ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12334] 【大阪】山王美術館/赤・黄・緑・青・黒。色でたのしむアートの世界 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/03/08(Sun) 17:01:30

 難波のホテルモントレ グラスミア大阪内にある、山王美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=15で開催中の展示を紹介します。休館中の美術館が多い中で、同館サイトでは開館中と読み取れますので、紹介しておきます。感染防止マナーを守りつつ、ご鑑賞頂ければと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆春・夏季コレクション展2020「赤・黄・緑・青・黒。色でたのしむアートの世界。ARTいろいろ展」〜7/31(金) 
   土日休館(月〜金曜の祝日は開館)
   午前11時〜午後5時(入館は4時30分まで)
   入館料金:一般1000円 高大生500円 中学生以下、保護者同伴に限り2名まで無料
 主題、線描、構図など絵画を構成する要素のうち、絵画の印象を大きく左右する要素「色彩」は、光や大気などの自然現象や、画家自身の感情を表現する手法としても用いられた。画家達のまなざしと感性により捉えられた世界を視覚化するための色彩法を研究し、5色をテーマにコレクションを展示し、画材による見え方の違い、色彩同士のバランスや効果など、絵画と色彩の関係性を鮮明に浮かび上がらせる。
「赤」ピエール=オーギュスト・ルノワール《読書(赤とローズのブラウスを着た二人の女性)》1918年
   林 武《薔薇》
「黄」モイーズ・キスリング《ミモザとパンジー》1937年
   横山大観《不二霊峰》1937年頃
「緑」アルフレッド・シスレー《オルヴァンヌ川にかかる小さな橋》1890年
   東山魁夷《爽晨》1957ー1962年
「青」上村松園《よそほひ》1949年
   アルフレッド・シスレー《サン・マメスの堰堤のある風景》1885年
「黒」佐伯祐三《オプセルヴァトワール附近》1927年
   横山大観《寒山幽香》1951ー52年頃   など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー