ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12613] 【東京】三鷹市美術ギャラリー/靉嘔[12/5(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/11/29(Sun) 22:34:57

 三鷹市美術ギャラリーhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=285
で今週末12/5(土)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆収蔵作品展I「靉嘔 AY-O」12/5(土)〜令和3年2/28(日)
   月曜(1/11(月・祝)は開館)、1/12(火)、年末年始(12/29(火)〜1/3(日))休館
   入館無料

 本年より5年間5回にわたって開催する収蔵作品展第1回目はもっとも多くの作品を収蔵する現代美術家 靉嘔(あいおう)。
 1931年茨城県出身の靉嘔(本名飯島孝雄)は54年東京教育大学(現・筑波大学)教育学部芸術学科油絵科を卒業し、瑛九(1911-60)が設立した「デモクラート美術家協会」に入会し、積極的にグループ展に出品、55年には池田満寿夫(1934-97)らと「実在者」を結成。デモクラート美術家協会解散後、58年ニューヨークに渡り、62年にはアメリカで最初の個展を開催し「虹」の探求に向かう。前衛芸術集団であるフルクサス(FLUXUS)に60年代前半に参加。
 64年、33歳の年にニューヨークで初めてレインボー作品を発表し、以後現在に至るまで、赤から紫までの可視光をあらゆるものに重ね合わせるレインボー作品で世界各地の展覧会に参加、受賞を重ね、1987年6月の3日間には、パリのエッフェル塔に24色300メートルの虹を架ける。本展は版画168点、アクリル画4点、立体1点で構成。
 《Then, Mr.Ay-O got drunk by the Rainbow 1》1974年 シルクスクリーン
 《摩訶般若波羅蜜多心経 "H"》1986年 シルクスクリーン 
 《my new york still life III kitchen store》1986年 シルクスクリーン
 《ルソーに捧ぐ》1987年 シルクスクリーン
 《まるのなかのしかく III》1990年 シルクスクリーン 
 《Rainbowed Rousseauのピエール・ロティ氏の猫》1999年 シルクスクリーン
 《Rainbowed Rousseau 眠れるジプシー女》2000年 シルクスクリーン   など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー