ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12446] 【奈良】国立博物館/よみがえる正倉院宝物 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/07/31(Fri) 23:28:54

 春から延期されていた展示が、奈良国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=2で再開開催されています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆御大典記念特別展「よみがえる正倉院宝物−再現模造にみる天平の技−」〜9/6(日)
   月曜休館(8/10(月・祝)は開館、翌11日(火)は休館)
   開館時間 午前9時30分〜午後5時(金曜は7時まで、入館は閉館の30分前まで)
   入館料金:一般1500円 高大生1000円 小中生500円
 正倉院宝物とは、
 奈良・東大寺の正倉院正倉に伝えられた約9000件におよぶ、聖武天皇ゆかりの品をはじめとする奈良時代の作で、調度品、楽器、遊戯具、武器・武具、文房具、仏具、文書、染織品など。西域や唐からもたらされた、国際色豊かな品々も含まれる。
ます。
 明治時代に奈良で開催された博覧会を機に正倉院宝物の本格的な模造製作が始まり、修理から、人間国宝ら伝統技術保持者の熟練の技と、最新の調査・研究成果との融合により、芸術性・学術性の高い優れた作品が数多く生み出されてることになった。数百点におよぶ正倉院宝物の再現模造作品の中から、逸品を一堂に公開し、再現された天平の美と技に触れ、日本の伝統技術を継承することの意義も感じる。

  模造 螺鈿紫檀五絃琵琶
    酔胡王面 
    漆彩絵花形皿
    七条織成樹皮色袈裟  
    黄金瑠璃鈿背十二稜
  正倉院宝庫模型      など    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー