ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12567] 【愛知】県陶磁美術館/YAYOI・モダンデザイン 投稿者:Quita/北村尚巳  投稿日:2020/11/09(Mon) 23:19:57

こんにちは

 11月8日に久し振りに愛知県陶磁美術館に行ってきました。
 名前が美術館に変わってから初めて、おそらく20年以上行っていないはずです。でも、リニモの駅名は「陶磁資料館南」のままなんですね。

 現在本館特別展は「YAYOI・モダンデザイン―ニッポンの美、ここに始まる―」です。土器だけではなく金属器や木器を含めた弥生時代のデザインにスポットを当てています。
 形や色、紋様(展覧会内ではこの字を使用)と、広い意味でデザインをとらえた優れた内容だと思いました。重要文化財のものも多く含まれています。

 奈良の唐子・鍵遺跡や鳥取の青谷上寺地遺跡といった有名な遺跡の物もありますが、地元もかなりあり、あまり聞いたことのない愛知県一宮市の山中遺跡や八王子遺跡、岐阜県大垣市の荒尾南遺跡といったところものもありました。

 本館常設展は日本全国の陶磁器の歴史を概観する内容であり、最後の方は世界の陶磁器も展示されています。有名な陶磁器産地にはその地方の陶磁器の資料館は多くあり、コレクターの美術館にもよく陶磁器がありますが、ここのような総合的な内容のところはあまりなく、「国立陶芸美術館」にしてもいいような内容だと思いました。

 本館を出て、少し歩いたところに南館と西館があります。なお、西館には入館券売り場はなく、南館に行って買うようになっています。
 南館は愛知県の陶磁器が内容です。やや子供向け内容にリニューアルしたようです。伝統的な陶磁器産地の瀬戸、常滑の他に、名古屋周辺には瀬戸の技術をベースにした現代の陶磁器メーカー(ノリタケ、日本ガイシ他)が多くあることも扱われています。
 西館は陶磁の狛犬というちょっとユニークな展示、これは以前と変わっていないと思います。

 現在、本館にあるレストランは再開していますが、別棟の茶室はまだ再開できない状態です。ミュージアムショップは閉店中であり、特別展の図録もレストランで売っていました。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー