ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12297] 【奈良】県立美術館/田中一光 未来を照らすデザイン 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/22(Sat) 19:53:26

 県庁隣の奈良県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=4で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「生誕90年 田中一光 未来を照らすデザイン」〜3/15(日)
    2/17(月)2/25(火)休館
    入館料金:一般800円 高大生600円 小中生400円 
     身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方と介助者1人
     外国人観光客(長期滞在者・留学生を含む)と付添の観光ボランティアガイドは、無料

 2020年に生誕90年を迎える奈良市生まれのグラフィックデザイナー・田中一光は、奈良の歴史と文化に親しんで育ち、京都で学び、大阪、東京と活動の場を移し、その活動は日本のグラフィックデザインの黎明と発展に重なる。
 田中はポスター、エディトリアルなどグラフィックデザインを初め、デザインのディレクションやプロデューサーとしても高い手腕を発揮。田中一光の作品を通じて創作活動の魅力を伝え、デザインの発信する力、創造のエネルギーを感じる。
 また、本展では、衣服デザイナー・三宅一生による「IKKO TANAKA ISSEY MIYAKE」から、田中の代表作でもある2作品「Nihon Buyo」と「写楽二百年」モチーフとした作品を出品。
    JAPAN 1986
    Nihon Buyo 1981
    あやめ草#1 1990
    タイトル不明(赤と白の椿)
    第5回産経観世能#1 1958
    Ikko Tanaka at Cooper Union 1987   など

特別対談:3/1(日)午後2時〜、レクチャールームにて(1時30分開場・先着順) 定員80名
「田中一光デザイン室の日々」太田徹也氏(デザイナー・元田中一光デザイン室勤務) 聞き手:学芸員

学芸員によるギャラリートーク:3/14(土)午後2時〜 

同時開催:連携展示 1Fギャラリーにて

「NPO法人文化創造アルカ×奈良女子大学 大和・紀伊半島学研究所 なら学研究センターによる連携展示
  きたまちと奈良女子大学」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー