ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12487] 【富山】市ガラス美術館/ミクロコスモスほか 投稿者:Quita/北村尚巳  投稿日:2020/08/15(Sat) 00:22:47

こんにちは

 8月14日は富山です。他にも行っていますが、初めての富山市ガラス美術館について書きます。

 建物は富山市立図書館と一体になった特徴あるもので、隈研吾設計でした。確かにこの人の建築と思うところがあります。新国立競技場よりも西武鉄道の観光列車の内装とイメージが似ています。

 2Fにある展示室1,2は企画展の1つ「ミクロコスモス」です。日本の若手ガラス作家7人による比較的新しい作品展です。最も古くて2008年から、今年の作品まで含まれています。谷口嘉の作品は小さなガラスを集めたインスタレーションです。言上真舟はガラスの破片を使って女性の服の形を作っています。これは以前にSUWAガラスの里美術館で見たことがあると思います。渡辺知恵美はガラスの中にまるで日本画のような世界を構成しています。前日に続いて繊細な作品を多く見られたと思います。誰か1人を選ぶとすれば渡辺知恵美です。

 3Fの展示室3はもう1つの企画展「イヴァナ・シュラムコヴァ」は単純化された動物や鳥をガラスで制作していました。小鳥を集めた展示の所では、台から鳥の鳴き声が聞こえ、インスタレーションのような感じになっています。なお、展示室2と3は内部の階段で接続され、大規模な企画展のときには展示室1〜3が使える作りでした。今回は別の企画のため、階段は閉鎖されていました。

 4Fの展示室4と6Fのグラスアートガーデンが常設展です。展示室4は「内と外」というテーマで、感じとしては「重なる」「反射する」というように技法別に所蔵品を整理したものでした。グラスアートガーデンはデイル・チフーリの多くは富山をテーマにした作品です。

 5Fのギャラリー1,2はいわゆる市民ギャラリーで、ガラスに限らないアマチュア作家中心のもののようです。今回はパスしました。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー