ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12624] 【東京】足立区立郷土博物館/名家のかがやき ―近郊郷士の美と文芸― 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/03(Thu) 23:12:33

 亀有駅よりバスの、足立区立郷土博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=265で開催中の特別展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆文化遺産調査特別展「名家のかがやき ―近郊郷士の美と文芸―」〜令和3年2/23(火・祝)
    月曜(祝日の場合は翌日、12/28〜1/4)休館
    入館料金:高校生以上200円 
         70歳以上(要年齢証明)障害者手帳保持者と介助者1名無料

 江戸時代のはじめ足立の農地を開いた武士[郷士(ごうし)]たち、その子孫たちが再び幕末に郷士として活躍。
 小右衛門新田(現足立区中央本町・梅島付近)の開発人の子孫、日比谷健次郎は北辰一刀流の剣術道場を開き、掃部新田(のちの千住掃部宿)の開発人、石出掃部介家は名字帯刀を許された千住宿の総代となり地域の運営を担った。
 学問や書画文芸にも精通した郷士たちは狩野派の絵画を伝えた。石出家は狩野派の画法を学ぶ人物を輩出し、日比谷家は日本初の和独辞書を発行するなど文化の担い手となった。本展では、足立の歴史を代表する名家である郷士の家と、その縁戚の家々が伝えた貴重資料を見る。
 「鉄黒漆塗亀甲鉄繋畳胴具足」江戸時代(日比谷家伝来資料)
  狩野探信守政《西王母・東方朔図屏風》(当館蔵・濱田家資料 [濱田家は石出家縁戚])
  R.レーマン校訂 日比谷健次郎・加藤翠溪発行『和獨對譯字林』明治10年(1877年)(日比谷家伝来資料)
  高田円乗《雲龍図》(当館蔵・石出家資料)
  舩津文渕《四季草花図小襖》(日比谷家伝来資料)
  渡辺省亭《群鶏図屏風》(当館蔵・濱田家資料)
  高田円乗門人 石出円得「福禄寿図粉本」(当館蔵・石出家資料)
 「北辰一刀流兵法箇条目録」安政3年(1856年)(日比谷家伝来資料)など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー