ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12345] 【広島】海の見える杜美術館/美人画のラプソディ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/03/21(Sat) 23:52:45

 廿日市市の海の見える杜美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=66で開催中の展示を紹介します。本日開催中を確認しましたが、どうぞ体調やマナーを守りつつ、静かに美術鑑賞をお楽しみください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「美人画のラプソディ―近代の女性表現―妖しく・愛しく・美しく」〜5/31(日)
    月曜休館(但し5/4(月・祝)は開館)5/7(木)休館
    入館料金:一般1000円 高大生500円

 近代には労働に携わる姿や日々の暮らしの何気ないひとこまを描いた美人画が増える。美人画の名手上村松園(1875〜1949)をはじめ、同時代に活躍した池田蕉園(1886〜1917)や島成園(1892〜1970)、木谷千種(1895〜1947)とその門下生、また妖艶な女性美を追究した増原宗一(1893〜1927)や、様々な社会に生きる人間を描こうとした千種掃雲(1873〜1944)など個性的な画家たちの作品を収集した館蔵の美人画を一挙に公開。
 明治から昭和初期にかけての女性像を描いた作品を一部に他館所蔵品を交えて「四季風物と美人画」「女の暮らしと人生」「女の装い プラス・マイナス」「少女と美人画」という構成で展観。
第1章 四季風物と美人画
 渡辺幾春《春秋美人》大正時代
 鰭崎英朋《春秋観花図屏風》1904年(明治37)
上村松園《紅葉可里》昭和時代初期
第2章 女の暮らしと人生
  三露千萩《編み物》1929年(昭和4)
千種掃雲 《ほゝづきの女》1911年(明治44)
第3章 女の装い プラス・マイナス
  三木翠山《茗苑》1936年(昭和11)
増原宗一《夏の宵》1926年(大正15)
第4章 少女と美人画
  岡本大更 松村梅叟 合作 《金魚》大正時代
秦テルヲ《遊戯》1912年(明治45)
 大林千萬樹《ゐねむり》1916年(大正5)   など

泉屋博古館分館長 野地耕一郎氏によるギャラリートーク:4/4(土)午後2時〜 1時間程度
   電話かメール info@umam.jp で要申込

学芸員によるギャラリートーク:4/25(土)5/30(土)午後1時30分〜 40分程度
学芸員によるスライドレクチャー:5/2(土)午後1時30分〜 1時間程度、定員約20名
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー