ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12341] 【滋賀】大津市歴史博物館/江戸時代の琵琶湖水運 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/03/21(Sat) 00:13:29

 大津市役所近くの大津市歴史博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=25&c=1で開催中の展示を紹介します。本日開催中を確認しましたが、どうぞ体調やマナーを守りつつ、静かに歴史探究をお楽しみください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆重要文化財「大津百艘船関係資料」指定記念企画展(第81回企画展)
 「江戸時代の琵琶湖水運−大津百艘船の航跡−」〜4/12(日)
    月曜休館
     入館料金:一般600円(480円) 高大生300円(240円) 小中生200円(160円)
        ( )内は15名以上の団体、大津市内在住の65歳以上の方、
       大津市内在住の障がい者・介護保険の要介護者・要支援者割引(要証明)

 天正14〜15年(1586〜87)、豊臣秀吉は、坂本にあった城を大津に移して物資輸送の拠点とし、さらに大津城主の船持仲間「大津百艘船」を組織した。大津百艘船には、大津経由の物資と人の輸送を独占権が与えられ琵琶湖水運の中心的役割を担うので、琵琶湖水運をめぐる多くの文書や争論記録が残された。本展は「大津百艘船関係資料」1237点が重要文化財に指定されたことを記念して、古文書・歴史資料一堂に展示し、江戸時代の琵琶湖水運の歴史を紹介。
 京極高次高札(重要文化財 文禄4年〔1595〕)
 大津百艘船万留帳(重要文化財 江戸時代)
 矢橋小舟入り航路絵図(江戸時代)
 大津町古絵図(大津市指定文化財 江戸時代)
 琵琶湖眺望真景図(江戸時代)
 京極高次家臣連書状(重要文化財 慶長5年〔1600〕)
 大津御用米会所要用帳(江戸時代)
 丸子船模型(本館蔵)
 大津湖岸絵葉書(明治末 個人蔵)
れきはく講座(講演会)要申込、締切有り(3月は中止)
4/4(土) 「江戸時代の石山寺と旅行者−紀行文と古文書にみるー」青柳周一氏(滋賀大学経済学部教授)
4/11(土) 「幕末における京都・大津間の物資流通」樋爪修氏(元大津市歴史博物館館長)

展示解説(ギャラリートーク)(3月分は中止)午後2時〜30分程度
4/8(水) 「重要文化財 大津百艘船をひもとく」高橋大樹氏(本館学芸員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー