ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12617] 【京都】美術館「えき」KYOTO/デミタスカップの愉しみ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/11/30(Mon) 23:16:51

 美術館「えき」KYOTOhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=73で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「デミタスカップの愉しみ 華やかなアンティーク・デミタスを一堂に集めて。」〜12/25(金)
    会期中無休
    午前10時〜午後7時30分(入館は閉館30分前)
    入館料金:一般900円 高大生700円 小中生500円
     「障害者手帳」提示者と同伴者1名は200円割引
   本展は事前予約不要だが、混雑状況により入館待ちの場合あり

 濃い目のコーヒーを飲むための小さなコーヒーカップ「デミタス」は、19世紀のヨーロッパにコーヒー文化が浸透し、需要が高まる。当時の流行を反映したもの、“超絶技巧”ともいえる繊細な装飾、贅を尽くしたもの、大胆なかたちのものまで、多彩なデザインが生まれた。本展は19世紀後半にヨーロッパでブームになったジャポニスムや、アール・ヌーヴォー、アール・デコを取り入れた作品を中心に、個性きらめくカップ&ソーサーたちを紹介。
 コールポート(1881〜1890年)《金プラチナ彩菊花文カップ&ソーサー》
 マイセン(1860〜1880年)《貼りつけ花鳥とスノーボール蓋付きカップ&ソーサー》
 ロイヤルウースター(1880年頃)《金彩ジュール透かし彫りカップ&ソーサー》
錦光山(1800年代後期)《京薩摩金彩龍文カップ&ソーサ―》
 ロイヤルドルトン(1891〜1902年)《花束文金彩テニスセットカップ&ソーサー》
 ロイヤルバイロイト(1900年代前期)《「キャベツとロブスター」カップ&ソーサー、ミルクピッチャー》など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー