボル展「強請祈願とやまなしの雨乞い」令和3年1/2(土)〜2/23(火・祝)
   火曜休館(祝日は開館)
  入館料金:一般520円 大学生220円
     65歳以上
     小中高校、特別支援学校の児童・生徒
     障害者基本法第2条に規定する障害者の方、介護者

 「強請祈願」とは、神仏に身体的・精神的な苦痛を与えたり、不自由な身のままに放置し、解放と引き換えに願いを叶えさせるという古くからの願掛けの方法で、現在でも生活や年中行事のなかに息づく。
 山梨において雨乞いに際して多く行われ、県内各地に伝えられた水に浸けられたり、火であぶられたりした痕跡のある神仏像は、先人たちが切実に水の恵みを望んできたことを物語る。本展では、山梨市市川の清水寺の雨乞いの仏像と、昭和40年頃に撮影された雨乞いの儀式の貴重な記録映像を中心として紹介し、山梨県内各地で行われてきた雨乞いのさまを探る。
  清水寺(山梨市市川)蔵 雨乞いの仏像 清水寺(山梨市市川)蔵
  市川の雨乞いの記録映像より 昭和40年(1965)頃
  甲斐市牛句の雨乞い 平成25年(2013)

ギャラリートーク:担当学芸員:1/9(土)1/31(日)2/23(火・祝)午後2〜3時
   企画展示室にて 定員10名(先着順)申込不要

寺子屋ひろば「雨乞いの仏像を作ろう」
1/17(日)午前11時〜30分程度 ロビーにて、定員6名(先着順)申込不要

「雨乞いをしてみよう」
2/7(日)午前11時〜30分程度 ロビーにて、定員6名(先着順)申込不要

ゆかりの地ツアー「小瀬周辺の水にまつわる土地を歩く」 要常設展観覧券、定員15名、現地集合
2/6(土)【第1部 小瀬周辺を歩く 】
9時受付、9時30分出発、12時解散 参加費500円 
【第2部 ギャラリートーク】午後2時開始(1時間程度)

要事前申込:080-1223-8302(つなぐNPOイベント係)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12690] 【島根】松江歴史館/出雲国を彩るかざり 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/01(Fri) 23:04:11

 松江歴史館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=32&c=15で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「出雲国を彩るかざり」〜2/7(日)
   1/21(木)のみ休館
   入館料金:大人500円 小中生250円
    [基本展示とのセット券]大人800円 小中生400円
 
「神々の地」出雲国に存在する多くの社寺には祭礼や神楽など特色ある伝統行事が残り、古代には装身具や出雲特有の須恵器、近世には武家や庶民それぞれ特有のしつらえや意匠、調度品など「かざり」の文化が生まれた。松江をはじめとした出雲地方の年中行事やさまざまな風習に残る「かざり」を紹介。

折り紙で飾りづくり:折り紙で創る色々な飾り。玄関ホールにて、展示期間中随時 参加自由、無料
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12698] 【福井】県立歴史博物館/越前・若狭 願いの形[1/3(日)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/02(Sat) 09:14:53

 福井市の福井県立歴史博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=18&c=0で1/3から開催される企画展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「越前・若狭 願いの形」1/3〜2/14(日)
   1/13(水)27(水)2/10(水)休館
   入館料金:一般100円 高校生以下・70歳以上の方無料

 令和3年の2月7日(「ふるさとの日」)は、嶺北地域(敦賀を除く旧越前国)と嶺南地域(旧若狭国と越前敦賀)がひとつとなり、現在の「福井県」が成立してから140年目。嶺北と嶺南は関連ながら独自の歴史と文化を積み上げ、多彩な文化財が伝えられる。本展では、嶺南・嶺北の人々の「願い」がこもる品々を中心に、両地方の魅力と多様さを紹介。
   青い目の人形(オーラ・ジョンソン)(おおい町立本郷小学校所蔵)  
   木造八百比丘尼坐像 小浜市指定文化財 (小浜市 神明神社所蔵) など

展示説明会(要申込・定員20名) 2/6(土)2/7(日)午前11時  
 
☆写真展「「福井駅前」メモリアル〜明治から令和へ〜」1/3〜2/28(日)
   1/13(水)27(水)2/10(水)24(水)休館

ふくい歴博講座:1/16(土)午後2〜3時30分 1F 講堂にて
「山川登美子の父 幕末の小浜藩士 山川貞蔵」有馬香織氏(学芸員) 
  無料・事前受付(電話申込、先着順)・定員80名・筆記用具持参
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12715] 【兵庫】酒ミュージアム/withゑびす/お酒の容器クロニクル 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/03(Sun) 18:43:44

 西宮市の酒ミュージアム(白鹿記念酒造博物館)http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=66で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆堀内ゑびすコレクション展 「withゑびすーくらしの中の福の神ー」〜1/17(日)
   〜1/3 と火曜(祝日は開館、翌日休館)休館
   入館料金:一般500円 小中生250円

 西宮神社の「十日えびす」に合わせた毎年恒例の堀内ゑびすコレクション展。今回は生活に使う様々なものの中に取り入れられた、えびす神を代表とする福の神の姿を紹介。商売繁盛、元気で長生きなどの願いを託される福の神の、縁起物として飾られる人々の想いを医学博士の傍ら郷土史家としても活躍された故堀内&#27872;(きよし)氏(1924〜2009)のコレクションにみる。

☆酒資料室「お酒の容器クロニクル(年代記)」〜1/17(日)1/30(土)〜3/7(日)

 江戸時代には、杉材を利用した樽が清酒を運ぶ役割を担い、明治に入って次第に瓶詰め清酒に変わり、戦後には、ワンカップの様な画期的な瓶形の開発や、アルミ缶・紙容器・ペットボトルのように新たな素材の活用も行われた。昭和後期頃からは、環境問題の意識も容器に大きな影響を与えた。本展では、時代の流れとともに酒の容器の歴史を紹介。

☆笹部さくら資料室「櫻男交友録」〜1/17(日)
2020年12月9日(水)〜2021年1月17日(日)、2021年1月30日(土)〜3月7日(日)

 生涯を日本古来の山桜・里桜の保護育成に捧げた笹部新太郎氏と様々な人物の交流について、書簡を中心として、交流の中で贈られた物や写真資料から紹介。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12744] 【愛知】名古屋市博物館/なごやのうつりかわり−うみ・やま・まちのくらし−[1/9(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/09(Sat) 08:12:07

 名古屋市博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=29で1/9(土)から開催される展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「なごやのうつりかわり−うみ・やま・まちのくらし−」1/9(土)〜3/7(日)
   月曜(祝日の場合は翌日)・第4火曜日(祝日を除く)休館
   入館料金           一般  高大生  市内在住65歳以上
            単独券   300円  200円  100円
     常設展との共通券   400円  300円  200円
     障害のある方は手帳の提示、難病患者の方は受給者証の提示により、本人と介護者2名まで無料

 名古屋市やそこにくらす人々の生活のうつりかわりについて学習する小学3年生の学習内容に合わせて、明治時代から現在までの名古屋市のうつりかわりを紹介。「交通のうつりかわり」「なごやの広がり」「なごやの中のいろいろなくらし」「道具やくらしのうつりかわり」というテーマで展示。新旧の名古屋駅、テレビ塔建設、市電と地下鉄、家電の登場などのテーマから、名古屋市と人々の生活がうつりかわる様子をたどる。

 名古屋で最初の地下鉄[名古屋地下鉄開通記念絵葉書]
 自動車「パブリカ」の写真 (撮影)寺西二郎氏
 昭和30年ごろの名古屋駅 (撮影)伊東重光氏
 大正10年の名古屋市と近隣の地図
 大正10年の名古屋市と合併した近隣の16町村[併合記念大名古屋市図絵葉書]
 学校の屋根瓦
 漁業の道具[下之一色漁業資料]
 風の力で穀物を選別する道具[唐箕]
 ハンドルのついた洗濯機
 笠に電球をつけた電灯  など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12769] 【民俗地誌】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/01(Mon) 22:03:00

 開催中から、これから開催の日本の生活文化や世界の地誌の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、臨時休館、入館の予約制、感染予防対策などには充分ご注意下さい。

【北海道】
名寄市北国博物館,☆特別展「名寄のアイヌ語地名」〜2/9(火)
美幌博物館・美幌農業館,☆ロビー展「ひな祭りとひな人形」2/13(土)〜3/3(水)

【福井】
福井県立歴史博物館,☆写真展「さくら咲く・ふくいの春〜絵葉書でふりかえる〜」3/1(月)〜4/27(火)

【大阪】
八尾市立歴史民俗資料館,☆コーナー展示「昔っておもしろい−道具から昔を知ろう!−」〜3/22(月)
安中新田会所跡 旧植田家住宅,☆冬季企画展「昔のくらしはエコなくらし」〜3/15(月)

【兵庫】
明石市立文化博物館,☆企画展「くらしのうつりかわり展 米づくりの春夏秋冬」2/7(日)〜3/21(日)
芦屋市立美術博物館,☆「昔のくらし展」〜2/21(日)
小野市立好古館
 ☆企画展「小野市立好古館開館30周年記念  館蔵名品展2」〜4/4(日)
 ☆小野藩陣屋町に春を呼ぶ「第10回ビッグひなまつり」〜4/4(日)
丹波篠山市立歴史美術館,☆新春企画展「伝統の継承 丹波篠山の狂言」〜3/21(日)

【奈良】
東大寺総合文化センター 東大寺ミュージアム,☆特集展示「二月堂修二会」2/6(土)〜3/21(日)
奈良国立博物館,☆特別陳列「お水取り」令和3年2/6(土)〜3/21(日)

【和歌山】
岩出市民俗資料館,☆所蔵品展「昔のくらしと道具−くらしのうつりかわり−」〜3/1(日)

【岡山】
岡山・吉兆庵美術館,☆「姫君のお道具と雛祭り展」2/9(火)〜4/4(日)

【愛媛】
愛媛県歴史文化博物館,☆テーマ展「おひなさま」2/11(木・祝)〜3/14(日)

【福岡】
有馬記念館,☆企画展「人形づくし、春づくし」2/6(土)〜3/31(水)
福岡県求菩提資料館,☆早春企画展「おひなまつり」〜3/21(日)
糸島市立志摩歴史資料館,☆冬季企画展「Eatいとしま〜昔むかしの食文化事情〜」〜3/14(日)

【長崎】
ナガサキピースミュージアム,☆「若杉さんの 長崎“坂”物語2」〜2/21(日)
長崎歴史文化博物館,☆特集展示「つるツル展」〜2/14(日)

【熊本】
熊本市立熊本博物館,☆企画展「博物館でひな祭り!!」2/6(土)〜3/7(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12784] 【奈良】国立博物館/お水取り/帝国奈良博物館建築[2/6(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/06(Sat) 10:29:31

 奈良公園の奈良国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=2で本日2/6(土)から開催の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別陳列「お水取り」2/6(土)〜3/21(日)東新館
     月曜休館(2/8、3/1・8は開館)
     開館時間:午前9時30分〜午後5時(入館は閉館の30分前まで)
     入館料金:一般700円 大学生350円

      高校生以下および18歳未満の方、満70歳以上の方
          障害者手帳またはミライロID(スマートフォン向け障害者手帳アプリ)
              をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
          高校生以下および18歳未満の方と一緒に観覧される方は、
             一般100円引き、大学生50円引き(親子割引)。

東大寺の二月堂で、仏の前で罪過を懺悔する仏教法会・修二会(しゅにえ)は「お水取り」として親しまれ現在は3月1日から14日までおこなわる。心身を清めた僧(練行衆)が十一面観音の前で宝号を唱え、懺悔し、あわせて天下安穏などを祈願。天平勝宝4年(752)に東大寺の実忠和尚が初めて以来、一度も絶えることなく不退(ふたい)の行法(ぎょうぼう)として1260年以上にわたって勤め続けられてきた。恒例の本企画で、実際に法会で用いられた法具や、歴史と伝統を伝える絵画、古文書、出土品などを展示。
  二月堂縁起(断簡)
  華厳経(二月堂焼経)
  三鈷鐃(咒師絵)
  二月堂曼荼羅
  重要文化財香水杓 など

講座:2/20(土)午後1時30分〜3時(午後1時開場)講堂にて、定員90名(事前申込先着順)
「修二会について」筒井寛昭師(東大寺長老)
館サイトにて要事前申込み、定員次第締め切り、当日申込みの参加不可

☆特別陳列「帝国奈良博物館の誕生―設計図と工事録にみる建設の経緯―」
   上記、お水取り展と同日開催、休館・料金も共

 明治を代表する建築家で当時宮内省内匠(たくみ)寮技師だった片山東熊(かたやまとうくま)(1854〜1917)が帝国奈良博物館(現在の奈良国立博物館なら仏像館)を設計、明治27年(1894)12月に竣工し、翌年4月に開館、奈良県に誕生した最初の西洋建築。片山は工部大学校造家学科(東京大学工学部建築学科の前身)の第一期卒業生で、帝国京都博物館(京都国立博物館明治古都館。明治28年)、奉献美術館(東京国立博物館表慶館。明治41年)、東宮御所(迎賓館赤坂離宮。明治42年)などの作品を遺した。
 設計図と工事録の分析で、明治24年(1891)に起こった濃尾(のうび)地震を経験して堅牢性を重視したことなど博物館建築を生み出す関係者たちの苦労がうかがわれ、明治時代中頃の奈良の地に博物館が誕生した道のりを振り返る。
   奈良博物館正面昇降口矩計弐拾分壱之図
           (「内匠寮奈良博物館建築工事図面」)など

公開講座:3/13(土)午後1時30分〜3時(午後1時開場)講堂にて、定員90名(事前申込先着順)
「帝国奈良博物館の誕生ー人と建築ー」宮崎幹子氏(学芸部情報サービス室長)
館サイトにて要事前申込み、定員次第締め切り、当日申込みの参加不可
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12842] 【奈良】博:お水取り/帝国奈良博物館建築見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/21(Sun) 15:23:13

 奈良国立博物館で開催中の特別陳列「お水取り/帝国奈良博物館の誕生」を2/14(日)に見に行っています。
 奈良を代表する年中行事の「お水取り」。一連の行事としての名は二月から来る「修二会(しゅにえ)」ですが、現代は3月1日から14日までおこなわれており、一般の観衆が拝観できるのは、この期間の毎日午後7時から行われる「お松明」。二月堂から、僧が等身大以上の大きな松明を携えて堂上を駆け抜けるのを見つめるわけですが…。この行事の由来や、下準備の期間からの行事の全貌を知ることができる、毎年恒例の展示です。ということは、ほとんど毎年同じ展示物が順繰りに出てきているのですが、やっぱり、年中行事に毎年浸るためには、毎年、開催前に知識を仕入れ直しておくことに惹かれるのです。今年は、修二会お松明の拝観が、3月1日から11日までに制限され、多人数になると拝観所への入場も制限されるそうですが、それでも拝観有りで開催されるのはありがたい。今年も、奈良の春を感じに、参加するつもりです。
 さて、昨年の展示では、練行僧が祈る場「二月堂内陣の再現」がなかったのですが、今年はオープニングに、堂の扉部分だけ、再現が出ていました。これも、展の雰囲気を盛り上げるものですので、ぜひ欲しいところです。


 特別陳列「帝国奈良博物館の誕生―設計図と工事録にみる建設の経緯―」は、意外に規模の小さい展示だったのですが、この館の設計者・片山東熊が、工部大学校造家学科第一期の卒業生として、辰野金吾より知名度が今ひとつだけれども、活躍の度合いが分かりました。また、奈良博の設計当初のかたち、皇室とのかかわりもわかりました。片山は、工部省から宮内省に変わっており、宮殿関係の建築を多く手掛けていたのですね。

 この展示は、修二会が終わって春が来る、3/21(日)までの開催です。

             明日香 光二/馬場 英明


  [No.12803] 【大阪】歴史館いずみさの/タオル誕生−和泉木綿の紡いだ軌跡−  投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/14(Sun) 14:30:44

 レイクアルスタープラザ・カワサキ歴史館いずみさのhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=131で開催中のこの地方ならではの展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆令和2年度 冬季企画展「タオル誕生−和泉木綿の紡いだ軌跡−」〜3/21(日)
     月曜と祝日休館
     入館無料
 日本のタオル発祥の地と言われる泉佐野。江戸時代以降「和泉木綿」は佐野を中心に生産高を拡大し、上瓦屋の松浪米蔵による太鼓機など、新たな織機の登場が品質の向上・生産量の増加を後押しした。明治18年、佐野で白木綿業を営む里井圓次郎が舶来タオルと出会い、その製織法を研究し,織機の開発に成功し、泉佐野は全国一のタオル産地に発展する。本展では、「和泉木綿」から泉佐野でタオル誕生に至るまでの軌跡をたどる。
   『綿圃要務』より「綿全図」
   太鼓機(松浪米蔵特許焼印付き)
   綿繰り機
   チョンコ機
   シャットル
   糸車 など

冬季企画展講演会: 2/27(土)午後1時30分〜2時30分(受付は1時から)地階研修室にて、
         定員20名 (電話または館窓口で事前申込制・聴講無料)      
「毛布誕生−和泉木綿の紡いだもう一つの軌跡−」奥野 美和氏(泉大津市教育委員会生涯学習課)  

冬季企画展関連講座:2/24(水)28(日) [同一内容で 2回開催] 午後1時30分〜2時30分(受付は1時から)地階研修室にて、    
         定員20名 (電話または館窓口で事前申込制・聴講無料)      
「タオル業発展史と泉佐野」大松 さやか氏(学芸員)  

冬季企画展展示解説: 2/24(水)27(土)28(日) 大松さやか氏(学芸員)
    午後2時50分〜3時30分、定員各回20名 (聴講無料)申込不要
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12810] 【兵庫】明石市立文化博物館/米づくりの春夏秋冬 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/14(Sun) 19:57:27

 明石市立文化博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=59で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「くらしのうつりかわり展 米づくりの春夏秋冬」〜3/21(日)
    会期中無休
    入館料金:大人200円 高大生150円 中学生以下 : 無料
       65歳以上の方、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳提示の方
             (介護が必要な場合は介護者も)は半額
       シニアいきいきパスポート提示で無料

 毎年、春夏秋冬の季節に合わせた生活をくり返す私たちだが、米づくりも、春夏秋冬のイネの成長に合わせて行われる。季節ごとの作業と、その間の祈りの行事、豊作のための努力や改良の一端を、明治時代から昭和30年代の道具を通して紹介。併せてまだ水道・電気・ガスがなかった時代から、高度経済成長期を経て変わっていく昭和時代の生活道具を展示。

ワークショップ「昔の農具体験&わら製品づくり」※事前予約制
昔の農具を使ってみよう&わら製品を作ってみよう!
 3/20(土・祝)午後2時〜(1時間程度、雨天の場合は昔の道具体験のみ)
 駐輪場付近にて(屋外、わらくずを使用のため、汚れても良い暖かい服装で))
 定員10名(対象:小学生以上。小学3年生以下は保護者の付添が必要)

往復はがきに「イベント名、参加者全員の氏名、代表者の郵便番号・住所・電話番号、参加人数(1組4名まで)」を明記し、館まで。応募者多数の場合は抽選。3/9(火)必着
宛先:〒673-0846 明石市上ノ丸2丁目13番1号 明石市立文化博物館
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12820] 【兵庫】たつの市立龍野歴史文化資料館/龍野城下の愛でたきもの 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/15(Mon) 19:51:44

 たつの市立龍野歴史文化資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=153で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「龍野城下の愛でたきもの」〜3/28(日)
   月曜(3/15は開館)、休祝日の翌日休館
   入館料金:一般200円 小〜大学生100円 65歳以上100円
        身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方は無料。
       「ひょうごっ子ココロンカード」提示者は無料。
   <三館共通券>(龍野歴史文化資料館・霞城館・うすくち龍野醤油資料館)
            一般300円 高大生220円 小中生140円
 
 恒例の雛人形の展示、重要伝統的建造物群保存地区の龍野城下に伝わった雛人形の他に屏風や軸など晴れやかで賑やかな席で用いられた絵画資料や、館蔵コレクションの愛らしい郷土玩具の展示も行う。
  古今雛(館蔵)
  御殿飾り(館蔵)
  御所人形(館蔵)

第15回龍野ひな祭り 3/13(土)〜3/21(日)
第29回龍野ひな流し 3/20(土・祝)午前10時〜 祇園公園にて
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12828] 【京都】大学総合博物館/梅棹忠夫生誕100年記念「知的生産のフロンティア」 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/17(Wed) 23:04:36

 京都大学総合博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=34で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆2020年度特別展 梅棹忠夫生誕100年記念「知的生産のフロンティア」〜3/14(日)
    月・火曜休館(平日・祝日とも)
    完全予約制・3部制
     第1部:午前9時30分〜11時30分(入館は11時まで)
     第2部:午前11時30分〜午後1時30分(入館は1時まで)
     第3部:午後1時30分〜3時30分(入館は3時まで)
    入館料金:一般400円 高大生300円 小中生200円
         障害者手帳をお持ちのかたと付添者1名無料

 少年時代からフィールドワークによって自然や人についての知識を吸収し体系化してきた学者・梅棹忠夫(1920-2010。本学の理学部を卒業し、京都大学人文科学研究所の教授を務め、理系と文系の双方を修め、生態学から文化人類学、比較文明論と、知的生産のフロンティアを常に開拓し続けた。
 梅棹が初代館長を務めた国立民族学博物館の企画展と連動企画で、京都大学では、学生時代の受講ノート、スケッチ、フィールドノートや、学術調査により収集された資料など、本学と関係する資料を新たに加えて展示。
   イヌぞりの性能調査 京都探検地理学会樺太調査(1940-41)
   カラフトのイヌぞりスケーニ 京都探検地理学会樺太調査(1940-41) 
   京都大学瀬戸臨海実験所での顕微鏡スケッチ(1941-42)
   鳥の声や沢をわたる風の音を採譜 北部大興安嶺探検(1942)
   藤田和夫最終の岩石標本 カラコルム・ヒンズークシ学術探検(1955)
   梅棹忠夫採集の植物標本 カラコルム・ヒンズークシ学術探検(1955)
   タンザニア牧畜民タトーガ族 京都大学アフリカ学術調査(1963-64) など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12859] 【民俗地誌】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/28(Sun) 20:13:07

 開催中から、これから開催の日本の生活文化や世界の地誌の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、入場制限や開催日の変更などには十分ご注意ください。

【北海道】
札幌市博物館活動センター
 ☆2020年度博物館活動センター活動報告展「博物館活動日誌'20」3/13(土)〜4/24(土)
小樽市総合博物館・運河館,☆運河館トピック展「魅力再発見!小樽八景・八名所」〜4/22(木)
恵庭市郷土資料館,☆「ひな人形展」〜3/14(日)
七飯町歴史館,☆企画展「回展―まわす道具、まわる道具ー」〜3/28(日)

【岩手】
盛岡市先人記念館,☆「もりおかのひな人形」 〜4/25(日)
北上市立鬼の館(鬼ッズ・プレイミュージアム),☆写真展「オニの思い出」3/6(土)〜4/4(日)
遠野市立博物館,☆令和2年度冬季特別展「遠野のひな人形」〜3/7(日)
岩手町立 石神の丘美術館,☆「いわてまち アイルランド展」3/6(土)〜4/11(日)

【宮城】
角田市郷土資料館,☆「雛人形展」〜3/14(日)
登米市歴史博物館,☆企画展「桃と菖蒲の節句展」〜5/9(日)
亘理町立郷土資料館,☆「亘理伊達家雛人形公開!」〜3/18(木)

【山形】
山寺芭蕉記念館,☆企画展「山寺と紅花 8−お雛さまと節句の飾り−」〜4/12(月)
最上徳内記念館,☆「最上徳内記念館のひなまつり 展」〜4/6(火)
天童市立旧東村山郡役所資料館,☆第26回「天童雛飾り展」〜3/21(日)

【千葉】
松戸市立博物館,☆学習資料展・こどもミュージアム「90年前からのくらしのうつりかわり」〜3/31(水)

【東京】
d47 MUSEUM,☆d design travel「 IBARAKI EXHIBITION」〜5/24(月)
立川市歴史民俗資料館,☆ミニ企画展「桃の節句」〜3/7(日)
福生市郷土資料室,☆福生市制施行50周年記念企画展示「福生市郷土資料室のコレクション展」〜4/18(日)
武蔵村山市立歴史民俗資料館,☆企画展「武蔵村山を歩く」3/13(土)〜5/23(日)

【新潟】
新潟市歴史博物館(みなとぴあ)
 ☆2020年度 新収蔵品展・収蔵品展「みなとぴあ ことわざ・慣用句事典」〜3/28(日)

【石川】
歴史博物館・重要文化財 成巽閣,☆「前田家伝来 雛人形雛道具特別展」〜4/19(日)

【長野】
坂城町鉄の展示館,☆第6回「坂城のお雛さま」〜3/28(日) 

【愛知】
西尾市岩瀬文庫,☆「悪疫退散」〜5/23(日)
西尾市資料館,☆企画展 「ひなまつり2021」〜3/7(日)
田原市渥美郷土資料館,☆第35回「ひな祭り展」〜3/14(日)
田原市博物館,☆「ひな人形と初凧展」〜4/11(日)

【三重】
亀山市歴史博物館,☆「昔の道具」〜3/7(日)
海の博物館
 ☆企画展「菅島〜弓祭り しろんご祭りにつどう島」〜3/31(水)
 ☆特別企画展「海女とアーティスト 昔と今。石鏡町と神保町にダイブ!」〜3/31(水)
 ☆伊勢志摩国立公園指定75周年記念特別展「海風薫る伊勢志摩みやげ」(仮称)4/17(土)〜8/29(日)
多気町郷土資料館,☆「昔の道具で学ぼう! 実物ことわざ辞典」〜3/14(日)

【奈良】
奈良県立民俗博物館,☆「古民家でひなまつり」〜3/7(日)
天理大学附属天理参考館,☆第86回企画展「器にみるアンデス世界―ペルー北部地域編―」4/14(水)〜6/14(月)

【島根】
松江歴史館
 ☆企画展 アニメーションの源流・錦影絵「光で遊ぶ道具たち」〜3/21(日)
 ☆スポット展示「よみがえった瓦たち−松江歴史館を護る鬼−」〜4/4(日)
石見銀山世界遺産センター,☆企画展「鬼と福」〜4/26(月)

【岡山】
倉敷市玉島歴史民族海洋資料館,☆「ひな人形展」(美術展示室)〜3/7(日)
日本郷土玩具館,☆「ぽかぽかひなひな展」〜3/7(日)
野崎家塩業歴史館,☆「野崎家のおひな様展」〜4/4(日)

【山口】
下関市烏山民俗資料館
 ☆カラスヤマコレクション展「カラスヤマのひなまつり 2021」〜3/16(火)
 ☆カラスヤマコレクション展「そうじの文化 アジアと日本の箒」〜4/20(火)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明