ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12526] 【東京】サントリー美術館/日本美術の裏の裏 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/09/30(Wed) 22:27:03

 六本木のサントリー美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=50で開催中の日本美術の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆リニューアル・オープン記念展II「日本美術の裏の裏」〜11/29(日)
   火曜休館(ただし11/3、24は午後6時まで開館)
   午前10時〜午後6時(金土は8時まで、入館は閉館の30分前まで
   入館料金:一般1500円 高大生1000円
        あとろ割:国立新美術館、森美術館の企画展チケット提示で100円割引

 生活の中の美の“愉しみ方”に焦点をあて、収蔵品の中から、日本ならではの美意識に根ざした作品を紹介。古の人々の愉しみ方を追体験することは、現代人に知られざる鑑賞かもしれない。目に見えていない裏に、魅力を見る。

第1章:空間をつくる
  楓瀑布図 円山応挙 一幅 江戸時代 天明7年(1787)
  重要文化財 四季花鳥図屛風 伝 土佐広周 【展示期間:〜10/26】
第2章: 小をめでる
  雛道具 七澤屋 一式 江戸時代 19世紀 
  七種盃 仁阿弥道八 七口 江戸時代 天保9年(1838) 
第3章: 心でえがく
  かるかや 室町時代 16世紀
  おようのあま絵巻 室町時代 16世紀 (場面替あり)
第4章: 景色をさがす
  旅枕花入 信楽 一口 室町時代 16世紀
  壺 銘 野分 信楽 一口 室町時代 15世紀 
第5章: 和歌でわかる
  色絵桜楓文透鉢 仁阿弥道八 一口 江戸時代 19世紀
  白綸子地橘亀甲文字模様小袖 一領 江戸時代 18世紀 【展示期間:〜10/26】
第6章: 風景にはいる
  青緑山水画帖 池大雅 江戸時代 宝暦13年(1763)
  東海道五十三次(隷書版)歌川広重 江戸時代 弘化4年〜嘉永5年(1847〜1852)【展示期間:〜10/26】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー