ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12630] 【奈良】入江泰吉記念奈良市写真美術館/マーク・ピアソン フォト・コレクション展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/04(Fri) 00:01:58

入江泰吉記念奈良市写真美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=0
で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆マーク・ピアソン フォト・コレクション展「忘却の彼方へ−日本写真の黎明期から現在まで」
         (第一章日常生活1850-1985)〜令和3年2/14(日)
     月曜(祝日は開館)と祝日の翌日、年末年始(12/25〜1/4)休館
     入館料金:一般500円 高大生200円 小中生100円
          障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方
            奈良市在住の70歳以上無料

 マーク・ピアソンは、東アジア写真史の重要な作品、貴重な作品の展示や写真集などをプロデュースするとともに、若手写真家の実験的でコンテンポラリーな作品紹介にも積極的に取り組み、2万点におよぶ写真作品の収集にも力を入れ、国内外にアジアの写真文化を発信。そのマーク・ピアソンの膨大な写真コレクションの中からテーマを設け3回にわたって紹介。第1回目は日本に写真が伝来し、幕末から明治期に撮られた古写真をはじめ、農村や漁村の暮らし、人が行きかう街のスナップなど、日本を代表する写真家がとらえた写真群と当館所蔵の入江泰吉作品を加えて紹介。
 木村伊兵衛「東京 月島」1954年
 フェリーチェ・ベアト「魚売り」1867年
 南良和「21歳の嫁の手」1963年
 橋本照嵩「筑紫平野をゆく“こんかいさん”(九州瞽女)」1981年
 井上青龍「釜ヶ崎」1961年
 入江泰吉「石舞台」1951年頃  など

作品解説:毎月第2・4土曜日 午後2時〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー