ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12547] 【大阪】中之島香雪美術館/聖徳太子―時空をつなぐものがたり―[10/31(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/10/31(Sat) 00:21:30

 没後1400年記念の聖徳太子について、中之島香雪美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=43で10/31(土)から開催される展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆聖徳太子像・聖徳太子絵伝 修理完成記念 特別展
 「聖徳太子―時空をつなぐものがたり―」10/31(土)〜12/13(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    午前10時〜午後5時(11/12(木)12/3(木)は7時30分まで、入館は閉館30分前まで)
    入館料金:一般1200円 高大生700円 小中生400円

 日本の国の基礎を築いた優れた政治家であり、日本に仏教の黎明を導いた実質的な開祖として、尊崇と敬愛の対象であり続けた聖徳太子。聖徳太子に関わる美術作品をとおして、時を経て変貌する太子のものがたりと、作品の移動のものがたりをたどり、館蔵品の修理をクローズアップする。
  1つめのものがたり 太子の伝記
   聖徳太子絵伝 重要文化財 鎌倉〜南北朝時代 愛知・本願寺(11/17〜12/13)
  2つめのものがたり 作品の来歴
   聖徳太子像 重要文化財 鎌倉時代 香雪美術館(10/31〜11/15、12/1〜12/13)
  3つめのものがたり  作品の修理
   聖徳太子絵伝 鎌倉〜南北朝時代 香雪美術館

記念講演会:中之島会館(中之島フェスティバルタワー・ウエスト4階、美術館隣)
      午後2〜3時30分(1時30分受付)
     参加料500円(入館料は別)定員73名、先着順

1 11/14(土)
「三経義疏<さんぎょうぎしょ>から浮かびあがる聖徳太子の人間像」石井 公成氏(駒沢大学教授)

2 11/28(土)
「聖徳太子信仰の場と太子絵伝<たいしえでん>の制作」米倉 迪夫氏(東京文化財研究所名誉研究員)

メール:1通で2名まで、講演会番号、参加希望人数、それぞれの住所・氏名・ふりがな・年齢・電話番号を明記し、n-kouenkai@kosetsu-museum.or.jp
往復葉書:メールと同様の内容を記載し、郵送で、
 〒530-0005 大阪市北区中之島3-2-4 中之島フェスティバルタワー・ウェスト4階 
      中之島香雪美術館「聖徳太子」展講演会係
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー