ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12625] 【東京】帝京大学総合博物館/理工学部のラボのなか!−コトワリとワザの探究− 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/03(Thu) 23:13:36

 大学博物館には未だ休館中のところも多いのですが、八王子市の帝京大学総合博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=281では、企画展を開催中ですので、紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆ミニ企画展 Teikyo Art Annual vol.3「理工学部のラボのなか!−コトワリとワザの探究−」〜令和3年5/29(土)
    日祝と12/12(土)、12/29(火)〜1/2(土)、1/16(土)、1/30(土)、2/1(月)、2/22(月)、2/24(水)、3/6(土)休館
    入館無料
 ものごとの本質である理(コトワリ)を探求する理学と、それを応用する工(ワザ)を探求する工学を総合的に学ぶのが理工学部。そのラボ(研究室・実験室)で探求者たちが向き合い続ける研究対象の資料から「面白い」研究成果の一端に触れる。
 モノづくりの総合力を競うフォーミュラスタイルの小型レーシングカー、
 ミクロの世界を解明する実験機器たち、
 ロボット制御を競う世界大会出場ロボット、
 ヘリパイロットコースで多くの学生を育てたヘリコプター実機、
 人のように歩く受動歩行ロボット、
 接ぎ木の技を科学し、植物の傷が治るメカニズムの解明、
 遺跡・遺物のディジタル・コンテンツ化  など

最新研究講座 理(コトワリ)と工(ワザ)の研究者たち
3/13(土)「ヴァイオリンの構造と音色のしくみ」黒沢良夫氏(機械精密・システム工学科准教授)
4/24(土)「自らいやして継ぎ合わす−植物の傷の癒合−」朝比奈雅志氏(バイオサイエンス学科准教授)
5/29(土)「ロボットコンテスト世界大会への挑戦」蓮田裕一氏(情報電子工学科教授)
 以上、各午後2〜3時15分、
 各回50名(先着順)博物館窓口・電話(042-678-3675)・ホームページにて、当日まで受付
 八王子キャンパス ソラティオスクエア内講義室にて
 (換気に配慮した大教室で、各席十分な間隔を空け、受付で検温実施)
 (感染拡大の状況により、イベント中止の場合あり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー