ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12638] 【京都】国立博物館/文化財修理の最先端 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/22(Tue) 23:22:50

 東山七条の京都国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=63で開催中の企画を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆文化財保存修理所開所40周年記念 特別企画「文化財修理の最先端」〜令和3年1/31(日)
   月曜休館(1/11(月・祝)は開館)12/29(火)〜1/1(金・祝)1/12(火)
   入館料金:一般700円 大学生350円
        高校生以下および満18歳未満、満70歳以上は無料(要年齢証明)。
        障害者手帳等(*)提示者と介護者1名は無料
           (*) 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳

 京都国立博物館敷地内に併置される文化財保存修理所は、指定文化財を安全に修理することを目的とし、1980年7月に設置され2020年には開所40周年を迎えた。記念して近年の修復成果の中でも新発見をともなう、特に注目される作例を厳選し、展示。

I 表具の価値―文化財としての表装―
 重文 維摩居士像 伝李公麟筆 1幅
 重文 金字法華経宝塔曼荼羅図 8幅 京都・立本寺
II 修理がもたらした奇跡―修復で得られた発見―
 重文 兜率天曼荼羅図 1幅 京都・興聖寺
 阿弥陀浄土図 1幅 京都・海住山寺
III 最新の修復成果―ベストな修理を目指して―
 重文 若狭国鎮守神人絵系図 1巻
 国宝 蓮池水禽図 俵屋宗達筆 1幅
IV 彫刻の修理
 国宝 五智如来坐像 5躯 京都・安祥寺
 重文 宝誌和尚立像 1躯 京都・西往寺
V 修理 いまむかし―過去から未来へ―
 重文 浄土曼荼羅図 1面 滋賀・常楽寺
 国宝 十二天像のうち風天および唐櫃 12幅のうち1幅および1合  など

土曜講座:平成知新館 講堂にて、午後1時30分〜3時 定員:100名 当日正午より平成知新館1階にて整理券配布
1/23(土)「日本の文化財修理120年」森 道彦氏(京都国立博物館研究員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー