ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12637] 【大阪】堺市立文化館 堺アルフォンス・ミュシャ館/ミュシャとアメリカ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/22(Tue) 23:20:39

 JR堺市駅直結の、堺市立文化館 堺アルフォンス・ミュシャ館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=65で開催中の企画展を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「ミュシャとアメリカ」〜令和3年3/7(日)
    月曜休館(休日の場合は開館)、休日の翌日、展示替臨時休館日(1/19・20)、年末年始(12/28〜1/4)
    入館料金:一般510円 高大生310円 小中生100円 
 50歳から約16年かけ画家人生をかけた大連作《スラヴ叙事詩》を制作し、祖国チェコの独立と平和を願ったミュシャ。彼は本作の資金収集に1904年以降たびたび渡米した。ミュシャをパリでデザイナーとして成功させ、また彼の渡米に影響を与えた女優サラ・ベルナールに関連する作品や、《スラヴ叙事詩》の構想を始めるきっかけとなった1900年のパリ万国博覧会に関連する作品、さらにミュシャが渡米していた時期である1900年代の作品など、ミュシャとアメリカに関連する作品を紹介。
   《百合の中の聖母(下絵)》1904年 油彩
   《ハムレット》1899年 リトグラフ
   《レスリー・カーター》1908年 リトグラフ
   《ハーモニー》1908年 油彩   など

学芸員による作品解説ツアー:12/26(土)午前10時〜30分

ワークショップ「キッチンリトグラフ」午後2時〜2時間程度、定員 各日20名(申込先着順)
   小学生以上(小学生は要保護者同伴)参加費一人:入館料+300円(材料費)
アルミホイルやオリーブオイル、コーラなど家庭にある身近なもので「リトグラフ」の仕組みを知り、作品を製作
(1)令和3年1/9(土)申込締切12/26(土)
(2)令和3年2/7(日)申込締切1/30(土)

〒590-0014 堺市堺区田出井町1-2-200 ベルマージュ堺弐番館2F〜4F
TEL: 072-222-5533 FAX: 072-222-683
申込方法
参加希望者名(フリガナ)、年齢、人数(付添の人数も)、住所、電話番号、イベント名、日付を明記して、往復はがき、FAX、またはメール(mucha@sakai-bunshin.com)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー