[掲示板へもどる]
一括表示

  [No.12587] 【岐阜】中津川市鉱物博物館 投稿者:   投稿日:2020/11/16(Mon) 22:57:08
【岐阜】中津川市鉱物博物館 (画像サイズ: 512×384 78kB)

こんにちは

 11月15日に中津川市内の2つの所に行ってきました。中津川市に来てから3ヶ月ちょっと経ちましたが、まだ行っていなかったところです。

 1つ目は中津川市鉱物博物館です。ここは以前に一度行ったことがあり、2度目になります。実は今の仕事に少し関係しています。建物のエントランスはおそらく水晶を模していると思います。

 テーマは以下のようになっています。
  テーマ1 苗木地方の鉱物と花崗岩
  テーマ2 石の姿
  テーマ3 中津川市の地質
  テーマ4 鉱物の世界
  テーマ5 鉱物に魅せられた人々
  テーマ6 暮らしの中の岩石・鉱物
  テーマ7 地球から宇宙へ

 今では閉山しましたが中津川から恵那にかけて、タングステンやヒ素の鉱山がありました。ちょっとびっくりするのは日本一自然放射線が強いのが岐阜県で、中でも中津川市あたりが一番強いことです。展示に含まれる「中津川市」は現中津川市の場合と平成の大合併の前の旧中津川市の場合が混在しているのはちょっと注意が必要ですが、この地方の鉱物・地質に関する多彩な内容があります。テーマ2,4は鉱物の科学であり、これも高く評価できます。テーマ5はこの博物館の元となった長島乙吉、弘三を中心とした鉱物研究の話しです。

 鉱物・地質の専門でこれだけの内容を持つところは全国でもなかなかなく(もう1つは新潟県糸魚川のフォッサマグナミュージアムか、未訪の秋田大学には期待)、非常に高く評価したいと思います。駐車場を挟んで反対側には高峰湖があり、今は周りの紅葉がきれいでした。

 ここ自体「夜明けの森」の中にありますが、バス停「夜明けの森」は国道にある分岐点に過ぎず、3kmくらい離れていて、道がわかりにくい上に起伏もありますので、ちょっと注意が必要です。


  [No.12588] 【岐阜】中津川市中山道歴史資料館 投稿者:   投稿日:2020/11/16(Mon) 22:58:35
【岐阜】中津川市中山道歴史資料館 (画像サイズ: 461×346 117kB)

こんにちは

 11月15日に行ってきたもう1つは中津川市中山道歴史資料館です。

 エントランスの写真は立派な博物館のように見えますが、実はNTT西日本中津川ビルの一部を借りて運営しているものです。遠くから見るといかにも「電話局」という感じの建物です。実際に旧中山道に面していて、NTTのビルの位置がそのまま脇本陣のあったところで、南隣に脇本陣が復元整備されています。

 展示室1は現在企画展の「旅日記と古地図の眺め」です。中津川の人による旅日記が中心ですが、古地図は良いとして、多くは古文書なので、資料としての価値は認めてもなかなか見ておもしろいものではありません。最初は9月29日までの上期企画展の予定だったのですが、来年3月28日まで延長されました。
 展示室2は常設展です。おそらく企画展のないときは全体が常設展でしょう。展示室2だけだとなんか歴史が途中から始まるような感じがします。宿場にあった高札の再現があったり、幕末の古文書などがあります。

 「中津川市博物館」に含まれるのは鉱物博物館、中山道歴史資料館、東山魁夷心の旅路館、熊谷榧つけちギャラリーと未紹介の子ども科学館、苗木遠山史料館があります。これはまた別の機会に紹介します。苗木遠山史料館の隣には前田青邨記念館があったのですが、これは閉館しています。


  [No.12593] 【岐阜】中津川市子ども科学館 投稿者:   投稿日:2020/11/28(Sat) 23:34:34

こんにちは

一応行ったことがありますので書いておきます。

==================================================================
施 設 名:中津川市子ども科学館 (通称:わくわくドーム)
ふりがな:なかつがわしこどもかがくかん
英文表記:Nakatsugawa Children's Museum of Science
分野 :科学・産業
郵便番号:508-0011
都道府県:岐阜県
市区町村:中津川市
所在地:駒場1657番地の1
電話番号:0573-66-9090
FAX: 0573-66-9171
URL:http://kodomo.n-muse.jp
公共交通:JR中津川駅から徒歩20分
     JR中津川駅から北恵那バス「市民病院」行きで「女夫岩(めおといわ)前」下車
道路案内:中津川インターチェンジから車で約10分
     無料駐車場あり
開館時間:9:30〜17:00(入館は16:30まで)
休 館 日:月曜日(祝日の場合は翌日)、12/27〜1/5
入館料金(常設時):大人\330(10人以上の団体は\270)
          中学生以下無料
          JAF会員、ぎふっこカード他の割引制度あり
展示内容:力の科学
     光と影の科学
     電気の科学
     音の科学
     プレイテーブル
     ロボットコーナー
     ミニプラネタリウム
     末松安晴博士顕彰室
観覧時間:30分程度
その他(販売・友の会など):
報 告 者:Quita/北村尚巳
==================================================================

 上記のように基本的な物理が中心です。しかし、子供を見くびっているように感じる部分があり、壊れているのが放置されているのもありますので、あまりおすすめできるところではありません。
 特筆すべきは末松安晴博士顕彰室です。中津川出身の電気通信の研究者で、ここだけは見る価値があると思いました。

 中津川駅と直線で結ぶと500mくらいなのですが、遠回りしていく道しかありません。
 バス路線はWEBページ等に書かれていないのですが、ここが近いはずです。ただ、歩きより更に遠回りルートなので、歩きで20分くらいのところバスで10分くらいかかります。ちなみに「女夫岩」とはすぐ近くにある男女の性器のような形の岩です。


  [No.12595] Re: 【岐阜】中津川市中山道歴史資料館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/11/29(Sun) 19:56:27

Quitaさん、こんにちは
> エントランスの写真は立派な博物館のように見えますが、実はNTT西日本中津川ビルの一部を借りて運営しているものです。
 城や陣屋の壁っぽく、歴史資料館らしさを感じます。遺跡の跡に建てる、ということで最初から一部に取り込む形で計画して建てられたんでしょうね。


>実際に旧中山道に面していて、NTTのビルの位置がそのまま脇本陣のあったところで、南隣に脇本陣が復元整備されています。
 歴史の記憶がある場所に展示されるのは意義あることです。

> 展示室1は現在企画展の「旅日記と古地図の眺め」です。中津川の人による旅日記が中心ですが、古地図は良いとして、
 そうですよね。歴史の街並みをめぐる旅の途上で、古地図を眺めるのは比較できて楽しいですが、一応歴史をなりわいとする私でも、古文書とかお経などはさっと通り過ぎてしまうものです。展示の主旨として紹介したい箇所を拡大するとか、矢印とかでマーキングするなどして見せてもらえると…と思ったりします。

>苗木遠山史料館があります。これはまた別の機会に紹介します。
 館名から、歴史的な「林業」の展示館かと思いました。「苗木」は地名「遠山」は家の名前なんですね。もっとも藩の経営には林業が一定占めていたかもしれませんし、そうしたことは展示で明らかになるでしょう。

                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.12623] Re: 【岐阜】中津川市中山道歴史資料館 投稿者:   投稿日:2020/12/03(Thu) 22:30:52

こんにちは

そう言えば、道路案内には「入館者用の無料駐車場は3台分のみ」があると親切ですね。
近くに有料駐車場はあります。近くにある公民館・図書館の駐車場にとめて良いかはわかりません。


  [No.12594] Re: 【岐阜】中津川市鉱物博物館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/11/29(Sun) 19:55:45

Quitaさん、こんにちは

> 11月15日に中津川市内の2つの所に行ってきました。中津川市に来てから3ヶ月ちょっと経ちましたが、まだ行っていなかったところです。
あら、お住まいお変わりですか。また新たな根拠地から、レポート下さい。と言いながら、奈良の情報が少ない私ですが…

 おっしゃるように、「自然」あるいは「自然史」博物館は各地にあれど、鉱物に特化したところは少ないですね。動植物と共に、鉱物のない土地はないけれど、やはり、その地に特徴的な地形や産物になっていないと、展示にはなりにくいですよね。山梨・甲府はジュエリーの街であり、博物館もありますが、もともと水晶の産地ですよね。

> 1つ目は中津川市鉱物博物館です。
>建物のエントランスはおそらく水晶を模していると思います。
>中津川から恵那にかけて、タングステンやヒ素の鉱山がありました。

 ガラスの構築物を見ると、ルーブル美術館を思い起こしてしまいますが、この形は如何にも鉱物系ですね。中津川でも、水晶が産出していたのですか?

 やっぱり、素人としては、鉱物や地形には、輝きや、幾何学的美しさを求め、それが展示の華になるので、シンボルとしては良いのではないかと思います。

                 明日香 光二/馬場 英明


  [No.12622] Re: 【岐阜】中津川市鉱物博物館 投稿者:   投稿日:2020/12/03(Thu) 22:05:24

こんにちは

> >建物のエントランスはおそらく水晶を模していると思います。
> >中津川から恵那にかけて、タングステンやヒ素の鉱山がありました。
>
>  ガラスの構築物を見ると、ルーブル美術館を思い起こしてしまいますが、この形は如何にも鉱物系ですね。中津川でも、水晶が産出していたのですか?
>

水晶を目的として操業していた鉱山はなかったと思います。しかし、鉱物としては非常にありふれた物であり、鉱物の代表だと思います。