ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12525] 【奈良】国立博物館/正倉院展[10/24(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/09/30(Wed) 22:24:20

 秋恒例の奈良国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=2
での正倉院展、果たして今年は開催されるのだろうか、と気を揉んでいましたが、開催が発表されていますので紹介しておきます。さすがに、毎年行列の展覧会、今年は完全日時指定制になりました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆第72回「正倉院展」10/24(土)〜11/9(月)
    会期中無休
    開館時間:午前9時〜午後6時(金土日祝は8時まで、入館は閉館の60分前まで)
    「前売日時指定券」の予約・発券(9/26(土)午前10時から)が必要、当日券の販売はなし
         通常券(一般) 2,000円
         通常券(中・高・大) 1,500円
         割引券(一般) 1,900円
         割引券(中・高・大) 1,400円
         キャンパスメンバーズ券 教職員 1,900円
         キャンパスメンバーズ券 学生 400円
         無料観覧券 障害者1名 無料
         無料観覧券 障害者1名+介護者1名
         無料観覧券 小学生他
          ※無料観覧券の予約・発券が必要
         割引発券には、当日に学生証・証明書などの提示が必要
         前売日時指定券では、名品展(なら仏像館・青銅器館)を観覧不可(割引あり)
     前売日時指定券は、ローソンチケット、チケットぴあ
        ※読売新聞オンラインチケットストアで抽選販売
     セキュリティ対策強化及び混雑緩和のため、45cm×35cm×20cmよりも大きな荷物は持ち込みを制限

 聖武天皇の遺愛品を中心に約9,000件の宝物が現在まで伝えられる東大寺の倉庫・正倉院。
 今年は、楽器、伎楽面、遊戯具、調度品、佩飾品、染織品、文書・経巻などが出陳され、とりわけ、犀や獅子を螺鈿で表した平螺鈿背円鏡、曲芸をする人々などを緻密に描いた墨絵弾弓、花文様を全面に表した花氈など、美術品も数多く展示。武器・武具として大刀、胡禄と弓箭、鉾のほか、馬具も出陳。薬物は光明皇后が病人のために東大寺に献納したものを中心に。薬物は奈良時代における疫病との闘いを伝える品としても注目。
 御甲残欠 (よろいの残欠)
 五色龍歯 (くすり) 
 花氈 (フェルトの敷物) 
 粉地彩絵箱 (献物を入れた箱)
 紫皮裁文珠玉飾刺繍羅帯残欠(珠や刺繍で飾った帯)
 烏犀把漆鞘樺纒黄金珠玉荘刀子(珠玉かざりの小刀) 
 平螺鈿背円鏡(螺鈿かざりの鏡)
 墨絵弾弓(曲芸や楽人が描かれた遊戯用の弓) 
 桑木木画碁局 (囲碁の盤)
 紫檀槽琵琶 (絃楽器)
 孔雀文刺繍幡 (刺繍でかざった幡) 
 続修正倉院古文書後集 第十七巻 更可請章疏等目録 (書物の借用リスト)
 馬鞍(騎馬用の座具) など

公開講座:要事前申込。館サイトの申込み画面より:10/5(月)〜各講座開催前日まで。当日参加不可
      講堂にて、午後1時30分〜3時(午後1時開場)
10/31(土)「正倉院の石薬とその素材」鶴 真美氏(宮内庁正倉院事務所保存課保存科学室員)
11/7(土)「武器・武具の献納と薬物の献納について」内藤 栄氏(学芸部長)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー