ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12492] 【兵庫】神戸市立小磯記念美術館/パリ、フランス/従軍画家 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/16(Sun) 22:40:09

 六甲アイランドの神戸市立小磯記念美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=2では、館蔵品による企画展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆コレクション企画展示「パリ、フランスへの憧れ」
 小磯良平作品選II「終戦75年 従軍画家・小磯良平が見たもの」〜9/22(火・祝)
     月曜休館(祝日の場合は翌日)
     入館料金:大人200円 大学生100円 高校生以下無料 
          神戸市内在住で65歳以上の方 無料(要住所・年齢証明)
          障がい者手帳など持参の方 無料
 西洋美術の研究に熱心であった小磯良平は、1928-30年と1960年の2度、パリに長期滞在したが、日本人を魅了した文化・芸術の中心地フランスでの、小磯をはじめ神戸にゆかりのある画家ら10数名の作品を一堂に紹介。
  小磯良平《オーヴェル風景》1960年 水彩、鉛筆・紙
  中西利雄《フランス風景》1929ー30年頃
  林重義《モンマルトル》1930年
  角野判治郎《踊り子C》1928年  
  三木朋太郎《カーニュ風景》1927ー31年頃
  西村功《メトロホームの人たち》1990年 油彩・キャンバス など

 優れた素描力を持つゆえ、日中戦争・太平洋戦争期に軍部からの要請で計4回従軍して描いた小磯の戦前・戦中・戦後期に焦点を当て、初公開の兵士素描を含む作品を展示。
  小磯良平《兵士D》1938-41年頃 コンテ・紙
  小磯良平《翼》(『新女苑』表紙画)1940年頃 油彩・キャンバス
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ここしばらく、大阪市内方面へは出入りしていない私ですが、8/12(水)阪神沿線に出張があったので、帰りに立ち寄れる館を探して、小磯記念美術館に立ち寄りました。
 今度は、洋の香りを得られる展示を求めて…館蔵品による展示ですが、この企画もコロナ自粛とは関係なく企画されていたもの。展示パネルによると、オリンピックがフランス語公用語、また次がパリ五輪とのことで、東京オリンピック関連企画にするはずだったとのこと。「従軍画家」も戦後75年で、今年必須の企画だったよう。
 
 さて、小磯良平は戦前・戦後にそれぞれ1回ずつ渡仏。フランスで同道した画家たちの傾向も違っているようです。戦前はパリ中心、明治頃の印象派的風景ではなく、荒々しいフォーヴなタッチでパリの町並みを描くのが流儀だったようです。都会的な活気というか雑さもあらわれます。戦後は、マルケやビュッフェのような、すっきりした線で描かれ、郊外にも目が向くことが多い。日本人、それも神戸付近の人々のフランスへの関心、というものも何となく、感じることができました。

 戦争時期の画。兵士を描いたものも、その時代の人々を描いたものもありましたが、戦時中の小磯の言葉で、「軍を描くことに賛意のあるものも反対するものにも共感できない」というものには、考えるものがありました。「従軍画家」ということも、小磯にとっては、技術を買われただけで軍に協力しているつもりもなく、絵画で反戦を表現するわけでもない、ということでしょう。

            明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー