ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12523] 【京都】泉屋博古館/瑞獣伝来−空想動物でめぐる東アジア三千年の旅 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/09/22(Tue) 22:40:09

 京都東山・鹿ヶ谷の泉屋博古館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=36で開催中の展示を紹介します。便宜上、日本画に分類しておきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆開館60周年記念特別展「瑞獣伝来−空想動物でめぐる東アジア三千年の旅」 
  併催 青銅器館「中国青銅器の時代」〜10/18(日)
     月曜と9/23(水)休館入館料
     入館料金:一般800円 高大生600円 中学生以下無料
          障害者手帳呈示の方は無料
 古来より、東アジアで吉祥をもたらす動物たち「瑞獣」をモチーフとする美術工芸に用いられた。約三千年前の古代中国の青銅器紋様にさかのぼる瑞獣、龍・鳳凰・虎を取りあげ、その謎と変遷の歴史を、古代中国から近代日本までに描かれた美術作品とともに紹介。
  国宝 線刻仏諸尊鏡像 平安時代(12世紀)
 《桐鳳凰図屏風》 狩野探幽  江戸時代(17世紀)
  重要文化財《雲龍図》 海北友松 桃山時代(16世紀)建仁寺
  重要美術品《虎図》 伝牧谿 元時代(14世紀)(展示期間:9/12〜9/25)
  重要文化財《鳳凰石竹図》 林良 明時代(15世紀)相国寺
  重要文化財《呂洞賓図》 雪村周継 室町時代(16世紀)(展示期間:10/1〜10/18)
  虎ゆう; 商時代(前11世紀)
《百鳥図》 伝辺文進 明時代(15世紀)鹿苑寺   など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

 9/22(火)の午後に訪れています。連休の最後、前3日で行楽も出来なかったので、どこか静かなところで、とたずねました。京都・東山も、ここまでくると混雑はなく、私のお気に入り館の一つです。
 本展は、タイトル勝ち、ですね。有数のコレクションである青銅器館を持つ当館の得意分野、そのコレクションを活かして、他館の名品を加えて構成された展示。でも、孫悟空とかシルクロードなどを連想してわくわくするタイトルです。
 日本古代史に親しむ私には、「瑞獣」というと「玄武・朱雀・青龍・白虎」の「四神」を真っ先に思い浮かべます。それぞれに聖なる起源、変遷をもつようですね。
 本展は「虎」に始まり、「虎」は実在の動物でありながら、造形では人間のような歯を持つと考えられ、聖性と危険を併せ持つ霊獣だとのこと。日本でも中国でも、霊獣としての姿の方がかわいいです。日本近代には橋本雅邦の描いた水墨が、まるでエッチングのような鋭さを持ち、異色な感じでした。
 「龍」は複数の動物を合わせて出来たキマイラのようなもの。それが聖化されて、5本指のものが皇帝を表すとされるようになったのは元代のこととか。皇帝を表すのは意外に新しいと感じました。
 「鳳凰」は、彩色では緑が目立つ五色の鳥だが、太陽をシンボルにするとか。とすると、南のシンボルである真っ赤な「朱雀」を起源とすると考えて良さそうです。
 今まで親しんでいたものに、じっくりつきあった展覧会でした。

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー