ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12618] 【愛知】古川美術館・爲三郎記念館/洋画家藤森兼明VS華麗なる中世彩色写本 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/11/30(Mon) 23:18:31

 名古屋・池下の古川美術館・爲三郎記念館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=0で開かれているキリスト教美術の展示を紹介します。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆古川美術館特別展「洋画家藤森兼明VS華麗なる中世彩色写本」
 特別公開『ブシコー派の画家の時祷書』〜12/20(日)
   月曜休館
   入館料金:古川美術館、分館爲三郎記念館2館入館券:一般1000円 高大生500円 中学生無料
        古川美術館のみ入館券:一般800円

 ビザンチン時代の聖堂内を覆うモザイクやフレスコによるイコン壁画を創造の源泉とする洋画家・藤森兼明(1935-)の現代女性の肖像と、中世キリスト教美術を対峙させた祈りの世界。本展は、中世彩色写本とそれをテーマとした藤森作品を一堂に会し、古川美術館の秘宝、華麗なる彩飾写本『ブシコー派の画家の時祷書』(1412年頃)と、それに取材した藤森兼明の2020年新作「アドレーション オブ マギ」(初公開)を展示。『ブシコー派の画家の時禱書』は、写本技術の最盛期を物語る世界的な貴重書。手間暇をいとわず壮麗な挿絵や装飾を施した中世彩色写本の制作方法や、中世写本の材料となった牛皮紙・羊皮紙の魅力もあわせて紹介。

『ブシコー派の画家の時祷書』〜12/3(木)「羊飼いへのお告げ」 1412年頃
        12/4(金)〜12/20(日)「受胎告知」1412年頃
 藤森兼明「アドレーション オブ マギ」2020年
 藤森兼明「黒のマニスクリプトへのオマージュ」2018年 など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー