ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12328] 【兵庫】陶芸美術館/The 備前[3/7(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/29(Sat) 23:07:35

 丹波篠山市の兵庫陶芸美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=135で3/7(土)から開催される特別展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展兵庫陶芸美術館 開館15周年記念特別展「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」3/7(土)〜5/24(日)
   月曜休館(5/4(月・祝)は開館し、5/7(木)は休館)
   開館時間:午前10時〜午後6時(4/29〜5/5は午前10時〜午後7時、入館は閉館の30分前まで)
   入館料金:一般1000円 大学生800円 高校生以下は無料 70歳以上は半額
         障害のある方は75%割引、介助者1名は無料
        5時以降は夜間割引料金(一般、大学生半額)

 岡山県の備前市伊部地域を中心に生み出され、釉薬を施さず土と炎の造形から生まれるシンプルで原始的なやきもの、備前焼。「窯変(ようへん)」「緋襷(ひだすき)」「牡丹餅(ぼたもち)」「胡麻(ごま)」「桟切(さんぎり)」など、薪窯による焼成で生まれたさまざまな景色は他のやきものにはない見どころ。
本展では、桃山時代に茶人や数寄者によって見いだされ、用いられてきた古備前の名品から、古備前に魅せられ作陶に取り組んでいった近代の陶芸家、さらには重要無形文化財保持者(人間国宝)や若手の最新作までの147件を3部構成で紹介。
 I章 源流としての備前焼−茶の湯のうつわを中心に−
    《徳利 銘トシワスレ》桃山時代(16ー17世紀)
    《緋欅大皿》桃山時代(16ー17世紀)
    《耳付花入 銘 太郎庵》桃山時代(16ー17世紀)

 II章 近代の陶芸家と備前焼 −写しと創作−  
   金重陶陽 《耳付水指》 1958年
   藤原啓 《窯変水盤》 1962年
   山本陶秀 《大海茶入》 1978年

 III章 現代の備前焼 −表現と可能性−
   伊勢崎淳 《角花生》 2008年
   伊勢崎創 《四方水指》 2018年
   矢部俊一 《暁月》 2015年
   伊勢崎晃一朗 《畝壺》 2017年 など

 3/15(日)までのセミナー・イベントは中止

ギャラリートーク:学芸員による展示解説:3/14、4/11・25、5/2・16(土)午前11時〜約1時間

アーティストトーク:3/28(土)午後1時30分より1時間程度、展示棟 展示室内、予約不要
 伊勢崎創氏 矢部俊一氏 伊勢崎晃一朗氏(出品作家)

クロストーク:4/18(土)午後1時30分〜3時、研修棟1階 セミナー室、定員110名(事前申込制、先着順)
「備前焼とは何か―現在と未来―」隠崎覦貉瓠塀佗丙邁函ヒ
  唐澤昌宏氏(東京国立近代美術館工芸課長/本展監修者)
  館サイトで申し込み

備前風にチャレンジ!〜丹波でつくる緋襷の器〜:4/5(日)午前10時〜正午
 工房・展示棟にて、
 定員20名(館サイトにて事前申込み・多数の場合は抽選 結果は郵送) 高校生以上対象
 参加費:4,500円(材料費、焼成代、観覧料等を含む)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー