ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12641] 【愛知】古川美術館:中世彩色写本 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/30(Wed) 20:41:57

 12/13(日)に、ちょっとしたクリスマスの楽しみと思って、名古屋を訪れています。
 その中で初めて訪れた古川美術館。名古屋駅から地下鉄東山線で池下駅下車ほぼすぐ、という便利な場所ですので、ここが初めては自分でも意外。日本画の展示が多い館ですが、キリスト教会で作られた「中世彩色写本」に興味をひかれたので今回訪ねました。
 メインは、洋画家藤森兼明さんの、中世写本の図柄モチーフをバックにした女性肖像画の数々、です。こちらが古川美術館の重要なコレクションの一つで、それぞれ緻密で美しい作品たちです。本展では、中央の展示ケースに小さな、しかし煌びやかな古写本が並べられています。聖書の一部を、絵付きで一般の人が祈祷のために読みやすく本にしたもの。「時祷書」と呼ばれ、15世紀、印刷が普及する前に手書きで写本されたもの。(それをさらに模刻した「ファクシミリ版」もあるが)およそ手書きとは思えぬ細かい文字を整然と書かれるのは神業かと思いますが、それだけに、完成には1冊数年もかかったらしい。また、さすがに感染直前に、ペンのインクが保たず文字がかすれたり、文字を間違えてしまったりしていることも多く、人間らしさも感じられます。さらにそれをちゃんと指摘、解説してくれている学芸員さんのコメント入りが楽しかったです。文字が印刷になった時代でも、着色は手作業だったそうで、こうした書物を手に入れられた貴重さを感じました。また、写本に使われた羊皮紙(もしくは子牛の皮)の製造法や、鉱物や植物を使った絵の具(顔料?)の説明が別室で詳しくあり、興味深いものでした。
 この展示は12月20日に終わっており、もっと早く書けば良かったのですが、また見られる機会もあろうかと、紹介しておきます。
 別館の爲三郎記念館は、このコレクションの、主の館の保存ですが、庭園をのぞめる日本家屋の部屋を、洋風・アジア風様々にしつらえてある部屋もあり、面白かったです。
                        明日香 光二/馬場 英明
  


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー