ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12639] 【三重】Paramita Museum/フランス・モダン・ポスター展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/23(Wed) 00:11:21

 菰野町のParamita Museumhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=24&c=54で開催中の特別展を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「華麗なるベル・エポック フランス・モダン・ポスター展
  京都工芸繊維大学 美術工芸資料館コレクション」〜令和3年1/31(日) 
     休館日:年末年始/12/28(月)〜1/1(金・祝)
     入館料金:一般1000円 高校生500円 中学生以下無料

 近代ポスターの発祥の地、フランス・パリでは、シェレ、ロートレック、ミュシャなどの芸術家が腕を競い、19世紀末から第一次世界大戦勃発までの経済発展を享受するベル・エポックの華やかなポスターが街を彩った。情報伝達の道具であったポスターが芸術の一分野として認められた創成期から、アール・ヌーボ−、アール・デコの作品を中心に約100点を展示し、ポスター芸術の歩みをたどる。

第1章 近代ポスターの始まり シェレそしてロートレック
 ジュール・シェレ P.L.M.鉄道 オーヴェルニュ 1892
 アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック 『歓楽の女王』ヴィクトール・ジョズ著
第2章 パリのモダン・ライフ ― 華やかなる我が家
 フィルマン・ブイセ リュのビスケット 1897 
 アドルフ・ムーロン・カッサンドル エトワール・ドュ・ノール(北の星号) 1927
 マニュエル・オラジ 「舞踏宮」1900年パリ万国博 1900
第3章 眼差しの時代 ― 博覧会とデザイン
 ウジューヌ=サミュエル・グラッセ 「第1回装飾芸術博覧会」プチ・パレ 1904  
 アンリ・グレイ 「第3回仮面舞踏会」オペラ劇場 1893
 フェルディナン・バック 「ロイ・フラー・ショー」フォリィ・ベルジェール座 1892 など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー