ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12351] 【兵庫】白鶴美術館/東洋の金工美術・中東絨毯の糸 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/03/28(Sat) 22:03:03

 御影の白鶴美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=0で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆2020年春季展 本館「金×銀×銅―東洋の金工美術―」
        新館「絹・羊毛・綿―中東絨毯の糸―」〜6/7(日)

  月曜休館(5/4(月・祝)は開館、5/7(木)休館)
  入館料金:大人800円 65歳以上・高大生500円 小中生250円

本館「金×銀×銅―東洋の金工美術―」
 中国古代、殷・西周時代の青銅器、唐時代の銀器から日本、江戸時代の金屏風まで、東洋の金属工芸を素材や成形・装飾技法から考察。
<金×銀×銅>金銀平脱花枝鳥獣文八花鏡 中国、唐時代
<銅>重要文化財 象頭兕觥(ぞうとうじこう)中国 殷(商)時代
<銅>白銅海獣葡萄鏡 中国 唐時代
<銀×金>重要文化財 鍍金龍池鴛鴦双魚文銀洗 中国 唐時代
<銀×金>重要文化財 鍍金花鳥文銀製八曲長杯 中国 唐時代
<金>金製蝉文飾 中国 六朝時代
<金×銀×銅>富士・三保松原図屏風 日本 江戸時代 円山応挙落款印章

新館「絹・羊毛・綿 ―中東絨毯の糸―」
 「羊毛絨毯」は起毛したパイル糸が羊毛だが、支える下地は羊毛とは限らず、綿や絹の場合もある。今回は、パイル糸だけでなく、経糸、緯糸の素材も挙げながら、各絨毯の特徴をみる。
 カーシャーン(マンチェスターカシャン)、ペルシア中央部 20世紀初期
 カーシャーン、 ペルシア中央部 1900年ごろ  など

テキスタイル・レクチャー:5/3(日・祝)2〜3時
「古代の錦と金糸」河上 繁樹氏(関西学院大学 文学部 教授)

特別ワークショップ:5/9(土)10(日)午前10時〜午後4時(鏨(たがね)による金工体験:参加随時)
        お話し「錺金具あれこれ」森本 安之助氏(森本錺金具製作所 代表取締役)2〜3時
講演会:5/17(日)午後2〜3時30分
「白鶴美術館館蔵品に探る日本金工の源流」村上 隆氏(歴史材料科学者・高岡市美術館館長) 

美術に親しむ会:4/26(日)午後1〜3時
「金・銀・銅の美術、この一点!」学芸員
アート・トーク(スライド解説)学芸員:4/5・19、5/24、6/7(日)午後2〜3時

ワークショップ(ミニ屏風づくり)「クルッと反転!紙が要(かなめ)のミニ屏風」
5月中の毎週日曜日:午後1時30分〜4時 甲南大学学生指導
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー