ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12615] 【大阪】大学総合学術博物館/日本のまなざしに映った中国   投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/11/29(Sun) 22:37:50

 阪急「石橋阪大前」下車の大阪大学総合学術博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=81で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆第23回企画展「CHINA GRAPHY 日本のまなざしに映った中国 日本視線的中国」〜令和3年1/30(土)
    日祝と12/28(月)〜令和3年1/4(金)休館
    入館無料

 国際日本文化研究センター所蔵資料および本学言語文化研究科と総合学術博物館教員の撮影した資料を活用し、戦前・戦後における中国各地の社会的変化、日本人の中国認識の変容、とりわけその間の両者の連続と断絶を検証し、戦前から現在へと至る記録・表象(絵葉書・写真等)の変遷をたどる。

1)大陸へのまなざしー拡大する帝国とその表象−
    地図・鳥瞰図・パンフレットにみる中国の空間表象
    明治・大正期の日本人が記録した中国
2)戦前中国へのまなざしー絵葉書が伝えた風俗と戦場−
    昭和前期の渡航者のまなざし(実像と虚像の交錯)
    従軍画家の描いた日中戦争(顕現と隠蔽の戦場)
3)現代中国へのまなざしー内と外からみる風景ー
    革命後の新中国(贖罪と憧憬の旅)/改革開放後の変貌(郷愁と脅威の喧伝)
    中国が見せたかった中国/大阪外国語大学卒業生が撮る中国
    中国の内部へ/演劇資料
4)阪大からのまなざしー深尾研究室による黄土高原フィールドワークと中国語研究室が受け継いできたものー
    天と人(冠婚葬祭など)/地と人(高原地帯に暮らす人と自然)
    人と人(ヤオトン、食事などの生活)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー