ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12491] 【奈良】犬養万葉記念館/令和に生きる犬養万葉 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/16(Sun) 22:38:15

 明日香村の南都明日香ふれあいセンター 犬養万葉記念館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=73
で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「令和に生きる犬養万葉ー『万葉の旅』から56年」〜9/29(火) <タイトル確定>

    水曜休館
    入館無料
 万葉集の歌が歌われた現地を訪れて、その歌や歴史を味わう「万葉風土学」を確立した犬養孝の名著『万葉の旅』全3巻が昭和39年に世の中に出てから、56年が経つ。後に万葉歌の詠われた背景の万葉故地が注目を浴びるようになり、犬養の講演や書物などを通して、「ふるさと」を再認識した人や「万葉の旅」というテーマ旅が定着。新時代「令和」を迎えて、犬養孝博士の『万葉の旅』の全国への取材の旅を振り返る。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 8/16(日)に、明日香村を訪れました。ここしばらくの熱暑の中、朝から石舞台古墳にも全く人がいない状況でした。コロナだけでなく、この気候の中で人が少ないのは仕方ないか…
 大学時代には、真夏に万葉旅行で、合宿のようだったことを思い出しました。熱暑の中も、山陰や、九州や、北陸や南紀を歩き、その世界にひたっていたことを。
 古代に都であり、万葉集の歌も最も多く集まる奈良・明日香だけでなく、本当に全国の万葉歌どころ(万葉故地と言う)を、昭和30年代に極められ、それを本にするまでの過程…スケッチ入りの自筆ノートがずらっと展示されています。その20年後、30年後に私はご一緒させていただいていたのです。昭和30年代、50〜60年代、そして現在までの「万葉のふるさと」の本当の変遷、そして私の中での変化も感じることが出来ました。
 犬養先生や大勢の仲間とたたずんで万葉歌を歌った山陰の海岸、そして何度も何度も一人でたたずんだ同じ場所。
 「令和」誕生で盛り上がったかに思える『万葉集』ですが、学校で学んだり親しむことが少なくなっているのです。「万葉のふるさと」として旅の定番になるように願っています。

              明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー