ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12490] 【京都】国立近代美術館/所蔵作品にみる京のくらし 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/16(Sun) 20:11:50

 岡崎公園の京都国立近代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=22では、所蔵品による京都の季節を感じる展示を開催中です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆京都国立近代美術館所蔵作品にみる「京(みやこ)のくらし―二十四節気を愉しむ」〜9/22(火・祝)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    開館時間:午前9時30分〜午後6時(金曜は午後8時まで、入館は閉館の30分前まで)
      *新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開館時間は変更となる場合あり
       館内の混雑を避けるため、混雑時には整理券を配布のうえ入館制限を行い、
       整理券の配布は無くなり次第終了)
    入館料金:一般1000円(800円) 大学生:500円(400円)
          ( )内は20名以上の団体および夜間割引(金曜 午後5時以降)
        高校生以下・18歳未満は無料
        心身に障がいのある方と付添者1名は無料(要照明)
 くらしと自然、芸術が密接な関係を築いてきた街・京都で、季節の移ろいを把握する目安の二十四節気に沿って、京都のくらしに息づく自然現象や草花、生物、祭や行事などを、当館コレクションから精選した美術・工芸作品に加え、映像資料によって紹介。一年を通してのくらしと自然そして芸術の豊かな関わりを体感し、現代生活を改めて考えるきっかけとする。

立夏:福田平八郎「竹」昭和17年、紙本、着色、額
   安藤緑山「竹の子に梅」牙彫置物、大正〜昭和初期、象牙、彫刻・着色
   正阿弥勝義「蓮葉に蛙皿」明治時代、素銅、平象嵌(金)
夏至:加藤源之助「糺の祠」明治40年、紙、水彩、額
   千種掃雲「下鴨神社夏越神事」不詳、絹本、着色、軸
小暑:北沢映月「祇園会」昭和11年、絹本、着色、二曲一隻屏風
   不動立山「夕立」昭和5年、絹本、着色、額
   安藤緑山「胡瓜」牙彫置物、大正〜昭和初、象牙、彫刻・着色
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 忙しさにも一息ついた8/10(月・祝)の午後、安らげる美術展示を求めて、京都へ行きました。もっとも、昨今の気温では、寺社巡りをする気力はありません。

 このテーマでは、京都文化博物館で見るような展示なのですが京近美ではめずらしい。「混雑時には整理券配布」と館サイトにありましたが、それほど人気になる展示ではなかろうと判断、そのとおりでした。

 季節の展示だけれど、中央の階段を上がった展示室入り口は、ちょうど晩夏。北沢映月「祇園会」で迎え。祇園祭が縮小されて寂しい、京都への旅人を慰めるような構成か。山鉾の図ではなく、町家の座敷でくつろぐ人たちを描き、私たちは屏風巡りをして見る景色の感覚です。もっとも、この展示企画自体は、コロナ自粛が相次ぐ前から企画されていたはずですが。

 京都市中だけでなく、郊外の農村風景や季節の植物も多く掛けられ、淡い色彩の中で、(外は猛暑なのに)涼しく、季節巡りをすることができました。私たちの感覚では、一月ぐらい先行する感のある「二十四節季」ですが、その季節感を勉強できました。絵画だけでなく、彫刻・工芸の立体ものも多く並べられていたのですが、なかでも野菜や小動物などを精巧に表現した「牙彫置物」が年間通して並べられ、今回の展示の特徴だったように思います。
 最近NHKーBSで京の山里、花脊の旅館の四季の物語をシリーズで放送されているのが好きなのですが、展示にそんな雰囲気が漂っていました。

               明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー