ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12643] 【ほっとミュージアム】本年の閉幕に 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/30(Wed) 20:45:06

 世界中で感染症拡大におののき、それに立ち向かってきた1年が幕を閉じようとしています。ミュージアムに関しても、毎年のように地震や水害や火災など様々な災害に遭ってきたことと同様、困難に対処されてきました。しかし、ミュージアム自体も困難に遭ったものの、地域の人々をなぐさめたり、その事実を記録・記憶に留めるなどの役割も果たされてきたことを、誇りにしたいと思います。

 今年は、春から夏にかけて、全国で開館もできない状態が続きましたが、消毒や入館制限をしての密防止、対話型イベントの中止などの対策をした上で、多くの館が再開されました。そして、それぞれの館の役割を果たすべく、開館・運営されてきたと努力を察します。

 年納めと言いますか、既に年末年始の休館に入っておられる館がほとんどです。こんな時世だからこそ、新春には晴れやかに幕開けしたいと、準備を進められたと思います。次発言から、新春あるいは来春開会の展覧会を、ベースノートを新たにして並べます。今季は曜日の並びが絶妙なので、1月3日までが年末年始休館、4日が定期休館、5日から開館という館がほとんどかと存じます。それよりも正月早々に開館の館もある一方、収まらない感染症拡大対策として、首都圏を中心に年始休館を11日あるいは17日まで延ばされている館もあります。「年末年始休館」の日をできるだけ併記しましたが、それを私のほうで記述していない館も、必ず開館日をお確かめになってお訪ねください。

 神社仏閣の“初詣で”と同じく、密を避ければ、ミュージアムへの“初もうで”も気持ちをしずめ、豊かにすることができる行いだと存じます。寒波と、感染対策を万全に、どうぞ静かなお正月をお迎えください。しばらく、新春からの展示を紹介しますが、これにて年末のご挨拶とさせていただきます。

                       本談話室の管理人  明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー