ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12640] 【大阪】国立国際美:ロンドン・ナショナル・ギャラリー展行きました       投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/30(Wed) 20:39:55

 しばらく、年末のさまざまな調整をしていましたので、報告が遅れましたが…今月に訪ねた展覧会をいくつか。

 大阪・中之島の国立国際美術館で行われているロンドン・ナショナル・ギャラリー展に、12月8日に訪れました。
 今年一番の大型海外展だったと思いますし、大阪でも無事開催されてありがたく感じています。
 作品ひとつひとつを見ると、超・有名な作品としてはゴッホの「ひまわり」の一つが含まれており、フェルメールの「ヴァージナルの前に座る若い女性」があり、これらが混み合うことなくゆっくり見られたことは一つ収穫。作品群全体としては、そう華やかではなく、落ち着いてルネサンスから印象派までのヨーロッパ絵画史を概観する内容だったかと思います。ルネサンス、オランダ、スペイン、フランス美術それぞれ黄金期の中に、ヨーロッパ各地からイタリアへ美術を学びにゆく“グランド・ツアー”。
 今回の展覧会で注目したのは、欧州各地の画家が、イタリアで風景画を描くだけでなく、イタリアの画家がイギリスへ行って、イギリスで、イタリアの風景を描くのみならず、イギリスの風景を描いたこと。カナレットの「イートン・カレッジ」がそんな作品で、ヨーロッパ絵画の「聖地」としてのイタリアが広められてゆくことを感じました。

 この展覧会は1月3日から開館、1/31(日) までです。

                    明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー