[掲示板へもどる]
一括表示

  [No.12646] 【日本画書】令和3(2021)年に見られる展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/30(Wed) 20:50:38

 新年から開催の日本画や書道の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、年末年始の休館、入館の予約制、感染予防対策などには充分ご注意下さい。なお、この発言を令和3(2021)年の毎月の【日本画書】の展覧会案内のベースノートにします。

【宮城】
東北歴史博物館
 ☆テーマ展示 第3室「仙台の近世絵画−新春を迎えて−」令和3年1/5(火)〜2/14(日)
藤田喬平ガラス美術館,☆「佐藤隆春新春特別展2021」〜令和3年1/11(月・祝)会期中無休

【千葉】
茂原市立美術館・郷土資料館
 ☆美術収蔵品展「水墨・書 墨の世界展」〜令和3年2/14(日)<12/29〜1/3休館><会期延長>
成田山書道美術館,☆「今日の書壇 新井光風展」令和3年1/1(金・祝)〜2/21(日)
一茶双樹記念館,☆新春企画展「吉書のダイナミズム」令和3年1/5(火)〜1/17(日)書道

【東京】
ちばぎんひまわりギャラリー,☆「嶋田 彩綜展 書」令和3年2/23(火・祝)〜3/7(日)
サントリー美術館
 ☆開館60周年記念「ミネアポリス美術館
   日本絵画の名品ーあなたの推し絵師きっといる!ー」令和3年4/14(水)〜6/27(日)
早稲田大学會津八一記念博物館
 ☆富岡展「山水」〜令和3年1/31(日)<〜1/6休館>
 ☆富岡展「人のかたち」3/1(月)〜4/30(金)
 ☆企画展 松丸東魚篆刻作品等受贈記念「萬象、一刀の中にあり ―篆刻家・松丸東魚の仕事」3/1(月)〜4/30(金)
東京国立博物館,☆特集「世界と出会った江戸美術」平成館 企画展示室 〜令和3年1/11(月・祝)
横山大観記念館,☆「大観とその仲間たち」令和3年1/13(水)〜3/28(日)
大田区立熊谷恒子記念館,☆開館30周年記念展(後期)「恒子とゆかりの書 道ひとすじ」12/26(土)〜令和3年4/4(日)
大田区立龍子記念館,☆名作展「時代を描く 龍子作品におけるジャーナリズム」〜令和3年3/21(日)
山種美術館
 ☆特別展「東山魁夷と四季の日本画」〜令和3年1/24(日) <12/28〜1/2は展示替と年末年始休館>
 ☆開館55周年記念特別展「川合玉堂 ―山骸鐺鵑・Δ靴親艝画の巨匠―」令魯ト3年2/6(土)〜4/4(日)
青梅市立美術館(青梅市立小島善太郎美術館)
 ☆館蔵企画展「長崎莫人展」〜令和3年1/17(日)<12/29〜1/3休館>日本画
玉堂美術館,☆「玉堂の冬景色と画賛」〜令和3年1/31(日)

【神奈川】
そごう美術館,☆「再興第105回院展」令和3年2/6(土)〜3/14(日)
箱根芦ノ湖成川美術館
 ☆企画展「前本利彦展〜麗しき花鳥画の世界〜」〜3/10(水)
     「松本 勝展〜花の生命をいつくしむ〜」〜3/10(水)
     「収蔵作展〜日本画の煌めき」〜3/10(水)
【新潟】
新潟市會津八一記念館
 ☆開館45周年記念 新春企画展「私の好きな八一の書
    〜會津八一記念館ゆかりの作家31人が選ぶ〜」〜令和3年3/28(日)
【富山】
富山県水墨美術館,☆「とっておき!水美コレクションでめぐる こころの旅」令和3年2/19(金)〜4月上旬
富山市佐藤記念美術館,☆企画展「生きとし生けるものを描く」〜令和3年2/14(日)<12/28〜1/4休館>
高岡市立博物館
 ☆館蔵品展「高岡ゆかりの屏風」〜令和3年1/11(月・祝)<12/29〜1/3休館>
 ☆常設展お宝コーナー「堀川敬周筆、二つの《漁樵図屏風》」〜令和3年1/31(日)
西田美術館
 ☆ARTBOX-第13回-展「吉田沙織 喪失して尚、混在する。
    mixed with loss.2011-2021」令和3年2/6(土)〜3/7(日)日本画
【石川】
石川県立美術館
 ☆企画展「花木にみる 日本美の心」令和3年1/4(月)〜2/7(日)
 ☆前田育徳会尊經閣文庫分館「新春優品選」令和3年1/4(月)〜2/7(日)
 ☆「書をあじわう (近現代書)」令和3年1/4(月)〜2/7(日)
 ☆「優品選 (近現代絵画・彫刻)」令和3年1/4(月)〜2/7(日)

【山梨】
平山郁夫シルクロード美術館,☆「平山郁夫 祈りのかたち」令和3年3/6(土)〜6/22(火)会期中無休

【長野】
北野美術館,☆名品展2020「雪見の宴」 〜令和3年2/28(日)
松本市美術館,☆上條信山記念展示室 「作家と展覧会(後編)」〜令和3年3/31(水) 書<12/29〜1/2休館>
須坂クラシック美術館,☆「遊ぶ筆先−岡信孝米寿展−」〜令和3年2/16(火)

【岐阜】
岐阜県美術館,☆「ぎふの日本画 いのちのリレー 〜土屋禮一を中心に〜」〜令和3年2/28(日)<会期訂正>

【大阪】
大阪市立美術館
 ☆コレクション展「生誕200年 三輪田米山
    ―大阪中之島美術館山本發次郎コレクション 」令和3年1/9(土)〜2/7(日)
 ☆コレクション展「富士礼賛―近世絵画を中心に― 」令和3年1/9(土)〜2/7(日)
 ☆コレクション展「辛丑年 牛を描く」令和3年1/9(土)〜2/7(日)
 ☆コレクション展「江戸の南画 」令和3年1/9(土)〜2/7(日)
 ☆コレクション展「あちこちの風光明媚」令和3年1/9(土)〜2/7(日)
 ☆コレクション展「宮人たちへの鎮魂歌 ― 隋の石刻」令和3年2/20(土)〜3/21(日)

【兵庫】
尼崎市総合文化センター 美術ホール
 ☆「尼崎市児童生徒文化発表会 書道展」令和3年1/20(水)〜1/24(日)

【鳥取】
因幡万葉歴史館,☆「鳥取書道代表十人展」令和3年1/27(水)〜2/23(火・祝)
倉吉博物館・倉吉歴史民俗資料館
 ☆美術所蔵品展 郷土の美術 第1展示室「郷土の日本画」 〜1/17(日)

【島根】
今井美術館,☆「渡辺俊明展」令和3年1/12(火)〜 3/26(金)黒彩・詩書画

【岡山】
吉備路文学館,☆特別展 「尾上柴舟展 ―詩・歌・書―」〜令和3年3/28(日) <12/28〜1/4休館>
華鴒大塚美術館,☆「慶雲−ゆく年くる年ー」〜令和3年2/7(日)<12/28〜1/4>

【広島】
頼山陽史跡資料館
 ☆特集展「新春屏風名品展」 令和3年1/5(土)〜1/31(日)
 ☆特別展「全国公募 南画精華展」 令和3年3/12(金)〜3/31(水)

【山口】
山口県立美術館,☆館蔵品による特別企画<雪舟600年 vol.2>令和3年1/9(土) 〜 3/28(日)

【愛媛】
今治市大三島美術館
 ☆今治市大三島美術館・倉敷芸術科学大学 森山知己研究室コラボ展示
  「はじまりの時 森山知己 原田よもぎ 藤原優希 潮嘉子」〜令和3年1/31(日)<〜12/31休館>日本画
今治市河野美術館
 ☆館蔵品企画展「武家社会の文雅」〜令和3年6/13(日)<12/29〜1/3休館>
    安土桃山から江戸時代の武将や文化人の屏風や絵巻、軸物など
【高知】
絵金蔵,☆企画展「幸せギューッとお正月」〜令和3年2月中旬頃
四万十町立美術館,☆「アンデパンダン展(書道の部)」令和3年1/23(土)〜2/26(金)

【福岡】
北九州市立小倉城庭園,☆「杉田廣貴展」〜令和3年1/17(日)書
甘木歴史資料館
 ☆令和2年度 新春企画展「郷土の日本画家 徳田玉龍 FINAL−霊峰への憧れやまず−」令和3年1/9(土)〜3/14(日)

【佐賀】
佐賀県立博物館,☆コレクション展「折れてひろがる―屏風の世界―」〜令和3年2/14(日)

【熊本】
八代市立博物館未来の森ミュージアム
 ☆「八代小・中・特別支援学校書写展」令和3年1/20(水)〜1/24(日)
 ☆企画展 第二常設展示室・松井文庫コレクション(1階)「松井文庫IV 屏風絵の世界」〜令和3年1/31(日)

【沖縄】
那覇市民ギャラリー
 ☆第43回「沖縄県書作家協会 木筆會 書道展」令和3年2/2(火)〜2/7(日)
 ☆第21回「龍賓沖縄書道会展 学生展」令和3年2/16(火)〜2/21(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12687] 【京都】福田美術館/悲運の画家たち 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/01(Fri) 23:00:39

 京都・嵐山の福田美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=105
では、近所の嵯峨嵐山文華館と共同して展示を開催中です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「悲運の画家たち」〜1/11(月・祝) 「嵯峨嵐山文華館」と二館共同の企画展
    &#12316;1/1、火曜休館
    入館料金:一般・大学生900円 高校生500円 小中生300円 障がい者と介添人1名700円
   両館共通券:一般・大学生2000円 高校生1000円 小中生550円 障がい者と介添人1名1000円

第一会場「逆境にも負けず」
 悲運の人生を創作の糧に変え、素晴らしい作品を生み出す画家が、日本にも沢山いる。家族を失った苦しみ、病気や怪我といった逆境にも負けず画業に専念した画家たちの作品や、絵に描かれた悲劇の主人公たち…しかし、決して暗く重苦しい作品ではなく吸い込まれるような色彩や神に入る筆致など、美しい輝きを放つものばかり。
〈第1章〉悲運の近代画家たち
    市電にひかれて左足を切断した速水御舟、電車にはねられて命を落とした木島櫻谷、
    最愛の女性を亡くした後も生涯制作に励んだ竹久夢二など
    赤子を由比ヶ浜に沈められた《静御前》(上村松園筆)
    大火事から逃げ惑う人々を描いた《久松町の大火図》(小林清親筆)など、悲劇のドラマを描いた作品
    速水御舟、川端龍子らの額装作品
    芸術の都のフランス・パリで幼少期から飲酒におぼれたユトリロの作品
〈第2章〉悲運の近世画家たち
    父親とともに流罪になった深江芦舟、毒殺説がある長沢芦雪、流罪ののち切腹した渡辺崋山など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12688] 【京都】嵯峨嵐山文華館/悲運の画家たち 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/01(Fri) 23:01:21

 京都・嵯峨嵐山文華館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=95
では、近所の福田美術館と共同して展示を開催中です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「悲運の画家たち」〜1/11(月・祝) 「福田美術館」と二館共同の企画展
    入館料金:一般・大学生1300円 高校生700円 小中生400円 障がい者と介添人1名500円
   両館共通券:一般・大学生2000円 高校生1000円 小中生550円 障がい者と介添人1名1000円

第二会場 「忘却にも負けず」
 人生の悲劇に見舞われた岸田劉生ら近代画家の作品に加え、かつては高く評価されていたにも関わらず、現在一般的にはあまり知られていないという悲運に見舞われた画家たちにフォーカス。岸駒や、五姓田芳柳、山元春挙など、個性溢れる画家の秀作を見る。
  山元春挙「成道出山之図」 山本梅逸「花鳥図」 木村武山「天女散華」
  西村五雲「高原之鷺」 岸田劉生「村娘之図」 山内信一「春光」 など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12710] 【愛知】松坂屋美術館/平山郁夫が描く世界遺産展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/03(Sun) 00:17:09

 名古屋の松坂屋美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=22で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆平山郁夫 生誕90年 佐川美術館コレクション「平山郁夫が描く世界遺産展」〜1/24(日)
      残り会期無休
      開館時間:午前10時&#12316;午後7時30分(最終日1/24(日)は6時閉館、入館は閉館30分前まで)
      入館料金:一般1000円 高大生700円  中学生以下無料
           障害者手帳・特定疾患医療受給者証をお持ちの方と付添者1名無料
 東京美術学校卒で日本美術院を中心に活躍した文化勲章受章の平山郁夫画伯は、母校の東京藝術大学では長く後進を指導し、また日本美術院理事長として活躍しながら、日本国内外の文化財保護にも取り組まれた。また、自身の広島原爆被爆体験から、院展で平和への祈りをこめて<仏教伝来>を制作したことを原点に、仏教伝来のシリーズから東西文化交流の道であるシルクロード、世界の文化遺産へと続く。本展では、佐川美術館蔵品から、平山画伯が世界中の文化遺産を調査や視察で訪れた際に取材し制作した作品約55点を展示。
   《法隆寺》1991年
   《女神像アプサラ アンコールワット遺跡》1993年
   《パルミラの月》1980年
   《宮島》1997年
   《月下シルクロードを行く》2001年
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12721] 【岡山】総社吉備路文化館/雪舟と〇〇(マルマル)[1/5(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/04(Mon) 22:11:06

 総社吉備路文化館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=33&c=51
で新春1/5(火)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆雪舟生誕600年記念展(後期)「雪舟と〇〇(マルマル)」1/5(火)〜2/23(火・祝)
    月曜(祝日も)休館
    入館無料

 現在の総社市赤浜生まれと伝わる、雪舟が生誕600年を迎えたことを記念し、雪舟にちなんだ様々なテーマに沿って、総社ゆかりの作品を展示。
 「雪舟と宝福寺」のテーマでは、雪舟が少年時代修行したと伝わる井山宝福寺(総社市井尻野)が所蔵する、重要文化財《地蔵菩薩像》、《十王像》の複製パネルを一堂に展示。本展を通して、雪舟からつながる総社ゆかりの美術の多様性を感じる。

学芸員によるギャラリートーク:1/9(土)31(日)2/23(火・祝)午後1時30分〜30分程度 事前申込不要
 参加者には、総社吉備路文化館オリジナルマスキングテープを贈呈(先着20名様まで、13時から整理券配布)

生誕600年記念 学ぼう!雪舟スタンプラリー
 雪舟生誕地公園と、総社吉備路文化館の両方に来館し、スタンプを集めた方に記念品(用紙は館にも、サイトよりダウンロードでも)
  1/5から開始、記念品がなくなり次第終了
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12722] 【大分】二階堂美術館/吉祥のかたち〜鶴亀・松竹梅・富士山など 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/04(Mon) 22:11:49

 日出町の二階堂美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=44&c=37で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「吉祥のかたち〜鶴亀・松竹梅・富士山など〜」〜2/7(日)
    月曜休館 (祝日の場合は開館、翌日休館)
    展示替え日(各展覧会終了後の月火)休館
    入館料金:     障がい者(要手帳提示)
       一般 800円   600円
       高大生500円   400円
       小中生300円   200円
      小中高生は学校教育活動にもとづく観覧、および土曜日の観覧は無料

 鶴と亀は、 『鶴は千年、亀は万年』と長寿の象徴とされ、松は冬の寒さに耐えて常に緑を保ち、竹は弾力に富みながらも真っ直ぐに育ち、梅は早春に清らかで高雅な花を咲かせ、薬用になる実を成すことから、それぞれめでたいものとして親しまれた。霊峰富士は、古来より神の山と崇められて、美を超えた生命力の象徴とされた。
本展では、縁起が良いとされる動物や植物などを描いた吉祥画を画題別に紹介し、日本の伝統的な祝の文化に接する機会し、新たに収蔵した作品を紹介。

吉祥の画題を描いた作品(上村松園、横山大観、川合玉堂、小林古径など)
第1章:吉祥をもたらす動物  第2章:吉祥をもたらす植物 上村松園「花ざかり」など
第3章:福をもたらす神  第4章:めでたい風景
特集コーナー/新収蔵作品ほか(加山又造、平福穂庵、松岡映丘、前田青邨など)  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12725] 【京都】府立堂本印象美術館/憧れのヨーロッパ旅行 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/04(Mon) 22:13:56

 洛北衣笠の京都府立堂本印象美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=1で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「憧れのヨーロッパ旅行」〜3/28(日)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)
   入館料金:一般510円 高大生400円 小中生200円
        65歳以上の方(要証明)および障害者手帳をお持ちの方(介護者1名)は無料
 昭和27年(1952)5月、日本画壇の重鎮であった堂本印象はヨーロッパへ旅立ち、羽田からプロペラ飛行機で約50時間かけてイタリア・ローマに到着した後、さらにフランス、スペイン、ドイツ、スイスなどを訪問した。印象は約半年間の滞在中、西洋古典美術のみならず現代美術の動向にも直に触れ、自身の今後進むべき道を確信した。
 本展では、帰国後に発表した《メトロ》や《窓》のほか、ヨーロッパ滞在中に描いた現地のスケッチ画、油彩画など、ヨーロッパ旅行に関連して制作された作品を紹介。
  《ドイツの朝》 1952年
  《窓》 1953年
  《メトロ》 1953年
  《サン・ミッシェル》 1952年
  《ローマの宿の朝》 1952年
  《アルゼリヤの女》 1954年
  《少女》 1956年
  《白い手袋と猫》 1954年
  シテ附近 『美の跫音』(挿絵) 1952年
  ボア・ド・ブローニュのカフェ 『美の跫音』(挿絵) 1952年
  ピガール(モンマルトル) 『美の跫音』(挿絵) 1952年
  コンコルド広場  『美の跫音』(挿絵) 1952年 など

[同時開催] 京都現代作家展
 Vol.13 三瀬夏之介「おにの神さん/奇景」〜1/24(日)
 Vol.14 山田伸「美への胎動」1/26(火)〜3/28(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12728] 【奈良】松伯美術館/上村淳之展「命の声を識る」 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/04(Mon) 23:55:24

 奈良市学園前の松伯美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=1で開催中の企画展を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆上村淳之展「命の声を識る」〜2/21(日)
  <☆公募展第24回「松伯美術館 花鳥画展」令和3年2/11(木・祝)〜3/14(日)>は公募も含めて中止、 
      その代わり、上村淳之展の終期予定が延ばされた
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金:大人(高校生・大学生を含む) 820円 小中生410円
         障がい者手帳の提示により本人と同伴者1名2割引

上村淳之は日本画に見られる日本独自の簡潔の美、装飾の美を追求し、自然から学び教えられ、生きものたちの世界を捉えることで、日本画のあるべき姿を後世に伝える。象徴空間と自然との調和、美を感じられて初めて識る世界を楽しむ。

  上村淳之「月汀」1998
      「初めての冬」1993
      「尾長」2003
      「憩」2003
      「四季花鳥図」2001
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12732] 【奈良】県立万葉文化館/万葉の起憶―偉人たちがしたためた万葉歌碑原書 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/05(Tue) 23:56:49

 明日香村の奈良県立万葉文化館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=75で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「万葉の起憶―偉人たちがしたためた万葉歌碑原書を中心に―」〜2/28(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金:一般800円 高大生500円 小中生300円憶―偉人たちがしたためた万葉歌碑原書を中心に―」を開催いたし

 奈良県桜井市に残る「山の辺の道」や「伊勢街道」「磐余の道」など古道の路傍には記紀万葉の歌碑が64基建立されている。桜井市出身で文芸評論家の保田輿重郎(1910−1981)の呼びかけにより昭和47年(1972)から歌碑の建立が始まり、昭和を代表する作家、文学者、画家、学者など各界の著名人から揮毫が寄せられた。本展は原書のうち28点(拓本5点を含む)を展示し、昭和の文人たちの躍動感あふれる書と、画家が『万葉集』を丹念に読み込んで描いた万葉文化館所蔵の「万葉日本画」をあわせて展示することで大和の風土に託された古代の人々の想いに触れながら『万葉集』の世界を楽しむ。
   浜田泰介《月と三山》 1999年
   三輪敦子《大伯皇女》 1996年
   保田與重郎 書 万葉歌碑原書(雄略天皇)

講演会:1/30(土)午後2時開演(開場は1時30分〜)
 坂本 信幸 氏
 参加人数:100名(事前申込制、参加費無料、応募多数の場合は抽選、往復はがきのみ受付)
 申込方法:往復はがきに郵便番号・住所・氏名・電話番号・「関連講演会聴講希望」と記入(1枚につき1名のみ申込可)
 応募締切:1/10(日) 必着
 応募先:〒634−0103 奈良県高市郡明日香村飛鳥10 奈良県立万葉文化館 企画普及係(学芸)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12738] 【岡山】吉兆庵美術館/雅やかな世界展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/07(Thu) 23:48:42

 岡山市の吉兆庵美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=33&c=16で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「雅やかな世界展 ー屏風と漆芸に見る ジャパン・ビューティーー」〜1/31(日)
     1/18(月)休館
     入館料金 大人・高校生600円 小中生300円 65歳以上480円

 平安時代の王朝文化、宮中の恋愛模様を記した源氏物語。季節の移り変わる自然風景を表した花鳥風月。装って無邪気に遊ぶ子供たち。これらの情景を描いた屏風を一堂に公開し、日本が現代に受け継いできた美意識を感じる。また優雅な蒔絵を施した漆器や温かみのある彫刻技術が見られる鎌倉彫も同時に展示し、日本の美を探る。
  花鳥絵図屏風 六曲半双 狩野探信 江戸時代
  源氏物語絵図屏風 六曲一双一部 江戸時代
  鉄線紋双六
  童子絵図屏風 六曲一双一部 江戸時代

ギャラリートーク:1/16(土)午後2時〜(約20分) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12746] 【京都】八幡市立松花堂庭園・美術館/のんびりいこう、丑の年[1/9(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/09(Sat) 08:13:50

 八幡市立松花堂庭園・美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=139で1/9(土)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆令和3年新春展「のんびりいこう、丑の年」1/9(土)〜2/14(日)
      月曜(1/11(月)は開館)1/12(火)休館
      入館料金:一般400円 大学生300円 18歳以下無料
 令和3年新春を迎え、丑年にちなんだ作品や新しく収蔵された作品を紹介。円福寺(八幡福禄谷)ゆかりの中原南天棒和尚(1839〜1925)の軽妙な作品「牛画賛」など、のどかな作品とともに過ごす。
   八幡宮牛玉宝印板木
   上田星邨「臥牛」
   「雲龍図」
   神月清竹「牛図扇面」
   都路華香「松上双鶴」
   中林竹洞「梅図」
   中原南天棒「牛画賛」
   土佐光孚「眠布袋図写」
   松花堂昭乗「鶏図」 など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12761] 【大阪】中之島香雪美術館/源氏物語の絵画[1/30(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/30(Sat) 11:07:10

 中之島香雪美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=42で本日から開催される特別展を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「源氏物語の絵画―伝土佐光信『源氏系図』をめぐって」前期:1/30(土)〜2/21(日)
                 後期:2/23(火)〜3/14(日)
      月曜日休館
      開館時間:午前10時〜午後5時(2/18(木)3/11(木)は7時30分まで、入館は閉館30分前まで)
      入館料金:一般1100円 高大生700円 小中生400円

 紫式部の『源氏物語』は数多くの写本が作られるだけでなく、絵画化した「源氏絵」は当初から描き継がれ、抒情性豊かな世界を多彩に展開し、多くの人々に享受された。館蔵で新出の「源氏系図(作中人物を、略歴を付して家系図にまとめたもの)」の表紙絵もそのひとつ。
 室町時代に宮廷の絵所預として、伝統的なやまと絵に水墨画の要素を取り入れた新様式で土佐派の権威を確立した土佐光信。「源氏系図」香雪本は、後柏原院が外題を、表紙絵を土佐光信が描いたとされるこの「源氏物語五十四帖」と深い関わりをもつ。
本展は、土佐光信の周辺作品や表紙絵にかかわる資料により、「源氏系図」香雪本についての理解を深めつつ、画帖・扇面などの小画面から屏風まで、さまざまに展開する源氏絵を土佐派の作品を中心に紹介。
   源氏系図 表紙:伝土佐光信 香雪美術館
   重要文化財 石山寺縁起絵巻 第四 滋賀・石山寺
   扇面画帖 (源氏物語ほか)梅枝、浮舟 九州国立博物館
   重要文化財 源氏物語手鑑 帚木、絵合  和泉市久保惣記念美術館
   源氏物語図屏風 個人蔵  など

記念講演会:3/6(土)午後2〜3時30分(1時30分 受付開始)要申込み、定員120名
  中之島会館(美術館隣)にて、参加料500円(入館には別途入館券が要)
「源氏絵の〈表〉と〈裏〉扇面画と冊子表紙絵をめぐって」龍澤 彩 氏(金城学院大学教授)

申込み:E-mail:n-kouenkai@kosetsu-museum.or.jp または往復葉書で
 住所・氏名・年齢・電話番号を記入し、1通2名までで
530-0005 大阪市北区中之島3-2-4 中之島フェスティバルタワーウェスト4階
  中之島香雪美術館「源氏物語の絵画」展講演会係
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12768] 【日本画書】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/01(Mon) 22:01:06

 開催中から、これから開催の日本画や書道の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、臨時休館、入館の予約制、感染予防対策などには充分ご注意下さい。

【東京】
大倉集古館
 ☆特別展 生誕120年記念「篁 牛人〜昭和水墨画壇の鬼才〜」11/2(火)〜令和4年1/10(月・祝)
 ☆企画展「季節をめぐり、自然と遊ぶ〜花鳥・山水の世界〜」令和4年1/18(火)〜3/27(日) 
根津美術館,☆企画展「狩野派と土佐派 幕府・宮廷の絵師たち」2/25(木)〜3/31(水)<タイトル変更>

【神奈川】
そごう美術館
 ☆「篠田桃紅展 とどめ得ぬもの 墨のいろ 心のかたち」4/3(土)〜5/9(日)
 ☆第76回「春の院展」7/16(金)〜7/25(日)

【三重】
paramita museum,☆「生誕130年記念 堂本印象展」2/5(金)〜3/28(日) ※会期中無休
朝日町歴史博物館,☆令和2年度企画展「近代を生きた土佐派絵師 栗田真秀」〜2/14(日)

【京都】
京都府立堂本印象美術館,☆京都現代作家展vol.14山田伸「美への胎動」〜3/28(日)
京都国立博物館
 ☆仏教美術研究上野記念財団50周年記念
 【特別企画】「新聞人のまなざし 上野有竹と日中書画の名品」2/2(火)〜3/7(日)
嵯峨嵐山文華館
 ☆「花ごよみー横山大観・菱田春草らが咲きほこるー」4/24(土)〜7/4(日)
 ☆「くらべてわかる江戸絵画」7/17(土)〜10/11(月)
 ☆「木島櫻谷展〜衣笠村の画家たち(仮題)」10/23(土)〜令和4年1/10(月)

【大阪】
大阪市立美術館,☆改組 新第7回「日展」2/20(土)〜3/21(日)
逸翁美術館
 ☆2021展示IV 特別展 「幻の天才画家 鈴木華邨展 −甦る花鳥風月の世界−」10/9(土)〜12/12(日)
小林美術館,☆冬季特別展「大観・玉堂・龍子 ―近代日本画の巨星」〜3/14(日)

【奈良】
奈良市杉岡華邨書道美術館
 ☆「新春を彩った華邨のかな
   現代書道二十人展、臨池会新春展出品作より」〜4/18(日)

【徳島】
徳島県立文学書道館(言の葉ミュージアム)
 ☆書道特別展「古武士の風格 富永眉峰の書と俳句」2/16(火)〜3/21(日)

【香川】
高松市塩江美術館,☆企画展 「ゆったりしま書♪」〜3/28(日)

【長崎】
大村市歴史資料館,☆企画展「荒木十畝」〜2/14(日)日本画

【鹿児島】
三宅美術館,☆企画展「こどもへの眼差し」〜3/23(火)日本画
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12787] 【岡山】県立美術館/雪舟と玉堂―ふたりの里帰り[2/10(水)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/09(Tue) 23:24:44

 岡山城下の岡山県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=33&c=0で明日2/10(水)から開催される展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「雪舟と玉堂―ふたりの里帰り」2/10(水)〜3/14(日)
   2/15、3/1、3/8(月)休館
   開館時間:午前9〜午後5時(2/27(土)は7時まで、入館は閉館の30分前まで)
   入館料金:一般1500円 65歳以上1300円 大学&middot;専門学校生1000円
        高校生600円 中学生以下無料

 室町時代の備中赤浜(現在の岡山県総社市)出身で、明時代の中国留学も果たした禅僧・雪舟等楊(1420&#12316;1506?)。江戸時代の岡山城下天神山(現在の岡山市北区)に生まれ、琴を奏でた文人・浦上玉堂(1745&#12316;1820)。雪舟生誕600年と玉堂没後200年を記念して、日本美術史上に輝く巨匠ふたりの「里帰り」に加え、門外不出の名宝である雪舟《四季山水図巻》(国宝・毛利博物館)を特別に迎え、国宝7点を含む160点を展観。

 重要文化財 玉堂《煙霞帖》1811年頃
       玉堂《山澗読易図》19世紀初期
 重要文化財 玉堂《山中結廬図》1792年
 重要文化財 玉堂《山雨染衣図》19世紀初期
 国宝 雪舟《慧可断臂図》15世紀 愛知県・齊年寺
 国宝 雪舟《秋冬山水図》15世紀 東京国立博物館:展示期間2/10〜2/28
    雪舟《倣夏珪山水図》15世紀   など

講演会:担当学芸員が語る雪舟:午後1時30分〜3時
    2階ホール定員180名受付当日12時30分開場、先着順
2/19(金)八田真理子氏(学芸員)
2/26(金)守安 收氏(館長)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12791] 【愛知】春日井市立道風記念館/王朝文学と古筆切[2/11(木・祝)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/10(Wed) 21:34:49

 春日井市立道風記念館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=58で明日2/11(木・祝)から開催される展示を紹介します
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「王朝文学と古筆切」2/11(木・祝)〜3/21(日)
    月曜休館
    入館料金:一般500円、高校・大学生300円、中学生以下無料
       60歳以上の春日井市在住者、障がい者と付添1名は無料(要証明書提示)

 もともと本や巻物だったものを切断した一部分を「切」もしくは「断簡」ともいい、近世以降、茶席の床に掛けるために切断された。筆者が断定できないものもすぐれて美しい筆跡ばかりで、文学作品が生まれた時代に近いころに書写された、国文学資料としても貴重なものが多く含まれる。
 万葉集以後、古今和歌集の成立で、和歌は繊細な仮名文字で表現され、仮名文字は和歌を素材にして優美さを得た。本展では、館顧問の田中登氏所蔵の古筆のなかから、平安・鎌倉時代の名筆およそ70点を一堂に展示。
【勅撰集】藤原教長筆今城切
     伝寂蓮筆右衛門切
     伝九条兼実筆中山切
     藤原俊成筆御家切
     伝後鳥羽天皇筆玉藻切 
【私家集】伝慈円筆烏丸殿切
     伝西行筆升型本曽丹集切
【物語】 伝兼好筆越前切(伊勢)
     伝後光厳天皇筆小六半切(竹取)
     今川了俊筆伊予切(源氏)    など

展示品解説:学芸員による:2/21(日)、3/7(日)
 午前10時30分〜11時、午後2時〜30分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12793] 【石川】県立美術館/熊谷守一展−わたしはわたし−[2/11(木・祝)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/11(Thu) 09:45:03

 金沢市の石川県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=17&c=9で本日から開催の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆生誕140周年「熊谷守一展−わたしはわたし−」2/11(木・祝)〜3/14(日)
   会期中無休
   午前9時30分〜午後6時(入館は閉館30分前まで)
   入館料金:一般1000円  高大生800円  小中生500円
     身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳持参者の介添者は無料

 単純な形態と明快な色彩によって構成される『モリカズ様式』で知られる熊谷守一(1880〜1977)。世俗から離れたイメージで、明治・大正・昭和を貫く97年の生涯と70年を超える画業を全うした熊谷が歩んだ人生や、作品の真の像を改めて見つめなおす。代表作と、近年に発見された逸品を中心に、油彩画・日本画など「自分」を貫いた稀代の画人に迫る。
  ≪ヤキバノカエリ≫1956年
  ≪いんげんに熊蜂≫1961年
  ≪夏の月≫1961年 など

講演会:2/14(日)午後1時30分〜、ホールにて、定員200名(自由席)事前申込み不要、入館券のみ
「モリカズの世界―その画業と生き方」池田良平氏(本展監修、天童市美術館館長)
       日時:令和3年

映画上映会:2/23(火・祝)午前11時〜、午後2時〜(約100分)ホールにて、定員200名(自由席)事前申込み不要
     料金500円(展覧会チケットとは別途)
「モリのいる場所」山崎努、樹木希林主演、沖田修一監督作品
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12825] 【大阪】和泉市久保惣記念美術館/物語の中へ―源氏と伊勢― 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/17(Wed) 23:01:29

 和泉中央の和泉市久保惣記念美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=143で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆常設展「物語の中へ―源氏と伊勢―」前期:〜3/7(日)
             後期:3/9(火)&#12316;3/28(日)
     月曜休館
     入館料金:一般500円 高大生300円 中学生以下無料
          65歳以上は2割引
          各種障がい者手帳提示者と介助者1名は無料

 平安時代の古典文学の双璧をなすと称される『源氏物語』と『伊勢物語』がどのように享受され、絵画化されてきたか、室町時代以降の源氏絵と、『伊勢物語』の写本や版本、絵画、工芸品から迫る。屏風や色紙、扇面、版本、浮世絵版画、かるた等、多彩な作品を展示し、それぞれの物語を題材にした、時代ごとに特徴的な表現を見る。

  重要文化財 源氏物語手鑑 土佐光吉筆 慶長17年(1612)
  源氏物語図画帖 伝狩野探幽筆 江戸時代
  源氏物語扇面貼交屏風 伝土佐光則筆 江戸時代
  伊勢物語 伝後柏原院卿内侍書 室町時代
  嵯峨本伊勢物語 角倉素庵制作 慶長13年(1608)
  伊勢物語かるた 江戸時代
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12829] 【兵庫】県立歴史博物館/絵そらごとの楽しみ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/17(Wed) 23:37:31

 姫路市の兵庫県立歴史博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=39
で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別企画展「「絵そらごとの楽しみ―江戸時代の絵画から―」前期:〜2/21(日)
                        後期:2/23(火)〜3/21(日)
   月曜休館
   入館料金:大人500円 大学生350円 70歳以上250円 
    障がい者一般100円 大学生50円 高校生以下無料

 江戸時代の絵画には、活気あふれる都市やのどかな農村風景。働く人々や遊びまわる子どもたち。四季を彩る花と鳥。それらは当時の人びとにとって理想的な姿が投影でもあり、絵のなかに隠された当時の「絵そらごと」を読み解く。

1 四季と人びと
    石田幽汀《四季風俗図屏風》
2 名所の風景・都市の景観
   《洛中洛外図屏風》前期
3 山水にあそぶ
    百拙元養《城崎真景図巻》
4 いきものづくし
    狩野派《四季花鳥図屏風》前期
    酒井宗雅《兎図》
5 「そらごと」をえがく
   《源平合戦図屏風》
   《絵師草紙》(模本)   など

れきはくアカデミー:2/21(日)午後2〜3時30分 地階ホールにて、定員先着50名(※当日受付)
「江戸絵画の絵そらごと」山口 奈々絵氏(学芸員)

展覧会ガイド:山口 奈々絵氏(学芸員)2/27(土)3/13(土)午前11時〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12833] 【大阪】小林美術館/大観・玉堂・龍子 ―近代日本画の巨星 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/18(Thu) 21:52:31

 高石市の小林美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=155で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆冬季特別展「大観・玉堂・龍子―近代日本画の巨星」〜3/14(日)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)
   入館料金:大人1000円 高大生600円 小中生300円
 近代日本画を代表する三人の画家、横山大観よこやまたいかん(1868-1958)・川合玉堂かわいぎょくどう(1873-1957)・川端龍子かわばたりゅうし(1885-1966)。新しい時代に即した日本画を模索し、その近代化に大きく寄与した大観・玉堂・龍子の作品を中心に、明治以降の日本画の歩みを振り返る。
      横山大観「竹雨」
          「霊峰」
      横山大観・菱田春草「春秋」
      川端龍子「最上川」
          「喜鶴」
      川合玉堂「刈田鶴」
          「緑陰垂釣」など
☆同時開催・季節展「四季の万華鏡ー冬の静寂」

学芸員による展示解説(午後2時〜30分)3/2(火)7(日)11(木)

小林美術館・芦屋市谷崎潤一郎記念館共同企画特別講演会;入館料のみ
2/23(火・祝)「唐獅子図屏風について」長谷川透氏(日本画家)

連続企画「文化勲章受章作家勉強会」申込不要
第10回「川端龍子」2/27(土)午後2時〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12837] 【兵庫】西宮市大谷記念美術館/近代日本画・奥田善巳[2/20(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/18(Thu) 22:01:49

 阪神香櫨園の西宮市大谷記念美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=68で、2/20(土)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「競演 近代日本画 新旧コレクションの魅力」
【特集展示】「没後10年 奥田善巳−ネガとポジ・空間と平面−」2/20(土)〜3/21(日)
    水曜休館 
    入館料金:一般500円 高大生300円 小中生200円
         西宮市内在住65歳以上の方は一般料金の半額(要証明書呈示)
         ココロンカード・のびのびパスポート呈示の小中生は無料
          心身に障がいのある方及び介助者1名は無料(要手帳等呈示)

競演[旧]西宮市大谷記念美術館の近代日本画コレクション
 日本とフランスの近代絵画を中心に構成される大谷竹次郎コレクションのうち、竹内栖鳳、山元春挙、上村松園、橋本関雪といった京都画壇の画家ばかりではなく、横山大観、川合玉堂、伊東深水ら東京で活躍した画家の作品も含めた日本画の優品を約15点。
[新] コレクションの充実と個性派の画家たち
 開館以降、入江波光、西村五雲、菱田春草などの作品収集、西宮で油彩画の技法を採り入れた異色の画家山下摩起や、中国遍歴で風景作品を手がけた福田眉仙、前衛日本画グループ「パンリアル美術協会」の中心メンバーとして活躍し斬新な作品を次々と世に出した下村良之介ら、関西で活躍した個性派の画家たちの作品も加わり、開館以後に収集した作品約20点。
【特集展示】 没後10年 奥田善巳−ネガとポジ・空間と平面−
 1931年京都府に生まれ1960年代より神戸を拠点に活躍した現代美術作家・奥田善巳。当初は立体作品やドローイング、1980年代以降は抽象表現による油彩画を発表。黒の地塗りに単色の絵の具、極めてシンプルな構成で見る者に強い印象を与える。作品の受贈を機に館蔵作品約30点を紹介。

 上村松園《清韻》1943年
 福田眉仙《漁村風景図》制作年不詳
 奥田善巳《CO-951》1996年  など


対談 奥田善巳の横顔:2/27(土)午後2〜3時30分 
 植松奎二氏(現代美術作家)、聞き手:越智裕二郎氏(館長)
 定員50名(小学生以上)電話(0798-33-0164)で受付開始(先着順)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12851] 【富山】県美術館/やさしい日本画/国際工芸アワードとやま[2/25(木)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/24(Wed) 21:36:13

 富山市の富山県美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=16&c=3
で明日2/25(木)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「やさしい日本画―なぜ?を見つける5つのヒント―」2/25(木)〜4/4(日)
    水曜休館
    入館料金:一般700円 大学生350円 高校生以下無料
         各種手帳をお持ちの障害者(付添1名)無料
         リピーター割:「デザインあ展」以後の当館の企画展有料観覧券の使用済み半券3枚で
                 招待券1枚と引き換え
         クマ割:クマのグッズや、クマの絵柄の入ったものを持参、もしくは着用された方への割引
               一般 700円→550円 大学生 350円→270円

 日本画の「やさしい」美しさは、”なぜ”そう感じられるか、5つの視点(いつ、どこで、誰が、何を、どのように)をヒントにして、”なぜ”を紐解きながら日本画作品の魅力を探る。季節の草花や、心温まる風景、穏やかな色使いや、荘厳な精神性、或いは哀愁を感じる面持ちなど、画面の隅々に潜むやさしさの一端に触れながら、改めてじっくり作品を見る。
  齋藤清策《山路》1991
  菱田春草《武蔵野》1898
  石碕光瑤《晨朝》1939
  高山辰雄《冬》1974
  杉山寧《秋》1957
  片岡球子《立山》1983   など

☆企画展「国際工芸アワードとやま 2020―羽ばたく工芸の未来―」2/25(木)〜4/4(日)

 工芸の世界的な潮流を捉え、工芸の未来ビジョンを描くことを目的とし、50歳以下の工芸に携わる若き作家、職人、デザイナーなどを対象とした国際公募展で、今回の公募の結果、世界62の国と地域から709点の応募があり、入選・受賞作品に、審査員による 招待作品を加えた約120点の展示により、世界の工芸/日本の工芸/富山の工芸をここ富山から発信。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12852] 【東京】根津美術館/狩野派と土佐派[2/25(木)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/24(Wed) 21:37:13

 表参道の根津美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=45で明日2/25(土)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「狩野派と土佐派 幕府・宮廷の絵師たち」2/25(木)〜3/31(水)
   月曜休館
   入館料金:オンライン日時指定予約 一般1300円 学生1000円
                当日券 一般1400円 学生1100円
          *当日券は、予定枚数の販売が終了している場合あり
          *障害者手帳提示者および同伴者は200円引き、中学生以下無料

 室町時代の漢画の絵師・狩野正信(1434?〜1530)にはじまる狩野派。同時代、土佐光信(1434?〜1525)により栄華をきわめたやまと絵の流派である土佐派。日本の画壇は狩野派が制するが、土佐派も江戸時代前期に宮廷の絵師として復活した。本展では、当館が所蔵する狩野派と土佐派の作品を中心に、室町〜江戸時代に幕府や宮廷の御用絵師たちの作品を見る。

 四季花鳥図屏風 伝 狩野元信筆 日本・室町時代 16世紀
 両帝図屏風 狩野探幽筆 日本・江戸時代 寛文元年(1661)
 蘭陵王図 伝土佐行秀筆  日本・室町時代 15世紀
 蛙草紙絵巻 伝 土佐光信筆 日本・室町時代 16世紀
 源氏物語朝顔図 土佐光起筆 日本・江戸時代 17世紀  など

同時開催「変化のものがたりーお伽草子二題ー」
    「雛祭りの茶」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12858] 【日本画書】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/28(Sun) 20:11:59

 開催中から、これから開催の日本画や書道の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、入場制限や開催日の変更などには十分ご注意ください。

【北海道】
市立小樽美術館,☆「北海道の日本画たち 小林コレクションI」3/13(土)〜5/16(日)

【秋田】
秋田ふるさと村秋田県立近代美術館,☆コレクション展「Colors−豊四郎の色」〜4/11(日)日本画

【山形】
伝国の杜 米沢市上杉博物館,☆開館20周年 特別展「狩野派〜永徳の周辺〜」前期:8/7(土)〜9/5(日)
      後期:9/11(土) 〜10/10(日) ※洛中洛外図屏風原本展示は後期
鶴岡市立藤沢周平記念館,☆ミニギャラリー 第6回「作品題名書道展」3/6(土)〜3/23(火)

【千葉】
成田山書道美術館,☆「今日の書壇 新井光風展」〜3/25(木)<会期延長>

【東京】
青梅市立美術館(青梅市立小島善太郎美術館),☆館蔵企画展「生誕120年−宮本十久一展」〜3/28(日)日本画

【神奈川】
鎌倉市鏑木清方記念美術館,☆「さしえ、華やかなりし頃−清方が受け継ぐ挿絵の美−」3/13(土) 〜4/11(日)

【石川】
石川県立美術館,☆北陸中日新聞発刊60周年記念 生誕140周年「熊谷守一展」〜3/14(日)会期中無休

【長野】
おぶせミュージアム,☆「冬のおぶせミュージアム・中島千波館―収蔵品展―」〜4/20(火)

【岐阜】
岐阜現代美術館,☆篠田桃紅芸術月間2021 '80s「1980年代の作品から」〜3/19(金)

【愛知】
田原市博物館,☆「崋椿系の系譜 椿椿山 渡辺小華」〜4/11(日)

【三重】
松浦武四郎記念館,☆「武四郎涅槃図の世界」〜3/14(日)

【滋賀】
観峯館,☆冬季企画展「生誕110年記念 原田観峰の書」〜3/21(日)

【大阪】
小林美術館,☆春季特別展「動物の息吹」季節展「華と女性の日本画」3/19(金)〜6/13(日)

【兵庫】
鉄斎美術館
 ☆「鉄斎の富士」後期:2/21(日)〜4/11(日)
 ☆「鉄斎の九十歳落款」前期:4/19(月)〜6/6(日)
            後期:6/14(日)〜8/1(日)
 ☆「鉄斎の仏画」前期:9/6(月)〜10/24(日)
         後期:11/1(月)〜12/19(日)
【奈良】
寧楽美術館
 ☆企画展「花をたずねて」4/7(水)〜7/26(月)
 ☆特別陳列予定「重要文化財『亦復一楽帖』第一図「雲無心」田能村竹田」4/7(水)〜4/22(水)

【島根】
島根県立美術館
 ☆コレクション展日本画「橋本明治(2)画風確立」〜3/29(月)
 ☆「石本 正 生誕100年回顧展」4/2(金)〜5/24(月)
今岡美術館,☆「野々内政美 水墨画展」3/13(土)〜5/16(日)

【岡山】
倉敷市立美術館
 ☆コレクション「新収蔵作品展」〜3/7(日)
 ☆ロビー展示「城を描く」〜3/14(日)
華鴒大塚美術館,☆「春 来ー兆しー」〜4/11(日)
新見美術館
 ☆開館30周年特別企画「〜日本画総選挙〜華麗なる日本画コレクション」3/13(土)〜4/11(日) (予定)

【広島】
やかげ郷土美術館,☆収蔵品展「田中塊堂と佐藤一章 〜代表作を中心に〜」3/9(火)〜6/13(日)
海の見える杜美術館
 ☆生誕120年 海杜コレクションで見る
  「小松 均 自然を愛した画仙のまなざし」3/20(土)〜5/9(日)<タイトル確定、終期変更>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明