ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12522] 【京都】美術館「えき」KYOTO:キスリング展 行きました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/09/22(Tue) 22:38:10

 美術館「えき」KYOTOで開催中の「キスリング展  エコール・ド・パリの巨匠」に、9/13(日)に出かけました。
 西洋絵画に飢えている昨今、関西では貴重な展覧会でした。販売されている図録を見れば、昨年に巡回した会場しかかいてなく、日本国内で巡回が延長した展覧会なのかな、と感じています。日本国内の美術館所蔵品より、フランスの美術館所蔵品の方が多く、ひょっとして、コロナ禍で帰国されづらくなった?などということがあるでしょうか。
 幾何学的とも言える整った形、そして独特の透明感ある目をした人物像、まるでフランス人形みたい、と感じます。裸婦像もなめらかな陶器を思わせる造形芸術です。キュビズムの影響を受けながら、そこから距離を置いた芸術、という表現はわかる気がします。
 「マルセイユ」や「トゥーロンの港」など、数少ない風景画も、印象派やフランドル絵画などにはない、具象ではありながら、異世界を感じるものでした。こちらは10月25日までです。

               明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー