[掲示板へもどる]
一括表示

  [No.12645] 【日本洋画】令和3(2021)年に見られる展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/30(Wed) 20:50:05

 新年から開催の日本人作家の洋画の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、年末年始の休館、入館の予約制、感染予防対策などには充分ご注意下さい。なお、この発言を令和3(2021)年の毎月の【日本洋画】の展覧会案内のベースノートにします。

【青森】
青森県立美術館
 ☆企画展 生誕110周年記念「阿部合成展 修羅をこえて「愛」の画家」 〜令和3年1/31(日)<〜1/1休館>

【茨城】
笠間日動美術館,☆企画展「異国の景色」令和3年1/2(土)〜3/7(日)

【群馬】
大川美術館
 ☆企画展「広島市現代美術館所蔵作品を中心にPart2 70年目の原爆の図」令和3年1/16(土)〜3/14(日)

【千葉】
市川市木内ギャラリー,☆「薔薇色のスペイン 桜色のふるさと 2021年 大島 暁 油彩展」令和3年3/16(火)〜3/21(日)
茂原市立美術館・郷土資料館
 ☆美術収蔵品展「洋画優品展」〜令和3年1/11(月・祝)<会期延長>
 ☆美術収蔵品展「新収蔵品展−森章、石井伝三の洋画、板倉花巻の書を中心に」3/19(金)〜5/17(月)

【東京】
ちばぎんひまわりギャラリー
 ☆企画展「小椋 聡子展−金属に込めた一瞬の風景−」 〜令和3年1/24(日) <12/31〜1/4>
 ☆「安井 成子展 アクリル画」令和3年1/26(火)〜2/7(日)
 ☆「山内 麻美展 油彩画・フレスコ画・モザイク画」令和3年2/9(火)〜2/21(日)
 ☆「大金 郁子展 油彩画」令和3年3/9(火)〜3/21(日)
 ☆「茂田 宏子展 油彩画」令和3年4/6(火)〜4/18(日)
新宿区立佐伯祐三アトリエ記念館
 ☆ミニギャラリー展示「佐伯アトリエができた頃の下落合」令和3年1/5(火)〜3/31(水)
平和祈念展示資料館
 ☆企画展「宮崎静夫展 ―鎮魂を祈る―」前期:〜令和3年1/11(月・祝)
                 後期:令和3年1/13(水)〜2/21(日)
早稲田大学會津八一記念博物館
 ☆企画展 受贈記念「コレクター寺田小太郎―難波田龍起、相笠昌義を中心に―」5/17(月)〜7/31(土)
上野の森美術館
 ☆画業30周年記念「笹倉鉄平 展―心やすらぐ光の情景―」令和3年1/23 (土) 〜2/1 (月)
 ☆第37回「上野の森美術館大賞展絵画大賞受賞者 張媛媛展」令和3年2/12 (金) 〜2/23 (火・祝)
武蔵野市立吉祥寺美術館,☆「阪本トクロウ|デイリーライブス」令和3年1/9(土)〜2/28(日)洋画

【神奈川】
平塚市博物館
  ☆2階 情報コーナー ポスト特別展「よみがえる少年の日々−佐草健ボールペン画展−」〜令和3年2/28(日)
秦野市立宮永岳彦記念美術館,☆「宮永岳彦と旅にでる」〜令和3年6/27(日) 

【新潟】
今泉記念館,☆「油絵 展」 〜令和3年2/28(日)
トミオカホワイト美術館,☆開館30周年記念「新収蔵品と北海道の風景」〜令和3年3/16(火)

【山梨】
韮崎大村美術館,☆韮崎大村美術館収蔵作品展「美を探るII」〜令和3年2/28(日) <12/29〜1/3>
河口湖ミューズ館・与勇輝館,☆「山下菊二展」〜令和3年9/15(水)洋画

【長野】
松本市美術館,☆田村一男記念展示室「旅の情景 −2−」〜令和3年3/31(水) <12/29〜1/2休館>

【岐阜】
岐阜県美術館,☆「岸田劉生展 ―写実から、写意へ―」〜令和3年1/17(日)<会期訂正>

【大阪】
絹谷幸二 天空美術館,☆特別展示「天空をいろどる いのちのつながり」〜令和3年6/28(月)
東大阪市民美術センター,☆特別展「クレパス画 名作展」令和3年2/10(水)〜3/14(日)

【兵庫】
神戸市立小磯記念美術館
 ☆特別展「至高の小磯良平 大野コレクションのすべて」〜令和3年3/21(日)<12/28〜1/4休館>
世良美術館,☆B1ギャラリー「世良臣絵・静物と人物」〜令和3年2/26(金)<12/26〜1/6休館>

【奈良】
奈良県立図書情報館
 ☆「松田大児さんの絵」令和3年3/9(火)〜3/30(火)
   奈良と種子島を拠点に創作活動を続ける画家・松田大児(まつだたいじ)の作品展
喜多美術館
 ☆「フジタナオミ展」令和3年1/9(土)〜4/11(日) 
 ☆「光田千代展」令和3年4/16(金)〜7/4(日)
 ☆「赤松加奈展」令和3年7/9(金)〜10/3(日)

【鳥取】
倉吉博物館・倉吉歴史民俗資料館
 ☆美術所蔵品展 郷土の美術 第2展示室「米本一郎 雪景色」〜1/17(日)洋画

【広島】
国立広島原爆死没者追悼平和祈念館
 ☆企画展「時を超えた兄弟の対話
  ―ヒロシマを描き続けた四國五郎と死の床でつづった直登の日記―」〜令和3年2/28(日)<〜1/17休館> <会期延長>
蘭島閣美術館,☆「寺内萬治郎の歩み1」〜令和3年5/10(月)<12/29〜1/1休館>
八千代の丘美術館,☆TOKUBETU企画展「福長弘志 展 −墟ー」〜3/8(月)<12/28〜1/4休館>

【山口】
周南市美術博物館,☆「猪熊弦一郎展 いのくまさん」令和3年1/8(金)〜2/23(火・祝)<タイトル確定>

【徳島】
徳島県立近代美術館
 ☆所蔵作品展「徳島のコレクション 2020年度 第3期 特集 伊原宇三郎って?」〜令和3年4/11(日)<12/28〜1/4休館>
 ☆「特集 山下菊二101歳!」令和3年2/16(火)〜4/11(日)

【香川】
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
 ☆「猪熊弦一郎展 色に注目!ー赤・黄・青から見てみると?ー」 令和3年1/23(土)〜3/7(日)

【高知】
香美市立美術館,☆第90回企画展「みづゑの魅力」令和3年2/6(土)〜3/21(日)
四万十町立美術館,☆「大野一絵画展〜横山コレクションより〜」令和3年3/6(土)〜4/3(土)

【佐賀】
佐賀県立美術館,☆OKADA-ROOM Vol.19「或る洋画家の横顔 ―写真と映像資料からみる岡田三郎助―」〜令和3年3/7(日)

【熊本】
島田美術館,☆「田上允克 絵画展」令和3年1/6(水)〜1/17(日) 洋画
坂本善三美術館,☆「祈りの形〜描かれた心〜」〜令和3年3/14(日)<12/29〜1/3休館>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12681] 【鹿児島】市立美術館/子から丑へ/海老原喜之助 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/31(Thu) 23:36:20

 鹿児島市立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=46&c=6で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆冬の所蔵品展「ミニ特集:子から丑へ〜干支をモチーフにした作品たち」〜令和3年3/7(日)
  〜1/1 と 月曜日(祝日の場合はその翌平日) 休館
  入館料金:一般300円 高大生200円 小中生150円

ネズミとウシを比較すると多く描かれてきたのは圧倒的にウシ。バルビゾン派のトロワイヨンなどは牛の専門画家として知られ、東洋でも、禅画の十牛図は伝統的な画題として描かれた。一方、身近ながらも、ネズミは害獣でしたが愛嬌のある存在として捉えられ、修行中の雪舟が足で描いた涙の絵はネズミでしたし、ウォルト・ディズニーはネズミを今や世界で最も有名なキャラクターに育てた。所蔵品の中から選んだ、ネズミとウシの作品のいくつかをみる。
  アンディ・ウォーホル《ミッキー・マウス》1981年(寄託品)
  新納忠之介《牛の像》制作年不詳
  時任┠А垈藥撞蹇ユ1907年
  黒田清輝《自画像》1889年 
  アンリ・マチス《窓辺の婦人》1919年

☆小企画展「没後50年 海老原喜之助の軌跡」〜令和3年1/3(日)

 没後50年を記念して、海老原喜之助の初期からパリ時代、戦中戦後の油彩画を一堂に展示。鹿児島から8歳のとき、当時パリで大活躍の日本人画家、藤田嗣治を訪ねて渡仏し、世界中の画家たちとしのぎを削り、「エビハラ・ブルー」と絶賛された。帰国後の日本は、戦争に向かう時代で、ここから新しい画風が始まり、さらに戦後、疎開していた人吉、熊本では、また新たな展開を迎え、神奈川県逗子へ転居。そして終焉の地となるフランス。
《自画像》 1922  油彩・キャンバス
《樵夫と熊》1929  油彩・キャンバス
《太陽神》 1965頃 油彩・キャンバス 
《サーカス》1970  油彩・キャンバス 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12691] 【島根】県立石見美術館/大下藤次郎と水絵の系譜 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/01(Fri) 23:10:07

 益田市の島根県立石見美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=32&c=33で開催中の企画展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「生誕150年 大下藤次郎と水絵の系譜」前期:〜1/25(月)
                       後期:1/27(水)〜2/20(土)
       〜1/1、毎週火曜休館
      入館料金:企画展   企画展・コレクション展セット
          一般 1000円    1150円
         大学生 600円    700円
        小中高生 300円    300円
        各種障がい者手帳をお持ちの方およびその介助者(1名様まで)は入場無料
 本展は、日本における水彩画の地位を確立し、明治期を代表する水彩画家として活躍した大下藤次郎(1870〜1911)の生涯と画業を振り返る。水彩画の普及に人生を捧げた大下が、その著書や講習会などを通じて伝えようとした水彩画表現の魅力に迫るとともに、大下が自らの道を歩む過程で出会った人々、水彩画を愛した仲間達の作品も紹介。
  大下藤次郎《猪苗代》1907年 水彩、紙(前期展示)
       《秋の雲》1904年 水彩、紙 (前期展示)
  吉田ふじを《少女と網を持つ少年》1902年頃(前期展示)
  三宅克己《ニューヘヴンの雪》1898年 水彩、紙(前期展示)

  丸山晩霞《高原の秋草》1895〜98年 水彩、紙 

  大下藤次郎《檜原湖の秋》1907年 水彩、紙(後期展示)
      《紫陽花》1904年 水彩、紙(後期展示)
  アルフレッド・ウィリアム・パーソンズ《日光の小堂》1892年 水彩、紙(後期展示)
  石井柏亭《病児》1904年 水彩、紙 (後期展示)

記念講演会:午後2〜3時30分、講義室(当日先着25名/聴講無料)申込不要、参加無料
1/16(土)「山を描いた水彩画家たちー大下藤次郎を中心に」斎藤郁夫氏(山口県立美術館 学芸参与)
2/7(日)「修復のはなし」尾形純氏(画家・修復家)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12695] 【愛知】杉本美術館/城のある風景 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/02(Sat) 00:34:57

 美浜町の杉本美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=127
で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「城のある風景」〜4/20(火)
    〜1/1 毎週水曜日(ただし、祝日の場合は開館、翌日休館)毎月第2火曜日
    入館料金:大人900円 高校生400円 小中生300円
         障害者手帳をご提示の場合、入館料金半額
 
 人生のほとんどを名古屋で過ごした杉本健吉にとって、名古屋市民としても画家としても、名古屋城は特別な存在で、の頃から晩年に至るまで、名古屋城を望み、描いてきた。戦災で焼ける前の名古屋城も、再建された名古屋城も描いています。
 若い頃には観光ポスターの図案の依頼をうけ、犬山城もよく描いた。
 杉本は、祖父の代まで石工を家業とし、子供の頃から城の石垣に関心を持ち、杉本が晩年になって描いた名古屋城の絵でも、石垣が丹念に描かれる。ヨーロッパでは周りを城壁で囲った城郭都市、杉本はその石の城に関心を持って絵にした。
 各地の城の写生を通じて、生涯にわたる杉本健吉の画業を楽しむ。

  名古屋城 日本ライン ローテンブルク要塞 ディエッペ城跡
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12696] 【茨城】笠間日動美術館/異国の景色[1/2(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/02(Sat) 00:35:41

 笠間日動美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=08&c=23で新春から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「異国の景色」1/2(土)〜3/7(日)
    月曜休館(但し1月11日は開館、1月12日は休館)
    入館料金:大人1000円 65歳以上800円 高大生700円 中学生以下無料
         障害者手帳をお持ちの方と同伴者1名は半額
 
 本展では、パリの街並みに向き合い制作を続けた佐伯祐三をはじめ、海外に学び各々の表現を探究した画家たちの作品を展示し、画家の眼を通して描かれた異国の風景、人々、そして旅情あふれる思い出の品々に、感動をみつける。

 佐伯祐三《パリの街角》1927年 
 奥谷 博《モン・サン=ミッシェル》1968年
 藪野健《ある日 ソル広場》1984年
 松井ヨシアキ《セーヌ》2003年
 田村 能里子《陽炎人》1984年
 城戸義郎《巡礼の道》
 小木曽 誠《フィレンツェ》2010年 など

☆同時開催 写真公募展2021【わたしが見つけた異国】1/2(土)〜3/7(日)

ギャラリートーク:1/9(土)2/13(土)3/6(土)午後2時〜(約30分)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12705] 【静岡】磐田市香りの博物館/倉本聰 点描画展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/02(Sat) 21:48:46

 磐田市豊田町の磐田市香りの博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=22&c=70で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「倉本聰 点描画展 〜森のささやき・樹の香り〜」〜1/17(日)
   〜1/2 月曜(祝日の場合は開館し翌日休館)休館
   入館料金:一般800円 学生(高校生以上)200円 小中生100円

 数多くの名作を世に送り続けてきた脚本家・倉本聰が富良野のアトリエや旅先で、一本一本にドラマを見出して十数年に渡り描き続けてきた「樹」、それらの点描画の中から約60点を厳選して紹介。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12767] 【日本洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/01(Mon) 22:00:13

 開催中から、これから開催の日本人作家の洋画の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、臨時休館、入館の予約制、感染予防対策などには充分ご注意下さい。

【大阪】
さかい利晶の杜,☆生誕120周年「高林和作 サバクに立つ画家の眼差し」2/13(土)〜3/21(日)

【兵庫】
三木市立堀光美術館,☆企画展「藤原昌代展〜禍福は糾える縄の如し〜」2/5(金)〜2/21(日)

【広島】
三之瀬御本陣芸術文化館,☆「須田国太郎の黒ーSuda's Blackー画家たちの黒」〜4/19(月)

【山口】
下関市立美術館,☆特別展「自然の秘密をさぐる―高島北海没後90年記念―」〜3/14(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12800] 【山口】下関市立美術館/高島北海没後90年記念 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/11(Thu) 21:30:00

 下関市立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=35&c=3で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「自然の秘密をさぐる―高島北海没後90年記念―」〜3/14(日)
   月曜休館
   入館料金:一般1000円 大学生800円
     18歳以下の方、高等学校、中等教育学校、特別支援学校に在学の生徒は無料
     下関市内に居住する65歳以上の方は半額(要公的証明書の提示)
 地質や森林を専門とする技術官僚としても活躍した画家・高島北海が没後90年を迎えることにちなみ、自然に魅了され、その秘密を探求した芸術家や研究者たちの創作活動に迫る。

 自然科学の知識と、国内外各地を巡った経験が生んだ北海の作品を約30点紹介し、北海以外の芸術家や研究者たちによる「山・渓流/植物/身近な自然・海」を切り口に、絵画、写真、工芸美術など90点余りを展観。
 高島北海《日本亜伯槍ヶ岳図》1911年 下関市立美術館蔵(展示は前期のみ)
 高島北海《富士登山図》より「富士頂上剣ヶ嶺」1878年 
 高島北海《果蔬図》1920年 
 吉田博《日本アルプス十二題》より「剱山の朝」1926年
 牧野富太郎・山田壽雄《オオヤマザクラ(『大日本植物志』原図)》
カール・ブロスフェルト『芸術の原型』より《トリカブトの新芽》
         《オシダ〜渦巻き状の若い複葉》1900-28年
 高島野十郎《からすうり》
 二代川島甚兵衞(図案:神坂雪佳)《紋織窓掛試織「百花」》1903年頃
 黒田重太郎《白川村》1903(明治36)頃(展示は後期のみ)など

トークイベント:3/6(土)午後1時30分〜(約2時間)1階講堂にて、定員30名(要事前申込、先着順)
「高島北海と長門峡」
  金折裕司氏(元山口大学教授)
  永山伸一氏(長門峡動画撮影・編集者)
  岡本正康氏(副館長)
申込方法(TEL:083-245-4131)まで「1.講座名 2.氏名 3.電話番号」を伝える
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                    明日香 光二/馬場 英明


  [No.12808] 【大阪】絹谷幸二 天空美術館/天空をいろどる いのちのつながり 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/14(Sun) 18:03:11

 大阪新梅田シティの絹谷幸二 天空美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=41で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展示「天空をいろどる いのちのつながり」〜6/28(月)
   火曜休館(祝日の場合は翌日)
   入館料金:一般1000円 小中高生600円 団体・障がい者割引あり
 二女 絹谷香菜子(日本画家)と親子合作の「生命(いのち)輝く」(2017)のほか、人間の生きる智慧を説く『般若心経』をテーマとした、対となる「自画像・夢」(2006)、「漆黒の自画像」(2006)を初出品し、生命への賛美を描いた“いのちのつながり”を巡る。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12812] 【京都】府京都文化博物館/木梨憲武展 Timingー瞬間の光りー[2/16(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/15(Mon) 19:38:58

 三条高倉の京都府京都文化博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=45で明日2/16(火)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「木梨憲武展 Timingー瞬間の光りー」2/16(火)&#12316;3/28(日)
   月曜(祝日の場合は開館、翌日休館)
   開室時間:午前10時〜午後6時(金曜は7時30分まで、入室は30分前まで)
   入館料金:一般1600円 高大生1300円 小中生600円
        障害者手帳などを提示の方と付添者1名無料
 2015年ニューヨーク個展を契機に制作された「OUCHI」シリーズ、2018年にロンドン個展で制作を始めた「REACH OUT」シリーズを中心に、2014年の全国巡回展「木梨憲武展×20years」の作品まで、ドローイング、映像、オブジェなど自由な発想による作品約200点。

  《Mt.FUJI》1996年
  《Mt.FUJI》2015年
  《とりのうた(3)》2014年
  《お手月 REACH OUT》2008年
  《REACH OUT》2018年
  《REACH OUT Tree》2018年
  《OUCHI−光り》2017年
  《OUCHI−大地》2017年
  《フェアリーズ》2015
  《フェアリーズー街ー》2018年
  《感謝》2013年
  《セーヌ川》1994年
 《London》2017年
  《WAIHA∀》2011-2013年
  《CENTRAL PARK SOUTH》2015年
  《Kiss》1999年
  《3116》2015年
  《フラワー》2000年
  《Flower》2018年
  《窓》2018年 など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12817] 【大阪】さかい利晶の杜/高林和作ーサバクに立つ画家の眼差し 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/15(Mon) 19:48:51

 堺市大小路のさかい利晶の杜http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=69
で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆生誕120周年 企画展「高林和作ーサバクに立つ画家の眼差しー」〜3/21(日)
     2/15(月)2/16(火)3/16(火)
     入館料金:一般300円、高校生200円、小中学生100円

 戦前から戦後を生きた堺出身の高林和作(たかばやし わさく1900‐1968:高林の高は、本来はハシゴ高)は、1928年に渡仏し、フォーヴィスムやキュビスム後の写実主義を学び、帰国後は、京都を拠点に活動し、京都市立美術大学(現・京都市立芸術大学)の西洋画科で須田国太郎、黒田重太郎、川端彌之助らとともに教鞭をとった。
 西洋画の受容と日本的油絵の創成が模索された20世紀初頭、高林は、青を基調に色の対比を意識しながら、線描を重ねる作風を確立させる。創作旅行や屋外制作を精力的に行って多くの風景画を描き、遺族からの寄贈で堺市博物館に収蔵されるコレクションの中から、高林和作の画業を紹介。
    《ジョワンビル風景》1930年 
    《自画像》1960年代
    《河岸の秋》1960年頃
    《港の春》1965年
    《中書島風景》1960〜65年
    《材木河岸》1961年  など

☆関連展示「高林和作と文人の世界」2/17(水)〜3/15(月)   
  高林和作が晩年に墨で描いた小さな画帖を紹介します(さかい利晶の杜 千利休茶の湯館にて)

ワークショップ「高林和作に挑戦!はんたいぬりえをしてみよう」
 会期中随時、参加無料 さかい利晶の杜 2階図書コーナー前(無料ゾーン)にて
 申込不要、説明書を見ながら自身で制作を進めるワークショップ、材料がなくなり次第終了
 一度のワークショップは6名まで、混み合っている場合は30分ごとの入れ替え制

鑑賞プログラム「ひそひそおしゃべり」:対話型鑑賞
2/20(土)3/7(日)午前11時〜/午後2時〜(各回30分程度)
参加無料(展示観覧券のみ)企画展示室にて、小学3年生以上、各回5名(先着)

申込方法:来館・電話・メール・FAXにて
参加者氏名(ふりがな)、電話番号を明記
TEL072-260-4386 FAX072-260-4725
メール:event@sakai-rishonomori.com
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12830] 【愛知】一宮市三岸節子記念美術館/自画像展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/17(Wed) 23:38:35

 一宮市三岸節子記念美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=43で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「自画像展〜ひとみの中に自分がいる〜」〜3/14(日)
    月曜と祝日の翌日休館
    入館料金:一般1000円 高大生500円 中学生以下無料
     一宮市内の満65歳以上で住所・年齢の確認できる公的機関発行の証明書等を提示された方
     身体障害者手帳・戦傷病者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳を持参の方(付添人1人を含む)は無料

 三岸節子の1925(大正14)年の春陽会第3回展で初入選したデビュー作・20歳の『自画像』は70年余の節子の画家としての原点となった作品。制作者が自らに向かい合い、キャンバスの上の自分が行き交い、自己の心境を主観的にとらえ、描くという格闘をした結果の自画像は、個々の画家のその時々が表現されている。
 三岸節子に影響を与えたり、若き日からかかわりを持った画家たちを中心に、明治期から現代に至るまでの自画像を展示。各時代における表現法、個々の画家たちの“おもい”、“決意”を59点の作品から見る。
  佐伯祐三、絹谷幸二、甲斐仁代、宮崎晴、松本竣介 など

講演会:3/13(土)午後2〜3時30分(開場1時30分)講義室にて、
  定員先着60名 申込み不要(当日直接会場)
「自画像と肖像画」熊澤弘氏(東京藝術大学大学美術館准教授)

学芸員によるギャラリートーク:3/9(火)10(水)11(木)午後2時〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12857] 【日本洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/28(Sun) 20:10:57

 開催中から、これから開催の日本人作家の洋画の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、入場制限や開催日の変更などには十分ご注意ください。

【北海道】
市立小樽美術館,☆中村善策「さあ 風景画をはじめよう」第2期 〜3/21(日)
網走市立美術館,☆「オホーツクの新鋭 茂木怜成展」〜3/28(日)

【群馬】
大川美術館,☆コレクション展「20世紀アート120」
          「藤島武二のスケッチ100」4/10(土)〜6/20(日)

【東京】
アーツ千代田3331,☆村上生太郎 個展「Inner journey」3/4(木)〜4/25(日)日本洋画1F 3331 CUBE shop&gallery 内
東京ステーションギャラリー,☆「没後70年 南薫造」〜4/11(日)
渋谷区立松濤美術館,☆サロン展「渋谷区立松濤美術館所蔵 南 薫造 日々の美しきもの」〜3/7(日)

【長野】
信州新町美術館・有島生馬記念館・信州新町化石博物館
 ☆美術館第一展示室企画展「水上民平展 〜 蝶と花の心響」〜 5/16(日)洋画
 ☆美術館第三展示室 新規収蔵品展「美術館ゆかりの作家 栗原 信 水彩画展」〜6/27(日)
東御市梅野記念絵画館・ふれあい館,☆「信州を見つめ 信州を集める 倉沢コレクション展」〜3/28(日)

【愛知】
豊田市美術館,☆「わが青春の上杜会   昭和を生きた洋画家たち」〜3/14(日)
 
【島根】
島根県立美術館,☆コレクション展洋画名品選[戦後篇]〜5/24(月)

【広島】
呉市立美術館,☆特別展「高橋由一から藤島武二まで 日本近代洋画への道ー山岡コレクションを中心にー」3/17(水)〜5/5(水・祝)

【香川】
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館,☆「まみえる 千変万化な顔たち」 3/20(土・祝)〜6/6(日) 

【佐賀】
佐賀県立美術館,☆OKADA-ROOM Vol.19「或る洋画家の横顔 ―写真と映像資料からみる岡田三郎助―」〜3/7(日)

【鹿児島】
鹿児島市立美術館,☆特別企画展「魂の旅 遠藤彰子展 〜巨大画に広がる一大叙事詩〜」3/26(金) 〜5/5(水・祝)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12788] 【大阪】東大阪市民美術センター/クレパス画 名作展[2/10(水)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/09(Tue) 23:25:54

 東花園の東大阪市民美術センターhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=157で明日2/10(水)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「クレパス画 名作展ー近代の巨匠から現代の作家まで
   表現の広がりと可能性を求めてー」2/10(水)〜3/14(日)
    月曜休館
     午前10時〜午後5時(3/5(金)は8時まで、入場は閉館30分前まで)
     入館料金:500円
      中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方(介助者1名を含む)
      65歳以上(生年月日記載があるものの提示が必要)は無料。

 子ども向けの画材というイメージがあるが、多くの作家がその風合いに魅了され、表現の幅を広げてきたクレパス。近代日本画壇の巨匠から現代美術作家まで、約80名の作家によるクレパス画100点を一堂に紹介。梅原龍三郎、小磯良平、岡本太郎、舟越桂、鴻池朋子などによる作品から、クレパスによる多彩な表現方法とその広がり、可能性に迫る。
 舟越 桂《習作》2002年
 伊藤 廉《鳩とベゴニヤ》制作年不明
 鴻池朋子《Little Wild Things》2015年
 熊谷守一《裸婦》制作年不明
 岡本太郎《鳥と太陽》制作年不明 など

ギャラリーレクチャー「クレパス画の愉しみ」定員に空きがあるので追加募集
       電話(072-964-1313)で申込
(1)2/13(土)午後2〜3時
(2)2/20(土)午後2〜3時
 清水靖子氏(主任学芸員) 定員:各回30人
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12847] 【群馬】大川美術館/70年目の原爆の図 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/21(Sun) 18:33:32

 桐生市の大川美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=10&c=18で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆広島市現代美術館所蔵作品を中心にPart2「70年目の原爆の図」〜3/14(日)
      月曜休館
      入館料金:一般1000円 高大生600円 小中生300円
 1950(昭和25)年に、広島に投下された原子爆弾の惨状をいちはやく目撃した丸木位里(1901-1995)・俊(1912-2000)夫妻は、代表作となる《原爆の図》を描き始めた後、1951(昭和26)年には桐生市本町5丁目にあったモリマサ百貨店でデッサン50点と共に展示され、前橋市をはじめ全国巡回した。群馬県内での巡回展から70年目、この時の全国巡回展はどんな展覧会で会ったか、当時、桐生や前橋の巡回展に足を運んだ方々の証言をもとに再検証。

 特別出品:石内都《ひろしま#71》2007/2015年

☆記念展示「竣介のアトリエ再見プロジェクト―すわっていた場所、つかっていたモノ、すきだったモノ―」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明